靴がパカパカ・キュッキュッ・ツルッツルッ!これ反日??

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日々の出来事のように集団ストーカー被害がおきています。
迷惑行為から、嫌がらせ行為など時には、人生を枯れ木状態にする行為もあります。しかし、全ては、でっち上げ、捏造です。
ウソである以上、いつかは日本全国の枯れ木に花が咲き誇る。



あれれ、靴(シューズ)が、パカパカパン?

買い物に云ったときの出来事なんですが、歩いて買い物に行きました。
自動車も自転車もないので、歩きです。

歩きの方が気が楽ですね。
車を持っていない者のひがみ?

車を離れて、思うことは?
車の維持費の高さと、維持するための面倒くささからの解放かな?

近所の近いところだったら、ほんとに歩きの方が気分的にも楽です。
まぁ、買い物した荷物が多いと手間ですけど。

買い物なんですけど、まずコンビニで支払をしてから、別の店に買い物に行きました。

そのコンビニに行くには、郵便局のそばを通って行くことになります。
その郵便局なんですけど、その郵便局に近づくにつれ、あれ今日は何事とおもいましたね。

郵便局の駐車場にトラックを停めて、工事といいますか作業をされていました。

たしか、今日は日曜日で、郵便局も閉まっているし、何の作業をしているのかよく分かりませんでした。

交通誘導される警備員の方も一人いらっしゃいました。

あれ、なんだろうね。
でも、結構な水が流れています。

駐車場にある自転車置き場のペンキの塗り替え???
分かりませんでした。

ペンキ塗りをしている様子もありません。
近づくと、歩道ではなく車道を歩くように誘導されました。
(片足が水の流れているところに、)

結構な水でべちゃべちゃです。
そこを無事に通り過ぎ、コンビニで支払をして、別の店に行くために歩き出しました。

しばらく歩いていると、んっ、何か感触がおかしい???
歩いている感触が何かおかいし???

あれ、
あれ、と思いながら歩いていると、でもやっぱりおかしい?

そう思いながら歩いていると、ペッタンペッタンと音が出始めました。
ああっ、これは靴底がパカパカ・・・???

そうですね。
靴(シューズ)の靴底が、剥がれかけていました。
それも、かかと側です。

片方だけだったし、店も直ぐそばだし、なんとか店に行って帰れるかなと考えました。

なるべく、靴にテンションを掛けずに、なるべく曲げないように、なんかロボット歩きかと思われるような歩きで?

それで、無事自宅に戻りましたが、なぜ急に靴底がです。
これ、もしかしたら郵便局で行なわれていた作業?

それも、流れていた水に何か仕掛けが???
たぶん、そうだと思います。

結構、この工作もありますね。
接着面を弱らせるような、成分を入れられていたのかな?

これで、何回目かな?
そして、それを靴専用の接着剤でくっつけようとすると、その接着剤にも工作がしてあり、くっつきの悪い接着剤を購入させられてしまいます。

この集団ストーカーというのは、加担者・工作員の総称です。
この集団ストーカーの加担者・工作員は、自分達を集団ストーカーだとは思っていないでしょう。

防犯に協力していると思っていることでしょう。
人間には、悪を排除しようと云う正義感があります。

その正義感で町を一つにまとめて、防犯に努めています。
その防犯に目を向けるのは悪くはないのですが、向ける方向が違うのではないですか?

と、言いたいですね。
それにですよ、こんな一人のおっさんを、町中の人間が監視をし追いかけるって、これ弱い者いじめの図式じゃないですか?

そうするには、それだけの人間にされてのことだと思いますが???
まぁ、なんともです。

加担者は、いいことをしていると思っているでしょうね。
それが、人間だと思います。

実際は、何処かに困らせるような嫌がらせになっている場合がほとんどです。
(ここでクシャミがでました。)

このクシャミも、この連中の電磁波によるものです。
鼻がムズムズ、鼻の穴に電磁波を送り込まれたことによるクシャミです。

やはり、その前にボンと音出しがありました。
この集団ストーカーは、人体実験でもあり、利権獲得でもあります。

この集団ストーカーは、本来人体実験であったと思います。
この防犯は、人体実験をなかったことにするための防犯だと思います。

被験者をタダで・・・?
なぜ、わたしの思考が止まらないのでしょうか???

とにかく、わたしは頭で考えるような人間にさせられました。
思考が止まらないような人間にされました。

しかし、管理・加担している連中が、それだけではおもしろくなく、加担者側も金儲けが出来るように、金儲けのシステムをプラスしたのだと思います。

これで、加担者のやる気も、がぜん上がるでしょうね。
この人体実験というのは、色々な方法があると思います。

身体を痛めつけるものであったり、ただ情報を得るためだけだったりすることもあると思います。

しかし、それが本来の人体実験の内容であるかどうかは疑問です。
このように、わたしが文字を打ち込み始めると、超音波の振動がかなり照射され、身体が冷え始めることが多いです。

どこに、どのような仕掛けが仕掛けてあるのかは、分かりずらくしてあります。
まぁ、食べ物の中に入れてあるのもそうでしょうね。

そして、調理をしないお菓子などに、主に入れられていると思います。
でも、でも美味しく頂いています。

人間の体内に埋め込みチップ【日立製作所とバイオ業界】

テクノロジー犯罪の防御は-集団ストーカー・テクノロジー犯罪

5Gの電磁波は人体に悪影響?9割の日本人が知らない5Gのリスクを国際ジャーナリスト堤未果が解説

未だに、わたしの幸運を邪魔されています。
朝の運が出る出ないを邪魔されています。

これも、食べ物や電磁波で出やすくなったり、出にくくなったりしているようです。
こんなことをされながら、生活するというのも、ほんとに馬鹿馬鹿しいです。

朝の幸運(トイレ内)の状態を録音してみました。
食事まえの方は、控えて頂いた方がいいかも知れません。

toilet_201011_0749

このような蘊蓄(うんちく)は、聞きたくないでしょうけど、毎朝こんな感じで、何かしらの音出しをされています。

この集団ストーカーにも言えることだと思いますが、反日の要因もあるのかなと思います。
反日も要因の一つだと思っています。

わたしの集団ストーカーは別にしても、日本あるいは日本人は、ほんとうに分からないように落とし込められています。

日本人は、戦争をした悪い人間だとか?
日本人は、戦争で悪いことをしたとか?

だから、大陸や半島が、監視をしているのだとかね。
この集団ストーカーには、そのような背景もなきにしもあらずです。

でも、戦後七十数年間、もういいでしょうと思ったりもします。
戦後の七十数年間が、ほんとに美味しすぎたのでしょうか?

『「感動」日本を明るくする天使が現れる』第258回【水間条項TV】フリー動画

アジア解放【感動】独立のことアジア人に聞いてみた!日本のこと本当はどう思ってるの?

このシューズには、まだありました。
他の用事で病院に行くことになりました。

病院内に足を一歩踏み入れて、えぇーっ!
なんじゃ、こりゃー?

わたし自身も驚きました。
もの凄い音が出ました。

歩く度に、キューッ、キューッ!
病院内に響き渡りました。

外は雨です。
靴底が濡れていると、まぁ凄い音。

普通の市販の靴では、考えられない音です。
その音で、歩みを停めようかと思ったくらいです。

病院内では、クスクスと笑われていたのではないでしょうか?
わたしの持ち物や使うものは、ほとんどこのような工作商品が多いです。

また、それを持たせる、使わせるために周りが協力していると思います。
しかし、このような商品をどこが作っているのでしょうね?

この集団ストーカーは、すべてにおいて監視体制が整えられており、通常では考えられない状況になっています。

地域が一致団結したかのように、監視や盗聴・盗撮体制を地域が交代をしながら、あるいはその場その場に近い家が担当していることもあります。

わたしは、そのことを細々と詳しく云うことはしませんが、通常このようなことをされていて、道徳面や人間関係が上手くいく訳がありません。

表面上は平静さを保っていますが、内面はたぶん違うでしょう。
それは、わたしが居るから、そうなっているだけで、わたしが居なくなれば大丈夫だと思います。

まぁ、わたしが携帯のガラケーをもっていたときは、よくこんなことをされていました。

わたしが、どこかにでかけると誰からとも無く、電話やメールが入ります。
それを入れることによって位置が分かるのだと思います。

その電話やメールが入ってから、しばらくすると車の一団がやってきます。
俗に云う、車両ストーカーの一団です。

そのようなときは、来た道を戻ることもあります。
だから、車両ストーカーとすれ違うこともしばしばです。

携帯はスマホで位置を、把握されていることは知っていますし、また盗聴器にもなっていると思いますね。

携帯やスマホを持っていなくても、位置を把握されていますけどね。
ときには、人海戦術もあるでしょうね。

今、ここを通過したとかね。
なぜ、行く先々で工事や作業が多いのでしょうか?

位置情報を把握する技術-集団ストーカー・テクノロジー犯罪

プライバシーを保護する気持ちがない日本-集団ストーカー・テクノロジー犯罪

外だけではなく、室内も同じです。
室内の移動も、それぞれの場所にセンサーが備え付けてあるような感じです。
そのセンサーは近隣に分かるようになっています。

音もそうです。

わたしの電気信号で、音が出るようになっているのかな?
その音で、近隣が動きだす。

自宅内でもそれぞれの場所で、近隣の担当が違います。
自宅内でも、その自宅の一番近い近隣が担当します。

近隣の方も、いつも監視をしている訳にはいきません。
そこで、音で知らせる。

わたしがその場所に行けば、わたしから出る電気信号やセンサーの電波の網が張ってあるような感じですね。

それによって、その場所の担当の家の人が動き出すと思います。
救急車のサイレンと同じです。

救急車のサイレンは地域全体ですが。
その音は、個々の人に分かるようになっているのではないでしょうか?

この集団ストーカーというのは、いろいろと人体実験をされています。
その中でも、監視体制の構築というのがありそうですね。

この集団ストーカーは、ターゲット一人を監視の対象としていますが、国民全体に採用するための監視対象の実験でもあると思っています。

わたしが如何にも、危険人物のように周りが監視をしていますが、これはこれから必要になる個々の監視体制に適用されるのではないでしょうか?

上層部とか支配層は、下層部の暴動や氾濫が一番警戒すべき行動だと思います。

だから、国民が何をしているか監視し、コントロールできればその地位の安泰が計れると思います。

例えば、犬を飼っているとします。
その犬が、主人の云うことを聞いてくれる犬だったら飼育が楽ですが、もし云うことを聞かない犬だったらどうでしょう?

しかし、この集団ストーカーは無駄になりそうな気がします。
今、大掃除が行なわれています。
その中で、こんな監視体制が必要になりますか?

監視をする対象が違うと思うのですが?
どう思われますか?

こんな出来事もありました。
わたしが仕事をしているときです。

その仕事の場所は二階にあり、非常階段のような階段を上がって、部屋に入ります。
当然ながら借家です。

そして、大家さんから電話が入りました。
階段のペンキ塗りをします。と電話が入りました。

何日にとは、おっしゃられなかったのですが、そんなに時間のかかる階段でもないし、まぁいいかと思っていました。

階段といっても、20段あるかないかぐらいの階段です。
半日もあれば、十分にできると思っていました。

ところが、何日になっても始まる様子がありません。
ちょうどその頃は、腰の調子があまりよくなかったと記憶しています。

そして、ある日外でゴトゴト・ガンガンと音が始まりだしました。
んんっ、あれれ、何をやっているのだろうと、外を覗いて見ました。

すると、なんとなんと、
足場を組み立てていました。

えぇっ!
足場???

たしか、階段と聞いていたんだけど、足場???
階段と一緒に、壁も塗り替えするのかな?

でも、そうとしか考えようがありません。
足場ですから・・・。

そして、足場の組み立ても終わったのだから、いよいよペンキ塗り。
ところが、ところが、ペンキ塗りは一向に始まりません。

わたしも仕事が終わり、自宅に帰ろうとドアを開けてビックリ!
なんじゃー、これ?

ジャングルジムか?
足場の一部が、階段の上り下りを妨げるように組み立ててあったり、棒がニョキッと出ていたり、おもいっきり邪魔になるような作り方でした。

またいだり、しゃがんだり、横をむいたり。
階段の上り下りがジャングルジムのようになっていました。

ちょうど、腰の調子がよくなかったので、ちょっとばかし大変でした。
まぁ、それはそれで、いいのですが、ペンキ塗りがいつ始まるのか?

足場を組み立てただけで、日にちがどんどん過ぎて行きます。
そして、またある日に、ゴトゴト・ドンドンと音が始まりました。

あれっ!
何をしているのだろう?

最新のペンキの塗り方かな?
いやいや、そんなことはありません。

な、なんと!
足場を取り外していました。

えぇーっ!
なんのための足場???

その足場を外した夕方、屋根の辺りから、ゴーンと音がしたので外を覗いてみました。

するとなんと、足場の木を屋根にゴーンとぶち当てたようでした。
何をやっているのでしょうね?

そして、またしばらく日にちを置いて、やっと階段のペンキ塗りを始めるようでした。

業者の人が、階段の様子を見ては、車に乗って出て行き、戻って階段の様子を見て、また車で出て行き、また戻っては階段を見ていたようです。

それで、ようやくペンキ塗りを始めたようなのですが、なんともの凄ーく時間をかけて、ペンキ塗りをされていたようです。

一日掛けて、丁寧にペンキ塗りをされていたようです。
そして、その次の日だったか、一日空けてだったか忘れましたけど、日曜日もペンキ塗りをされると云うことでした。

そして、次の月曜日にその階段を上がってみると、何か感触が違っていましたね。

階段が何か、ねちっこい感じがしました。
んんっ、まぁ、こんなもんかなと思っていました。

ところが、冬になり雪が降り始めたら、びっくり。

うわー、
なんじゃこれーっ!

ツルッ、つるっ!

足を一歩階段に踏み入れると、ツルッ!
おおーっとっと!

氷の上を歩いているような感じです。
丁寧にペンキ塗りをされた訳がこれだったのですね。

滑って、怖ーい階段話でした。

落ちネタもすべりそうです。
(なに?滑ってネタを落としました。)

とにかく、この集団ストーカーというのは、次から次へと問題を作り上げトラブルを誘発させようとしています。

それが、世の中を動かす原動力になっているかのようにです。
ほんとに、トラブルメーカーでしかありません。

結局、このような事も云えると思います。
世の中が平和すぎたら、なにも動かない?

物流の流れ、お金の流れが何も変わらない。
だから、それを人工的に変え、かき回して動かそうとしている節もあります。

わたしの考えでは、生活するには同じ内容を繰り返すだけで、それは可能だと思います。

その中で、改良点があれば改良し、向上させて行けばいいと思います。
この集団ストーカーの動かし方というのは、やたらめったら動かせばいいと云うような感じを受けます。

なにか基本といいますか、ベースがないような気がします。
例えば、国でも同じです。

日本と中・韓の国の在り方など見ても分かると思います。
今までの世の中は、物を作り、売り、利益を発生させそれを分配して生活に回し、消費していくサイクルです。

その中の物作りや、売り・消費を人工的に作り出して、もっともっとドンドンと、と云う感じに思えてなりません。

その一つの流れを作っているのが、この集団ストーカーでもあると思います。
この集団ストーカーが世間を騒がせ、恐怖心を国民に植え付け、その対策を講じる。

その対策に物流を動かし、お金の流れをつくり売り上げを出す。
そして、何処かで誰かが、ポケットに入れてしまうこともあるのかな???

今、変わろうとしている今までの世の中は、お金が全てを支配していたと云っても過言ではありません。

お金を得るために仕事をし、そのお金で生活・生きるために必要な物を購入していました。

そのために、誰もがそのお金を稼ぐために奮闘しています。
それは、生活に必要なものを手に入れ、必要な支払をするためです。

だからといって、お金を稼ぎお金を沢山持っている人が、豊とは云えないはずです。
お金を沢山持っている人は、ただのお金持ちです。

医療用ベッド テスラ・チャンバー DNA治癒 修復可能

豊かさとは別だと思います。
豊かさを手に入れると云う事は、どう云うことなのでしょうか?

豊かさには、お金は関係ない?

欲しいものが、お金がなくても手に入る。
生活に必要なもの、生きるために必要なものが、お金がなくても手に入る。

もし、こうなればお金は必要なくなると思います。
そして、お金を稼ぐためのステップも必要なくなります。

みなさんは、どうお考えでしょう?
豊かさとは、何でしょうか?

大地震がきたら感染症が流行る、その怖すぎる理由を知っていますか? 講師:小名木善行

危険な大予測…貨幣経済が終わり「金」の次に時代の中心になるものは?【松本道弘×落合莞爾・むすびディベート】

知られざる天才ニコラ・テスラ!驚異の発明の裏側にあった人脈とは?【松本道弘×落合莞爾・むすびディベート】

日本と大陸・半島の考え方は、ほんとうに違うと思います。

例えば、日本の技術・伝統の継承は、弟子が匠の技を目で見て盗み習得し、それをまた自分なりに作り上げていきます。

それは、何年も何十年もかかると思います。
研磨ひとつにしても、伝統技術や伝統芸能にしてもです。

最新のテクノロジーやコンピュータもあります。
それも、開発する技術や使いこなす技術も必要になると思います。

ただ、テクノロジーをコピーして盗むだけでは、本当の技術の習得にはならないと思います。
たぶん、それは、云わなくても分かって頂けると思います。

盗んだ物は、それ以上の発展は望めないと思います。
発展を続けるには、盗み続ける必要があると思います。

そのために、技術者を盗んでいると思いますが・・・?

この集団ストーカー(被害者)にしても、そうなんですけれども、なぜ人類はこんな苦しい生活を強いられているのでしょうか?

人類は、もっと豊かな生活をする義務があると思います。

QArmy Japanよりこのような動画が紹介されていましたので、ご紹介します。

この音楽は、Qmap Japanのエリさんが使用されている音楽ですね。
(「ラスト・オブ・モヒカン」YouTube)

The Last of the Mohicans – Promontory (Main Theme)

下記の動画も、ご覧下さい。

The Last of the Mohicans – Soundtrack / Music video

考えさせられる動画です。

今やっていることは、昔も今も変わっていなと思います。

では、


スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。