集団ストーカーの加担者は肉食と菜食どちらを好む?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

もし、わたしが犯罪者扱いをされていれば、ハッキリと申し上げておきますが、これはえん罪です。

この集団ストーカー行為は本人にしか分からず、本人が黙っていれば内容が世間に伝わることはありません。

なので、このように日々行なわれている出来事を公表する意義はあります。
それが被害者、ターゲットの使命のように思えます。

集団ストーカーを簡単に云えば、ターゲットを利用した組織の存続と利権(金儲け)が目的のようでもあります。

自宅の外や建物内にセンサーや起動システムが設置され、生活音によってICチップが起動し電磁波の照射を可能にさせていると思われます。

日常の生活音に加え、公共で使われているサイレンやチャイムなども利用されています。
そして人工的な気象による雨や風、そして雷まで利用されています。

人の声から虫・野鳥・カラス、工事音や車の走行音から車のドアの開閉音など日常の生活音を繰り返し必要以上に聞かされています。

そして、さらにそれらの音をより大きく聞かせるために音の送信が部屋内部に対して行なわれています。

でっち上げ・捏造によりターゲットと加担者の衝突も想定されています。
そしてその衝突の根本が恐怖心です。
この集団ストーカーは、でっち上げ工作です。
でっち上げ・捏造である以上、晴れて枯れ木に花が咲き誇ります。



今までの世の中は、生活のための職業であっため、それが嫌だとか悪いとか思っていても生活のために仕方なく行なっている場合も大いにあったと思います。

何年か前に外国で問題になった和歌山県のイルカ漁もそうだと思います。
(解禁の期間は9月1日から来年の4月までだそうです。)

好き好んでイルカ漁をしているとは、わたしは思いたくありません。
それは、生活のためでその職業が身近にあったり、先祖代々の職業だったりもしていると思います。

だから、それを批判する事はできないし、止めさせる事も出来ません。
だから、その漁をしている人を批判するのではなくイルカ漁をしなくても生活できるシステム環境を提供するなりの見直しが必要になると思います。

例えば、原発も同じだと思います。
いくら批判をしても、そこで働きそれで生活をしている人は、反発するでしょう。
それは、だれでも同じだと思います。

この集団ストーカーでも生活のためのお金儲けをしているのであれば、わたしがいくら止めてと言っても、止める事は出来ないでしょう。
ターゲットの心配よりも、自分の生活を優先するでしょう。

それは、誰も同じだと思います。
わたしにも、生活があります。

ターゲットだから、どうでもいいと言う訳ではありません。
わたしにも、生活があるので反発をしています。

すべては、お金で生活をする社会構造が悪なのだと思います。

もしですよ。
毎月、仕事をしなくても30万円とか、40万円とかのお金が政府から振り込まれるとしたら、今の仕事を続けますか?

たぶん、嫌な仕事だったら辞めると思います。
わたしも多分、そうすると思います。

お金よりも、仕事の内容を優先している方は分かりませんけどね?
だから、これからの仕事はお金を稼ぐための仕事ではなく、生活をするための仕事にするべきだと思います。

誰も仕事をしなくなったら物資不足や食料不足になるで、生活のために一日数時間(3〜4時間程度)働くのが理想だとわたしは思います。
あとの残りの時間は、趣味などの余暇にあてればいいと思います。

これは、あくまでもわたしの考えで、妄想のようなものです。
それに、その職種の企業は世界で1社だけでいいと思います。

あとは、その支社を全世界に作ればいいのかな、なんてね?
現在は、ライバル企業があり張り合っていますが、そのうち・・・。

とにかく、ライバルをつくらない、張り合わないようにするためには、そのほうがいいと思います。

例えば、自動車でいえばトヨタのような企業が1社あり、そのトヨタの企業の支社が全世界にあり、それぞれの場所や人にあった車をつくればいいと思います。

お金儲けをするわけではないので、長く使えて、便利なものを作ればいいと思います。

今現在は沢山の企業があり、張り合っていますが結局は人間が乗るための条件をみたしていればいいと思いますが???

快適に安全で早く移動が出来、荷物も運べるような乗り物があればいいのだと思いますが・・・?
(まぁ、車のレースは別として、このような世の中にレースが存在するかどうかは疑問ですが?このような考えにご不満ある方もいらっしゃるかと思いますが、あくまでもわたしの妄想ですのでご勘弁ください。)

イルカの話にもどりますが、わたしはイルカを見ると胸がジーンと熱くなることがよくありますね。

映画『ザ・コーヴ』の予告編の動画を載せようかなと思ったのですが、泣けて見ることができませんでした。

なので、止めておきます。

これ、もしかしたら、わたしはどこかの前世でイルカの時もあったのかな?
なんてね?

わたしが小学校のときだったかなアメリカのテレビ番組で、たしかイルカの名前がフリッパーだったかな?
そんなテレビ番組を夢中になってみていましたね。

あっそうそう。
『わんぱくフリッパー』です。

フジテレビ系列で、1966年6月6日から放送されていたようです。
(なぬっ!666か???)

だから、わたしは魚が好きなのかなとも?
釣りをするのも、食べるのも。

だから、わたしは肉は食べません。
ゆる〜いベジタリアンをしながら、少食と粗食を心がけています。
(昔ながらの日本の和食がいいと思っています。)

まぁ、今はそこまで魚を食べていませんが、
一週間に一度食べればいいほうかな?

大きなサバのような魚を食べる時もありますが、極力小さな魚を食べるように心がけています。

イワシサイズからちりめんじゃこサイズの魚です。
なので、わたしは魚介類を食べるフィッシュ・ベジタリアン、ペスコ・ベジダリアンです。
(このような生活を心がけています。)

肉食をする理由と肉食を否定する理由をあげておきます。
(こちらのサイトから引用させていただきました。もしかしたら一度記載したかも分かりませんが、再度。)

こちらのサイトは大変参考になるサイトだと思います。
(少しボリュームがありますので、少しずつでもいいと思います。)

わたしは、肉食をやめてください。
と、言っているのではありません。

食べたい人は食べてください。
ただ、肉食と菜食の利点と欠点を知っておくのも、これからの食生活に役立てるのではないかと思います。
(知識として知っておいても損はないと思います。)

ヴィーガンは、ベジタリアンと違って思想が加わってきますので、そこまでしなくてもいいと思います。
(これも本人の自由なのですが、健康面を考えるベジタリアンで十分だと思います。)

ヴィーガン(完全菜食主義者)とベジタリアン
http://semiramis.sakura.ne.jp/another1.html

ーーーーーーーー引用ここからーーーーーーーーーーーー
《肉食の理由》
・舌が踊る(美味しいと感じる)から
・教科書にメニューとして記されているから
・テレビで紹介されてるし、普通に売っているので、食べ物だと思えるから
・楽しみの1つだから(味だけでなくレストランなどで雰囲気を楽しむ)
・幸福は奪う物だと思っているから、犠牲の上に何かが成立するという思想だから
・何を食おうが大した問題ではないと思っているから
・菜食者が肉食を否定する理由を知らないから、菜食者に偏見があるから

《肉食を否定する理由》 真・ベジタリアンになる30の理由
・美味しいと思わないから、臭いが嫌いだから
・畜産動物は可愛い、可哀想、屠殺が悲惨だから
・自分のペットは食わないから
・動物は感情を持っているから
・好きな有名人が菜食主義者だから
・人間にとって不健康で不衛生、太ったり肌が荒れたり腹を壊したり体臭が強くなるから
・消化に体力を消耗するから
・病気の原因だから
・老化の原因だから、菜食でないと若返りに使えないから
・人間は肉食には適していないから
・人間は肉を食べなくても生きていけるから
・肉とは死体だから(新鮮な果物や野菜、鶏卵は実はまだ生きている)
・自分で殺して調理できないから
・肉の生産は非効率で環境汚染するから
・肉食によって飢餓の地域が出るから
・工場生産で薬漬けで過酷な生育だから
・肉骨粉や遺伝子組み換え作物を食わされた異常な肉だから
・畜産業界に始まり、政府や医療機関が信用できないから(わざと粗悪な食べ物を許可しているから)
・大富豪、配下のネットワークが地球を、農業界・食肉業界を支配しているから(わざと虐待したり自然から切り離しているから)
・西洋に汚染される前の日本は菜食だったから
・人体は気の器、肉はエネルギー的な理由で不調和の素だから。
・食育、正食、食に関する新思想で「食うな」と教えられたから
・ヨガや宗教で「食うな」と教えられたから
・宇宙人・地底人・霊界人が「食うな」と言ったから
・運勢が悪くなるから
・動物の殺戮に加担しカルマを背負うから
・肉を食べる事は死と一体化する事だから
・動物と植物では命の性質(波動)が違うから
・食肉のマナ(波動)は乱れているから、植物のマナは繊細だから
・同じ化学式でもマナが違うから……水分子ならば、2つの水素の角度が異なる事で違いが見える
・肉食をすると低級霊と波長が合いやすくなり、菜食だと高級霊と波長が合いやすくなるから
・肉食を重ねてゆくと、魂に傷がつくから
・肉食は精神的覚醒(悟り)を妨げるものだから
・本当は肉食者も肉食がいけない事だと知っているから……

※以上、あくまで畜産肉の話であって、新鮮な魚介の場合には、ほとんど該当しないか逆の理屈(むしろ食ってもいい)になる。また、乳製品や鶏卵の場合には工場生産となり、たとえ動物の命を奪っていないにしても、以上の話が幾つも該当しまうので注意。例えば、天然の鮮魚を食うと賢くなり老化も防げるが、工場生産の牛乳や鶏卵は病気や老化に繋がる。
ーーーーーーーー引用ここまでーーーーーーーーーーーー

こちらの船瀬俊介先生の動画も大変参考になります。
(食生活を見直すだけで、こんなにも綺麗になれるのですね。驚き!)

なかのひとのアンテナ!「ジャーナリスト 船瀬俊介」 vol.2

こちらは、ハナリンさんの動画です。
簡単に現在の支配システムがわかります。

【ここからいふ広場お話会ふりかえり】今、地球を支配する存在は?光とは?闇とは?どの情報が本物?マクロビ・ロハスなライフスタイルを提案!

この今までの支配システムの中、考えで動いているのが現在わたしに行われている集団ストーカーだと思います。

なので、考え方としてはどちらかと云うと闇側の行為だと思います。
(今までは、闇側の行為が正しいという認識でしたからね?)

この集団ストーカーは、肉食と菜食のどちらを好むのでしょうかね?
まぁ、氣になるところでもありますが、でもだいたい答えは決まっているかな?

それで、いいという人はそれでいいのですが、少し違和感を感じているのであれば見直してもいいのかなと思います。
(あくまでも、個々の考えが優先します。食と同じでその人に必要ならば、それはそれでいいです。)

わたしは、ターゲットにされている立場から申し上げますと、この集団ストーカーというのは、かなりのものを取っていく場合があります。

この自宅では、よく買い置きをしていたものを取られる場合がおおいですね。
いままで、ほんとに色んな物を取られてきました。

食べるものだけではなく、わたしが利用しているものとか着るものとかもよく潰されてしまいますね。

なぜだか、まだ原因がはっきりと分からないのですが、下着のシャツとかタオルなどがよく破れていました。

それも、繊維が溶けるように薄くなり、破れていきます。
こんな現象は、今までの人生の中でなかったですね。
(この実家に戻ってからです。)

使っている鍋が、急にヘチャケたり、神社の石段や自宅の石段が黄緑のカビだかコケだかが急に生えたように色が変わっていたり、もういろんなことをされていますね。

細かいことをあげたら、キリがありませんし、もう覚えていません。
(あまりの多さに、そんなことをかまっていられないという感じです。)

したけりゃ、好きにどうぞ。
と、いう感じです。

それを、いちいち氣にしていたら、本当にきりがありません。
そのようなことを、しないといけない人がいるのだな?
程度に思っています。

まぁ、このようなことも、わたしの分からない知らない間に施されたり、取られたりしています。

このようなことを知らない地域の人は、わたしを危険人物や異常者のように思われているのかもしれませんが、それは御門違いです。

このような行為は、ターゲットのわたしがそのような危険人物や異常者ではなく、そのような人物像に仕立て上げたいという工作なのだと思います。

その本人が関係している物を無くさせるということは、その本人がそれを覚えてるのか、覚えていないのか記憶違いなのかを本人に疑わせるように仕向ける工作でもあると思います。

この集団ストーカーの本当の目的は、精神疾患に仕立て上げ、薬漬けにすることのようですから、記憶喪失ということを演習したいのだと思います。

まぁ、この裏には、製薬利権と医療利権が隠されていますね。
その他の利権も利用されていますね。

この集団ストーカーは、本当に利権と金儲けです。
防犯活動も利権なんですけど、それで全てを覆い隠しています。

なので、防犯が前面に出すぎて、裏の隠された部分が見えなくなっています。
これが、真実だと思います。

まぁ、日本は平和すぎます。
平和すぎるから、物流などの動きやお金の流れが起きないでしょう。

だから、人工的にも動かす必要が生じるのではないでしょうか?
それに、一役かっているのが、この集団ストーカーだと思っています。

なので、わたしは、少なからず食品の買い置きをしていたのですが、そのような買い置きが突然なくなっている時があります。

アレっと思って、聞くけど誰も知らないというだけで、どうすることもできません。
乾燥麺であったり、缶詰であったり、ホットケーキミックスであったりとかね。

それに、この連中は、わたしの思考や感情の変化を見逃さずに読み込んでいますね。
この読み込み、思考から出る電気信号を音出しや車の突然の走行にも利用されています。

これでわたしの好きな物や気にしている物を特定し、嫌がらせのように持ち去っていきます。
(思考を読まれている人間の身にもなってほしいもんですね。今までどんな思いで生活をしていたか?今はアッケラカンです。)

まぁ、それも分からないようにです。
なので、ふと気が付きもうそろそろ賞味期限が切れるのではないのかなと思い、その商品を消費しなければと思って探すけれども、アレ?

ない??
こんなことがよくあります。

食品だけじゃなしに、お金などの小銭なども同じです。
いままで、沢山あった小銭がアレレ、ない?

てなことがよくあります。
こんなことばっかりされています。

これが生活の一部になっています。
いやいや、してはけないですね。

ほんとに、なんとかしてほしいもんです。
なんとかしてください。

まぁ、このようなことも全ては、お金で生活を余儀なくされているからだと思います。
お金がなければ、何もできない世の中に反発したいですね。

その点、菜食と少食は多少なりとも、お金のカバーができると思います。
菜食と少食で、健康になり食費と医療費を減らすことができます。
(みみっちいですかね?これからはお金を稼ぐ方法よりも、使わない方法を考えることも必要だと思います。)

お金持ちには、無縁の話かな?

では、


スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。