日々の出来事 集団ストーカー被害 2019年03月01日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

まだ、まだ終わらないのか? この集団ストーカー被害。
日々の出来事のように、なっている集団ストーカー被害です。



今日は、ちょっとばかし、普段と違う雰囲気がしますね。
それは、なぜかな?
昨日、私が見た動画に、ヒントがあるのかな?

すごいことが、分かりました。
もしかして、知らなかったのは私だけなのでしょうか?

太平洋側に多いと言われていたメタンハイドレート(ここで、部屋がグラーンと揺れたような。超音波かな?)ですが、実は日本海側に太平洋側より、多くある事が分かりました。

それも採掘しやすく、純度も高いメタンハイドレートが、日本海一帯にあるようです。

とうぜん、竹島周辺にもあります。
南朝鮮(韓国)の竹島の狙いが、少し分かったかな?

竹島は日本固有の領土ですからね。



ほんとに、南朝鮮のやりかたは、めちゃくちゃですね。
ルールなんてものは、そっちのけですから、なんでも力づくで、なんとかなると思っているのでしょうかね。

反日や、このようなことを、監視するのも公安の仕事ではないのでしょうか?
違うのでしょうか?

日本の有事とは、どんなことをいうのでしょうか???
辞書を調べてみますと、
有事とは、戦争・事変や特別大きい天災・人災など、緊急の事態が起ること。と、記載されています。

私の危険人物扱いは、この内容に適応されているのかな?
はて???

この公安警察は、日本の公安警察ですね?
違うの???

 

マジだったのか!竹島と尖閣の秘密

 

脱原発の救世主 メタンハイドレート

 

反原発の人に朗報 メタンハイドレート2

 

青山氏【メタンハイドレートについて】2018年3月23日

日本海のメタンハイドレートとは裏腹に、こんなことも起きています。

泳ぐ、リュウグウノツカイ(竜宮の遣い)が、こんな浅瀬で撮影されています。

驚きです。

 

リュウグウノツカイが、こんな浅瀬に迷い込んだのも驚きなのですが、それを撮影できたことの方が、もっと驚きです。

偶然というのか、巡り合わせというのでしょうか?

この漁港は、私が釣りをしていた頃に、よく通っていいた、地磯の隣にある漁港なので、よく知っています。



これも、また巡り合わせなのでしょうか?
懐かしく、拝見させて頂きました。

この場所は、鳥取県鳥取市青谷(あおや)町にある、長尾鼻(ながおばな)を中心に、東側は、船磯(ふないそ)漁港があり、西側に夏泊(なつどまり)漁港があります。

その夏泊漁港で撮影されています。
(地図も、付けておきます。goo地図より)

本当に、浅い所で、底が見える場所です。
それに、春先は特に水深が浅くなります。
普段、見えていない所も、見えるくらい浅くなります。

リュウグウノツカイは、太刀魚とおなじように、立って泳ぐそうなのですが、浅瀬のためか、横に泳ぐリュウグウノツカイが、撮影されています。

 

リュウグウノツカイは、水深200mから1000mの深さに、いるそうです。

そんなリュウグウノツカイなのに、こんな浅瀬に入り込んでしまうのは、何か理由があるのでしょうね。

リュウグウノツカイが網にかかったり、海岸に打ち上げられたりすると、地震との関係をよく言われますが、どうなんでしょう?

それは、全て地震に関係しているとは言えないようですが、全く起きていないとも言えません。
当たるも八卦、当たらぬも八卦、なのでしょうか?




名前が、リュウグウノツカイです。
何か人類に、伝えたい事があるのでは、ないでしょうか?

なにかに、警告、忠告をしているような、気もしないではないです。
それは、なんなのでしょうか?

海底の異変?

海流の異変?

それとも・・・???

 

地震や災害は、忘れたときに起きると、よく言われますね。
リュウグウノツカイの、警告、忠告を忘れたときに、地震がくるのでは???

 

鳥取夏泊漁港浅瀬にリュウグウノツカイ現る!

 

【異常】日本の周辺の海はすでに正常な状態とは言い難くなっている

 

南海トラフ地震の前兆?3.11と酷似!日本海でリュウグウノツカイが超大量出現!(首都直下地震、東日本大震災 )【衝撃の真実 !】

長尾鼻は、管理されている釣り場で、駐車場は有料です。
釣りをする人は、一日500円です。

そして、釣りではなく、観光目的であれば、一日300円です。
ボットン便所ですが、駐車場の西側にあります。

私は使用してことは、ありませんが、そういう便所と聞いています。

この長尾鼻は、東側、正面、西側と、3カ所の下り口があります。
どの下り口の場所にも、水の流れ込みがあります。

西側だけ、ちょっと分かりにくいかも分かりません。
西側は、下りてから左側に、歩いていくと分かるかな?

東側は、流れ込みの溝のそばを、歩いて下りるので分かり易いでしょう。
この東側は、少し下りた左側に井戸があります。

その井戸の先に、鳥居があります。
神社があったのでしょうか?



そして、海の近くまで下りると、左側に国の洞窟のようなものがあります。

現在は、鎖されて中を見る事は出来ませんが、その上に、灯台があります。

真上ではないですが、灯台があります。
夏場になると、この東側から見る、朝日は綺麗ですよ。

そして、正面ですけど、始めて見ると、わっと思います。
結構、急な階段で、それも結構、長い。

手ぶらだったらいいですけど、釣り道具を持って、バッグを背負っての上り下りは、結構大変です。

大変ですけど、海に遊んでもらう、楽しみのほうが、まさりますね。



あるとき、こんなことがありました。
階段を下りた左側に、水が流れている場所があります。
その先は、かなりの急斜面です。

その場所で釣りをしよとすれば、その急斜面を下りていかないと、釣りは出来ません。

その日は、その場所で釣りをすることに、前日から決めていたので、そのつもりでした。

そして、階段を下りて、水の流れのそばにいくと、足が止まりそうになりました。

もしかしたら、止まったのかも知れません。

今では、おぼろです。

なぜ、止まりそうになったかと言いますと、その場所に花が、たむけてあったんですね。

波の静かな時は、女性のように優しさで、波打ち際まで近づけますが、一旦荒れると、男性の荒れ狂う波に変貌し、近づける事を拒絶します。




波が這い上がってきます。
(表現として、このようにさせて頂きましたが、男性が優しくないと、言う事ではありませんので、ご了承ください。)

私、その花をみて、一瞬この場所で、亡くなった人の為の花なんだと、感じました。

それで、足が止まりそうになりました。
命日か?

でも、その先で、釣りをすることにしました。
急斜面を下りなければならないので、休憩をしながら、少しずつ下りていきました。

そして、腕が疲れてきたので、餌とか撒き餌とか道具が、ギッシリ入っている磯クール(磯用のクーラー)を、足元に降ろしました。

そして、休んでいると、磯クールが、グラグラ、ゴロゴロ。

ええぇー、

わーっ!

 

磯クールが急斜面を、転げ落ちてしまいました。

わーっ、大変。

ゴロゴロ、

ゴロゴロ。



磯場に、くぼみが出来ていて、サラシが沖に向かって出ている場所の磯際で、止まりました。

今行けば、もしかしたらと思って、他の道具を、その場所において、急いで、その後を追いかけました。

急いでといっても、急斜面ですので、足元を確認しながらですけどね。

 

もう少しでと言う所で、

グラッ、グラッ、

グラッ、グラッ、

ボッチャーン。

 

いゃー、大変。

海に落ちてしまいました。

 

今なら、たも網で引き寄せられるかも知れないと思い、急いで用意しましたが、サラシで、あっという間に、沖に流されてしまいました。

呆然と、流される磯クールを眺めていました。

呆然と眺めていました。

バッグは、鳥取砂丘方面(東側)に向かって、流れていきました。

がっかりです。



餌がなければ、釣りができません。

餌を購入して、この場所に戻る気がしなかったので、その日は釣りをあきらめて、帰宅したと思います。

たぶん、帰宅したと思いますが、何分、朝早く出て直ぐ帰宅するのも、もったいないので、漁港を、ぐるっと見て帰ったかも分かりません。

そこも、おぼろです。

 

結局のところ、今日は、この場所で、釣りをするなと言われたのかも、知れませんね。

ちょっと、残念だったのは、その中に自分で作った、練り餌さが入れてあったので、それがちょっと、いやでしたね。
まぁ、拾い上げられる事は、なかったと思いますが・・・?

 

そして、こんな事もありました。

長尾鼻で夕方まで、釣りをしていて、そろそろ帰ろうかなと、片付けをしていると、三人組の男性がやってきて、私に話しかけてきました。

いっしょに、夜釣りをしないかと、誘われました。
いゃー、私は帰る所だからと、丁重に断りましたが、でも執拗に誘われましたね。




私は、そんな見ず知らずの人と、夜釣りなんかしないです。
そのとき、何か、いやな感じがしましたしね。

海に落とされたら、大変ですから、お断りしました。

 

海に落ちて、あっぷ、アップかな?
あっぷ、アップ。

でも、英語では、逆の意味になるかな?
アップ、up。

 

 

この集団ストーカー被害も、よく「MKウルトラ計画」のようなことも、言われています。

「MKウルトラ計画」は、「MKウルトラ作戦」とも言われています。

MKウルトラ計画は、「マインドコントロールの効果を立証するための実験」のようです。

早い話が、人体実験です。

その人体実験の目的は、マインドコントロールにあります。

マインドコントロールとは、人の思想や情報をコントロールして、個人の意思決定を特定の結論へ誘導する技術のようです。

結局、洗脳のようなものだと思います。
動く、操り人形です。



私の周りにも、人間ではないですが、ラジコンで動いているよな、鳥や小動物がウロウロしています。

これは、アメリカのCIAの科学技術本部が極秘に、1950年から1960年にかけて行なわれた人体実験です。

日本の公安警察は、アメリカのCIAを、目指している所も、あるのではないでしょうか?

朝堂院大覚総裁が、こんなことにされていたとは、知らなかったです。
私の内容にも類似しているところもあります。

 

「別のオウム事件とは?」公安第三課,木下係長と結託したジャーナリスト元新聞記者,菊地久が公衆の面前で土下座して泣叫ぶ…「CAIから金が流れたのか?」

この動画で、救急車のサイレンとか、子供の声が聞こえてきますね。
この集団ストーカー被害で、よく行なわれる行為です。

1分58秒位から、救急車のサイレンが聞こえています。
4分57秒位に、子供の声も聞こえます。
7分57秒・9分42秒・9分57秒・10分15秒位にも、子供の声が聞こえています。

 

CIAが、集団ストーカーに、関わっているのか否や?
元々、この集団ストーカーは、アメリカが発祥の地です。
アメリカから日本に伝わっています。

本格的に被害が始まった前後は、よく外人を見かけていました。
印象に残っているのは、朝、通勤のとき、あきらかにアメリカ人と思える、外人に遭遇しましたね。

サングラスをかけ、ラフな感じで自転車に乗っている男女でした。
男性は黒人で、女性は白人です。

観光目的でないことは、見ても明らかな感じでした。
それに、こんな所でというような場所ですので、明らかに私が目的のような、気がしました。

車に乗っていて、私の関係だなと、すぐ分かったので、なぜだか首を横に振っている私がいました。

私は、違うと。



まぁ、印象に残っている、一つです。
それ以上のことは、今の段階では、分かりません。

あっ、そうそう。
こんな、動画もありました。

竹取翁博物館・国際かぐや姫学会の動画の中でも、言われていましたが、その動画が削除されています。

 

【衝撃】クレオパトラは日本人で北海道出身?!日ユ同祖論との関連は?日本の謎めく驚愕の歴史ミステリー

私は、本当だと思っていますが、真実はどうなのでしょう?
本当だとすれば、歴史も、何もかもが、ひっくり返りそうですね。

そして、こんなことも?
日本の神話とギリシャの神話が、よく似ています。
ギリシャの女神は、日本の卑弥呼だと言う内容もあります。

はたして、

 

では、

 


スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*