日々の出来事 集団ストーカー被害 2019年06月03日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この集団ストーカー行為というのは、日常生活の音や行動を、被害者に見えないように、オーバーに利用して行なわれます。
それは、言い訳のできる行動で、迷惑行為を行ないます。



被害者が問いつめても、言い訳を押し通せる工作です。
言い訳を押し通せるため、見えない所では、結構大胆に行なってきます。

この行為のポイントの一つに、被害者に見られない、見つからない。
というのが、あるようですね。

出会い頭に遭遇する行為では、その行為を、さとされないように、しているようです。

 

この集団ストーカー行為は、不自然な行為を、自然に見せかける行為でもあると思います。

 

役者が演技をするような、感覚なのでしょうか?

その日常生活の音や行動を、すこしオーバーに表現すれば、いいだけです。
それも、被害者の何かのタイミングに合わせて、行なえばいいだけです。

この連中に、止めてと言っても、絶対に止めないでしょうね。
やめるのであれば、とっくに止めているはずです。

 

この連中は、天と地がひっくり返らない限り、やめないでしょう。
でも、いつかは、そう云う日が来ると思いませんか?
この行為を、続けた事えの天罰も、含まれているのでしょうか?

私は、この行為、全てが、イヤなんですね。
まぁ、こんな行為を、誰も好きな人は、いないと思います。

 

この連中は、私のイヤなことを、毎日毎日、朝から晩まで続けています。
人の嫌がることをして、楽しんでいる、あるいは利用しているとしか、いいようがないでしょう。

他に、何かありますか?
私を、良くしてくれるために、しているのですか?

それなら、何もしない方が、よっぽどいいです。
それの方が、よっぽど良くなります。

 

これは、防犯を前面にだして、ただ利用しているだけに、過ぎないと思います。
人体実験もこれに、あてはまると思います。

これから、何かが起きるような、気がしませんか???
地球規模で???

この連中がやれば、やるほど、それは大きく、膨れ上がるような気がします。
それは、もう私の知る限りでは、ありません。

 

自然災害、地殻変動、核戦争どちらが、後先になるか分かりませんが・・・?
いつきても、おかしくない時期にきていると思います。

今も聞こえていましたが、好きなんでしょうかね???
未だに、子供の声を、私に聞かせています。

 

子供の、さけぶような声です。
ほんとうに、うっとおしいです。
迷惑です。

子供の声といわず、この連中全員の声は、聞きたくないです。
この連中の声をきいても、私にはプラスにも、何の利点にもなりません。

気分が、落ち込むだけです。
平成は終わりましたが、平静を保とうとすれば、するほど、邪魔をしてきます。

 

山も、その工作のひとつに、使用されています。
山には、動物避けの柵がしてあると、以前から言っています。

まぁ、動物避けと言いますか、私を山に入らせない為でもあると思います。
それと、この事を知らない人が、入ったら困るからでしょうか?

 

なので、動物避けというよりも、人間避けかな?
この柵を付けるために、このような工作がされました。

イノシシが出た!
私の自宅近くに、イノシシが出た。

でも、この柵、もたれ掛かったら、折れ曲がりそうな柵です。
イノシシ避けだったら、もっと他の策を考えたらいいのにね。

例えば、この山で、私はイノシシを一度も見た事はありませんが、もし、イノシシが山から下りてきて、柵の向こうに餌があったとすれば、この柵は、なんの意味もなさないでしょう。

 

それに、この上がり口、柵がしてあるだけではなく、道が途中から寸断されています。

一言、いいたいのですが、ここまでする必要がありますか?
意味を成すものであれば、納得しますが、意味をなさないでしょう。

道をなくすのであったら、なぜ、この場所に、コンクリートで階段を作ったのですか?

 

それも、登りにくい階段を?
それに、こんなに幅を取る必要もないのにね?

 

階段ができる前は、ひと一人が登れる地道だったのにね。
それと、少し前になりますが、神社側から、上がってみた事があります。
この場所は、前の神社の跡地だそうです。

私は、その跡地は、跡地として、残しておいた方が、良かったと思っています。
しかし、その跡地に、桜の木が植樹してありました。

 

えっ!
なんのため?

 

植樹の他に、
何か埋めてないでしょうね?

 

花見の名所にでも、するつもりですか?
この山に、合う桜の木ですか?
環境が変わりませんか?

 

このようなことをすれば、平地が斜面になってしまう、恐れがありませんか?
場所が、場所だけにね。
町中の公園に、桜の木を植えるのと違いますからね。

このような山に誰も、入ったりしませんからね。
おそらく、たまーに、入る程度。
私が、小さい時から、そうでしかたら。

これなど、工作のために、苦し紛れに作り出された、作業のように思えます。
山のためになるかどうかは、山に聞いてください。

まぁ、いろいろな工作が、木などに施されていると思います。
でなければ、山からの音声送信はできないでしょう。

 

鳥の鳴き声、セミの鳴き声、虫の鳴き声、すべてこの連中の工作によるものです。
私の自宅周辺の山は、もうガタガタにされています。

自然は、自然の力で対処できるはずです。
そこに人間の手が大幅に加わったら、山はガタガタになります。

手を加えた当初は、よく見えます。
しかし、年をおっていくごとに、だんだん悪くなっていくと思います。

 

加えなければ、そのままの状態を、維持できていたと思いますよ。
これは、現代社会にも、通じる事だと思います。

しなくてもいいことをして、余計に悪くなるような???
それは、全てに於いて、利権が絡んでいるからだと思います。
やらなくても、いいことでも、やらないと利権に繋がりませんからね。

 

そして私の裏庭にも、柵がしてありました。
それも、自宅の敷地内です。
私は、最初、その柵を見て、しばらく考えましたね。

あれ!
確か、なかったはずなのに?

いつ、
つけられたのだろう?

 

もしかしたら、この時かなと、思いました。

自宅の近くで、屋根の吹き替え工事を、していた時があります。
たぶん、その時に、取付けられた可能性があります。

たしか、その工事中に、出かけたような?
何の用事で、出かけたかは、思い出せませんが、確か、出かけた、憶えがあります。

多分、その時だと思います。

この連中の、よくやる手ですね。

 

何かの工事に、かこつけて工作の仕掛けを、施すということをよくやります。
だから、周辺で工事や作業が多いのは、そう云う理由もあります。

このような事は、被害者には、見せたくないはずです。

 

例えば、被害者が、出かけている間に、工作の仕掛けを施すと言うのであれば、出かけた先で、時間工作が行なわれます。

その仕掛けが出来上がるまで、時間調整をされ出先で、待たされる事になります。

すべては、ネットワークで、工作員(加担者)同士が、やり取りをしているでしょう。

 

私は、頼んだ憶えもありませんし、許可した憶えもありません。
これに関しても、私が、出かけている間に、勝手に敷地内に入り、柵を取付けたようです。

柵は結構、地中の中に打ち込んでありました。
これ、表向きは動物避けの柵ですが、この柵も、金属ですからね。

この工作には、銅線などの金属が、必要不可欠のようです。
音を送信するためにです。

先程、私が、子供の声が、どうたらこうたらといったら、頻繁に子供の声を出しています。

 

この連中は、いつもこうです。
いえば言うほど、してきますからね。

だから、お前らは、何が目的で、やってるんだと聞きたいですね。
世の中を、良くするためなんでしょうか?
どうなんでしょうね?

 

前回のブログの2013年の9月3日、dogetherの件ですが、この頃私の使っていた、タオルに穴が空いていた頃ですね。

タオルが何枚も穴が開いたり、下着のシャツが破れたりしていた頃です。
下着のパンツもですね。ゴムがゆるんだり、ほつれたり。

多分、これは、洗濯洗剤が原因かなと???

 

最近は、超音波の低周波は、寝ているときに集中して照射されているような気がします。(ここで救急車のサイレンが鳴りだす。午前7時36分頃)

なので、最近はスッキリ起きられない時があります。
昨日は、胸と膝の痛みがあり、今日も胸に照射されていたような感じですね。
今まで、腰や腹でしたが、場所をかえたのかな?

 

昨日も、猫よりネズミのプレゼントがありました。
しかし、ネズミは、どこかいなくなりました。

 

そして、猫がネズミを捕まえてくるのは、必ずと言っていい程、週末です。
なにか、意味があるのでしょうか?

そして、最近は、虫が非常に多いです。
これにも、何か意味があるのでしょうか?

虫除けにも効果のある、重曹があります。
さらに、その上をいく、ホタテ貝殻焼成パウダーがありますが、今回は重曹を見てみました。

 

さまざまな使用方法があるようです。
参考にしてみては、いかがでしょうか?

 

【知っ得!】衝撃!!重曹には知られていない意外な使い方があった!万能薬の重曹の意外な活用方法とは・・・。驚愕!【雑学】

 

あまり知られていない重曹の10の使用法

 

【知っ得!】重曹最強伝説!内臓治療や薄毛の改善、虫歯やインフルエンザ、ワキガや黒ずみまでwww【雑学倉庫】

 

鳥などの鳴き声の前に、ドンと音があり、それから鳥の鳴き声が始まっていますね。

たいてい、音の送信の前には、なにかしらの音(打ち込むような音)がしてから始まっています。

 

木の実なども、何かを打ち込んで、落としているようです。
だから、青い実がほとんでの場合があります。

その木が、裏庭の物置小屋の上にあります。
なので、その実を落とすと、屋根にあたり、音が出ます。

 

それを、何かのタイミングや行動によって、落としています。
なので、木から直線で見える家からでないと、無理だと思います。

以下に、こんな動画がありました。
ここまでくれば、私の判断というよりも、日本国民のみなさんが、判断する問題だと思います。

 

ディズニーだけは、文字起こしをしてみました。
なぜ、表に出なかったのか、理由が分かりました。

 

ウォルト・ディズニーは、フリーメーソン「33階級」だった

ーーーーーーーーここからーーーーーーーーーーーーーーーー
フリーメイソンの階級は、1から33まであり、

階級1から3は、ライオンズクラブ、ロータリークラブ、ボーイスカウトなど一見、慈善団体のような活動をしています。

階級4から14は、法律、マスコミ関係で、CNN、BBC、NYタイムズ、ワシントンポスト、ブリタニカ、ワーナーなどが含まれます。

階級15から18は、科学、社会、思想関係で、全米アカデミー、ノーベル財団、国際人権擁護委員会、ローマクラブ、エスペラント団体など国際機関で働く人々が含まれます。

階級19から29は、政治・経済関係で、国連、ユニセフ、国際赤字、CFR、日米欧三極委員会、EU、NATO、CIA、IMF、国際シオニストグルーなど、国際的に影響力を及ぼす政治・経済に関する国際機関で働く人々が含まれます。

階級30から32は、ユダヤ、キリスト教などの宗教関係で、全国教会評議会、ウィッカ教会、サタニック教会、ガーター聖団などの関係者が含まれます。

階級33は、ロイヤルファミリー、ロスチャイルド家、ロックフェラー家、モルガン家、メロン家、デュポン家、オッペンハイマー家、ハリマン家、サッスーン家、カーネギー家、ケネディ家、オナシス家、フォード家、フォーブス家、モービル家など世界の名門財閥から選ばれます。

ウォルト・ディズニーは、最高位の33階級でした。

ディズニーは、道徳的にクリーンなイメージを保つために、スタジオには非常に厳しい規則がありました。
男性社員が女性社員をサクハラ視線で見たと思われた場合や、悪態をつく言葉などを使った場合は、即、解雇になりました。

ウォルトは、業務中にも関わらず、自室で大量に酒を飲んでいました。
口髭をはやしていましたが、社員には禁止していました。
異常なくらい手を洗っていました。

ディズニーの子会社で、フリーメーソンのエリートたちに提供するため、セックスと暴力を含むポルノ映画やスナッフフィルムを制作していたと言われています。

ディズニーは、悪魔的呪術であるミッキーマウスの魔法や悪魔崇拝のパレードであるハロウィンを流行らせ、オカルトを蔓延させました。

映像に性的なサブリミナルを入れて、見ている子供たちを性的に堕落させようとしています。

ディズニーランド内では、警察の捜査が及ばないと言われています。
なぜでしょうか。

それは、子供がたくさん誘拐されているからです。
薬物で昏睡させ、服を着替えさせられ、髪を切られ、髪色も変えられ、特に5才から9才前後の子供たちが誘拐されていると言われています。
園内では、迷い子の放送はありません。

男女問わず誘拐された子供たちは強姦・拷問の対象にされ、その後、殺されます。
子供の両親は、口止めのため、闇の組織から脅されます。

そんなディズニーに行きたいですか。
ーーーーーーーーここまでーーーーーーーーーーーーーーーー

 

世界のイルミナティのトップは、天皇家とカルト「生長の家」

 

(閲覧注意)GHQ占領下における米兵による日本人女性・凌辱事件簿

 

神武天皇は、秦氏だった

 

3.11は天皇家による人工地震だった

 

 

山の柵も、言うだけでは、分からないと思って、火曜日の夕方に、写真を撮ってきました。

動物避けを口実に、山に入れないように、してある侵入防止柵と、裏庭の侵入防止柵と、それとこれも何度か話をしていると思いますが、雷の落ちた椎の木(しいのき)です。

そもそも、この侵入防止柵を取付ける場所は、農作物のある場所ですからね。
この場所は、農作物は、ありません。

あったとしても、それは家庭菜園的なものです。
それで、生活している訳では、ありません。

では、侵入防止柵を、設置して何から何を守るのでしょうか?

野生動物は、どんな動物ですか?
イノシシですか?

何を守るのですか?
農作物でないとすれば、何ですか?
人間ですか?

 

そもそも、野生動物は、そこに餌があるから、山から下りてくるのだと思います。

餌のめぼしがないのに、わざわざ下りてきて、餌をあちこちと探すような事はしないと思います。

野生動物にとって、人間社会に入り込むというのは、危険な行為だと思います。

よほど、山に餌がなくなったか、下りた方が簡単に餌にありつけるかのどちらかだと思います。
人間が、あちこちと車で走り、コンビニを探すような事は、しないと思います。

 

もし、人間を守るのでしたら、日本全国、山のそばは、同じ事が言えると思います。

それに、道に柵を付けるのであれば、出入りできるようにするのが、当然だと思います。

開け閉めして、出入りできるようにするのが、当然だと思います。

これも何度も、言っていると思いますが、私は釣りをしていました。
この釣り場も、同じような事をされていました。

 

釣り場への進入禁止です。
これと同じように、柵をつけられてね。

それも、ここと同じように、何か事件を起こすのですね。
そして、出入り禁止にするのです。

すべて、同じ事が言えると思います。
何かを変えたい、何かをしたい。

 

このような場合、それに関する事件や事故を、誘発的に起こすのですね。
まぁ、仕組まれた工作みたいなものです。

それで、色々な物を変えて行くのです。
そこには、物とお金の流れが出来ますからね。

これは、全国的に、いえることだと思います。
現に、全国的に行なわれていると思います。

それを実行する実動部隊、そして、それを民主主義に問いかけて、制御する政治体制のような?
まぁ、そんな、感じではないでしょうか?

 

コインの裏表なのですが、しかし、それは一つのコインです。
500円玉にも、当然ながら裏と表があります。
その裏と表が合わさり、500円玉になります。

釣り場で、ひとつ、例としてご紹介しますと、私がよく行った、港の防波堤があります。
すると、そこに工作員が、わんさか集まり、釣りを始めます。

 

釣りをするのは、いいのですけど、マナーが非常に悪く、ゴミは捨てるは、アミエビの入った、ビニール袋はそのまま捨てて、悪臭がしたりと、とにかくマナーに反する事ばかりするのですね。

これを、何年も繰り返して、とうとう漁港側(漁業側)が、怒り、その防波堤に、柵をして出入り禁止にしたと云うこともありました。

こう考えてみますと、この工作員を動物に考えてみれば、柵の意味も分かりますが、この場所(自宅そばの柵)の柵の意味が分かりません。

 

これは、まぁ、さておきと、おいてはいけない問題かもしれませんが、
とりあえず、おいといて、

こちらが、雷が落ちて、幹がえぐられている椎の木です。
写真では、分かりにくいかも知れませんが、反対側がえぐれています。

小さい頃は、反対側に回れて、そこが遊び場になっていましたが、今は入る事も、困難な状態になっています。

椎の木は、蔓(つる)が、からんで凄い事になっています。
これも、多分、この連中の工作だと思います。

この集団ストーカー被害で、よく利用している行為だと思います。
自分らは、直接手を掛けず、他のものを利用して、バレないように言い訳のできるような状態で、押し進める。

このように、じんわりじんわり、時間をかけて、潰して行きます。

これが、この集団ストーカーの主な、手口のやり方だと思います。

 

時間を掛けて、ゆっくり、ゆっくりと行い、その間に利権がらみの工作で、甘い汁を吸うというのが、この連中のやり方だと思います。

私の小さい頃は、この椎の木も、こんなことはなかったですからね。
それと、この辺りは、結構、笹が生えていました。

椎木の下辺りも、笹が覆い茂っていました。
この地域は、竹林もあったりと、そう云う場所だったようです。

 

私は、この自宅を2010年の秋頃から、仕事場に使用していました。
なので、その時は、団地からこの自宅に通っていました。

通っていた時だから、2011年の冬だったと、思います。
私が、自宅に向かっていると、こんな車が自宅の近くに、停まっていました。
車は、岡山ナンバーでした。

そして、車には、確か森林組合と書かれていたと思います。
そして、3人だったと思います。

 

雪が膝下くらいまで、降っていたにも関わらず、自宅そばの登り口から、山の中に入っていました。

こんな、雪が降っているのに、山に入って何をするのか、不思議でしたね。

それも、3日間、続けて山の中に、入っていました。
結構な荷物を、しょっていましたよ。

何をしに行ったのでしょうかね?
それから、私がこの自宅に帰ってきてから、除々に山が、変わっていったように思います。

 

私がこの自宅に帰ってきた当初は、自宅から山を見ても、先の方が見渡せたのですが、それが今では、見ることができません。

木々が覆い茂り、萌えて、先が見えません。
太陽の光も、通りにくくなっています。

人が入る山と、入らない山、違いが明らかだと思います。

なので、落ち葉などが、もの凄いです。
私の裏庭も、秋になると落ち葉で、埋め尽くされます。

そして、私がまだ車を所有していたころ、以前釣りをしていた場所が見たくて、見に行った事があります。

すると、そこも木々が萌えて、うっそうとした感じに、変わっていました。
私が行った場所は、このように、変えられてしまうのでしょうか?

 

今は、どうなっているのか分かりませんが、その場所は、鳥取県と兵庫県のちょうど、県境にあたる場所です。

それから、いつ頃だったかな?
父親が生存していた頃だったから、2015年より、もっと前だったと思います。

山の木を伐採をするというので、この場所といいますか、この山の上がり口を、伐採した木を運び降ろす、搬出場所として使用していました。

 

その時に使用されたと思う、ワイヤーの固定金具の支柱なのか、アンカーなのか、ハッキリとした名称は、分かりませんが、打ち込まれたままになっています。

と、云うより、打ち込む必要があったのですか?
その前に、伐採をする必要があったのですか?
(赤丸で囲ってあります。)

私が思うに、このような作業は、しても、しなくてもいい作業だと思います。
目的は、工作に使用する物を、設置することにあると思います。

しなくてもいい作業をしたために、山が変わってしまったと、いえそうですし、変えるために、作業をしたとも云えます。

そして、裏庭の柵です。
赤く囲ってあるトタンは、私が取付けました。

 

裏庭に、他の猫がよく来るので、トタンの下のアルミ鍋に、余った猫の餌を入れて、餌で満足してもらい、ここで食い止めようと思ったのですが、まぁ、そう、うまくいくこともなく、今では止めています。

途中、柵が抜けていますが、これは、私が、無理矢理、引き抜きました。

ゆっさ、ゆっさと揺すりながら、引っぱりを繰り返しながら、やっと抜けました。
結構しっかりと、埋めてありました。

そして、このような鉄芯が、自宅周辺のいたる処に、埋めてあるようです。

この柵を見て頂いても、分かるように、こんな柵で動物避けになるとは思いません。

野生動物は、どこからでも、下りてこようと思えば、下りてくると思います。
現に、私は少し前に、神社側から回って、山の中に入ってきましたからね。

こんな柵を、一部分だけ施しても、なんの意味もないと思います。
そして、私の裏庭には、アナグマが時々出没して、ちょこちょこ地面を掘り返していますけどね。

このアナグマ、山から下りて来たアナグマでは、ないのかな?
誰かが、連れて来たのですかね?

なんとも、まぁ、人を恐れないような感じのアナグマです。
アナグマって、こんな感じなんですかね?

 

私は、この歳になって、初めて、この場所で見ましたけどね。

私は、小学生の時から、山を遊び場にしていましたが、動物の気配を感じたことは、ありません。

動物の糞すら、見た記憶がないと思います。
それは、思い出せないですね??

だから、山に入ろうと思えば、ある程度の場所から入れますしね。
まぁ、そこまで、しようとは思いませんけど、

だから、柵の意味がないと思います。
逆に、人間避けのように思えます。

 

このような事は、集団ストーカー行為の工作が、全国的に広がる場合もあれば、全国で、行なわれている事を、集団ストーカー行為に利用する場合もあります。

それは、集団ストーカーの工作のために、そこだけで行なわれているのは、不自然だからです。
だから、いろいろな所で行なわれていますよと、認識してもらうためです。

しかし、明らかに意味のないことをしています。

この柵の名称が、侵入防止柵と云うそうです。

 

確かに、畑や果樹園や田んぼに設置するのであれば、野生動物の侵入防止柵でいいのですが、山から下りてくる野生動物が、地域や町の中に入ってくる事も、侵入防止柵というのですか?

何か変な感じがしませんか?
どうなんでしょうか?
私だけなんでしょうか?

なぜか、人間が、狭い砦の中に閉じ込められているような、感じを受けませんか?

 

でも、まぁ、人間は、そうかも知れないですね?

野生動物のほうが、自由かも知れません。

 

結局、この柵は、何避けの柵ですか?

 

イノシシだけを避けるための、侵入防止柵ですか?

 

 

私にも、この集団ストーカー被害の人権及び、プライバシーの侵害による、侵入防止策が必要になります。

 

では、


スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*