日々の出来事 集団ストーカー被害 2019年06月21日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この集団ストーカー行為というのは、日常生活の音や行動を、被害者に見えないように、オーバーに利用して行なわれます。
それは、言い訳のできる行動で、迷惑行為を行ないます。



被害者が問いつめても、言い訳を押し通せる工作です。
言い訳を押し通せるため、見えない所では、結構大胆に行なってきます。

税金が、毎年どんどん上がってきます。
収入は変わりないのに、毎年、毎年、税額があがっています。

固定資産とか?
国民健康保険料とか?

毎年、料率が変わっているのでしょうか?

 

麻生が金融庁長官をクビに 真実を言えばクビにされるファシズム独裁国家日本 坂の上零【NET TV ニュース】2019/06/13

父親が亡くなってから、毎年、上がっています。
毎年、4千円前後、上がっています。

国民健康保険なら、これを何回払いますか?
毎年10回、徴収されます。

 

しかし、収入はと言えば、いつもと変わりありません。

何か理由があるのでしょうけどね?
ほんとに、国民健康保険料は、高いですね。

 

 

前回のブログで、車の事故の内容を載せましたが、
この事も思い出しました。

この事も思い出しましたね。
スキー場の出来事も思い出しましたね。

 

あれも、おかしな感じでした。
計画的に仕組まれたと、出来事というしかないでしょうね。

まず、どうなったかと言うと、スキー場にもうすぐ着くと言う所で、前の車が、坂道であったためか、スリップをして動けなくなってしまいました。そして、私は車を止め、そのスリップをしている車を、押しに自分の車を離れました。

 

そして、スリップしている車は、神戸ナンバーで、スリップを繰り返したのか、道が、タイヤのスリップでツルツルになっていました。

なので、少しコースを変えて、車の走っていない雪の場所に変えたらと、いったのですが、聞こえなかったのか、同じ場所でツルツル、ツルツルとスリップを繰り返していました。

 

そのとき、後ろから騒ぐ声が聞こえてきました。
騒ぐ声が聞こえてきたので、ふっと後ろを振り返ると、

なんと、なんと、
目を疑いましたが、なんと車が動いていました。

滑り降りるように、車が動いていました。

わっ、たいへん。
とっさに、車に向かって走り出していました。

 

走り出しましたが、車との距離が、かなり離れていたため、追いつく事ができず、車はその後ろの車に、当たり停まりました。

車にたどり着き、そく車に乗り、車を前進させ、安全な場所に車を止めました。
と言うよりも、駐車場に止めました。

駐車場が、目と鼻の先にありました。

 

そんな場所で起きました。

 

当てた車は、大阪ナンバーでした。
その、うしろは、ズラーと数珠つなぎのように、車が連なっていました。

私の所だけ、ぽっかりと空間を、開けられたような感じです。

すべり下りる距離を長くさせるために、私の車の後ろの空間を、長く開けていたのでしょうか?

なので、これは、予め仕組まれた行為だと思っています。
なので、私の周りに居た、車は工作員の可能性が大です。

 

そして、車の前進方向に向かって、左側は結構な斜面です。
落ちていれば、車の原型を留めて居なかったかも知れません。

私の車は、前輪駆動で、このとき前輪にタイヤチェーンを掛けていました。

 

タイヤチェーンを掛けていましたが、車を離れたときは、エンジンを掛けたまま、ハンドブレーキを引いた状態で、車を離れました。

この時、乗っていた車は、マニュアル車です。
ハンドブレーキは、後ろのタイヤをロックさせます。

ですので、前輪はフリーの状態です。

このような時は、エンジンを切って、ギアを1速に入れるか、前輪に何かを噛ませていれば、良かったのだと思いますが、そのようなことは一切頭にはなく、とにかく、前の車のスリップを何とかしたいと、言う気持ちだけが先にたっていましたから、ハンドブレーキを引いたまま、車を離れました。

 

これが、なぜ疑問に思ったかといいますと、まず私に車を止めるために、わざとスリップをさせていたことと、後ろの車が距離を開けて走っていた事、たぶん、私の車を意識しながら、走っていたと思います。

通常、車間距離をとる車でも、あそこまでは、車間距離をとらないと思います。
そして、停まっている私の車に何かをされたのだと、私は思っています。

 

今でも、同じような事をされていると思います。
青い木の実を落としたり、何かを動かしたり、動かすと言っても、何かを当てて物を動かすような感じです。

お祭りの屋台でありますね。
コルク玉をつめて、物に当てて落とす、ゲームといいますか遊戯がありますね。

 

そうです。

射的です。

 

あの射的のコルク玉が、見えなかったら、無かったらどうなります。

木の実が勝手に落ちたように見えますし、物が勝手に倒れたように見えます。
これが、電磁波で出来るとしたら、どうでしょう???

音でも同じ事が言えます。
鳥の鳴き声が、急にしたり、どこかで物音がしたりしています。
これも、電磁波で操作できるとしたらどうでしょう???

 

見えないコルク玉が発射されて、何かのスイッチが入ったり、見えないコルク玉が、何かに当たって、音が出たりしたら、どうでしょう???

今回の車のことも、何かをタイヤと雪道(凍結路)の接地面に当てられたような気がします。

 

何かの振動を与えないと、車は動かないと思うのですが???
それに、ものすごい急勾配の坂でもありません。

急な坂や、ツルツルに凍っていれば、車から下りて、スリップしている車の所まで、中々行けないと思いますが、難なく行けるくらいの坂です。

坂は坂なんですけど、足が滑って歩けない、と云う程の坂ではありません。

 

私は、これで後ろの車の修理代を、支払うことになりましたからね。
今でも同じですが、現金で、ボンと支払うことは出来ませんので、保険から支払う事にしました。

こんなこともあり、二度と急な坂でも手助けは、用心しないといけないなと思いました。
むやみやたらに、手助けをするものでは、ないと思いました。

 

何かをすると言うことは、その人と何かの関わりが出来ると言う事ですからね。
いい場合もあるでしょうが、悪くなる場合もあります。
この組織的な集団ストーカー行為も、同じ事が言えるような気がします。

 

また、魚釣りでも同じです。
すぐ、餌に飛びついてくる小魚、そして、少し離れた場所から、ジッと餌の見極めをしている大きな魚。

何事においても、見極めが大事なのかなと思います。
すぐ、判断して動いた方が、いい場合もあれば、少し時間をおいて観察・判断して、動いた方がいい場合もあります。

 

この組織的な集団ストーカー行為というのは、どちらかと言うと、少し時間を置いて考えた方が、いい場合の方が多いと思います。

むやみやたらに、感情的にならない方がいいと思います。
そうなる場合もありますが、ある程度の所で、グッと止めた方がいいです。

 

その人、その人の集団ストーカー行為の内容にもよるとおもいますが、それ以上、入っては、いけない領域が存在するような気がします。

 

あっ、そうそう。

これなんかも???

 

動画を見ていると、このような内容の動画がありました。
通常であれば、公にできるような内容ではありません。

日本の天皇陛下は、日本の象徴です。
誰かに進言されたとしても、日本の象徴が関わっている事でもあります。

 

今までであれば、絶対に公表できる内容ではありません。
しかし、このように公表されるようになりました。

 

明治天皇、昭和天皇は、日本人女性を海外に売り飛ばした

 

天皇一族は若い日本人女性をダマして欧米に売却する「売春業者」だった

時代の移り変わりなのか?
悪事が許される時代では、なくなったのか?
白黒を、はっきりさせる水瓶座の時代に、なったのでしょうか?

 

お金や権力、地位や位で、隠せたものが、隠せなくなったのかも知れません。

地位や権力ではなく、善悪で判断されるように、なったのかも知れませんね。

そのように、変わりつつあるのかもね???

 

悪事が、あまりにも多すぎて、バケツの水があふれるように、隠しきれなくなったのか?

 

国民の不満もあるでしょう。
働けど、働けど、生活は豊かになりません。

 

その原因は、なんなのか?
国民の感情も沸騰点に達しているのでは、ないでしょうか?

この組織的な集団ストーカー行為でも、同じ事が言えるのかも知れませんね。

それなりの地位の人に言われたら、そのようにするでしょうし、そう信じてしまうのかなと思います。

 

私は、毎日、午前5時頃になると、カラスの鳴き声で起こされます。

 

睡眠妨害なのか?

私の目覚ましなのか?

私には、分かりません。

 

眠たい時は、迷惑ですが、早く起きたい時は、ありがたいです。
なので、私としては、どちらとも言えません。

言えるのは、それを行なっている側でしょう。
行なっている側が、どのような判断で行なっているかでしょう。

悪意をもってなのか、面白半分なのか、それは、やっている側が、よく知っていると思います。
(なぜか、都合が悪くなると雨を降らせるのか?この文章で、雨が降り始めました。)

 

そして、影の存在として、八咫烏が存在します。
八咫烏は、天皇陛下を、お守りしています。
それは、当然だと思いますし、そうあるべきだと思います。

しかし、しかしです。

このような天皇陛下を、お守りしているのではないと、私は思うのですが、どうなのでしょうか?

 

このような問題は、過去は過去として忘れ、教訓として前進するべきなのか、それとも隣国のように、問題を蒸し返して、責任を問うべきなのでしょうか?

私のような、ペイペイが、出しゃばる問題ではないと思います。

しかし、集団ストーカー被害者(ターゲット)の一人でもありますが、また日本国民の一人でもあります。

 

日本は、神国です。
神様の判断に、お任せするのが、最良なのでしょうか?

 

日本国憲法に、このような内容があります。

 

第一章「天皇」

第一条【天皇の地位・国民主権】
天皇は、日本国の象徴であり日本国民統合の象徴であつて、この地位は、主権の存する日本国民の総意に基く。

と、あります。

 

この憲法の内容が、どのように判断されるかだと思いますが、憲法では主権は日本国民にありると、記されています。

なので、日本国民は主権者でもあります。

 

この動画では、その主権者を、このような扱いをしても、いいのかと言うような問題になると思います。

しかし、現在の天皇陛下の話では、ないことは確かです。
それに、この憲法が生きていれば、日本の天皇陛下を象徴として位置づけているのは、日本国民であるとも言えます。

 

なので、日本国民にも、責任がないとも言えなくはないです。
ですので、これは日本国民が、事実を知る権利があると思います。

日本国民が知った上で、日本国憲法が有するように、日本国民の総意に基づくのだと思います。

国づくりとは、なんなのでしょうかと、考えたりしませんか?
なぜ、地球上に人類は、存在し、虐げられた生活をしなければ、ならないのでしょうか?

 

たった、1%の上層部の人間のために、99%の下層部の人間の下にいけば、行く程、虐げられた生活をしています。

ほんとに、国造りとは、なんなのでしょう???

 

私もよく、国造になることがあります。

 

はぁーっ、なにそれ?

意味が分からないと思います。

 

国造(こくぞう)=国造りです。

 

そうですね。
サツマイモを、食べたときなんかは、未だに国造になりますね。

もう、お分かりですね。

 

おならです。

 

わざわざ、丁寧に、「お」をつけなければ、いいのにねと、
思ったりすることもあります。

 

しかし、「お」を取っていしまえば、「なら」です。
「なら」で、イメージするものといえば、

 

私は、奈良県です。
奈良県の方には、大変失礼な話になりますが、
ご勘弁ください。

 

ありゃ、法隆寺も奈良県でしたっけ?
芋食えば、おなら出る出る、〜〜!

芋を食いながら、国造りというのも、
いいもんですね。

 

なんとなく、縄文時代のような、
のどかな感じがします。

 

芋で、国造りができるんですね。
なぜか、焼き芋で、和む国民性?

 

大変、臭う、お話に付き合って頂き、
ありがとうございます。

でも、私の屁は、ニオイませんので、
ご安心ください。

 

今日も、芋を食って、屁を国造(こくぞう)???

 

では、

 


スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*