集団ストーカーは歯に始まり歯に終わる?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日々の出来事のように集団ストーカー被害を受けております。
迷惑行為から、嫌がらせ行為など、そして思考盗聴はプライバシーの侵害・人権侵害のなにものでもありません。

そして毎日、電磁波や超音波の照射による身体への痛みなど、さも当たり前のように平然と行なわれています。

毎日、日付が変わる前後は超音波が照射され続けています。
これだけを取り上げても、許しがたい行為です。
この行為は、照射が強くなると痛みをともないます。

そして、音出しも頻繁に行なわれています。
音を出して、ICチップ内蔵のシステムの起動を行なっていると思われます。

音の内容もさまざまです。
人の声から虫・野鳥・カラス、工事音や車の走行から車のドア・家のドア・チャイムホンなど日常生活の音から、上空を飛んでいるヘリコプターやジェット機音、そして気象の雨音・風きり音、そして雷の音まで利用されていると思っています。

この集団ストーカーといのは、捏造による恐怖心を加担者側に植え付け、ターゲットとの温度差を作り上げられています。

そのターゲットと加担者の温度差により両方の衝突を想定され、世間を騒がせるために行なわれている行為です。
その温度差を生み出しているものが、でっち上げ・捏造そして恐怖心です。
でっち上げ・捏造である以上、晴れて春になり枯れ木に花が咲き誇ります。



13日の朝、ゴミ捨てに行った帰りに自宅横の山への上り口の所に階段があります。
その階段を少し上がると、しいの木があります。

その場所に行くと、いつもそのしいの木に手をあてていました。
老木のしいの木です。

老木の椎の木なのですが、いゃー凄い事になっていました。
わたしが凄いと思っているだけで、みなさまには余り関係のない話かも知れませんね。

その老木の椎の木が折れていました。
根元から折れていた訳ではないので、まだまだ大丈夫なのでそこまで心配はしていませんが、それでも老木なので・・・?

折れていたのは、上のあたりなのですが、折れるということは弱くなっていたと云うことなのでしょうか?

(曇り空だったのですが、逆光のように光ってしまいました。そしてデジカメの画面には電磁波の影響なのか縦線が入っていました。画像には影響がなかったようです。)

今では、ツタやツルが絡み放題に、絡まっています。
(わたしが小学生の頃は、こんな事はなかったです。)

この木は、わたしの好きなしいの木といいますか?
小学生の頃から親しんでいた木です。

その、しいの木の周辺でよく遊んでいました。
遊ぶと云うよりも、その場所によく行っていたと云った方がいいかな?

何をすると云う訳でもないのですが、その場所に行ってブラブラとしていました。

このしいの木は特別なのかどうか分かりませんが、幹がえぐられています。
(それで、弱くなっていたのかな?)

なぜ、えぐられているかといいますと、たぶん雷だと思います。
誰に聞いた訳でもないのですが、でもそれしか考えられません。

左下に見える青いバケツは、山に入り松葉を頂いてきました。
その松葉を入れたバケツが写り込んでしまいました。

まさか、写っていたとは???
(不自然なものが、写り込んで失礼しました。)

雷が、このしいの木に落ちてえぐれたのだと思っています。
雷が落ちた所を見た訳ではありませんので、それ以上の事は云えませんが、地面と幹の部分にポッカリと空間ができ、地面がえぐられたような跡があります。

そのしいの木から何メートルか周辺には草木が生えていません。
それが、惹き付けられる要因になっていたのかなとも思います。
(ただ単に、草木がなかったので行きやすかった???)

今では、えぐれた前方に回る事すら、出来にくい状態にされています。
そして、自宅の裏庭の上に神社跡があります。

今は、昔の面影が全くと云っていいほど残っていません。
昔は、原っぱのように綺麗で、もっと広かったですね。

それに、この広場に桜の木を植樹していますね。
(ここでお花見をするのでしょうか?)

それに、柵まで作られています。
そして、その下にも柵が作られている場所もあります。

この必要のない所に柵を作る理由として、金属が必要なのかも知れませんね?
柵がなくても、下まで落ちる事はありません。

もう、草木が密集していて、もの凄い状態になっています。
(まぁ、この場所に人が遊びで訪れる事は、まずないでしょう。ここに来るのは集団ストーカーの工作員くらいです。)
わたしは、いつも思うのですが、この連中はなぜか空間を潰そうとします。

すきま産業かのように、空間があれば何かを建てたり工事で何かを作ったりして空間をつぶしてしまいます。
もっと、空間を活かしてほしいと思うのは、わたしだけですかね・・・??

まぁ、空間を活かせば利権に繋がらないのかも知れないですね?
いい例が、駅前だと思います。

わたしが、高校の頃まではもっともっと広かったですね。
今現在は、車の乗り入れるスペースが本当に狭いですね。

そして、神社跡の上に、この空間があります。
わたしが小学生の頃は、この場所はUFOが着陸した跡だ。

わーーい!
と、勝手にはしゃいでいたのかどうかは分かりませんが・・・?

まぁ、分かりませんが、
ただ単に岩場だったので、草木が生えていなかっただけなのかも?

わたしが小学生の頃は、もっと広くて綺麗でした。
画像に石の固まりの場所が見えると思いますが、この石の固まりはこの山に作業に入った連中が、焚き火をした跡です。

お湯を沸かして、コーヒーでも飲んだのかも分かりませんが、この山に入った作業員によって、山をこんな風にされたのだと思います。

わたしが、まだ団地と自宅を行き来していた頃、こんな事がありました。
(廃業する一歩手前で、わたしの自宅を事務所にしていた頃です。だから10年近く前の話です。)

わたしが、団地から自宅に向かっていると、自宅近くの空き地にこんな車が停まっていて、そこから三人ほどの男性が、わたしの自宅のそばの山への上がり口から山の中に入っていっていたようです。

それに、その時は冬で膝くらいまで雪が積もっていたときでした。
(わたしは、たぶん誰も入らないような時に行なわれたのだと思います。)

そして、その車は岡山ナンバーで、林業(森林組合)の文字が書いてありました。
そして、それとは別に山の木を伐採するということで、自宅そばの上り口を運搬用に利用していました。

たぶん、そのときにワイヤーを山の何カ所かに打ち込んだのだと思います。
それは、今も打ち込んだままにされています。
(これなどが、音の送信に利用されていると思われます。鳥やセミなどの鳴き声にです。)

この山の入口周辺には、他の場所にも椎の木があり、秋になるとしいの実が結構落ちてきます。

裏庭にも落ちてきます。
落ちてくるので、しいの実を拾って、水洗いをして乾かし油で炒めて殻を向いて食べていましたが、ここ何年かは全く食べていません。

まぁ、みなさんはご存じないと思いますが、わたしの歯は悪くて、しいの実を噛めるような状態では有りません。

まぁ、わたし以上に母親がしいの実が好きなので、毎年しいの実を拾って炒めています。

このしいの木が、なぜ折れたかといいますと、たぶん風???
9日の午後から、かなり風が強くなりました。

それで、しいの木が折れたと思います。
でも、これ折れたと云いますか、折られたと云いますか?

この風は、台風くずれの低気圧の通過によるのなのですが、それにしても強い風吹きました。

この低気圧のヘクトパスカルの数字から見ても、これほど風が強く吹くとは思ってもいませんでした。

それも北風でしたから、最初アレッと思いましたね。
台風なら南よりの風が吹くはずなのに、北よりの風?

これは中国地方を北上して低気圧になり、日本海に出て日本海を北上したのだったかな?

それだったら、北風?

それが日本海に出て日本海を北上したから北よりの風になったのだと思いますが、間違ってますか?

でもでも、それにしても、980ヘクトパスカルでこの風、ちょっとばかし強くないですか?
と、わたしは思いましたが???

ふと、思った事は、低気圧に便乗して、人工的に風を強くしたのかな?
それは、しいの木を折るため?

まぁ、実際に折れてしまったのですが、でも折れた部分にぽっかりと空間があき、青空がきれいに見れるようになりました。

このようなことも、わたしが行なっている行動や好きな事をつぶすためなのでしょうかね?

そのための低気圧とは考えにくいですね。
偶然の偶然だと思います。
(樹木も修復できたらいいのにね?)

必見!メドベッド技術士であり体験者が語る、衝撃の技術!

16日の夜から朝方まで居たのかな?
まぁ、アナグマなんですけどね。

アナグマが裏庭に一晩中、うろついていたのかな?
午前2時頃に裏庭の物音で目が覚めました。

目が覚めて裏庭に急いで出てみました。
すると、一目散に逃げる動物らしき姿が見えました。

その後、ガサガサーッと草むらに中に逃げ込む音が聞こえてきて、もう来ないだろうと思っていました。

それで部屋にもどり、布団に入りましたが、するとなんと午前3時半頃に、再び目が覚めました。
またまた、裏庭の物音で目が覚めました。

そして、急いで裏庭に出てみると、すでに逃げて姿はなかったものの、雪ノ下やドクダミが生えている場所がボコボコにされている感じでした。

まだまだ、暗くてハッキリ見えなかったのですが、そんな感じでした。
ドクダミや雪ノ下は、わたしが栽培のために植えた訳ではありません。

それでも裏庭をボコボコにされるのは、雪ノ下やドクダミを利用しているからだと思います。

まぁ、それでも裏庭をボコボコにされるのは、嫌だったのでその近くに使っていないトタン板があったので、掘られている場所に3枚ほどかぶせて、部屋に戻り再び布団に入りました。

14日から15日にかけてアナグマが裏庭に出没し、結構な深さまで掘られ荒らされましたね。

なぜ、そうされたのか?

それは、土曜日の昼前にわたしが露草や雪ノ下、そしてドクダミをつんで煎じて、母親とわたしが飲みました。

このような事が気に入らないのかも知れないですね。
アナグマも自然にいるアナグマとは違います。

操作され動かされているアナグマです。
わたしは、この歳になって初めてこの場所でアナグマを見るようになりました。

それまでは、一度も見た事もなければ、存在も知りませんでした。
それに、なぜわたしの裏庭を荒らしにくるのですかね。

動物が荒らすと云うことは、食べ物を探すためだと思います。
それで、わたしの裏庭に食べ物が有ると云うことなのですかね。
そもそも、長年居着いているアナグマであれば、ある程度の食べ物がなければ存続は出来ません。

わたしの裏庭だけで生活できるとは思えません。
他に食べる場所があるはずです。
(冬はどうするのでしょうかね。ほとんど食べものはありません。まぁ、このような小動物はこの連中が連れて来た動物ですから、この連中がなんとかするのかな?)

なのに、なぜわたしの裏庭を荒らしにくるのでしょうか?
もう一度言わせてもらいます。

ドクダミや雪ノ下は、わたしが栽培しているものではありません。
勝手に生えてきたものです。

生えてきたので、わたしが利用させてもらっているだけです。
(これからは、価値の有る雑草は利用させてもらおうかなと思います。)

その利用していると云うのが氣に入らないのでしょうね。
この連中が仕掛けた工作でも、それをわたしが利用したり、ターゲットが有利に働くような場合は、即座にそれを潰しに掛かると思います。

まぁ、これが裏の顔と表の顔を持つ、集団ストーカーです。
確かに、アナグマのエサになるようなものを裏庭に捨てました。

14日の土曜日の夕方に、スイカが腐っていたので、その部分だけ切り、裏庭に捨てました。

たぶん、アナグマが来るかなと思っていましたが、案の定きました。
真夜中の日付が変わる頃だったかな?

裏庭で物音がするので、裏庭に出てみるとダダダーッと走り去る生き物の姿がありました。

小石をテェーイと、投げてやりましたけどね。
余計な事だったでしょうか?

タヌキは穴はほらないですから、ここまで掘るのはアナグマしかいないと思います。
(墓穴は掘るって?誰じゃい、それは??この連中か???)
コンクリートのブロックなんか、いとも簡単に動かしますからね。

それに、これは一人では無理だと思えるような大きな石でも動かしています。まぁ、そうとうな掘る力があるようですね。

裏庭の土は、石がゴロゴロしていて硬い土です。
他の場所を掘り起こしてくれるのは有り難いかなと思っています。

そのような場所に、何か栽培でもしようかなと思っています。
ほんとうに狭い裏庭なんですが、何か出来ればなと思っています。

なぜ、この場所にアナグマが出没するようになったかといいますと、それは同じ穴のムジナからきていると思います。

わたしはこの言葉をよくつかっていました。
わたしがこの実家に戻ってくる前から、よく目にしていた動物がいます。

それが、タヌキですね。
釣り場でも見かけたこともありますし、前に住んでいた団地でも見かけていました。

そして、団地に住んでいた頃に、この実家の行き帰りにもタヌキを見かけたこともあります。

このタヌキから同じ穴のムジナの言葉が出て、それからアナグマを実家の裏庭でみるようになりました。

最初、アナグマは裏庭を通り道にしていただけで、裏庭を掘り起こすような事はしていませんでした。

その頃は、わたしは裏庭に生えている野草には、そこまで関心がありませんでした。
今は、少し考え方が変わったのかな?

すべては利権、顧客の誘導です。
このようなことが起きると、すぐ害獣駆除の広告が出てきます。

今日も、アナグマが来ているようです。
15日の午後10時頃ですが、裏庭で物音がしてますから、また来ているようですね。

午後10時6分頃、裏庭に出てみました。
わたしが裏庭に出ると同時に逃げていきましたね。

このように、わたしが関心をもつと、これが広がりを見せるのですね。
それが、集団ストーカーです。
(ターゲットの情報を元に、広めているような氣がします。)

猫にはすぐ、裏庭に何かが来たと云う事が分かるようで、んんっと一瞬首をもたげて、その方角を見つめますが、興味がないと云う感じで横になって寝てしまいます。

それと、アナグマはミミズが好きなようです。
穴を掘って荒らす理由は、ミミズさがしかな?

わたしは、他の場所の草取りをしていて、ミミズが出ればその場所にミミズを入れていました。

それは、ミミズは土作りの名人だからです。
(人間が、ごそごそしなくても、ミミズに任せておけばいいかな?なんてね。)

18日の朝は、午前4時半頃に目が覚めました。
ねこがエサを食べている音で目が覚めました。

目がさめ、トイレに行こうと廊下にでると、猫がサッと寄って来ました。
このような時は、外に出たいか、外が見たいかのときです。

なので、戸を少し開けてやりトイレに行きました。
トイレから帰ってみると、外を見ているのではなく戸の影に隠れていました。

このような場合は、外に何かが居るなと分かったので、戸を閉めて布団に入りました。

布団に入ってしばらくすると、フギャーという猫の鳴き声が聞こえてきました。
鳴き声とともに、その場に行くと外にいつもの白い猫がいました。

飼っている猫は、この白い猫の存在が既に分かっていて、隠れていた事が分かりました。

犬や猫の能力はやはり凄いですね。
見えていなくても、その存在が分かるようです。

この白い猫は、何度となく自宅内に侵入していますし、飼っている猫もこの白い猫とケンカのようなことをして出血をしたことがあります。

それで、恐れ隠れていたのだと思います。
わたしの飼っている猫も、この連中の工作を受けています。

だから、わたしから離れないこともあります。
この連中の集団ストーカーの工作には見境がありません。

エリザベス・エイプリル&銀河連合のアップデート〜数十億の人々が立ち上がる!〜

エリザベス・エイプリルと銀河連合〜8月の会議・前編〜

エリザベス・エイプリルと銀河連合〜8月の会議・後編〜

わたしの行動の中で、普段と違う行動をとれば即座に超音波振動が体に伝わってきます。
ビビッというような、ブルッと云うような感じできます。

そして、未だに毎日日付が変わる前後には、必ず毎日休みなく超音波が照射されます。
わたしから、この連中を見れば分かりますが、異常者はこの連中だと思いますね。

毎日毎日、どのような精神であれば、毎日この集団ストーカー行為がおこなえるのでしょうか?

わたしは思考と映像を、毎日ぬき取られていると思われます。
そして、同時に音声送信がきます。

何種類かのパターンの中から音声送信をしてきます。
「へへっ」というような「ふっ」というような感じの声です。
(ちなみに、今もこの文章を入力しているのですが、もの凄い超音波がきています。テーブルが揺れるくらいの感じです。)

この集団ストーカーは、歯に始まり歯に終わる?
わたしは、中学のときに空手(剛柔流)を習い始めたことは、以前お伝えしました。

それとは別に、わたしは高校のときに他の流派の空手も少しかじっていました。
その流派は、糸東流です。
(剛柔流と糸東流の違いで一番分かりやすいのは、正拳突きの構えに有ります。胸の位置で構えるか、腹の位置で構えるかの違いが有ります。)

鳥取に有名な人がいますね。
そんな高校の時に、こんな出来事がありました。

空手の稽古には、自由組み手の練習もあります。
そのときは、顔面は寸止めで当てないようにします。

その自由組み手の練習中に、なんとですね。
見事に顔面に当たってしてしまったんですね。

それも、歯にです。
みごとに、前歯に当たってしまいました。

それで、歯が欠けてしまいました。
そのことが切っ掛けで、前歯を差し歯にする事になりました。

この前歯で、いろいろと工作をされています。
現在の差し歯は、内側がちょっと膨らみ、食べたものの匂いが付く差し歯です。
(タバコを吸っていたら、タバコの匂いが付きます。)

もう何十年も前にもなりますが、わたしはタバコを吸っていましたが、止めました。
それは、魚釣りを止めるのとほぼ同じような時期に止めたと思います。

ある事件を切っ掛けに止めました。
ある事件と云うのは、どこかに書いていますが、釣り場で下血してそれを切っ掛けに止ました。

わたしのタバコの止め方は、こんなんでした。
タバコを止めるといいつつ、ポケットにはタバコを入れていました。

いつでも、タバコを吸える状態で止めました。
止めるといっても、必ず吸いたくなるはずです。

その時は、何も考えずに持っているタバコを取り出して吸います。
吸って落ち着けば、よし止めるゾって、我慢をします。

しかし、吸いたい。
そんなときは、吸っちゃえーで、吸います。

吸って落ち着けば、止めるゾ!
の繰り返しで、少しずつタバコから離れていきました。

まぁ、それの方がストレスがなくていかなと思ってです。
ちょっとしたものにも、利用できるかな?

これのやり方の重要なのは、止めると云う意志を持ち続けることだと思います。

歯の話に戻りますが、早く変えたかったのですが、なかなか???
こんなことをされていますのでね。

なかなか、行くことができなかったです。
時代も変わったし、行く切っ掛けも出来たし、もういいかなと思って歯医者に行くことにしました。

行かないと、噛める歯がなくなったので、と云うこともあります。
そうですね。

行く切っ掛けと云うのは、かぶせてある銀歯がとれたり、差し歯がとれたりしました。
これは、母親も同じようなときに銀のかぶせがとれて、母親といっしょに通っています。

食べるものが、母親とわたしはいっしょですからね。
何かされたのかもしれないと云う疑いはありますけどね。

まぁ、疑ってしまえばわたしの生活全般に関わってきますから、そこまではしません。
逆に、歯医者に通う切っ掛けが出来て良かったかなと思っています。

まぁ今思えば、それをするために送り込まれた加担者だったのかも分かりませんね。
(まぁ、こんな工作もするのですね。)

そんな前歯は、この集団ストーカーの音声送信や思考盗聴に利用されているのかも知れませんね。
(これも、ドンマイドンマイ。今更云ってもねと云う感じです。言ったからと云って元に戻る訳でもありません。過去は教訓とし未来を大切にしたほうがいいかな、なんてね?)

わたしは、元々受け口で小学生の頃に歯の矯正をしていました。
歯医者はその当時、宮の下(みやのした)の宇部神社の入口にありました。
(現在は、ありません。)

しかしですね。
これがなんと、途中で止めてしまいました。

その原因は、締め付けるような痛さですね。
小学生には、我慢できなかったかな?

それと、笑うと針金がキラーン!
小学生ながら、嫌でしたね。

んんっ、まぁ、
これで、口を開けて笑うことをしなくなったのかな?
今でも、ポカ〜としたアホ面の、ポーカーフェイスを自称しています。

それで、途中でやめてしまいました。

それに加えてわたしは、小学生の頃は布団に入ると、飴ちゃんをなめながら寝ていました。

わたしが布団に入ると、ハイ飴ちゃんと母親に渡されて、飴をなめながら寝ていました。
(このことは、誰も悪く云うことはできませんので、ノーコメントです。)

なにが原因なのか分かりませんが、中学のときに歯ぐきがよく腫れていました。
歯医者に行けば良かったのですが、ほっとけば治ると思って歯医者には行かなかったです。

これが、大人になって影響がでてきました。
それが、入院と云う形になったのですけどね。

それは、この自宅を事務所にするようになってからです。
このことも、どこかに書いていますが、あるとき歯が非常に痛くないました。

虫歯のズキンとする痛さではなく、鈍痛のような痛さです。
それで、歯医者に行ったのですが、レントゲンをとったり、何と云う治療もされず、化膿止めのような薬をもらって帰りました。

それで、次の日ますますひどくなったので、これは歯医者じゃ無理かなとおもって、歯医者に電話をし、内科に行くことにしました。

そしてですね。
内科に行き診察室に入り、わたしがここのが痛くてと言って、そして先生がパッとわたしの顔をみるなり、ここでは無理、大きな病院に行ってと直ぐ紹介状をかいてもらい、それをもってすぐその病院に行きました。

その病院にいったら、その場で即入院でした。
それから、3日間、朝昼晩を問わず、抗生物質の点滴でした。
(後で、先生いわく倍の濃さの抗生物質の点滴をしていたと言われました。)

みてもらった科は、内科ではなく耳鼻咽喉科でした。
わたしは、これは中学のときの歯ぐきの膨れが原因だと思っています。

そのときの腫れの膿みが下あごにたまり、長年の歳月により下あごの骨に穴をあけ、その膿が首にいき首から胸に垂れ下がっていました。

その膿みが心臓に達していたら、もうお終いになっていたと云われました。
その箇所が紫色に変わり、もう僅かな所まで来ていたそうです。

危機一髪というところなのでしょうか?
わたしは、なぜだかこんなことがよくあります。

よくあると云っても、思い出しても数回(4回)ほどなんですけれども、その度になぜだかこのように元気にしています。
(細かいことは色々あっても・・・)

このように生かされているということは、他に何かすることがあるのかなと、つい考えてしまいます。

今は、噛めない歯の影響なのか、体重がだいぶん減りました。
誰か、うらやましいと云っていませんか?

誰でも、食べなければ痩せます。
ただ、それを我慢できるかどうかの違いだと思います。
(人間は生きるために必要な栄養素があります。)

ほんとうに、痩せたいと思うのなら食事面の見直しだけでも十分に可能です。
それは、プチ断食と粗食です。

わたしがタバコを止めたように、無理をせずストレスをためることなく長期的にやっていけば、可能だと思います。

⭐️ライラ(琴座)の種族について⭐️エジプトの神々⭐️ブルーエイヴィアンズも登場!!ーby エレナ・ダナン

あっ、そうそう。
それで、矯正を途中止めした状態で、あちこちの歯の治療をしたために、歯の噛み合わせがガタガタになりました。
(噛み合わせが悪いと、姿勢も悪くなり顔もゆがんでくるのかな?)

こんな調子で長年暮らしてきました。
この間の歯の治療で、その膿みのたまっていた歯の隣2本も抜いてもらいました。

なので、わたしの左下の歯は、ありません。
たぶん、ここは部分入れ歯なると思います。
(それでも、噛めるだけ有り難いと思っています。)

亡くなった父親は、総入れ歯でしたからね。
父親もなぜだか、寝ながら飴玉をしゃぶっていました。
(総入れ歯だから、虫歯になることはありませんけどね。)

人間に限らず、生き物はそうなのでしょうけれども、入口と出口は大切だなと思いますね。

中間も大切なのでしょうけど、中間は入口に左右されますからね。

アレが始まってから人口の減り方がおかしい

まぁ、トマトはリコピンがありますからね。
トマトが赤くなれば、医者が青くなると云われているくらいです。

赤いトマトのリコピンには、強い抗酸化作用があります。
そのトマトを狙い撃ち?

医者が青くなるのではなく、食べた人間が青くなるようにされているのかな?

【ゆっくり解説】医者も認める健康食ベスト5を解説します【1位はあの赤いヤツ】

まぁ、マスクは意味がないと云っても、誰一人として外そうとする人はいません。
気休めにしているだけにしか、思えませんね。

それなら、いっそう酸素マスクのようなものをすればいいかなと思います。
金額はかなりしますが、マスクで体を壊すよりはいいかなと思います。

【マスク】ハイテクで高機能な最新スマートマスクを紹介【2021年】

最先端のマスクが凄かった・・・!【AiR MAC】

ここ数年、車を離れて歩くことが多くなりました。
歩いていると、ときどきマスクが落ちていることが有ります。

捨てたのではなく、落ちたのだと思っていますが、これらのマスクによる弊害も増えてくると思われます。

マスクをするしないは、個人の自由です。
マスクをする意味はなんでしょう。

感染しないためですか?
うつさないためですか?

エチケットや花粉症・ホコリなどから体を守るためにマスクをすることはあります。
しかし、ウイルスでのマスクは、どうなんでしょう?

息苦しかったらマスクをとればいいと思います。
わたしは、そこまでする必要はないと思いっています。

ほんとうに、ウイルスの感染を避けるためにマスクをしているのであれば、少し高価ですが、ウイルス専用のマスクをすればいいと思います。

正しい情報や間違った情報を精査し、取り入れることも大切です。
(取り入れた情報が間違っていたら、なんどでも修正をすればいいと思いますし、その考え方に凝り固まる必要はないと思います。)

今までの時代は、どちらかと云うと強制で圧力の時代だったと思います。
これからは個人の自由を尊重しながら、まとまっていく和の時代だと思います。

いままでの社会、今もそうかも知れませんが、需要と供給のバランスが大切でした。
このウイルスも、そのバランスの中にあるのかも知れませんね。

ほんとうに、町中にウイルスが蔓延しているのであれば、みなさんとっくの昔に感染していると思います。

では、


スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。