日々の出来事 集団ストーカー被害 2019年06月18日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この集団ストーカー行為というのは、日常生活の音や行動を、被害者に見えないように、オーバーに利用して行なわれます。
それは、言い訳のできる行動で、迷惑行為を行ないます。



被害者が問いつめても、言い訳を押し通せる工作です。
言い訳を押し通せるため、見えない所では、結構大胆に行なってきます。

しかし、私が見ると、何かをしてたかのように、ごまかします。

 

この行為のポイントの一つに、被害者に見られない、見つからない。
というのが、あるようですね。

 

見つからなければ、しつこく、防犯活動に見せかけた、行為を行なってきますね。

それが、ターゲットにされている被害者は、付きまといや、嫌がらせ、迷惑行為になるのでしょうね。
これが、日々の出来事の集団ストーカー被害なのでしょうね。

 

前回のブログで、車の事故の内容を記載しました。
その当時は、会社に勤めていた頃で、この時にかなりの頻度で、このような事故が起きていました。

このことから、もう終わりにさせよと、していたのでしょうかね。
私は、この当時は、この集団ストーカーの認識は、一切ありませんでした。

この集団ストーカーの言葉すら、知らなかったですからね。

 

だから、普通だと思っていた、この時から、かなりの人間に、付きまといをされていたのでしょうね。

この当時に、いろいろな事故を起こしています。
車も結構、潰してきました。
ほとんどが、独り相撲の単独事故なのですけどね。

 

まぁ、それでも、私がこのように、難を乗り越えてきたと言いますか、大事にならずに、このようにしているもんだから、とうとう、会社を辞めさせるような工作が始まったのだと思います。

退社するように、持ち込まれたのだと、今考えると、そう思えます。

 

会社のある人が、会社を辞めて独立するから、私に仕事をしてくれないか、ということで会社を早く辞めるように促されましたね。

まぁ、結局、会社を辞めて、二人で始めたのですが、上手くいかず、また会社員に戻る事も出来ず、私は、自営をすることに決めたんですね。

ほんとに、無謀といっちゃー、無謀なんですがね。

 

この二人で、会社をしているときから、ちょくちょく、集団ストーカー行為のような傾向が見られていたと思いますが、私があまり気にしなかったのだと思います。

そして、私が、自営をはじめてから、この迷惑行為に気が付くようになりました。
しかし、それが、この集団ストーカーだとは、まだ認識ができていません。

 

この迷惑行為が続くので、このときから事務所を点々と、引っ越しを繰り返していました。
しかし、引っ越せど、この行為は終わる事がありませんでした。

引っ越せば、引っ越した場所の地域が、そのような行動をはじめます。

私が、本格的に、この集団ストーカーを認識するようになったのは、群馬ナンバーの車が、切っ掛けで知る事となりました。
そのための、車だったと思います。

 

こちらに、群馬ナンバーの車の、大まかな内容を記載していますが、群馬ナンバーの車の話は、結構前の話です。

はっきりと、何年と憶えていないのですが、だいたい2006年位だったかなと思います。
http://higai.hibi-dekigoto.com/2019/04/02/hibi-dekigoto/4461/

 

私は、会社員のときから、定時で帰るような事は、ほとんどありませんでしたから、時には一番最後に帰る事ありました。

多分ですよ、これを利用されたのかも、知れないですね。
一回だけ、会社の事務所にドロボーが、入ったと云う事件があったのか、どうなのか分からないような、事件がありました。

私が、みんなで話をしている所を、通り過ぎた時に、そのような話をしていただけで、その後、なんの捜査もしていなかったようです。
普通なら、社員全員に事情聴取をしませんか?

その後は、何にもなかったですよ。

 

事情聴取をされるのだと思っていましたが、あれ、しないんですか?
警察は、刑事さんは、こないんですか?

アレ、警察の姿を一度も見た事がありませんけど、どうなっているのですか?

こっちが、聞きたいくらいでした。

私が、会社で最初にパソコンを使いました。
なので、誰に聞く事も出来ず、試行錯誤を繰り返しながら、本を読みながらの仕事でしたので、遅くなる事が多かったです。

 

私がドロボー???

大笑いです。

そのような、人間に見えますか?

 

この、そのような人間に、見えますかにも、工作がされています。
この、そのような人間に仕立て上げるのに際し、私を知っている人は、私の周りから、居なくされています。

同級生など、ほとんど居ません。

 

そして、私の過去を消すかのような、工作もされています。
私が関わった建物は、ほどんどありません。

私が、ちょくちょく通っているうちいいのですが、とんと行かなくなると、店舗改装をしたり、店が移転したり、なくなったりします。
見事なまでに、そうなっています。

 

ときには、建物だけではなく、自然の環境までも変えてきます。
ほんとに、どう云うことなのでしょう?

私には、そのようにする意味が、分かりません。
私にしてみれば、ただ単に、仕事の受注が増えているとしか、言いようがありません。

 

中には、私を知っている人も居ますが、そのような人は、そう、せざる得ないように、されていると思います。

家族や、身内などは、そうだと思います。

そして、この集団ストーカー行為は、ハッキリさせてはいけないようです。

事情聴取や捜査をして、白黒をハッキリさせては、いけないのです。
白黒をハッキリさせれば、そこで終わってしまいます。

 

終わりになれば、利権もそこで終わりになります。
これは、病院から処方される、薬と同じだと思います。

 

継続させることで、旨味が増します。
この集団ストーカー行為は、継続させる事に意味があるようです。

利権(税金)を取り続けることと、仕事をなくさないこと、組織を守ることに、意義があるのだと思います。

 

疑いをもたせたままにしておき、ハッキリと、させないでおくのが、一番いいのだと思います。
うやむやにしておいて、周りの疑いの目を向けさせるのが、いいと言う事なのでしょうね。

 

着かず離れず、一歩踏み込んだ所までは、するけど、それ以上は踏み込まない。
これが、金儲けを継続するための、極意なのでしょうかね?

 

例えば、ヘドロで汚れた池の水と同じです。
汚れた水を綺麗にしようと、一生懸命かき出して、綺麗な水を入れても、いっこうに綺麗になりません。

水をかき出す作業が、ずーと続きます。
池の底に溜まっている、ヘドロを取り除けば、水は綺麗になるのですが、ヘドロを取り除いてはいけないのです。

汚れた水を、かき出す作業の継続に、意味があるのだと思います。

 

世の中はすべて、同じ事が云えると思います。
元を直しては、いけないのです。
血圧にしても、同じです。

血圧を下げる事に、注目されています。
注目されて、血圧を下げる薬を飲んでいる方も、多いと思われます。

この血圧も、元を直す事は、あまり云われていません。
血管の詰まりや、血管を柔らかくしては、いけないのだと思います。

 

高血圧の薬を一度飲んだら一生やめられないワケ

 

高血圧はほっとくのが一番 2/3

 

高血圧はほっとくのが一番 3/3

今思えば、ずーと前から、小さい時から、
だから、この当時から、私は、そのような人間に、仕立て上げられるために、下準備のような事を、されていたのだと思います。

知らぬは、本人ばかりなりです。

 

下準備をされ、色々調べ上げて、よーいどんで、本格的に始められていると思います。

そうするために、裏でさまざまな工作が、行なわれてきたと思います

不信感を持たせる、人間に仕立て上げるために、裏でいろいろな工作をしていたのだと思いますよ。

私は、いつから、この連中に、このような、白羽の矢を立てられたのでしょうね。

 

ほんとうに、知らぬは、本人ばかりなりです。

 

私は、会社員のとき、慰安旅行の途中に、便所で倒れた経験があります。
後ろ向きに倒れ、コンクリートに頭をしたたか打ち付けたようです。
後で聞くと、もの凄い音がしたそうです。

しかし、気が付いた時は、痛くも何とも無く、蚊にでも刺されたくらいの感じでした。
(このとき、近隣の工作員と思われますが、仏壇の鈴(りん)を、チーンとならす音が聞こえてきました。)

 

その後は、打ち付けた所が、痛みだすのかなと、思っていましたが、何事もなかったですね。

まぁ、このとき、幽体離脱をしたのか、身体が浮いていたのか、無重力状態の中で、なんと表現していいのか分からなくらい、気持ちがよかったですね。

 

まず、この現在社会の中では、味わう事ができないでしょうね。
比べるものがありません。

圧力が掛かっていないということは、このようなことなのでしょうかね。
そのなかで、少し小高い丘のような場所から、お花畑を見ていました。

ほんとに、綺麗な場所で、花も色鮮やかで、ほんとに綺麗で、ボーッと見とれていたような感じでしたね。
凄い所があるもんだなと思っていました。

すると、ふっと、気が付きました。

 

ゆり起こされました。
大丈夫かと、ゆり起こされました。

その後、何事も無かったように、元の状態に戻りました。

 

このことは、誰にも話していません。
このブログを立ち上げるようになってから、ブログ内で、ちょこちょこ話している程度です。

 

まぁ、こんなこともあり、最後の手段かのように、退職に持ち込まれたのだと思います。

そして、退職し、二人で仕事をしているときからも、急ぎの仕事がほとんどで、時間に余裕のない生活をしていました。

 

まぁ、それは当然だと思います。
そんな、割のいい仕事が、最初から貰える訳が、ありませんからね。

自営になると、ますます酷くなり、仕事場に泊まり込みは、当たり前になっていました。

多分、このときも色々な人間に、仕立て上げる工作を、されていたと思います。

 

たぶん、私が徹夜をしていることをいいことに、この連中が悪さをしていたと思います。
それを、すべて私のせいに、していたのかも知れませんね。

だから、徹夜をしているときでも、必ず誰かが監視をしていました。
そりゃ、急に自宅に帰られては、困りますからね。

自宅に帰れば、家族がいて、証人ができますからね。
このような時は、この連中の工作も、撤収となるのでしょうかね?

 

私は、会社員のときから、すでに魚釣りを始めていたので、自営になっても、日曜日に時間が出来れば、海に出ていました。

その魚釣りの時間もこの連中が、何かに利用していた可能性もありますね。
私の釣りは、朝早めに出かけて、日没まで、海に居るようなスタイルでしたからね。

この魚釣りの時も、必ず監視がいました。
もう、嫌気が、さすくらい居ましたね。

この時から、釣りに来たかのように見せかけた、監視役とでもいいましょうか?
うろうろしていました。

 

まぁ、見たら、だいたい分かりますよ。
上手い人もいましたが、にわか釣り師のような人も、多かったですよ。

 

こんな人を避けるために、だんだんと人のいない地磯に、釣り場を求めるようになりました。
荷物も多く、重量もあり、地磯歩きは、大変でしたけど、釣りの楽しさが優先しました。

この釣りも、これを解消するために、始めたようなもんですから。
私は、会社員のときから、すでに潰瘍を患っていました。

一番最初は、下血と血を吐き、即入院でした。
一ヶ月ほど入院していたと思います。

 

その病院は、今は移転をしています。
こんど、この場所に、別の建物ができるそうです。

 

この入院を切っ掛けに、潰瘍との付き合いが始まりました。
それからは、2〜3年に一度、出血を繰り返すようになりました。
(この出血の文字を打ち込むタイミングに、車が自宅前を走り抜けて生きました。結局、潰瘍もこの連中の工作によるものだと思います。)

 

20代後半から始まった潰瘍は、50歳半ばまで続きました。
この潰瘍が、終わる切っ掛けとなったのが、ピロリ菌の除去でした。
このピロリ菌の除去で、再発もしなくなり、薬も飲まなくなりました。

それに替わってと云うのは、変な話なのですが、潰瘍と入れ替わるように、腰痛が酷くなりました。

元々、腰痛はあったのですが、ここまで酷くなることは、なかったですね。

この長年の潰瘍も、ストレスによるものという診断でしたし、私も、そう思っていました。

それで、ストレス解消として、冬場は下手なんですけどスキーをしたり、夏場は、車で林道などを走って楽しんでいました。

それから、魚釣り(海釣り)をするようになりましたね。
釣りをするように、なったのは、金銭的な面が大きかったかな?
スキーは、一度行くと、結構かかりますからね。

 

釣りは、極端な話、餌は自分でも、とれますからね。
現地調達です。

まぁ、小学校のときから、近くの川で鮒釣りをしたり、中学の時には、海で投げ釣りをしていましたから、結構すんなりと始める事が出来ました。

 

私の人生と言うものは、この連中の工作により、操作されたものであると、言っても、過言ではないでしょうか?

目立たないように、利用されていたのかなと、思います。
上に出ようとすれば、押さえつけられ、上手くいかないような、工作をされ続けていたのだと思います。

当然ながら、このような事をされていたこと自体、私自身も気が付いていませんでした。

 

気が付き始めたのは、この自営は始めてからですね。
小さい時からも、ないこともなかったのですが、それほど気にするようなことはありませんでした。

もしかしたら、自営が気に入らなかったのかなと思います。
自営の仕事も、しだいに、急ぎの仕事が増え、時間までも指定されるように、なりましたからね。

それでも、それを、なんとか、こなしてきました。
それは、私が中学生のとき、武道を教えて頂いたのが、この鳥取三洋電機内で行なわれていた、空手部だったのです。

 

こんな、中学生を会社内部に入れて頂き、ほんとに感謝しています。
ここで、武道の精神を叩き込んで頂きました。

私の人生は、誰(親からも)からも、何一つ教わるこがなく、過ごしてきました。
だから私の人生は、ほとんど独学です。
(本を読んで、勉強したりとか・・・)

しかし、この鳥取三洋電機さんに、教わった事は、私の人生のベースになっていると思います。

 

そんなこともあり、少しは、恩返しが出来たかなと思っています。
しかし、三洋電機は、皆さんもご存知のような・・・

話は、自営にもどしますが、この三洋電機さんと共に、私の自営も終わりました。

そして、自己破産をし、離婚をし、今は、親の面倒を見ながら、猫と一緒に、自宅にいます。

今、考えてみると私の自営は、恩返しの自営だったのかも知れません。

 

今日も、午後からパソコンの電源を入れていますが、超音波の振動なのか、かなりきていますね。

文字打ちをすると、かなりパソコンの画面が揺れるので、かなり超音波の低周波のような振動が感じられ、照射されていることが分かります。

私は、どうしても今までの内容で、不思議といいますか分からなかった事がありました。

 

それが、今、あー、こう言う事かと?
たぶん、そうだと思います。

それは、エイズです。

たぶん、このエイズにされていたと思います。
でも、もともと、エイズというのは、作られた病気です。

 

裏社会によって作られたもので、結局は人口削減の一手段だと思います。

それは、さておき、私もこのエイズにされていた。
と、言うことではないのでしょうか?

これは、自営のときなんですが、お世話になっているところから、忘年会にさそわれることもありました。

そこで、いくお店で、このようなことを聞かれました。
子供は何人とね。

それで、何人と言うと、そうか、じゃ、最低何回はしているんだな?
とか、いわれたのですが、その意味が分かりませんでした。

 

それが、エイズに関係しているこどったと思われます。
たぶん、そう云う事にもされていたと思います。

私は、ありとあらゆる事に、仕立て上げられていたと思います。
私の思いつかないような事まで、されていた可能性があります。

私は、30歳まえに潰瘍になり、病院に入院しています。
それから、ずっと50歳なかばまで、潰瘍とつきあってきました。
それで、潰瘍になるたびに、血液検査をされていました。

 

そして、8年程前になるのかな?
日本●十字病院に入院し、ここでも血液検査を何度となく受けています。
何かあれば、対策をされるはずです。

とにかく、この連中は、私を悪者に仕立て上げるのに、躍起になっています。
なので、どんな事でも、利用し悪者にしようと、しています。
お金が絡んでくると、ここまでするのかと、言うくらい酷いですね。

 

宇宙への旅立ち
http://reptilianbuster.blogspot.com/2017/01/blog-post_68.html

医者や歯科者に行くと殺される!
https://reptilianbuster.blogspot.com/search?q=%E3%82%A8%E3%82%A4%E3%82%BA

こちらの画像は、サイトが見れない時の対策です。

結局、父親のことも、これに関係しているかのように、思わせる工作をされたのかなと思います。
父親の食事をさせるのに、後ろから抱きかかえるようにして、起こしていました。

それを、介護職員の方に言い、そのように見せると、
そんなことをしているのと、言われたような?

それからですね。
父親の足が痛み始めて、検査をうけるようになったのは・・・

 

結局、このような事になるのも、この連中がすべてを仕組み、工作をしているからに過ぎません。

父親を悪くしたのも、結局この連中だと思います。

私を、そのように人間に仕立て上げている以上、私がそのようなことをしたら、された側も、悪くしないと、つじつまが合わないと、いうことなのでしょうか?

 

だから、父親もこの連中によって、陰で悪さをされ、つじつまを合わせるように、されていたのではないかと思われます。

すべてが、そのようにされていると思います。
私を、いろいろなに人間に仕立て上げ、私が関わった場所や内容を、この連中が、陰で悪くして、それを私のせいにしているのだと思います。

 

良くも、悪くも、この連中が裏(陰)で操作しています。
私が、よくいっている、一つの組織内に、表の部分と裏の部分があるということです。

裏で悪さをして、表で助ける。
結局、これが一つの組織内にあると思います。

某宗教団体もそうでしょう。
表も部分しか見せてもらっていない人は、分からないでしょうけど、裏の部分もありますからね。

 

結局、ある人物をそのよな人物に、仕立て上げたら、つじつまを合わせるために裏で、そのような人物像になるような、工作をされていると思います。

 

これが、公●警察なのでしょうかね?
某宗教団体なのでしょうかね?

このようなことをしているから、絶対に公表はできないでしょうね。
これが、秘密にされている公●の実態なのでしょうかね?
こんなことを、公表できる訳ないでしょう。

地球上で発生したウィルスなら、必ず地球上に解決策があると思います。
それがなければ、絶対に嘘になります。
作られたものか、それとも他から持ち込まれたかです。

 

そうしないと、地球上の生き物は、絶滅します。
人間の身体も、そうなっていると思います。

 

なぜ、この連中が、私の、おチンチンに注目しているのか、その理由がよく分かりました。

本格的に、この集団ストーカー被害がはじまってからと言うものは、トイレに入るたびに、救急車のサイレン音が聞こえています。

それは、今でも変わりありません。

それが、私の、おチンチンに注目させるような、ほのめかしなのかも、知れませんね。

 

人口削減は、国によって削減方法が違うらしいです。
ウィルスのような病原菌を、使って削減する所もあれば、戦争で削減する所もあり、自然災害などもあると思います。
そして、添加物などで、身体を悪くさせる方法も、あるのでしょうか?

 

人口削減をしながら、金儲けをして、権力を行使する。
これが、この連中のやり方では、ないでしょうか?

しかし、それにストップをかけようとしているのが、今の現状ではないでしょうか?

天使(光)と、悪魔の戦い???

 

表に出ている日本は、嘘っぱちの日本かも知れません。
プチッと、潰したいと思いませんか?

この私の打ち込む内容によって、一喜一憂する、この連中の声が、ほんとにうっとうしいです。

お前らの、頭の構造は、どうなっているのでしょうね?
毎日、毎日、何年も、他人の情報を盗み、盗聴・盗撮をし、平気おれる、その神経を疑います。

 

たとえ、それが疑いのある人間だったとしても、それは同じ人間です。
毎日、毎日、他人のプライバシーを盗み、おもしろがっている、その神経が分かりません。

元々、日本人は、思いやりのある人間だと思っています。
それが、ここまで出来ると言う事は、違う人種なのかな?

 

それとも、お金の魅力に負けたのかな?
権力に負けたのかな?

日本人の感覚では、出来ない行為だと思います。

よく女性で、男性が浮気をしていないか、携帯電話を勝手にこっそり、許可無く、見る事があると思います。

男性と女性の違いなのかな?

 

私には、出来ませんし、したいとも思いません。
もの凄く、嫌います。

 

もし、万が一、何かしら使わなければならない場合は、許可を得るし、なるべくなら持ち主がいる所で、使いたいです。

自分のものは、自分のもの、他人のものは、他人のものと、どちらかと言うと、一線を引く方かな?

 

ごちゃごちゃにされるのが、いやですね。
けじめが無い感じで、嫌いですね。
なので、隣国の考え方は、受け入れ難いです。

 

長生きしたければ、絶対に健康診断と人間ドックには行くな! 「診断結果は、全部クスリを売るための大嘘!」

 

癌は存在しない

 

塩風呂のやり方と美容・健康効果!塩を入れるだけで全身デトックス

 

「塩分は控えめに…。」 大ウソが常識になった塩の真実!

表の日本と違って、その下に隠れている日本が、ほんとの日本かも知れませんね。
その下に隠れているの日本が、世界を救うのかも知れません。

結局、この組織的な集団ストーカーは、表の日本だと思います。

 

指導者や支配者によって、その配下は随分と変わるもんだと思います。
団体競技のスポーツなどは、それが、よく表れていると思いませんか?

 

私は、サッカーも好きなので、サッカーも、それが顕著に表れていると思います。

 

今の表の日本にも、裏と表があると思います。
あると思いますと、いうより、あるはずです。
しかし、その更に、裏の裏が、本当の日本かなと、思います。

 

パンツの裏の裏が、表になったりしてね。
ん、なんか、意味が分からないですね。

 

自然農法では、地面の下の下に微生物や虫などの死骸が蓄積され、それが植物の栄養になって、植物が生長し地表に現われます。

地面の上に蒔く肥料や農薬は、見せかけのように思えます。
中身の無い、中身の薄い、植物の生長に思えます。

結局、農薬をかけないほうが、虫もこないようです。

 

見せかけの生長は、早く終わりにして、栄養豊かな植物の生長が、望まれますね。

 

裏の裏が、表に出る日が、近いのかな?

 

では、

 


スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*