集団ストーカーと土木建築はコインの裏表?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日々の出来事のように集団ストーカー行為を受けております。
このように内容を記載すれば、同じ行為を行なってきます。

しかし、この集団ストーカー行為は本人にしか分からず、本人が黙っていれば内容が世間に伝わることはありません。

なので、このように日々行なわれている出来事を公表する意義はありますし、それが被害者、ターゲットの使命のように思えます。

迷惑な行為から、嫌がらせ行為など、そして思考盗聴は一番重要な中心的な要素を含んでいます。

集団ストーカーを簡単に云えば、ターゲットを利用した組織の存続と利権(金儲け)が目的のようでもあります。

そして、この思考の働きにより発生する電気信号を検知され、短い女性の音声送信がやまびこのように返ってきます。

この音声送信は、骨伝導によるものと思われます。
この思考盗聴は、プライバシーの侵害・人権侵害のなにものでもありません。

そして毎日、電磁波や超音波の照射による身体への痛みなど、さも当たり前のように平然と行なわれています。

毎日、日付が変わる前後は、強い超音波が照射され続けています。
これだけをみても、この集団ストーカーの卑劣さがよく分かります。

この行為は、照射が強くなると痛みをともないます。
そして、音出しも頻繁に行なわれています。

自宅の外や中に起動システムが設置され、日常の生活音によって反応させ、ICチップの起動を可能にさせていると思われます。

日常の生活音に加え、その他の音も利用されています。
上空を飛んでいるヘリコプターやジェット機音、そして気象による雨音・風きり音、そして雷の音まで利用されていると思っています。

人の声から虫・野鳥・カラス、工事音や車の走行から車のドア・家のドア・チャイムホンなど日常の生活音を繰り返し必要以上に行なわれています。

この集団ストーカーは、捏造による恐怖心を加担者側に植え付け、ターゲットとの温度差を作り上げターゲットの孤立を企てられています。

また、ターゲットと加担者の温度差により両方の衝突も想定され、世間を騒がせる目的で行なわれることもあります。

その温度差を生み出しているものが、でっち上げ・捏造そして恐怖心です。
でっち上げ・捏造である以上、晴れて春になり枯れ木に花が咲き誇ります。



未だに超音波がひどいですね。
この超音波振動は、日付の変わる午後10時頃から次の日の午前2時くらいまでがきついですね。

これは、人間の細胞が入れ替わる時間帯にも当てはまります。
これは、まったく防犯活動とは何の関係もありませんね。

それともうひとつ作業などをしているときにも、この超音波振動はきついですね。

本当にきついです。
それとか、パスワードを入力しているときなど、ほんとうにきついです。

わたしには、IDやパスワードは意味がありませんからね。
盗まれ放題なのでしょうか?

そもそも、わたしのパソコンの操作内容を全て見られていますから、何の意味もないように思います。

わたしのこの集団ストーカーは何一つ変わっていません。
都合が悪くなると、すぐ小動物を送り込んでくるんですね。

とにかく、この集団ストーカー行為というのは変更・変更で、何かを変えていないと前に進めないというのが、この集団ストーカーなのですね。

マグロみたいなもんで、止まってしまえばおしまいなのだと思います。
動かすことによって、利益を生み出しています。

小学校をあっちに移したり、中学校をこっちに造ったり、高校を一つにまとめて、わたしの母校をなくしたり、わたしの通っていた高校もわたしが在学中に移転しています。
(そして、今はわたしの通っていた高校はありません。)

そして、わたしには二人の姉がいます。
二人の姉がいますが、その一人が聾唖者です。

そして、その姉は聾唖学校に通っていました。
そして、その聾唖学校が別の場所に移転しました。

そして、その移転した聾唖学校の跡地に、わたしの母校でもある中学校がその場所に移転しました。

そして、その中学校の跡地に別の小学校が移転してきました。
そして、その小学校の跡地は、保育園になっています。

わたしは今でもその光景を憶えています。
わたしが小学生の頃、プラモデルを作るのが好きでしたね。

そのプラモデルを購入するために、自転車に乗ってお店に出掛けていました。
そのお店に行く道中に、移転した小学校がありました。

道路沿いに、木造の体育館があり、印象的でした。
その印象的な体育館を通り過ぎると、土手があります。

その土手沿いを、ひたすら真っすぐ走らせます。
ひたすら走らせていると、智頭街道と云う街道にでます。

その街道の角に、そのプラモデルのお店がありました。
ありましたが、現在はありません。

移転をされてありません。
その場所は、いまは公園(トイレ有り)のようになっています。

このプラモデルのお店が移転されたのは残念なのですが、わたしはこの土手沿いにある建物を仕事場として、借りていました。

それは、わたしがこの土手沿いをプラモデルを買いに、自転車で通っていたときから有ったと記憶しています。

その記憶があったために、その場所を次の仕事場にしようと思っていました。
だから、かなり古い建物です。

古い建物だったので、エアコンのホースを出す穴がなく、穴を開けるのも躊躇し、窓から出すことにしました。

窓を全部閉めれないと云うことは、少し不便でしたが、それでも充分満足していました。
それに、土手沿いにあり、川の流れを見ながら仕事ができたのは、大変うれしく思っています。

まぁ、その場所が最終的に最後の仕事場になったのですがね。
でも、小学生の頃の記憶から、その場所をお借りすることができて、ほんとうによかったと思っています。
(わたしの記憶が合っていれば・・・)

そして、わたしの通っていた小学校は、児童数が増え別に新しく小学校が建設されました。

そして、今ではその母校でもある小学校の児童数が減っているそうです。
その小学校をなくすような方向に、仕向けられているような氣もします。

この小学校は、わたしが通っていた頃より、全面的に配置換えが行なわれています。

校舎・体育館・プールなどなど、全面的に場所を移動しています。
唯一、そのままなのは?(ここで女の声で、んんっ?何なにと云う感じなのでしょうか?)

そのままの所は、それは校庭です。
まぁ、こう云ってしまえば、何かをしてくるのでしょうかね?

とはいえ、前に比べると狭くなっていますが・・・?
現時点では、同じ場所にあるのは、この小学校のみです。

この小学校をなんとかしようと思っているのかな?
そもそも、こんなことをする意味はなんでしょうね?

それは、ただの利権じゃないですか?
防犯活動を利用した、単なるこじつけの土木建築利権なのだと思います。

その小学校がなくなれば、その跡地にまた何かを建設できるでしょうからね。
この輩は、あちこちにスーパーを造ったり、店舗改装をしたり、大学や学校を建設したりしています。

そして、このたび銀行も移転するそうです。
色々なものが出来ていますが、面白いことにわたしの周辺からはお店がなくなっています。

なので、何をするにしてもある程度の距離が必要になっています。
不便さを、演出されているのかなと思ってしまいます。

この集団ストーカーと土木建築は、セットなのかなと思ってしまいます。
この集団ストーカーの特徴とも云えるのかも知れません。

そして、なぜだか同じものが、あちこちに建設される傾向にあるようですね。
例えば、コンビニばっかりが、あちこちに出来たりとかね。

そして、ダム(殿ダム)も出来ました。
ここは、母方の里に行く途中に出来ています。

この母方の里に行く道は狭く、対向車が来ると少し広い場所で待機していました。
このダムを造るのと同時に、道路の狭さも解消されスムーズに走行できるようになりました。

ダム建設の云々は、わたしが云うべきことではありません。
そして、父方の里の近辺も変わってきています。

古い建物は壊され、新しく立て替えをされています。
わたしの実家周辺もそうです。

空き家や古い建物は、壊され新しく造りかえられています。
道路も同じように広く綺麗にされています。

それは、有り難いことです。
それによって、何かを犠牲にしていなければいいのですが・・・?

保存しなければならないものは保存し、自然を極力破壊しないようにして頂きたいと思います。
利権と引き替えの自然破壊は極力避けて頂きたいです。

わたしは、高校を卒業して関西(大阪)にでました。
大阪の北区、梅田周辺が生活の中心になっていました。

現在の北区周辺はどうなっているのでしょうか?
わたしが居た頃よりは、ガラッと変わっているはずです。

ユニバーサル・スタジオ・ジャパンは、何処にありますか?
あまり、興味がないので分からなかったので調べてみると、此花区桜島にあるようですね。

わたしが、最後に住んでいた場所が此花区でした。
陸の孤島と云われている此花区でした。

まぁ、偶然なんでしょうけれどもね。
わたしは、地元に帰り移転した中学校のそばにある団地に何十年と住んでいました。

この実家には、毎週土曜日の夜にご飯を食べに帰っていました。
夜なので、誰も知らないと思います。

確かに、このような団地には某宗教団体の人が多いと聞いています。
確かに、多いです。

各階にいらっしゃいます。
各階にいらっしゃいますが、会員の方は悪い人は、いらっしゃらないですね。

某宗教団体の考え方が、そのような考え方なのでそれに引っ張られているだけなのだと思います。

じゃー、会員の方はこのことを知っているのでしょうか?
あの地下鉄サリン事件、裏で糸を操っていたのは某宗教団体ですからね。

今回の京王線刺傷事件は、誰が裏で糸を操っていたのかは分かりませんが、明らかに捏造です。

この捏造事件が起きたことによって、わたしの監視にようる防犯活動が一気に厳しくないました。
これも、この連中の手法の一つだと思っています。

全国で、何かの事件がおき、わたしも同じようなことをするかも分からないからと云って監視が厳しくなります。
まぁ、毎回ですから・・・

今回の事件で、まずピンと来たのが福岡出身と24歳でしょうね。
ああっ、そうきたかと思いました。

福岡県は、隣国との繋がりが深い?
そして、24と数字はわたしの好きな数字です。
(銀行の通帳に、24と云う数字を残しておくとお金が溜まりやすい?)

そして、電車の燃えるシーンです。
そこまで、燃える?

パーンと爆発しているような??
このような事件では、何か同じような燃え方をしている場合が多い???

その燃えた後の車両は、公開されていますか?
(メディアであれば、のどから手がでるくらい、欲しい映像なのでは??)
誰が消化をしたのですか?

これも、集団ストーカーと同じで仕掛ける側の人間と、何も知らない人間が同じ電車内に居たと思われます。

液体をまいて火の付いたライターで火をつけたのですね。
(それにしても、よく燃えていますね。)
それで、パーンと爆発をしています。

爆発するのは、どっち?
ライターオイル??
ガソリン??

どっち???

じゃー、手を離しても火が付いているライターですね。
(ライターを放り投げて火がついているかな?近くだと、あんな記念撮影のような姿ではおれない?)
100円ライターじゃ、無理ですから。

最後に逃げた乗客が、何かの操作をしてパーンと爆発させてはいませんか?
(インタビューを受けている男性です。)
氣のせいですかね???
じゃー、なぜ逃げもせず炎のでている車両を見ていたのですか?

なぜか、カバンを前にかざしていませんか?
その後に、パーンと爆発をしていますね。
(カバンから、花火のような火薬が飛び出したのかな?)

動画の一部を切り出してみました。

ライターオイルをまいたくらいでは、パーンと爆発はしないと思いますが・・・?
ガソリンも気化しないと爆発しない???
(爆発には、酸素が必要なようです。)

それに、駅に着いて脱出するシーンですけど、ホームから撮影をされています。
もし、報道カメラマンであったら、脱出するシーンと燃えている車両も撮るとおもいますが、どうなんでしょうか?

燃えている車両はどこなんですかね。
もしかして、燃えている車両と、脱出する場面は別撮りなんですかね?

そして、サラダ油の事件も捏造でしょうね。
(電車を美味しく、カラッとあげられるかな?そんな馬鹿な???)

血のついたシャツ、あれは血糊だと思われます。
(このような場面で、よく使用されているようです。)

日本で起きている事件のほとんどが捏造だと思っています。
だいたい日本で起きている事件の約70パーセントが捏造だと思われます。

日本人の国民性を考えてください。
日本の国民性だと、ほとんど事件など起きないと思います。

そのような状況だと闇社会は困るはずです。
だから、強制的行なったり、何かを隠すために行なわれることもあります。

それに、このような事件から恐怖心を植え付けると云う目的もあります。
このような事件にも、「7対3の法則」や「8対2の法則」が当てはまりそうですね。

そして、このような捏造事件からフラッシュモブのようなものが生まれたのだと思いますが違うのでしょうか?

このような捏造事件も劇団員が起用されるケースもあるようです。
犯人の吸うタバコの手が震えているのであれば、ここまで出来るような人物ではないと思います。

どちらにしても、これは捏造の事件です。
何かから、目をそらせたかった?

助けて〜っ!

宮本武蔵(みやもとむさし)〜っ!
二刀流で、

助けて〜っ。
なんのこっちゃ???

不正選挙、ムサシの実態。山口4区選挙で安倍晋三に疑惑。自治労、共産党、高松。

細川ひろし、坂の上零、佐賀市長選の開票と、集計の謎をとう。なぜ開票前に🌑🌑がなされたのか? 誰か教えてください

わたしは、今母親といっしょに歯医者通いをしています。
わたしは親の面倒は、わたしが見ると決めていました。

なので、親の面倒は苦ではありません。
しかし、この連中がわたしが親に対して何かをするような考えを持ち、わたしが親の面倒を見る度に、監視をしています。
(盗聴、盗撮あるいは、わたしの電気信号で音をだしたり、車を走らせたりしています。それもわたしに分かるように仕掛けてきます。)

だから、歯医者に行ってもたいていのことは分かっているつもりです。
待合室や治療にしても、ある程度の工作めいたことをされているのも分かります。

しかし、それはそれです。
指摘するべきことではないと思っています。

それは、捏造のなかで生まれた産物だからです。
何もない所から、何かを生み出す。

あるいは作り出す。
まるで、マジックみたいですね。

しかし、マジックには人を騙す種があります。
それが、今までの世の中のはずです。

見られては困る面を隠し、いい面だけを表に出す。
それが、今までの利権に繋がっていたのだと思います。

まだまだ、大掃除は終わってないようです。

この大掃除が完全に終われば、この集団ストーカー行為も終わるでしょう。
この集団ストーカー行為が終わらない以上、大掃除が完了したとは云えないでしょう。

捏造事件で、わたしの監視がきつくなるのであれば、その監視も捏造だと思います。

では、


スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。