日々の出来事 集団ストーカー被害 2019年06月12日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この集団ストーカー行為というのは、日常生活の音や行動を、被害者に見えないように、オーバーに利用して行なわれます。
それは、言い訳のできる行動で、迷惑行為を行ないます。



被害者が問いつめても、言い訳を押し通せる工作です。
言い訳を押し通せるため、見えない所では、結構大胆に行なってきます。

この行為のポイントの一つに、被害者に見られない、見つからない。
というのが、あるようですね。

 

出会い頭に遭遇する行為では、その行為を、さとされないように、しているようです。

しかし、この出会い頭に遭遇する行為は、これは相手の行動を把握した上での行動です。
偶然性を装う行為です。

 

例えば、車でしたら、何処かで何かの用事をしているかのように、車を停車させて、時間をつぶします。

そして、遭遇する車が近づいてくると、おもむろに走り出します。
そして、なに食わぬ顔をして、遭遇します。

人にしても、そうなのですが、スタートの合図をだしてくれる人間がいたり、自分で検知したり、何かが合図になったりする場合があると思います。

 

出かけた時も、だいたい合図を出す人間は、自転車に乗っているかな?

この連中は、どこにでも入り込んできます。

店や会社など、どこでも工作員が、入り込んできます。
不思議なもんで、人がコロコロと入れ替わります。

 

そにかく、都合が悪くなったり、ミスがバレそうになると、幕引きなのか?

すぐ、人が交代しますね。

 

下記の動画は、川崎市児童殺傷事件の新しい情報の内容の動画だったのですが、さっそく削除されています。

内容は、岩崎隆一容疑者(51)は、「引きこもり」ではなかったと言う内容と、麻生太郎副総理兼財務相に関わる麻薬のシンジケートの問題が内容だったのですけど、残念ながら削除されています。

 

今回も削除が早かったですね。
まだ、ブログにあげる段階で、削除されました。
(この連中に、私がこの動画をUPすると言うことが分かっていたようです。)

 

「天地をひっくり返すような」警察情報

音声を録音しておけば、よかったのですが、それもできず。
なので、そのような内容のサイトがないか、探していたらありました。

ほんとに、助かります。

その内容を転載させて頂きます。

 

こちらのサイトより転載させて頂きます。
https://ameblo.jp/bokeneko22/entry-12476440317.html

ーーーーーーーー転載ここよりーーーーーーーーーーーーーーーー

「天地をひっくり返すような」警察情報

先日の川崎市児童殺傷事件ですが、

これは麻生太郎副総理兼財務相に関わる

麻薬のシンジケートの問題が

深く関係していたようです。

川崎市で起きた登校中の児童や保護者20人を殺傷し、

自ら命を絶った岩崎隆一容疑者(51)は、

「引きこもり」ではありませんでした。

川崎市児童殺傷事件は、

外務省職員の小山智史さん(ミャンマー担当)が

殺されていますが、

この殺人は小山さんだけがターゲットだったようです。

その詳細は以下

板垣英憲情報局 ~マスコミに出ない政治経済の裏話~より

川崎市で登校中の児童や保護者20人を殺傷し、

自ら命を絶った岩崎隆一容疑者(51)は、

「引きこもり」ではなく、

「天地をひっくり返すような」警察情報が、飛び込んできた

2019年6月9日 6時49分の記事

◆〔特別情報1〕

文藝春秋の週刊文春6月13日号が「スクールバス岩崎隆一(51)殺人引き金は伯父夫妻『終活』」のなかで「5月28日、

川崎市で登校中の児童や保護者20人を殺傷し、

自ら命を絶った岩崎隆一容疑者(51)。

長期間にわたる『ひきこもり』生活に焦点が集まっているが、

『週刊文春』の取材によって岩崎容疑者がかつて

マージャン店で勤務していた事実が明らかになった」と報じた。

https://bunshun.jp/articles/-/12226

「川崎スクールバス殺人 岩崎隆一容疑者に「雀荘」勤務の過去」
(週刊文春 2019年6月13日号)

「1985年3月に職業訓練校を卒業後、しばらくして岩崎隆一容疑者は町田市内

の「J」(現在は閉店)という雀荘に出入りするようになる。

そして1年が過ぎた18歳の頃、メンバー(従業員)として働き始める。

主な仕事はドリンクの注文や灰皿の交換などの接客、

そして客の人数あわせで卓に入って麻雀を打つ「本走」の2つだった。

「J」の元オーナーが当時を振り返る。
「彼は麻雀が物凄く強かった。責任感も人一倍あったので、

夜中から朝10時までの夜番の主任を任せていました。

メンバーは自分のカネで現金打ちをするから、

給料が20万円でも負けが続けばアウト(店への借金)を

作ってしまうものですが、彼はいつも7、8万のカネをポケットに入れて、

それだけで賄っていた。

麻雀をやる人間は、ゲームの時に財布を出すと舐められるから財布を持たない。

事件後の報道で、彼のポケットに現金で10万円が入っていたと聞いて『彼らしいな』と思いました」

6月6日(木)発売の「週刊文春」では、同級生や友人、仕事仲間などの証言から彼の犯行にいたるまでの51年の人生を4ページにわたって詳報している。

要するに、岩崎隆一は「引きこもり」ではなかったということだ。

「引きこもり」と報じてきたマスメディアが垂れ流してきた

「印象」が根底から覆されると、事件の真相が、完全にひっくり返る。
このとき、「天地をひっくり返すような」警察情報が、飛び込んできた。

警察に接している専門家によると、警察情報の要旨は、以下の通りである。

川崎市児童殺傷事件のときに、

ミャンマー担当の外務省職員の小山智史さんが殺されているが、

あの殺人は小山さんだけがターゲットだった。

通り魔のふりをして自殺したということになっているが、

実際は自殺ではなく殺されている。

最後、首を切って道路に横たわっているところに

3人の公安が取り囲んでいた。
なぜ、公安の人が3人もいたのか。

これはミャンマーの天皇家の金塊の話と結びつく。

麻生太郎副総理兼財務相が、

ミャンマーの天皇家の金塊を見つけて、

ある筋の人間を使って密かにモンゴル経由でロシアに売っていた。

ところがそのことが外部にバレてしまい、

トランプ大統領が日本に乗り込んできた。

トランプ大統領は、

麻生太郎副総理兼財務相に対して、

「その天皇家の金塊の件については、こっちに出せ」と言ってきた。

しかも麻生太郎副総理兼財務相は、

金塊を売った金で、麻薬のシンジゲートをつくっていた。

その麻生太郎副総理兼財務相がつくった麻薬のシンジケートに、外務省通訳官(ミャンマー語)の小山智史さんが関わっていた。

続きは↓
https://foomii.com/00018/2019060907000055240

—————終了
ありがとうございました。o(*^▽^*)o~♪

ーーーーーーーー転載ここまでーーーーーーーーーーーーーーーー

 

本来の目的は、違う物があったようですが、私等のような、引きこもりの人間を、悪く思わせるような、工作も含まれています。

引きこもりに注目させ、本来の目的を隠しているのでしょうか?
これなご、私のような人間を、悪く思わせる誘導操作・イメージ操作になるのでしょうか?

まぁ、実際は、引きこもりと云うことでもないのですけどね。

今は、車を持っていないし、さして出かける用事もありません。

 

それにより、さらに防犯パトロールの強化を呼びかけ、防犯対策費用の請求をするよな事に、なるのではないでしょうか?
(この連中は、私の打ち込む文章の内容を、逐一、収集しているようです。収集しながら、低周波が座っている椅子のお尻辺りに、グワーングワーンと響いてきます。)

 

それにですね。

引きこもりには、引きこもりをする理由があると思いますし、仕事をする人は、する人で、理由があると思います。

人それぞれ、事情があり、事情が違い、理由も違います。
これは、同じ方向を、向いている人間が正しくて、違う方向を、向いている人間は、注意人物みたいな感じにも受け取れます。

 

みんなが、みんな同じ方向を向き、右を向けと云えば右を向き、左を向けといえば左を向くと、云う考え方ではないですか。

それが、正しい社会だと行っているように、聞こえます。
この考えは、どちらかと云うと、社会主義や共産主義の考え方ではないですか?

 

資本主義の民主主義であれば、それぞれの立場を尊重するのが、本来だと思います。

 

ようするに、民主主義は、中身を隠すための、かぶり物で、中身は社会主義や共産主義の考え方があると思います。
それも、独裁的な考え方です。

 

それとは別に、共産主義は共感出来る所もあります。
それは、民主主義的な共産主義です。

自由があり、平等であり、上下のない社会です。
どの主義においても、リーダー的な人物は必要ですが、独裁的な考え方ではありません。

 

資本主義社会の民主主義では、個々によって能力が違ってくると思います。
稼げる人はいいのですが、そう云う人ばかりでは、ありません。

 

そうなると、詐欺まがいの行為や、人を騙して金銭を得ようとします。

これを解決するには、共産主義とは云いませんが、共産主義的な考えも必要になると思います。

 

ようするに、生活に必要なも、一切合切は御上から支給される。
これに近づける事で、平等な社会へと進むことが、出来るのだと思います。

民営ではなく、国営です。

 

このようになれば、技術の進歩が、なくなると思われる方も、いるかも分かりませんね。

ライバルがいるから、技術を競い合い向上が見込めると、言われるかもしれないですね?

しかし、これには、別の問題が、発生すると思いませんか?

独自の技術競争ならいいのですけど、そればかりでは、収まらないと思いませんか?

 

まぁ、こんなペイペイの私が、言うべき事ではないと思います。

しかし、今の世の中は、技術の競争だけではなく、お山の大将の取り合いもあるのだと思いませんか?

個人個人が独立しているように、国も、また独立しています。

個人個人が独立していれば、個々の生活水準を、高めようとするはずです。

個々の努力で出来ない所は、不正も行なわれると思います。
それは、国どうしでも同じだと思います。

それを、大きく取り囲んでいるのが、裏の社会構造だと思います。
これが、世界の縮図だと思います。

 

これの最大の要因が、お金だと思いますね。
すべては、このお金に、集約されると思います。

人間は、食べないと、生きていけません。

不食の人、極端に少食の人もいますが、この場合は置いといて、一般的には食べないと、生きていけません。

その食べものを得るためにも、お金が必要になります。

 

そして、日常生活を送る上で、ライフラインにも、お金が必要になります。

公共公益設備の電気・ガス・水道や通信設備の電話・インターネットから物流から移動まで、すべてにお金がいります。

 

人間は、お金に支配されていると云っても、過言ではないと思います。

要するに、お金を支配すれば、人間も支配できると云うことになると思います。

 

お山の大将になるには、権力も必要になりますが、お金の占める割合が大きいと思います。

誰もが欲しがるもので、これを得るために、仕事をしていると思います。

これに対抗する、一つとして、自給自足があります。
そして、フリーエネルギーがあります。

しかし、裏社会の支配構造では、邪魔な存在なのだと思います。

しかし、しかし、自給自足と云っても、誰もが誰も出来る訳ではありません。

 

米作りを、一般の人に作れと云っても、無理があります。
作れる訳がありません。

作り方を伝授してもらい、個々で考えるより、小さな集落として、共同で考えた方が、実現しやすいと思います。

 

私は、今、自然農に、大変興味がありますね。

福岡正信氏、

川口由一氏、

そして、奇跡のリンゴの木村秋則氏、

などなど、
勉強させて頂いています。

 

耕さない、肥料をやらない、草や虫を敵にまわさない。
お金や、労力をかけない自然農法です。

今までは、受け入れられない農法だったと思います。
それは、お金の存在があるからだと、思います。

お金、お金です。

種にお金、肥料にお金、耕耘機にお金、その燃料にお金です。
拝金主義の現実が、そこにあると思います。

 

儲け主義の世の中で、自給自足やフリーエネルギーなど、除外されていました。

まぁ、良かろうが、悪かろうが、お金のある人が、正しいような風潮がありましたからね。

しかし、金融の崩壊とともに、その考えも崩壊すると思いますよ。
本来の正しい考えが、正しい世の中の考えに変わっていくと思います。

そうあるべきだと思います。

 

このような考え方を変えるには、通貨制度を見直す必要があると思います。

そもそも、お金が必要なのかと言う、考えもあります。
(この世の中から、お金をなくすのは、大変かも???)

 

そもそも、国民の台所事情を扱う、政府がいらなくなると思いませんか?と、考えると、「んんっ」と脳内送信で、女性の声が聞こえ、

救急車のサイレンがなり始めました。(この文章を打ち終えると、サッとサイレン音が止まりました。)
6月15日の午後7時33分頃です。

 

通貨、お金に縛られていると、そのことに一生追われて生活することに、なると思いませんか?

実際、現実社会が、そうだと思います。

 

好きで、やっている仕事も、結局は、お金のために考えを変えなければならない場合も生じます。

これは、お金で生活する世の中に、されているからで、これを変えない限りに、なにをやっても同じだと思います。

仕事は、お金を稼ぐためのものに、なってしまいます
仕事は、生活のためで、けっしてお金を稼ぐためではありません。

 

お金を稼ぐのは、結局、お金で生活しているからに過ぎません。

 

仕事 → お金 → 生活になっている所のお金を省いてしまえば、
もっと簡単に、楽になると思うのですが???

 

お金の必要性をもっと、もっと無くしていけば、詐欺まがいな犯罪から支配構造まで、なくなると思うのですが???

今の現代社会では、絶対に必要なものなのです。
必要なものだから、このお金で、人生まで変わってしまいます。

 

お金は、

おっかねー(怖い)!

 

この引きこもりを、あーだ、こーだ云う理由として、これも、お金が絡んでいると思います。

引きこもりをしていないんで、仕事をしろと、言っているように聞こえます。

私の聞こえる耳が、変なのかな???

そして、税金を払えとね。
これが、政府だと思います。

 

結局、政府もお金儲けです。
今の世の中の仕事は、すべてがお金儲けです。
表向きは、違っていても、中身はお金儲けです。

 

そうしないと、経営が成り立ちません。
売り上げを、上げなければなりません。

 

お金儲けをしない仕事は、ボランティアですかね。
ああっと、サービス残業もありますかね?

 

この川崎事件で見えてくる事は、一つのことを達成するために、他を犠牲にしていることですね。
それは、ごまかしでもあり、カモフラージュのためだと思います。

 

天候でも、そうだと思いますね。
ひとつの地域を目的としているが、それをごまかすために、他の地域も被害をだすような、工作が行なわれると思います。

 

だから、この集団ストーカーも、もしかしたら、同じ事が云えるのかも知れないですね。
この辺りは、深く踏み込まない事に致します。

この組織的な集団ストーカー被害も、今の社会構造が崩壊すれば、自ずと崩壊すると思います。

 

拝金主義を支える、自動部隊のようなものですから・・・?

そして、気になる動画がありました。
この組織的な集団ストーカー被害においても、ちょっとばかし、もれなく付いてくるような内容ですね。

 

私も、この集団ストーカー行為によって、幾度となく事故を起こしてきました。

 

私たち、命を狙われました。これが支配層による口封じの実態です。

その中で、不思議な事故として、朝方の魚釣りに行く途中の事故があります。

海に向かう途中で、事故を起こしました。

それが、なんと、道路に犬が寝ていました。

今、考えると、どうも道路に寝ていた犬は、映像だったのではないかと、思っています。

今、思い出しても、どーも、平面的なイメージしか残っていません。
ほんの、わずか一瞬の出来事でした。

しかし、そのわずか一瞬の出来事が、また不思議でした。

 

早く、釣り場に着きたいがために、ちょっとばかし、スピードを出していました。

 

あっ!

犬っ!

 

と、思った瞬間、
ハンドルを切っていました。

 

それからが、不思議な事に、

スローモーションに、

切り替わっていました??

 

こちらの2011年02月16日の記事にも載せています。

こちらの記事には、スローモーションのことは記載していませんが、ほんとスローモーションにかわりました。

 

地元の人にしか分からない話になりますが、福部(ふくべ)の交差点の角に民家が建っていました。(現在はあるかどうか分かりません。)

その前での出来事です。
ですので、ある程度のスピードを出し、一気にハンドルを切ったら、道路横を流れている川に、落ちていても不思議ではない状況でした。

 

しかし、ハンドルを右に切った瞬間、スローモーションになったのか、目の前、正面に川が見えてきました。

川が見えてきたので、川に落ちると思い、思いっきりハンドルを左にきりました。

すると、こんどは、民家の横(道路沿い)においてあった、大きな岩のような石が目の前に近づき、ぶつかると、また右にハンドルをきりましたが、少しおくれたため、車の後ろを、ボッカーンとその石にぶつけてしまいました。

 

団地に帰り、その当時の嫁に、こっぴどく叱られた事は、言うまでもありません。

 

この事故の前に、その場所の川向こうに家が一件建ちましたね。

私は、変わった場所に家を建てる人も、いるもんだなと、思っていました。

 

今、宅地造成をして、町並みをガラッと変えていると思います。
(今は、車がないので、見に行く事も出来ません。)

 

あっそうそう、こんな動画もありました。
私の潰瘍も、50歳半ばで、ほとんど治り、今は腰痛で苦しむ事も多々あります。

 

私も整形外科に何度となく、通いましたが、打つ手なしの状態でした。

レントゲンをとって、湿布薬をもらって、帰ると言うようなね。

それと、人をいじめる原因というのは、このような所にもあるのでしょうね。

能力が高いがうえに、いじめると言うようなね。

 

※腰痛を治す劇的な方法!【武田邦彦】30年以上続いた痛い腰が簡単に治ったウソのようなホントの話!

私も、腰痛は、行く所を間違えなければ、治るものだと思います。
(再発は別にして、)

私の日々の出来事になってしまっている、
この集団ストーカー被害も、

何かが、間違っていると思います。

この集団ストーカー行為というのは、お金儲けといいますか、お金の流れ、物流の流れを、人工的につくり出そうとしている。
そんな、ところがあると思います。

 

拝金主義が、根底にあると思います。
水面下では、拝金主義で、水面上では、平和主義を前面に押し出しながら、金儲けのネタを、人工的につくり出す。

あるいは、ターゲットから金儲けになりそうな、情報ネタを盗み、全国に広めているような感じもします。

 

お金で生活する世の中です。

お金儲けのためなら、少々間違った行為も、許される世の中が、間違っているのだと思います。

 

今も超音波のような振動を伴う、低周波とでも言うのでしょうか?
かなりの照射を受けていて、考えがまとまらなくなってきたので、
この辺りで・・・。

 

では、

 


スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*