未だに、日々続いている、この組織的な集団ストーカー被害です。

 

なにが、なんでもやめることの出来ない行為が、この超音波の低周波振動です。
これだけ、言っても、これだけは毎日照射されています。

これが、この行為の一番のアイテムなのでしょうか?

 

ちょっと前の出来事になりますが、ネットの検索中に、

どうも、うまい具合に検索した内容結果が表示されなかったことがありました。

検索内容が悪かったのか、思うような内容が表示されませんでした。
なので、検索のブラウザーを切り替えたことがありました。

まぁ、検索のブラウザーを切り替えたからと云って、そんなに変わることは、ないのですが、気分を変えるためにも変えてみました。

すると、なんと、検索のブラウザー自体が、立ち上がらない状態になりました。

その、切り替えたブラウザー自体の表示が、思うように表示されなかったことがありました。

 

まぁ、風車が、グルグル、まわるまわる。

風車が、まわりっぱなしです。
(AppleのiMacを使用しています。)
ブラウザー自体が、表示できない時がありました。

今まで、こんな事は、なかったのですがね。
何か、されたのでしょうか?

 

インターネットの内容を検索するブラウザーを切り替えただけで、パソコンの動きが非常に、悪くなりました。
他には、何も起ち上げていませんのでね。

 

もしかして、
隣が制御しているのかと思って、玄関に行き、隣を見ましたが、車はなく、隣は居ませんでした。

しかし、音声送信の声は、聞こえています。

まぁ、音声送信はデジタルですので、ある程度の近隣だったら、何処からでも送信できると思います。

 

それにしても、この音声送信の声は、誰なのか?
そして、どこが操作しているのか、ハッキリとしません。

録音は、録音なんでしょうけど、元の声が必要になります。

その元の声は、誰なのか???

 

パソコンは、ウイルスで制御されていると思います。

このウイルスは、何かをダウンロードしたときに、引っ付き虫のように、一緒にダウンロードしています。

このウイルスは、市販のウイルス駆除では、対応できません。

しかし、そのウイルスも起動させなければ、動きません。

その起動を、パソコンを見ている連中がしているのか?
私のパソコンの操作の内容で、起動するようになっているのか?

その辺りは、詳しく分かりませんが、ウイルスで制御されていることは、確かだと思います。

 

今まで、パソコンの制御や音声送信は、隣だとばっかり思っていました。
が、しかし、そうでも、ないような感じです。

この行為は、出所を突き止められないように、グニャグニャに、折り曲げられています。

ピアノ線のように、ピーンと一直線に伸びていなくて、針金のように、グニャグニャに折り曲げられています。

まるで、ヨガみたい?
なーんて、

違います。

 

いろいろな具材やスパイスを混ぜ込んだ、

混ぜご飯?

ああっ、こっちの混ぜご飯のほうが、
しっくり、くるかな?

 

そうですね。
混ぜご飯みたいです。

メインのご飯の内容を、スパイスや具材で、
覆い隠すような、美味しい混ぜご飯。

 

この混ぜご飯のほうが、しっくりきます。

ぐちゃぐちゃに混ぜ込んで、どの味を強調させているのか、
分からない状態です。

うにゃ、むにゃ???
失礼しました。

 

何か、おまじないみたいに、
なりました。

 

何もかも、うやむやにしながら、
何かを、
何処かで、

ピッピッ、ピピッと、
立たせて、直ぐ分からないように、
寝かせる感じなのでしょうか?

 

だから、被害者(ターゲット)側から、してみたら、特定しずらい状況に、なってしまっています。

だから、被害者が、個人を特定して、
お前だと言ってしまうと、
すかを食らう可能性があります。

 

肩すかしを食らい、逆に被害者が、加害者の立場にされてしまいます。
そのため、集団ストーカーの加担者は、日常生活のリズムをうまく利用して、
ピッピッ、ピピッと、立たせています。

必要以上に追及すると、
言動が、おかしな人に、されてしまいますからね。

この連中の本来の目的の人物に、されてしまう可能性が、ありますからね。
気をつけたいところなんですが、まぁ、しつこいですよ。

 

元々,相手にしていなかったのですが、
まぁ、
来るわ。
来るわ。

まるで、引っ付き虫みたいです。
来るな。
来るな。

と、言っても、わんさか、やってきます。

 

あらら、知らない間に?

へへへ、くっついちゃった!

 

野山を散策していたら、知らない間に、ズボンや服にくっついている、あの種子のようなもんです。

それを、引っ付き虫といいます。
種類は、いろいろと有りますが、有名なのはマジックテープのヒントにもなった、あの引っ付き虫です。

ちょっと、名前がね?
ちょっと、変な想像・妄想をしてしまうような
名前なんです。

 

不謹慎になっては、こまりますので、これ以上は控えさせていただきます。

その、引っ付き虫の名前は、「オナモミ」です。

以上です。

 

 

私は、たぶん危険人物や異常者に、仕立て上げられていると思います。
地域全体が、そのように洗脳され、私から見れば捏造の防犯で、動かされているとしか思えません。

 

しかし、地域の中で、一人だけ、あっち向いてホイじゃ、困ります。
一人だけ、違う方向を向いていたら、私と同じように、集団ストーカーの被害者にされてしまいます。

生活を続けるためにも、イワシのように、あっちむいて、みんなと一緒向きじゃないとね。

 

みんなと一緒に泳がないと、いけないのでしょうけどね。

 

私は、苦手です。

 

 

私の見る限り、これが防犯と言えるかどうか、疑問になるところです。

ただ、日常生活を私の時間帯に合わせて、私の周りをウロツイているだけにしか見えません。

結局、防犯で私の周りをウロツイている、イコール私に、何かをさせようと言う狙いもあります。

だから、最初に私の周りをウロツク加担者は、私より弱い人間をうろつかせ、その後ろに、確認役といいましょうか、お助けマンのような人間が来ます。

指示を出す人間かな?

 

 

だから、私が何もしないでいるのは、この連中にとって、困る事になると思います。

さも、本当のように町中に、言い触らしているのですから、

それが、違うとなれば、大事になるのでは、ないでしょうか?

それに、それを元に、お金儲けをしていることも、バレるかもね?

 

だから、あの手、この手と、猫の手まで借りて、何かをさせようとしているのが、良く分かります。
(最近は、別の猫が出没しています。今晩もやってくるかな?)

 

どっちにしろ、私は何もしません。
しませんと言うよりも、する必要がないでしょう。

なんの為に、何をするのですか?
それをすれば、私が大金持ちになるとでも、言うのですか?

 

元々、私はこの連中を、相手にしていませんし、考えた事もありません。
ただ、この連中が、しつこく付きまとってくるのでね。
色んな、被害も、しでかしています。

 

周りの地域の人は、知らないでしょうけど、
切れさせたり、怒らさせたりするためなのか、

さんざんな、迷惑行為を、この連中に受けてきました。

本当に、私としては、大変な迷惑行為です。

この迷惑行為を、周りの人間に分からないように、

私一人だけに分かるように、行なっているのが、

この集団ストーカー行為なのです。

 

そこに、考えの違いや温度差が発生してきます。

高気圧と低気圧が、ぶつかるようなもんです。
それを、この組織的な集団ストーカーの首謀者は、期待しているのです。

人の人生は、他人が左右する物ではないと云う事が、つくづく分かります。

 

この連中も、にっちもさっちも行かない状況なのでは、ないでしょうか?

最近は、足踏み状態で、牛歩どころじゃな〜い、状況になっているのでは?

余りにも、長期間になりすぎて、化けの皮が剥がれ落ちて、いるのではないでしょうか?

地域も、それを信じて、言われる通りに、協力していた物が、違っていたとなると、どうなるのでしょうか?

牛歩が、こんな牛歩になりそうですね。
ギューッと縮まっていたものが、一気に爆発して、ホーッと周りに、飛び出すような感じに、なるのではないでしょうか?

 

この連中にしてみれば、今まで信じて、従ってきた内容の真実が、
分かってしまえば、

間違いが分かってしまえば、
なんか、地震や火山の噴火みたいに、なりそうですね。
たまりに溜まった物が、一気に爆発しそうな感じですね。

 

多分、それを私に、期待をしていたのだと、思います。
しかし、それが、なかなかの状況に、なっていると思います。

これ以上、大袈裟にすると、内容がバレて加担者が、ほんとうの加害者になりそうですね。

 

私に期待をしていたのでしょうけどね。
私は、みなさんが、期待する程の人物では、
ありませんので、悪しからず。

これ、多分、逆になるかもしれませんね。
地球の磁場も、逆転するかも分かりませんしね。

 

あなたがた、加担者が爆発するかも?
金銭的な事もあるかな?

不正に引き出されていた、税金が下りなくなるかな?
裏社会のために出ていた税金が捻出されなくなり、通常の使われ方になるのかな?

 

もう、にっちもさっちも、どころじゃなくなってくるかも?

よっちも、ごっちも、

ムッチリ?(失礼しました。)

むっちも、なっちも、

やっちも、くっちも。

 

人間の感情が、自然界に乗り移ったかのような、
地震や火山の噴火が・・・

 

平成(平静)も終わりになります。

自然界も、静かな時は、終わりになるのかな?
世直しのための破壊と、怒りのための破壊?

 

あらためて、この平成の文字をみますと、
「たいらになる」とも、読めますね。
上下のない、平等???

 

しかし、しかしです。

ほんとうの仕掛人の首謀者は、被害者や加担者の区別は、していないと思います。
要するに,結果さえ良ければ、それでいいのです。

ほんとうの地球の支配者層は、被害者や加害者を、ひとつの飼育用のケースに入れて、上から眺めているだけなんです。

 

アメリカの裏社会による日本人潰し、日本人殲滅に加担させられている朝鮮関係者。
日本が大東亜戦争に負け、アメリカにヨイショされた、朝鮮関係者。

しかし、朝鮮関係者も、アメリカから見れば、黄色人種です。

日本人とは、まったく関係のない、DNAの繋がりのない黄色人種ですが、黄色人種は黄色人種です。

 

どちらにせよ、この集団ストーカー行為をするには、ターゲットの近く周辺でないと出来ません。

ですので、隣裏や自宅前の可能性もあります。
どちらにしろ、私の行動は、筒抜けにされています。

 

そうなると、このパソコンの内容の監視制御も、近く周辺になるのかな?
私がウロウロと、迷ってしまうのは、音の出る場所の位置にも、原因があるようです。

音の出る場所も、特定できないような、感じにされています。

例えば、自宅の裏庭に出て、虫の鳴き声が聞こえます。
聞こえるので、聞こえる方角、場所に行くと、あーら不思議、別の方角から聞こえてきます。

このように、音の出所を特定出来ないように、されています。

 

そして部屋から聞こえる音は、一箇所に集められ、その場所から聞こえてきます。
だから、近隣が出している音や、自宅周辺から出る音も、すべて決まった場所から聞こえてきます。

 

それが、隣から聞こえてくるようにされているのか?

隣が、音出しをしているよな感じで、聞こえてきます。
実際、隣も音をだしていますが、他の音も隣が出しているように聞こえてきます。

 

周りから出る音を、そこに集めて、その場所から私の部屋に、音を送り込んでいると思います。

録音の音を、流している時もあるでしょうしね。

 

ですので、音も閉め切った部屋の中で聞く音が大きく、窓を開けると音が小さくなります。

部屋を閉め切って聞こえる音は、送り込まれた音です。
音量調節のできる、送り込まれた音です。

しかし、窓を開けて聞こえる音は、実際に出ている音です。
かなり、遠くの場所から出ている音もあります。

それに、出ている方角も、ハッキリ分かります。

 

隣裏から出していると思われる音も、隣から出しているように聞こえます。
このような行為は、随分と前から行なわれています。

もう何十年にもなるでしょう。
音の送り込みとでもいいますか、そこを経由して私に聞こえるようになっているとおもいます。

一見、聞くと音が回り込んで、聞こえるような感じに、聞こえる時もあります。
私が、パソコンでこの作業を始め出すと、そりゃー、もの凄い勢いで、音出しが始まる事があるます。

 

私が、いかにも悪い事でもしているかのように、思わせる行為では、ないでしょうか?

結局は、この連中にとって、都合が悪いだけの事じゃないかと思います。

その作業とは、販売サイトの作業をしています。

この作業になると、もの凄い邪魔をしてきます。

音だしと超音波の低周波振動が、そりゃー酷くなります。

 

まず、商品選びから困難になってきます。

健康関連のサイトの作業やダイエット関連になると、そりゃー、酷いもんですよ。

健康とかダイエットとかは、どうも気に入らないようです。

 

男性の方でも、健康やダイエット関連のサイトを起ち上げている方も沢山います。
それに、商品開発は男性も多いと思います。
男性が、健康やダイエット関連を販売しても、問題はないはずなんですけどね。

 

私が、行なうと、どーも気に入らないようです。
私がする事自体が、どーも気に入らないようです。

 

じゃー、どんな事なら、いいかお聞きしたいもんです。

 

今まで、散々邪魔され、めちゃくちゃにされてきました。
どういうことなのか、ほんとうに、説明してほしいもんですね。

あなたがたが、差別だー、差別だーと言っておきながら、この現状はなんですか?
どう、説明するのですか?

 

パソコンも、二台同時にネット接続ができるのに、一台のみに制限をされてしまいました。

二台同時だと、都合が悪いようです。
ネットの内容を監視盗撮するのに、同時だと都合が悪いのでしょうね。

 

結局、この連中は、デジタルのハイテクから、ローテクの人海戦術まで、行なってきます。

 

そして、日本と隣国の関係、集団ストーカーの被害者と加担者の関係も、結局は、草食動物と肉食動物の関係と同じになるのでは、ないかと思います。

 

草食動物の中に、草食動物の皮をかぶった、肉食動物が入り込んでも、上手くいかない。

 

人ならぬ朝鮮民族の排除こそが日本を護る最重要課題
http://the-soliloquy-of-ishikawa-quon.blog.jp/archives/1068697966.html

 

日本国民が知っておくべき「日清戦争」と「日韓併合」の真実(前編)
http://the-soliloquy-of-ishikawa-quon.blog.jp/archives/1071428722.html

 

日本国民が知っておくべき「日清戦争」と「日韓併合」の真実(後編)
http://the-soliloquy-of-ishikawa-quon.blog.jp/archives/1071443509.html

 

 

地道にコツコツと働く、草食動物。
その草食動物が働いて得た利益を、奪い取る肉食動物。

 

こんな感じで、肉食動物も間接的に、植物を食べています。
肉食動物も、植物の栄養が必要なのだと思います。

 

まず、肉食動物が草食動物を捕らえたら、まず真っ先に内蔵から食べ始めます。
いままで、草食動物が食べていた、植物も食べる事になります。

 

肉食動物は、植物を分解する酵素を、持っていません。
ですから、草食動物に植物を分解してもらい、それを食べています。
手抜きといえば、手抜きのような感じですが、それをすることによって、自然界のバランスとか調和が保たれています。

 

肉食動物だからといって、肉ばかりでは、生存率がガクっと下がるはずです。
草食動物の栄養タップリの内蔵を食べているから、長期間、獲物が取れなくても、生存できます。

 

肉食動物が、肉だけ食べるなら、肉食動物同士が争ってもいいとおもいますが、それは殆どありません。
そりゃー、たまにはあるでしょうけど・・・

 

だから、ライオンがヌーの足をバリバリ食べているような、シーンは余り見ないと思います。

ほとんどが、内臓だけを食べています。
そのうち、ハイエナなどが、やってきて奪いとられてしまいますが、これも循環です。

ハイエナなどの掃除屋は、ヌーなのど大きな草食動物を倒す事は、なかなか難しいので、ライオンなどに倒してもらい、後始末をかねて草原を綺麗にしています。

 

ちなみに、海辺の掃除屋は、フナムシです。

釣餌のこぼれたものなど、カニやフナムシがきれいに、掃除をしてくれます。

ゴキブリのようで、気持ち悪がる人もいますが、海の掃除屋さんです。

 

世の中は、無駄のないように循環されています。
それが、人間のエゴで、その循環が機能しなくなるのですね。

 

ですので、肉食動物も、植物の栄養が必要で、間接的に植物を食べていることになります。

なにが言いたいかといいますと、日本と隣国の関係、日本と朝鮮の関係が、この肉食動物と草食動物の関係に、似ているような気がします。

 

日本は草食動物に、なります。

後は、言わなくても、だいたいの雰囲気が、お分かり頂けると思います。

 

しかし、自然界はそれで調和がとれ循環していますが、人間界のそれは、まったくもって、真逆になります。

 

草食動物の国に、肉食動物が、どんどん増えています。

これでは、調和がとれるどころの話では、なくなっています。

 

極端な話をさせてもらいますが、怒らないでください。

これは、私の考えで、一般的な考えではありませんので、ご了承ください。

 

日本に居る肉食動物と思われる方達も、草食動物の考え方に変えて、奪い合いをなくすか?

それとも、日本にいる肉食動物の数を、減らすかだと思います。

 

そうでもしないと、日本そのものが、終わりになってしまいます。
そうなれば、草食動物に頼っていた、肉食動物も困る事になります。

 

まぁ、こう考えますと、地球上で、無駄で邪魔なのは、もしかしたら人間かも知れないですね。

それに、この組織的な集団ストーカー行為なんてものは、平和は調和に何の意味も、持たないと思います。

 

人間こそ、自然界を見習うべきだと思います。

それに、この次期、こんな集団ストーカー行為など、やっている場合ではないと思います。

 

地球の地場が反転しようと、している感じです。

私は、磁力の反転かなと思っていましたが、どーも、ポールシフトかなとも???
地球そのものが、傾いてきているようです。

始めは、分からない程度に、ゆっくりと傾いてきますが、ある程度傾いてくると、クルンと一気に反転すると思います。

 

実際、そうなるかどうかも分かりませんし、
それ以上の詳しい事も分かりません。

 

では、

 

 


スポンサーリンク