この組織的な集団ストーカー連中は、戦争屋といっしょです。
戦争屋の考えと何ら変わる事はありません。



なので、何か大きな事をしないと、儲けになりません。
だから、いつも何か、大きな事を起こせないか、考えていると思います。

 

集団ストーカー犯罪徹底周知!京都街宣!押越清悦

 

公安警察の実態

私は、隣裏が出している音を、隣がだしているのだと勘違いをしていました。

この集団ストーカーというのは、それぞれの家庭で出す音が、決まっているようです。

これは、この集団ストーカーの、手口の一つでもあります。

ほんとうは、その本人がしていないのに、その本人がしているかのように、見せかける工作です。

 

結構、このような行為が多いですね。
というよりも、ほとんど、このような感じで、行なわれています。

置き換え工作とでも言いましょうか?

だから本人にしてみれば、チンプンカンプンで、意味が分からないと云う現象が起きます。

私も、意味が分かりません。

 

隣が居たときに、隣が出していた音は、廊下を走るような音でした。
そして、隣裏が出していた音は、ドーンと単独の音です。
その音も、隣が出しているのだと、勘違いをしていました。

それもそのはずです。
音が聞こえる場所は、どこの家から出してきても、私の部屋で聞こえるときは、すべておなじ場所から聞こえてきます。

まず、いろいろな場所から出ている音も、一旦隣に集められ、集められた音は、隣を介して私の部屋に、送信されているのだと思います

これを、音の送信と言うのでしょうね。

 

隣は、ずいぶんと前に、引っ越しをしています。
しばらくの間、空き家だったのですが、その場所に隣裏が隣に引っ越してきました。

一週間ほど前に、引っ越しをされています。

私は、引っ越しに際して、何も言うことはありません。
ただ、集団ストーカー工作のために、私のそばに近づいてきたのなら、ちょっとね???

 

このような、背景には、なにかとこの連中が、絡んできます。
このような内容の影に、もう一人の人物が、潜んでいる場合が多いです。

そこには、もう一人の人物がいるようです。

この人物が、私の監視を行なっていたと思われます。
私の周辺で起きている、音出しなどの色々な操作を、行なっていたと思われます。

影をひそめるようにして、もう一人いますね。
その女性が、常時私の監視をしているようです。

この引っ越しは、その人物のための、引っ越しかも知れませんね。
何はともあれ、私のそばに来ないと、この工作は成立しないようですね。

 

電波の受信や送信の関係もありますからね。
電波妨害の入らない、私のそばがいいようです。

このようなことでも、理由付けが必要になります。
この連中は、何かと理由をつけて、私の部屋のそばに来ています。
工作をするのに、私の部屋のそばに、来る必要があったのでしょうね。

この内容は、私が打ち込みをしている時点で、この連中には、リアルタイムで内容が伝わっています。
(このように打ち込むと、耳にキィーンと金属音が聞こえてきました。)

 

この引っ越しに際して、隣の修繕をされていたようです。
8月の始め頃から、作業をしていました。

このような作業は、作業をしつつも、私の工作に利用されています。

このような作業の音出しは、私の音出しをするためだけに、専属に作業員がいるような気もします。

そして、もう一つは、予め作業の音を録音して、隣裏が私の動きのタイミングに、私の部屋に音を送信すると云う方法です。

 

どちらにしろ、ここに来る連中は、みな繋がっています。

昨日は、超音波振動が、結構きつかったですね。

だいたい、夜の日付の変わる時間帯には、必ず、毎日、毎日、超音波振動が始まります。

 

しかし、昨日はきつかったですね。
腹痛を伴いましたからね。

 

この超音波振動を照射されると、だいたい気分が、ズーンと重くなるような感じになります。

だから、パソコンの作業をしていても、続かない場合があります。

続かないというより、続けられないと表現したほうがいいかも分かりません。

睡魔も襲ってきますしね。

 

このような場合は、作業をやめて、寝るのですが、寝ると今度は、布団の中で超音波振動を照射され始めます。
これもまた、寝るどころでは、なくなってきます。

それで、起きて作業を始めるも、睡魔に襲われて、布団の中に沈没というこがあります。

それで、寝ていると、朝方の午前4時ごろに、超音波振動が始まります。
このパターンは、毎日同じです。

 

そして、夏場は、セミの鳴き声が一斉に始まります。

午前6時頃まで始まります。

 

まぁ、救急車のサイレンなどの、公共の音はこの連中のお知らせの音に利用されています。

この救急車のサイレンがならないときは、学校のチャイムなどを利用しているようです。

2〜3日前に、こんなことがありました。
朝、起きるのが遅くなったのですが、こんなことがありました。

目が覚め、起きると同時に、学校のチャイムが聞こえてきて、そしてトイレに入ると、また学校のチャイムが聞こえてきました。

この学校のチャイムも、よく利用しているようです。

 

よくよく、考えてみてください。
学校のチャイムは、市民の生活には必要のない音ですからね。

 

市民が、この学校のチャイムで、動いている訳がないですからね。
えっ、動いているんですか?

わざわざ、防犯無線で流す音じゃないと思いますが???
学校のチャイムは、学校の中だけで、いいと思いますが?

救急車のサイレンの音の流し方にしても、このような流し方をよくしています。

まず、私の何かの動きや、行動に対して、即、救急車のサイレン音が聞こえてくる場合があります。

トイレなんかは、そうですね。

トイレに入ると、即、救急車のサイレン音が聞こえてきますから。

 

そして、そのサイレン音は、だいたい3〜4回、聞こえてきたら終わります。

そして、しばらくしてから、本当の走る救急車のサイレン音が、遠くから聞こえ始めてきます。

そして、私の自宅周辺で停まったり、通り抜けたりしています。
だいたい、これがいつもの救急車のサイレン音の流し方です。

これだけでは、ありませんけど、だいたいこんな感じが多いです。

だから、最初のサイレン音は、隣裏などの監視をしている連中が、私のタイミングに即座に音を流していると思われます。

だから、この最初のサイレン音は、私だけにしか聞こえていないと思います。

まだ、まだ、音に関しては、いろいろあります。

カラスの鳴き声も、その一つだと思っています。

 

集団ストーカー 【 元信者の証言 】編 ( 記事転載 )

このGPS使っていると言うのは知っています。

しかし、それを個人レベルでどう対処するというのは、難しいと思います。

 

簡単に動画の内容を、抜き出してみるとこのような感じです。
私も、このような内容の被害を受けていますね。

 

バイオテレメトリーシステム(遠隔計測法)
痛み、かゆみや締め付け、くしゃみ、鼻水も自由自在。

眠れなくさせたり、鬱にしたり、統合失調症も作り出せる。

意識操作や脳内盗聴(思考盗聴)も出来、遠隔から文字も読めたり、盗聴もできる。

 

建物内部が全て透けて見えるので、風呂からトイレやお金の隠し場所まで、全て筒抜けです。

くしゃみをしたときの周波数と同じ周波数の超音波を当てると、人為的にくしゃみを出させることができる。

 

このような周波数を調べるときは、実際にそのような状態を作りあげ、周波数を記録し、その周波数の超音波を当てているようです。

 

蛍光灯に虫が集まるのは、ある決まった周波数の紫外線に、吸い寄せられるから。

虫でも周波数で操作が可能。
虫は、波長340〜350nmの紫外線に引き寄せられやすいです。

 

昆虫類は、それぞれが違った周波数の光に誘引される性質があり、逆にいうと、どんな虫でも周波数を変えると、自由自在に操作が可能です。
(このあたりから、超音波振動がきつくなり始めましたね。)

27〜38Hzで不眠。

48〜55Hzで喘息。

50Hzで生理痛。

52Hzでてんかん。

60Hzで痙攣。

88Hzで偏頭痛。

それぞれの病気が、それぞれ決まった周波数を持っているようです。

これらの周波数と同じ周波の超音波を当てれば、どんな病気でも作り出せるようです。

 

つまり病気は波動で、人工的に作られているようです。

それとですね。

あれっ、と思ったことがあります。

 

私は、現在は、テレビを一切見ていません。
なので、どのような報道をされているのか、全く分かりません。

その中で、この事は知っていましたが、日本で報道されていないと言うのは驚きましたね。

地球の肺と云われている、アマゾンが大規模な森林火災を起こしていると言うのに、日本では報道なしですか?

 

ブラジル森林Amazon火災!

地球の酸素の20パーセントを供給しているようですね。
そして、焼け跡からは、逆に、二酸化炭素が出るそうですね。

北極圏で森林火災があったばっかりなのにね。

 

北極圏で森林火災相次ぐ 国連「前代未聞の事態」

 

シベリアの山火事 270万ヘクタールの森林が破壊されました(2019年7月30日)

日本では、このような「あおり運転」の報道をしていたようですね。

(リンクフリーということで、お言葉に甘えてリンクさせて頂きます。)

 

煽り運転の宮崎容疑者は集団ストーカー被害に遭っていたのかどうか?
http://blog.livedoor.jp/hnx__xgg/archives/18894145.html

 

集団ストーカー関係の予算獲得案件捏造工作か?
http://blog.livedoor.jp/hnx__xgg/archives/19016695.html

 

この集団ストーカーは、一言では解決できない、深い問題があるようです。

単に個人的な問題のように思えますが、そこには根深い問題があるようです。

この集団ストーカーというのは、世界的な問題です。

 

元FBI捜査官 テッド・ガンダーソン「集団ストーカー」の存在を認め、被害の実態を語る[盗聴・盗撮・暗殺・精神医学・精神的嫌がら

 

超低周波音によるテクノロジー犯罪・集団ストーカー ヘイブンハーストの音響兵器 LRAD

技術は、まず軍事から始まります。
それで、古くなった技術から、一般に金儲けの技術として浸透します。

この集団ストーカー被害というのは、この軍事の技術を悪用された例だと思います。

また、研究途上のものもあるはずです。

この集団ストーカーにおける人体実験などは、まさにその通りだと思います。

車の技術も、おなじです。

まず、自動車レースのF1で採用され、それから一般車両に搭載されていることが多いです。

 

マイクロ波の危険性 法の外にいる御用学者達

この集団ストーカーというのは、結局、政府の御用達なのかなと思います。

そうでないと、ここまでの規模で、行なえる訳がありません。

 

公安警察は、政府の用心棒のようなものですから、国民を守る警察では、ありません。

交番に居るようなお巡りさんが、表の警察なら、公安は裏の警察です。

普段、何をしているのか、一般国民には知られていません。

 

昭和の戦後の頃は、学生運動とか、それなりに活動の場もあったと思います。

しかし、今現在は、平和ボケとでもいいましょうか?
戦後のアメリカのGHQの政策も手伝ってか、考え方が、無関心になってきています。

なので、公安の活動の場も、少なくなってきていると思われます。

 

しかし、だからといって、でっち上げの活動で、組織を守ると言うのもどうかと思います。

その一つが、この集団ストーカー行為であると、思っています。

この組織的な集団ストーカーに組み込まれた、防犯ネットワークは、被害者側から見れば、ただの集団ストーカー行為そのものです。

 

防犯パトロールの意味をなしていません。

こんなことで、防犯が成立するのであれば、今の世の中は、犯罪のない世の中になっています。

世の中から、犯罪がなくなれば、困るのは警察です。
そう云う事では、ないでしょう。

それは、まったくの逆でしょう。

どこの企業も、どこの業種も、仕事量を減らし、売り上げを減らし、会社を倒産にまで追いやるなんて事は、しないはずです。

 

この防犯パトロールも同じ事が言えると思います。

この防犯パトロールは、犯罪を増やすあるいは、犯罪作りのお手伝いをしていると言っても、間違いないでしょうね。

 

この防犯パトロール自体が、犯罪を犯すこともあるようですしね。

それに老人や子供、そして女性などの弱い人間を、防犯パトロールに利用しています。

 

これは、犯罪の犠牲者になれと、言っているような物ではないでしょうか?

普通常識で、考えれば、危険人物のそばに弱者を近づけるなんて、考えられません。

集団ストーカーの被害者が、仕立て上げられた危険人物なので、それが可能なのでしょうけど、ほんとうの危険人物なら、そんなことが出来る訳がありません。

そして、この集団ストーカー問題の中で、注目したいのが、チラホラと隙間から見え隠れしている、アメリカの裏社会と半島の問題です。

 

これも、かなり根深いと思います。

この問題が解決しないことには、前進しないと思います。

今は、後ろ向きで、進んでいるような感じです。

 

前が、見えないでしょう。

何か、違うでしょう。

違和感を、感じるでしょう。

 

余談ですけど、私のすねは、結構毛深くて、レッグウォーマーと云われていました。

それが、電磁波の影響なのでしょうか?
すっかり、抜け落ちてしまいました。

パラッパラになりましたね。

ほんとに、余談でした。

 

この集団ストーカーは、被害者主導で、動いているところもあります。

それは、被害者の言った内容、書いた内容(ブログなど)を元に、被害行為を行なってきます。

まぁ、そのほうが、考えなくてもいいですし、被害者が気にしている内容にもなりますからね。

この連中は、しつこいですよ。

その内容が面白く、楽しく工作が出来れば、何十回も、何年も続けてきます。

ほんとに、しつこいです。

 

ダニみたいです。

ほんとに、イヤダニ!

 

この集団ストーカーは、自分らのメンツを、保つだけに行なわれているよう気がします。

メンツを保つために、垣根を超えた何かが、ありそうな気がします。

ほんとうの垣根を越えて、許可なく他人の敷地内に侵入しては、いけませんよ。

 

ここまで、集団ストーカー被害を続ける意味も分かりませんし、続けている意義もわかりません。

続ける意義は、人体実験なのでしょうかね。

なにか、垣根を超えた、何かがありそうです。

危険人物を超えた、何かが存在しているような気がします。

 

私は、毎日、超音波振動を受けています。

それも、ほとんどお腹周りを中心に攻撃されています。

しかし、昨日も、超音波振動を照射され続けたのですが、しかし、なん

かおかしいのですね。

あれ、胸の辺りが苦しいぞ!
と、おもいましたね。

 

あれっと、考えていたら、分かりました。
これ、アマゾンの森林火災の内容です。

アマゾンは地球の肺。

 

この地球はもう、元に戻らないと思います。

みなさんは、どうお考えでしょうか?

 

今まで、人間がした事への、しっぺ返しが、これから始まるのかなと思います。

天変地異が、これから始まるのかなと、思ったりもします。

 

人間のエゴで始まった、環境破壊です。

天変地異は、地球のエゴか?

 

人類は、地球という居住空間を、間借りさせてもらっている存在だと思います。

賃貸住宅であれば、その賃貸を出る場合、元の状態に戻してから出ると思います。

 

それが、余りにも酷く、元の状態に戻らなほど、無断で改造・改装されたら、大家さんは、どう思うのでしょうか?

 

出て行けーっ!
と、何処かで、神の声が聞こえてくるかも知れません。

神は、自然との共存共栄を、望んでいたのかも知れませんね?

 

この天変地異は、

地球が地球を守り、

新築をするための行動なのかな?

 

それが、これから始まるのでしょうか?

 

では、

 


スポンサーリンク