まだまだ、続いているこの組織的な集団ストーカー行為です。

この集団ストーカー行為で、必ず行なわれるものが、何点かあります。
超音波による低周波振動。

これは、夕食前には必ず照射されます。
それは、このことも起因しているのかも、分かりません。

 

夕食前には、必ずパソコンの電源を入れると言う事もありますし、夕食前ということもあると思います。
椅子に座っての超音波の低周波の照射は、結構、下腹からお腹にかけて、影響があります。

 

それと、電気信号による動き出しです。
人・自転車・バイク・車などによる動き出しです。

私の体の動き出しにより、電気信号が発生します。
その電気信号の発生のタイミングに合わせた、動き出しです。

 

そして、動き出しと同じく、音出しもあります。
救急車のサイレン、消防車のサイレン、人為的な声だし、鳥・セミ・虫などの鳴き声など。

特定の声の音声送信。

そして、思考盗聴・思考盗撮で常時、思考の内容を読み取られています。
これにより、私のプライバシーや人権は、一切ありません。

そして、この私に対しての、集団ストーカー行為は、必ず風が必要なようです。
ですので、無風と云う日は、ほとんどありません。
必ず、風が吹いています。

それも、私がいけばいく方向から風が吹いてきます。
雨男とか、雨女とか良く言いますが、私の場合は、風男なのでしょうか?

 

スポンサーリンク



 

今年、冬季オリンピックが行なわれました。
もう、とぉーくに、忘れ去られたかのように、終わった冬季オリンピック。

私は、テレビを見なくなりました。
見る必要が、ないからかもしれません。

 

ですから、一度も競技を見た事はありませんし、どのような内容の競技がおこなわれたのかも分かりません。
内容は分からないのですけど、ネットの中に、意味のわからなかった内容があったので、それが気になりました。

その内容の出来事というよりも、言葉といったほうがいいかもしれません。

その言葉とは、「もぐもぐ」です。

冬季オリンピックの競技で、もぐもぐ???

競技中に、食べ物を食べてもいいのか?

それ、なんじゃい!
です。

 

大食い選手権でも、はじまったのかと思いました。
冗談ですけど、

よく見ると、カーリングです。
カーリング女子の「もぐもぐ」です。

でも、カーリングで、もぐもぐ???
よく見ると、休憩(ハーフ)タイムに、でした。

おやつをパクパク、作戦会議をしながら、パクパクもぐもぐ、
なんか、微笑ましい感じです。

休憩タイムにモグモグできる競技は、カーリングくらいですか?
競技の途中の作戦会議に、おやつが出るのも、微笑ましい感じがします。
これは、競技の内容が、どちらかと言えば、頭脳プレーになるからかな?

カーリング女子のモグモグタイムです。

 

でも、この言葉に、なに!
です。

それは、おかしい。

その言葉は、「韓国の苺は美味しい!」

この言葉が、どうも引っ掛かりました。
日本の苺よりは、美味しいのか?

それは、おかしい。

 

いやいや、そんな事はないと思う瞬間、もしかしてと調べてみると、
案の定、そうでした。

日本の品種でした。
毎回のことながら、ほんとに呆れてしまいます。

人のものを、自分のものにしてしまうという、
ほんとに呆れてしまいます。

韓国冬季オリンピックでのカーリングのモグモグ苺は、日本の品種だった。
まぁ、そりゃー、美味しいはずだ。

カーリング女子、もぐもぐタイムの苺は、、、百田尚樹×高山正之×居島一平【日本政治CH】
https://www.youtube.com/watch?v=RkrM7Wvhn3Q

日本のブランドイチゴを勝手に育てて外国に売る韓国
http://ch.nicovideo.jp/ooguchib/blomaga/ar1041913

ーーーーーーーー転載ここよりーーーーーーーーーーーーーーーー
特にレッドパールの場合には、2013年6月にフジテレビのニュースジャパンが取材をしており、20年ほど前、レッドパールの開発者である愛媛県の西田朝美さんという方のところへ、韓国の研究者の金重吉という人物が現れ、何度も頼み込まれて仕方なくレッドパールの苗を5年間、有料で栽培できる条件で渡す契約をしたのだそうです。
ーーーーーーーー転載ここまでーーーーーーーーーーーーーーーー

契約違反で、韓国中にひろまった、苺です。

ほんとに、これは契約違反です。
5年間という期限を定めて、契約をかわしているにも関わらずです。

契約そのものの意味が、わかっているのか疑問になります。
そもそも、隣国は、今回の問題に限らず、契約とか著作権などの意味が、わかっているのか?

自分らの都合で変えてもいいと思っているのか?
契約はしたものの、それを絶対守らなければいけないと言う考えが、そもそもないのか?

どうかが疑問になります。

隣国のパクリ疑惑は、多岐にわたっています。

韓国人パクリ全部認める!「日本製品の盗作だ」

韓国が日本のトンカツ店をパクリ copy culture of korea

パクリ王国・韓国 日本のお菓子からアニメまで盗み放題

韓国のパクリ商品を集めたニダ~

韓国は日本のパクリ国家だと気付いた韓国人w「パクリじゃない物を探す方が大変」

韓国が日本文化パクリに失敗!”正麺・ラ王・究麺・頂”を劣化コピーして発売中。あの伝説の事故が再び

【韓国崩壊】韓国人「韓国菓子メーカーが8年かけて開発した話題のお菓子が日本のパクリだったことが判明・・・」韓国の反応【最新ニュース韓国経済】

【韓国崩壊】韓国のパクリ文化を見た海外の反応!世界で大人気の日本文化のコピーに「酷いなあ」の声。

そして、今回の冬季オリンピックも、隣国だけで運営・開催していたのかと思っていましたが、そうではないようです。

おんぶに、だっこでした。

すごすぎる!?韓国が日本に泣きついて頼んで作ってもらったもの一覧ww

【平昌五輪】 日本助けて 韓国から整氷の協力要請

 

何かあれば、どこかの国に、助けてもらえばいいという、安易な考えがあるのではないでしょうか?
助けてもらって、うまくいけば、それを自分の手柄のように言い、失敗すれば、その国のせいに、してしまうといいましょうか?

国民性なのでしょうか?
過去の出来事の内容を見ても、納得して頂けるのでは、ないでしょうか?
自分は、何も悪くないという、感じなんでしょうね。

 

すべて、人任せなのでしょうか?
パクっても、パクリ元を悪く言うのは、どういう事。
と、思いますがね。

批判されているのは、まねをしても、そこに独自性が、見られないからだと思います。
丸パクリのまんまだからだと、思います。
コピーそおものです。

 

確かに、開発費が少なくて済みますが・・・、
でも、こんなことをしていれば、いつまでもパクリ元と、にらめっこをしていないと、いけなくなると思いますが?

こんな考え方が、国際的に、通用するのでしょうか?
それは、隣国が日本に対する、特権ではないでしょうか?

 

苺の話に戻しますと、隣国で、新品種の苺を開発されたそうですね。
でも、これ日本苺じゃないでしょうか?
日本産品種同士の掛け合わせで、作られています。

 

例えば、このような考え方と同じでは、ないでしょうか?
日本にも、朝鮮人の方が多く住んでいらっしゃいます。
日本籍朝鮮人、帰化朝鮮人の方々です。

これと同じように、掛け合わせを行なったのも、日本の苺同士の掛け合わせです。
どちらが、父親で母親と云う事はないですが、子は確実に日本苺です。
(苺の例え話に、人間の例を引き合いに出し、大変申し訳なく思います。)

 

ですので、苺は、
「韓国籍の日本苺」と、言うごとになるのでは、ないでしょうか?

 

この集団ストーカー被害も、人任せな所があるような気がします。

まぁ、人任せと云うよりも、問題やトラブルに引きずり込もうと、していると思います。
被害者に手間をかけさせ、ぐちゃぐちゃにしようと云う狙いもあるようです。

この組織的な集団ストーカーは、個々の被害者によって、被害内容が違います。
違いますが、やり方は、ほぼ同じで、内容だけ異なると思います。

 

個々の、それぞれの違う内容の種を蒔き、蒔いた種を被害者が、どのように刈り取るかを監視・観察しています。

その種を、被害者がどう処理するか、結局、被害者任せです。
その中には、事件や事故・トラブルを誘発する種も、蒔かれているでしょうね。

 

それを、被害者がどう処理するかを、情報源にしています。

被害者任せなのですが、それを難なく処理されると、また次の種を蒔かれます。
もし、加担者側の思い通りになれば、同じ種を蒔かれ、繰り返されることもあります。

どっちにしても、この集団ストーカー被害とも云える、工作は日々続きます。
この組織的な集団ストーカーも、利権つながりです。

 

どこかで、お金の旨味を断ち切らないと、いつまでも続きます。
しかし、これでお金の旨味を知っている連中は、次の種を刈り取る人間を作り出すでしょうね。

これが、パクリと同じ原理です。

問題やトラブルの種を蒔いて、被害者がどう刈り取るかです。
事件や事故に発展する場合もあるでしょうし、そうなれば、税金という大きなお金が動きます。

また、商品を購入したり、企業や施設を利用して、解決すれば、そこに利益として儲けが加算される仕組みになっていると思います。

 

日本は、日本企業だけとは限りませんからね。
そう云う場所を利用するように、誘導されることもあります。

どういう組織・団体が儲けるかです。

 

例えば、私が、何処かの店に行きます。
すると、その店は人が増えます。
それは、なんですか?

 

防犯ですか?

パトロールですか?

結局、店の利益に繋がっている訳です。

 

防犯の為に、配達も協力しています。
その為、バレないためにも、何かを注文して頂くと有りがたいです。
これも、また利益に繋がります。

救急車のサイレンを合図に、使用しているようです。
このサイレンにも、動くサイレンと、動かないサイレンがあります。
予め、用意された動くサイレンと、私の不意な行動に対応できる、動かないサレインがあります。

 

例えば、最近、私が裏庭に出ると、救急車のサイレンがよくなります。
被害者が、裏庭に出たから、警戒監視しろと云うような感じで、使われていると思います。

結局、合図に使っている、動く救急車のサイレンですが、これにより搬送者が増えます。
これも、病院の利益に繋がっていると思います。

 

動かない救急車のサイレンは、防災無線で、救急車のサイレンを流している可能性もあります。
そして、別のスピーカーも、存在しているかもしれません。

 

平和では、お金儲けに、ならないのです。
戦争ビジネスが儲かっていたように、平和では儲からないのです。
大は小を兼ねるといいますが、多き事でも、小さい事でも原理・原則は、同じです。

だから、被害者またはターゲットは、おとなしくて、文句を言わない人間が選別されているはずです。

 

しかし、世間では真逆に仕立て上げられています。

危険人物だぞ!
異常者だぞ!
まぁ、こんな感じでしょうか?

 

これが、この組織の旨味になっていると思います。
美味しいスパイスがピリリときいて、モリモリ、パクパク刺激的な味になっていると思います。

結局、この連中の監視というのは、これがバレていないかの監視も、含まれています。

他人を利用して旨味をすっている連中は、その旨味から逃れられないのかも、知れませんね。
それを続けるしか、生活の糧がなくなっているのかも?
寄生と、同じです。

 

私から見れば、この組織的な集団ストーカー被害は、架空の人物像を作り上げ、その架空の人物像を現実に引きずり降ろし、世間を騒がせ、人々を動かし、マネーゲームをしているようにしか、見えません。

 

この集団ストーカーというのは、もっともっと奥が深く、闇に包まれている部分があります。
浮いている氷の部分だけ見せられ、沈んでいる氷の部分は、見せられていません。

 

見えている部分が大きければ、大きい程、沈んでいる闇の部分も大きくなります。

 

では、


スポンサーリンク