天候の操作・気象の操作はなんのため?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日々の出来事のように集団ストーカー被害がおきています。
迷惑行為から、嫌がらせ行為など時には、人生を枯れ木状態にする行為もあります。しかし、全ては、でっち上げ、捏造です。
ウソである以上、いつかは日本全国の枯れ木に花が咲き誇る。



未だに、天候の操作・気象の操作をしています。
していると云いますか?
されています。

これは、そうとう前からされていました。
これは、わたしが趣味としていた海釣りをしていた時からも、されていました。

その釣りをしていたときに、何かおかしいと思いはじめたのが切っ掛けになっています。

わたしは、釣りに行く前日は天気予報とにらめっこして、ある程度の場所を決めていました。

なるべく、風がないほうがいいですから。
なるべくなら、風裏になる場所に行っていました。

しかし、その場所に行くと風が吹き始めます。
それも、タイミングがあり、このようなタイミングに吹き始めます。

そのタイミングというのは、その場所に着き撒き餌作りから仕掛け作りなど色々な準備をして、さぁ釣りを始めようと云うタイミングに風が吹き始めます。

たいていこのタイミングです。
釣り竿を振り、仕掛けを海にポッちゃんと投げたタイミングが多いですね。

わたしの釣り方は、足元ではなく仕掛けを、そこそこ振り飛ばしますので、風が吹くと釣りづらくなります。

わたしは、このように釣りが好きだったこともあり、よく釣りの動画を見ます。
それがですね。

その動画を毎回見続けていると、風が吹き釣りづらいような内容の動画に変わってきます。

登山の動画にしても、見続けていると風が吹いてくる場面が増えてきます。

これは、どう云うことなのでしょうね?
そこまで、する必要があるのでしょうか?

これは、わたしが何かの組織に所属しているような人間に、させられている可能性がありますね。

わたしがよく見続けていると、この連中が勝手にです。
勝手に組織の仲間のよう思わせ、わたしと同じように風で困らせ、その場所にも利権の儲け口を広げているのかも知れませんね。

これは、この連中の利権を広げるため、あるいは繋げるための工作だと思っています。

他に思いつきません。
この集団ストーカーが全国で行なわれている証拠ですね。

まぁ、この風で釣り場の移動を余儀なくされたり、足元近辺の釣りになってしまいます。

毎回のようにこのような事をされていたので、まぁ自然現象とは思えなくなります。

このわたしの集団ストーカーには、この風というのは必要不可欠なような気がします。

はっきりとした理由は分かりませんが、どうも静電気に関係があるのではないかと思っています。

特に、冬になると静電気でバチバチになりますからね。
(服の繊維にもよりますが、)

間違っているかも知れませんが、風で摩擦を起こしているのではないかとおもっています。

もしかしてですよ。
釣りに行って、何処に行くか分からないターゲットの電気の供給手段?
(それと、風で何かを動かすと云うのもありそうです。)

わたしは、常に思考を読み取られています。
その思考の電気信号をうまくキャッチするために必要になっているのかなと思っています。

ハッキリと何かで調べた訳ではありません。
なので間違っている可能性もありますが、だいぶん前にですね。

ネットでそのような記事をチラッと読んだような記憶があります。
なので、わたしが勝手にそう思っているだけで、間違っている可能性もあります。

まぁ、そんなことはありえないかな?
ね、ね。
そうですね。

でも気温が下がり、乾燥してくるとそりゃー、すごいですね。
バチバチのバッチンです。

特に洗濯したての衣類はすごいですね。
やはり、洗剤との関係もあるのかな?

この洗剤なども、工作商品を買わされているようですね。
例えば、下着のパンツやシャツを一枚だけ洗う場合、手洗いで洗っていました。

その手洗いを続けていると、このような洗剤に変わってきます。
ツルッツル。

頭の髪の毛ではないですよ。
頭は、ツルッツルよりも、ピッカピカ?

えっ、それは光か後光か?
(失礼しました。)

そうですね。
ツルッツルになります。

それは頭ではなくて、手です。
洗っている手です。

手がツルッツルになります。
手を洗っても洗っても、とれません。

ツルッツル、ツルッツルです。
ツルッツル、ツルッツルがトレンジャー???

ツルッツル、ツルッツル、ツルリンパ!って、
遊んでいる場合じゃないですね。

手のツルツルがとれないので、どうしようかなと考える間もなく、
手が伸びていた場所がありました。

わたしの自宅は、結構な古さがあります。
つい手が伸びた場所は、コンクリート張りのコンクリートです。

そのコンクリートで、手をゴシゴシ。
ゴシゴシ、ゴシゴシ。

20回もしたなんて、云わないです。
それで、ある程度とれましたね。

コンクリートに感謝ですね。
すると、

コンクリートから、
どう致しまし手。

そんなこと、あるかーい。

このツルッツルの洗剤で、洗った下着のパンツとシャツの着心地はどうだったかというと、正直なところ分かりません。

わたしのオーチン●ンに聞いても、同じ答えが返ってくると思います。
わかんなーい!
(大変下品な内容で失礼しました。いつもじゃないかと云われそうですが。)

確かこんな内容がチラッと、ネットに載っていたような氣もします。
コンクリートにこすると、と云うような内容です。

この風は、今でも顕在です。
今日(5日)も結構な風が吹いています。

この風ですけれども、どうも近くでも操作できるような氣もします。
と、云うのもですね。

それは、窓を開ければ、

窓を開ければ、港が見えるメリケン波止場の・・・

おいおい、

窓を開けても、港が見えないぞー。
そりゃーそうだ。

それ、淡谷のり子さんの「別れのブルース」じゃないか???

毎度毎度、大変失礼致しました。
いくら、ブルースが好きだからと言って、大変失礼いたしました。

わたしの自宅の場所は、窓を開けても港は見えません。
窓を開けて見えるものは山です。

山のすそ野です。
話を元に戻しますと、窓を開ければ開けた方向から風が吹いてきて、窓を通して風室内に吹き込んできます。

これが不思議で、何処の方角の窓を開けても、10秒も経たないような時間で、家の中に風が吹き込んでくるようになります。

こんな事が非常に多くなります

さらに、不思議なのはこの山陰地方は、冬になると季節風で主に西から北の範囲内の風が吹き込むようになります。
(日本海側は何処も同じかな?)

しかし、その方向の風が吹いているときに、南側の窓を開けると南側から風が吹き込んでくることもあります。

これは、どう云うことなのでしょうね?
わたしは、風を回り込ませているのかなと思ったりしています。

北よりの風が吹いているのに、南風と云うのはおかしいでしょう?
そうなれば、気温が上がってもおかしくないはずです。

まぁ、いつもとは云いませんけど、結構な確率でこのような状態になります。
これは、どう云うことでしょうね???

今も昔も、この風は一つも変わっていません。
好きな曲の中に、ボブディランの「風に吹かれて」と云う曲があります。

曲は好きでも、風に吹かれたくはないですね。
ブルブル。

ブルブル、ブルブル身体が冷えます。
ヒェ〜ッ!

気温の高い時期だったらいいけどね。
冬はやっぱり、ヒェ〜ッは困ります。

わたしは確かに人体実験をされています。
運動をしているときでも、運動しているときの身体のデータを盗みとられています。

だから、運動をしているときに隣からだと思いますが、音が頻繁に聞こえてきます。

トリガー音というのでしょうか?
(Hirofumi Osameさんの以前の動画の内容で、この言葉が使われていたのでわたしも使用させて頂きたいと思います。)

ゴトゴト、ガタン、ドーンと、よく聞こえています。
隣を介して聞こえる音だと思います。

音を送信されています。
この音で、部屋や自宅に仕掛けられているICチップのような何かが起動しているのだと思います。

もういろんな所に仕掛けが、仕掛けられていると思います。
自宅の中も外もです。

それとですね。
自宅のネット回線の配線は、自宅の中を通らずに外壁(隣よりの壁)を這わせて、自宅奥のわたしの部屋に入っています。

これ自体が、ネットやパソコンの内容が盗まれ放題だと思います。
それに加え、通信会社も加担しています。

電線の配線で、どうにでもできると思います。
近隣が、わたしのネット観覧の内容を盗み見するのも容易だと思います。

だから、わたしは私生活の内容から身体のデータまで盗まれ放題です。
もしかしたら、わたしの胃の中には情報のデータを収集し、データを飛ばしているものが仕込まれているかも知れませんね。

胃酸にも負けない、剥がれない何かが?
これは、胃カメラで何かを仕込まれているような氣がします。

わたしは、以前は潰瘍持ちで時々、バリュームや胃カメラを飲んでいました。
胃カメラも口から飲むのは、ほんとに苦しいので敬遠をしていました。

しかし、今は鼻の穴から入れる胃カメラもあります。
鼻の穴だと、ほんとうに苦しくありません。

この時に、何かされた可能性もあります。
それに、日本赤十字に入院していました。

これも何処かのブログに載せているはずですが、そのときに非常に痛たかった場所があります。

わたしは、奥歯を一本抜くために、全身麻酔をして歯を抜かれました。
歯を抜くときに、血管を傷つけて出血したら困ると云う事で、全身麻酔で歯を抜かれました。

しかし、手術が終わって非常に痛かった場所が、他にありました。
抜いた歯の場所ではなく、鼻の穴が非常に痛かった憶えがあります。

その鼻の穴の痛みだけに、鎮痛剤を飲みたいと思ったくらいに非常に痛たかったですね。

なぜ、痛かったのか?
わたしが思うに、最初から胃カメラを飲むための鼻の穴であれば、予め鼻の穴が痛くならないように、何かを施されるはずです。

しかし、今回は全身麻酔だったために、それを省かれたのかもしれないですね。

それで、手術後に非常に痛みが出たのかなと思います。
それか、もしかしたら鼻骨に直接何かされたかな?

なんてね。
まぁ、素人判断ですけどね。

だから、食後にきつい超音波を照射されると、胃が痛んだり張ったりします。
我慢をしているのですけど、毎日毎日何十年も続けられています。

わたしの顔にもアザがあります。
いつ出来たのかも分かりません。

憶えがありません。
それに、わたしの肩や背中は、そばかすのようなものでいっぱいです。
(でも、わたしは重要なポストにいる人物ではありません。ぺいぺいです。)

顔につけられた画像ICチップ-盗聴・監視が目的だったら

風の話に戻しますけど、こんなターゲットにですよ。
気象の操作をしてまでも、工作をする必要があるのでしょうか?

その辺が、わたしにしたらどうしても納得がいかないですね。
なぜ、そこまでするでしょうか?

だから、この集団ストーカーというのは、何一つ変わっていません。

表面上は人もかわり、変わっているように見えるかもしれませんが、この集団ストーカーの本質は、何一つ未だに変わっていません。

わたしがブログの更新の内容を打ち込み、準備している間は雨になります。
天候が悪くなります。

それに、最近は満月の日は曇り空で、満月を隠されてしまいます。
最近は、ずっとこんな感じです。

これも冗談で始まった工作ですね。
満月を見ると、狼男に変身するって???

そんな馬鹿な?
うそっ!

嘘です。
そんなことある訳ないでしょう。

冗談でも、その冗談を真に受けているのか事実のように工作を始めます。
それは、もう工作の内容が尽きてきたのだと思います。

しかし、何もしないでいる訳にもいきませんからね。
町中で、防犯活動をしているいじょうはね。

だって、危険人物に仕立て上げているターゲットが居るのですかね。
さんざん好き勝手な人物に仕立て上げ、周りを煽っているのですかね。

何もしなかったら、今までの事は何だったのかいうことになりますし、動かなければ、お金も動きませんからね。

ほとんど、このような状態です。
ブログの更新の前後は、本当に天候が悪いです。

この天候の操作というのは、わたしがブログを始めていないときから行なわれていました。

よくこのようなことを行なわれていました。
車の乗り降りの時に、雨を降らせる。

これを頻繁にされていたので、車の中が湿気て窓ガラスに水滴がつき、よく曇っていました。

どこで、どのようにしておこなわれているのかは、ハッキリしていませんが、天候を操作できることは、もう一般的になりつつあります。
日本だけが知らないだけで、海外では当たり前のように知っている方も多いです。

ケムトレイルも、大掃除で減ってきました。
しかし、天候が悪くなる前に、雨が降るまえに必ず、ジェット機が飛んでいる音が聞こえます。
ジェット機の音が聞こえて、その何時間後には雨が降り始めます。

このパターンも随分と前から行なわれています。
ケムトレイルは減りましたが、天候の操作は未だに行なわれています。

ここでの天候の操作の目的の一つにこれがあります。
屋根に付けているサンヒーターです。
太陽の熱で水を温める。

わたしは時々、運動をしています。
それで、汗をかいたら、そのサンヒーターを利用して汗を流します。

それを邪魔したいというのが、この連中の一つの目的でもあり、それが天候の操作につながり、天気が悪くなっています。

だから、ブログを更新すると、このように邪魔をされます。
まぁ、毎度の事なのですが、でも雨が植物を育てます。

この天候の操作で雨が多くなると、植物が育ちます。
わたしの自宅周辺を見れば分かるのですが、草や木々が萌えています。

植物の根は、土の中の微生物の死骸を栄養源にしています。
そして、雨が空気中の窒素を植物に与え、その窒素と死骸のタンパク質が結合して窒素肥料になるようです。

雨が、空気中の窒素を運ぶのであれば、多少なりとも人間にもその恩恵あやかることができるのかな?

だからといって、雨に濡れなさいと云う事ではないですよ。
そのあとの太陽の光の光合成も必要かな、なんて?

まぁ、ど素人です。
軽く聞いて、水に流してください。

あれれ、誰かさんは、たまに雨に濡れているけど、頭が萌えてないね?
いやいや、それは、雨に濡れて頭が萌えるために外に出ている訳ではないのでね。

わたしが外に出るタイミングに雨が降っているだけです。
傘をさせばと云われそうですけど、それが微妙な雨の降り加減でね。

でも、萌えたらいいね。
今は、たそがれーっ?

まぁ、頭の髪の毛にもタンパク質が必要なようです。
人間の身体にもタンパク質は必要です。

なので、タンパク質はまず身体の栄養に使われ、余ったタンパク質が髪の毛に回るようです。
なので、タンパク質の量が少ないと、髪の毛に回らない???

アメリカは内戦状態!日本国内でも(庵札)が・・・

この集団ストーカーというのは、ビジネスなんですね。
結局は、支配構造の中で利権を目的としたビジネスです。

この輩は、これで生活をしているのだと思います。
だから、止められない。

これは、ターゲットが実際に危険人物や異常者ということはなく、ビジネス上そのように仕立て上げられているだけです。

これは、売り買いの関係に似ていると思います。
ようするに、企業が商品をつくり、その商品を宣伝し顧客をあつめる。

この輩が危険人物に仕立て上げ、周りに言いふらしその対策で、近隣や地域が動き監視の品定めが始まります。

企業は商品をアピールするために、周りにさまざまな工作をしかけて、お金を動かします。

工作をするために税金も動くでしょう。
その税金のおこぼれが、この連中の儲けになるでしょうね。

この工作はCMやキャンペーンが行なわれています。
それが、実際にこの連中によって犯罪や事件もでっち上げられていると思います。

事件など、わたしと、まったく関係がないように見せかけられていますが、なぜか監視がきつくなります。

これが、この連中のやりかたのようですね。
この集団ストーカーの特徴とでも云いましょうか?

わたしと関係のないような事件を日本の何処かでおこし、わたしに関連性を持たせるような振る舞いで防犯活動が始まります。

気象の操作まで、行なわれている集団ストーカーです。
このわたしの事で、天候まで変える必要があるのでしょうか?

そこまでして、この操作・工作を誤摩化したいのでしょうかね?
考えれば考える程、分からなくなってきます。

これは、わたし個人だけの問題なのか?
それとも、わたしの家系の問題なのか?

わたしの祖父は、今のNTTの前身でもある電電公社に勤めていました。
よく、広島に行っていたようです。

そして、わたしの父親は戦争にいっていました。
そして、父方の親戚とは一切付き合いがありません。

逢ったこともなければ、話をしたこともありません。
だから、わたしは全然分かりません。

そして、わたしは小学校のときから、この工作めいた事をされていたような氣がします。

一つ、例をあげますと、小学校の帰り道になぜだか、軽自動車が空き地に駐車してあり、珍しさのあまりに、車をみながら車をグルーッと回っていると、なぜだか足がむずかゆくなり、手を伸ばしたらぬるっとした感触が???

見ると、足からかなりの出血をしていました。
なんで、こんなことになったのか?

カマイタチ?
わたしの小学校時代は、まだまだ車は珍しい時代でした

そして、その当時の車のバンパーは金属で、車体よりもはみ出ていました。
そうです。
その出っ張ったバンパーに足を引っ掛けていたようです。

いたようですと書きましたが、実際バンパーに引っ掛けた記憶がありませんし、その当時も痛いと云う憶えがなかったと思います。

その血液が流れる感触で、気が付いたのだと思います。
今考えても、違和感だらけです。

その時も、誰か友達が一人居たはずですが、誰なのか全く分かりません?
だれか、友達が居たと云う記憶だけがあります。

そして、急いで今の自宅にかえり、祖母に連れられて近くの個人医にいきました。

縫ってはいないので、今でもその跡が残っています。
そして、もう一つ、近くの神社の石垣の上から落ちた憶えがあります。

しかし、これも不思議でわたしの記憶違いなのかわかりませんが、どう考えても説明がつかないです。

このときも、誰だかわかりませんが、友達と一緒に神社で遊んでいました。
そして、石垣の下には小川が流れています。

浅い石ころだらけの小川です。
そして、わたしが石垣の上からその小川を覗き込んでいた瞬間に、ポン。

ポンと肩をその一緒に遊んでいた友達に押されました。
その友達は、冗談でポンと押したのだと思います。

軽くポンと押して、わたしがその押しに対して踏ん張り、あぁー、ビックリした。
と、わたしが言って笑って終わる予定だったと思います。

ところが、ポンと肩を押されて、わたしはそのまま石垣の上から、下の小川まで、真っ逆さまになって落ちました。

頭から落ちたために、石で頭を切りかなりの出血がありました。
そして、頭から落ち立ち上がって小川から参道に出ようと歩き始めたら、その友達が怖くなったのか階段を駆け下りている姿が見えました。

わたしは小川から参道にでて大泣きをしていました。
すると近所の人がわたしの泣き声で出てこられ、わたしの祖母を連れて来て頂きました。

そしてまた同じ個人医に連れて行かれました。
そして不思議なことと云うのは、ポンと押された場所と落ちた場所が違っているのですね。

だいぶん、移動しています。
だから、これはわたしの記憶違いなのか、何なのかが分かりません。

ポンと押されて、真っ逆さまに落ち、石垣がスローモーションのように見え、そして氣を失っていたようです。

だから、氣をうしなっていたのでその間の記憶はありません。
頭から落ちて立ち上がるところからの記憶が残っています。

しかし、その立ち上がった場所の記憶が、押された場所の記憶と全然違った場所なんですね。

これがどうもわたしには、今考えてもよく分かりません。
二階くらいの高さから、真っ逆さまに頭から落ちて、小川の石で頭を切る程度ですみました。

神社で起きた出来事だけに、神様に助けてもらえたのかなと思っています。
こんなことが、小学校から大人になってもいろいろとありました。

現在は、時々その神社に参拝させてもらっています。
そして、参拝させてもらってから神社を流れている、水を貰って帰っています。

ちなみに、延命水と云うことになっています。
しかし、この神社も例がなく作業が行なわれ、昔の綺麗な面影はありません。

それに、現在は戸を閉めきって、カギまで掛けられています。
これは、わたしが危険人物に仕立て上げられているため、それの対策なのだと思います。

もし、鍵を掛ける理由が違っていたとしても、その理由はわたしには分かりません。

その状況を見て、わたしへの対策だなと思わせるのが、この集団ストーカーの工作でもあります。
ほのめかしと同じような工作ですね。

ちなみに、わたしが連れて行かれた個人医も今はありませんし、祖母を呼んできて頂いた近所の人もいません。
空き家になっています。

今もそうなんですが、わたしが関わった建物などはほとんどありません。
立て替えをしているか移転をしています。

中・高はすでにそうなっています。
そして、小学校も生徒数を減らされているようです。

気象の操作にしても、そうなのですが、この集団ストーカーはここまでしなければならないのかなと思います。
今もサイレン(8日午前10時半頃)がけたたましくなっています。

この加担者のみなさんは、このような事を何のために行なっているのでしょうか?

世の中を良くするためですか?
お金のためですか?

防犯のためですか?
防犯活動にしては、度が過ぎるのではないでしょうか?

度が過ぎて、防犯活動には見えません。

こんなことをしていて、この世の中がどう変わると云うのでしょうか?
今この世の中の仕組みがひっくり返ろうとしています。

粛正もそうなんですが、環境にも同じ事が言えそうです。
おどかす訳ではありませんが、知らないより知っている方がいいと思います。

必ず、あるとも云えませんし、ないとも云えません。
どちらかというと、あると思って日々の生活をしたほうがいいと思います。

もし、その状況になったとしても、パニックだけは避けたいですからね。
もう、この状況になったら、上に逃げるか下に逃げるしかありません。

上空に逃げるか、地底に逃げるかです。

1000メートル以上の高地もあるかも知れませんが、その状況の中で移動するのは不可能だと思います。

アトランティス予言で日本が◯◯?!再浮上で現れる超古代文明の宇宙船【都市伝説】

松原照子さんの予言が的中すぎる!巨大地震に噴火、今後の日本の政治はどうなってしまうのか?松原さんの予言から日本の未来を読み取ってみる!

そして、こんな内容の動画もあります。

鳴霞さんの月刊中国より重大情報!拡散依頼がありました アメリカ対中開戦決意⁉︎来年2月以降に電撃戦⁉︎との情報です!

はたして、2021年はどうなるのでしょう?
もう、流れにまかせるしかないような氣もします。

じゃ、逆にお聞きしますが?
何か出来ますか???

わたしは、この集団ストーカーのターゲットにされ、監視をされ電磁波攻撃をうけ、人海戦術で付きまといをされています。

何が出来ますか?
何も出来ません。
正しい流れに身をまかせるしかないと思っています。

加担者のみなさんは、みなさんで考えてください。
大きな組織の下で、動いていらっしゃると思います。

この集団ストーカーによる防犯活動は、お金のためあるいは、生活の維持のために行なわれているはずです。

そして、そんなお金が、こんな状況を作り出しているのだと云えます。
世の中の流れと、この集団ストーカーにも同じ事が云えると思います。

たぶん、加担者・工作員のみなさんは、正しい行動あるいは分からないだろうと思って行動されていたと思います。

しかし、この集団ストーカーは道徳心から掛け離れた行動・行為です。
いつかは、この集団ストーカーにも付けが回ってきます。

そして、この集団ストーカーの付けをどのような形で清算し、支払をするのかは、わたしにも分かりません。

では、


スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。