集団ストーカーのターゲットでゲサラ・ベーシックインカムが遅れている?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

朝起きてみると、かなりの雪が積もっていました。
その雪の上になにやら足跡が残されていました。

チョンチョンと、野鳥と思われる鳥の足跡のようです。
多分、昨晩から降り続いていたと思われる雪で、地面が見えなくなり地面の見える場所を探し求めていたのだと思います。



地面の見えている軒下のあたりに餌がないか下りてきたのだと思われます。

この雪も、わたしの何かの対策で降らせていると思います。
でも、対策にしてはちょっとやり過ぎなような氣がします。

これは、もしかしたら対策ではなく、単なる嫌がらせなのでしょうか?
力関係を見せつけた行為なのでしょうか?

しかし、そのことで迷惑をこうむるものも出てきます。
(多分、そこまでは考えていないと思いますが?)

今まで、わたしは何十年間にわたり、今でもそのようですが集団ストーカーのターゲットとして生活をしてきました。
わたしは、この集団ストーカーのターゲットに自ら望んだわけではありません。

知らない間に、そのようなことにされていたようです。
だから、わたしにも分かりません。
全貌が分かりません。

わたしが、この連中にとって都合のいい人間だったのかも分かりません。
(文句も言わないし、おとなしいしね。自分では静かな人間だと思っています。この集団ストーカーの工作で違う人物像にされているかも分かりませんが・・・?)

前回のブログでも申し上げましたが、この集団ストーカーというのは監視対策の構築です。
(防犯対策の考え思考で、音出しがありました。)

わたしがこのブログを更新するたびに、あるいは更新の前後に天候の操作が行われ、天候が急変することが多いです。
(人工だからできることなのでしょうけど、と文字打ちすると急に強風が吹き始めました。明らかにわたしの内容に反応している事がハッキリとわかると思います。これが人工でなければ何なのでしょうか?)

ダニエル社長の週刊ニュースの動画です。
ノーカット版のようです。

削除動画のノーカット無修正|コロナとオミクロン株と厚労省の闇

わたしの考えとしては、このコロナ騒動にしても、この集団ストーカーにしても最終的には人類・人間のコントロールにあると思います。

支配する側の人間が恐れているのは何かと言いますと、多分それは暴動だと思います。
市民や国民の暴動だと思います。

それを予め回避するための対策なのだと思います。
コロナで人口を制限したり、マイクロチップを体内に埋め込んだり全ては人間の行動を把握するためだと思います。

なぜ、カードや免許証などにチップが埋め込まれているのかご存知ですよね?
このチップで、その人の行動を把握することができます。

今は、持たせるチップですが、いずれは体に入れるようになるかも分かりません。
それに協力しているのが、この集団ストーカーの加担者です。

だから、この集団ストーカーというのはその監視体制の基盤を作っているのだと思います。

それを分からないように、いかにもターゲットが異常者や危険人物のように仕立て上げて、地域が監視をする監視体制を氣付きあげているのだと思います。

結局は、自分らに返ってくる内容に協力していることになります。
そもそも、暴動を恐れるような支配層や政府はいらなと思いませんか?

暴動が起きるということは、国民に不満が渦巻き国民に対していい政策ではないということですからね。

そのような機関は、いらないと思います。
単純に考えても、国民のより良い生活は望めないと思います。

わたしは、そのような対策をするよりも、そのような人間を作らない社会づくりの方が大切だと思うのですが、違うでしょうか?

ちまたでは、ゲサラが始まるだのベーシックインカムが始まるだのと言われまだか、まだかと待っている方も多いと思います。
(わたしもその一人です。)

ですが、なかなか始まりません。
そのためのお金をなぜ、みず●銀行なのか分かりませんが、そのお金をみず●銀行に入れてあるということを何かで見たことがあります。

南京円ものお金です。
それをネコババしようとしているのは、誰なんでしょうね?
(ATM障害はそのために起きているようです?国民に配るお金を誰がネコババ?)

よくよく、考えてみますと、わたしの防犯対策や監視体制の中にも、ターゲットにお金儲けをさせないと云う事も行われているようです。
(加担者は、この集団ストーカーで儲けているのにね。まぁターゲットですから?)

だから、わたしは仕事をさせてもらえなかったですね。
自営を廃業してからハローワークに通っても、まぁ見つからなかったです。

そもそも、ハローワークにも多くの加担者が押しかけてきましたからね。
時間を取らされることばっかりでした。

皿洗いからニワトリ小屋の掃除まで探しましたが、全て断られました。
(裏で手が回っているような感じでした。)

すべて、させてもらえなかったですからね。
今想えば、仕事はしていなかった方が良かったのかも分かりません。
今でも、そのような考えはあります。

同じ考えを持っているような場所ならいいのですが、イヤイヤ仕事をするのもね。
それに、一人になる時間も増え色々と調べることもできました。
(世界の闇とか裏を見ることができました。まだ、裏のドアを開けて覗いた程度ですが・・・。)

それに、両親の世話もできて、それはそれで良かったと思います。
大きな企業に使われるのがいいのか?
フリーランスのような自由業で、大自然の中で楽しく暮らすのがいいのか?
それは、人それぞれです。

わたしは、集団ストーカーのターゲットにされ、危険人物のように仕立て上げられています。
なのでお金儲けも、何もかもが御法度のようにされています。

そんな中でも、ネットビジネスのような真似事をしていますが、まぁ、この連中にパソコンの内容も監視され邪魔をされていますので、思うような収益といいますか収益は全くありません。

でも、それでもいいんです。
収益がなくても、その手順とか手法が学べて自分のものにできれば、それでいいと思っています。

今の社会のなかで生活する上で、何が問題になるかと考えてみると、やはりこれかなと思います。

「お金と人間関係」

わたしは、これに尽きると思います。
この問題を解決するにはどうすればいいのでしょうかね。

政府はいらなと言いましたが、政府は必要です。
しかし、一つの政府が日本全国を見るような、そんな大きな政府はいりません。
小規模な地域ごとの政府でいいと思います。

現在は、お金=生活になっていると思います。
そのお金=生活のお金を取っ払って、生活だけにすればいいと思います。
衣食住を配給性にすればいいと思います。
(人間が生活する上で最低限の配給です。それ以上欲しい方はそれ以上の仕事をどうぞ。)

そして短時間労働も必要になると思います。
それは、衣食住の生産が必要になるからです。
お金を得るためではなく、生活のために短時間労働をします。
(それぞれの得意分野で、)

まぁ、こんなバカな考えを持っています。

この監視体制の考えは、支配層や政府側の考え方で、国民の考えではありません。

国民の考えは、共存共栄の考えだと、わたしは勝手に解釈しています。
これから、どのような変化が訪れるのか分かりません。

分かりませんが確かなことは、わたしは集団ストーカーのターゲットにされています。

ターゲットにされていますが、わたしは危険人物でも異常者でもありません。
それは、わたし自身がよく知っています。

なので、わたしのためにゲサラやベーシックインカムが遅れているのであれば、早く始めてください。

お願いいたします。

ゲサラやベーシックインカムを知っている方は、待ちくたびれて疲弊していると思います。

いつ始まるというお知らせでもいいです。
みなさんが待ちわびていると思います。
(このようなお金は、今まで支配層に搾取され続けてきました。そのお金を返してもらうお金です。)

では、


スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。