日々の出来事 集団ストーカー被害 2018年09月20日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

まだまだ、こんなことを、されています。
廊下のガラス戸を開けると、救急車のサイレンがなるように、なっているようです。

 

2018年09月19日、午後06時58分頃の出来事です。
裏庭に出る廊下のガラス戸を、開けると急に、救急車のサイレンが、なり始めました。

 

このサイレン、ほとんど毎回のように、なっていました。
最近は、少しゆるくなりましたが・・・

 

そして、毎回、「左へ曲がります。ご注意ください。」と、
交差点にさしかかると、音声を流しているようです。

 

これ、私の行動に対して、周りに言っている事だと思います。

 

まわりに、ご注意ください。と、
言っているのだと思います。

 

げんに、サイレンがなると、周りの近隣が動いたり、自宅前を車が走り始めます。
結局、私が外に出るから、注意しろと、呼びかけているようです。
それが、救急車のサイレンなんです。

 

公共のサイレンを利用して、分からないようにといいますか、町が、すぐ気が付くようにしているのだと思います。

 

私は、どんな人物像に、されているのでしょうか?
知りたい、ところでもあります。

 

本当の内容を知ったら、おもわず笑ってしまうと思います。
結局、この場合、人命救助のサイレンでもあり、町中に、注意を呼びかけるサイレンでもあります。

そして、加担者に行動を呼びかけるような、お知らせのサイレンでもあると思います。

 

私に、分からないように、と、書こうとしたのですが、これねぇ、ハッキリ私に分かるよう、気付かせるように、サイレンを鳴らしています。

これ、サイレンがなるたびに、病院に搬送され、病院や製薬会社の利権に、つながる内容になると思います。

 

しかし、このサイレンの鳴らし方に、4種類の鳴らし方があるような気がします。
本当の白い救急車のサイレン。
そして、救急車のサイレンを鳴らしているが、車は乗用車とか?

救急車のサイレンが町中に鳴り響いているが、動かないスピーカーから流れていたりとか?

それと、救急車のサイレンが鳴っているけど、私の部屋だけとか?
まぁ、こんな感じで、いろいろと鳴らし方を、組み合わせているのではないでしょうか?

 

 

裏庭の話に戻しますが、私が出る場所は、自宅の裏庭なんですけどね。
これ、裏庭に出るから、ご注意ください。
って、ことなんでしょうか?

 

なんか、おかしくないですか?
私は、自分の裏庭にも出る事が、できないのでしょうか?

 

この連中は、私が何処に居て、何をするのか、何をしているのか、分かっているはずです。

なのに、なんのためなんでしょうか?

 

もしかして、仕掛けを見つけられるのが、イヤなのかな?
仕掛けと言っても、銅線なんですね。

銅線が、いたるところに分からないように、仕掛けられています。
銅線を利用して、音を出しているような気がします。

 

鉱石ラジオも銅線を、巻いただけのものなんですけど、ラジオ放送が聞こえます。
アースをつなぐと、聞きやすいです。
なので、銅線を利用して、音を出しているのは、確かなようです。

 

この鉱石ラジオ、飼っている猫に、つぶされましてね。
今は、その銅線で、クリップモーターを作ってみました。
よく、回っていますよ。

 

もし、私がその銅線を回収すれば、たぶん私が出掛けた時に、またこっそりと、どこかに仕掛けているのだと思います。
だから、出掛けた後は、嫌がらせに内容や音が、変わる場合もあります。

 

まぁ、どちらにしても、自分の自宅の、裏庭なんですけどね。
自由に出入り、したいものです。

私は、町中がこんな事をやっていて、大丈夫なんでしょうかと、逆に心配します。

 

ぜひ、こちらの動画を見て頂きたいと思います。
これから、世の中がどうなるのか、見て頂きたいと思います。

ちょっと、時間がながいですけど、これからの参考になると思います。
都合を付けてみて頂けると、有りがたいです。

 

 

坂の上零さんの一部と二部の動画を拝見・拝聴させていただき、拍手を送りたい程の内容でした。
これからは、そうあるべきだし、争いのない縄文時代の生活を参考に、したほうがいいと、思います。

 

 

坂の上零の講演 今、日本で何が起きているのか。種子法改正違憲訴訟の原告募集中

 

坂の上零が提案する日本と世界を救う包括的な対策【NET TV ニュース】

 

これから、フリーエネルギーは、必要不可欠になると思います。

 

作物も自給自足ならば、エネルギーも自給自足になる時代が、訪れるのではないでしょうか?

 

私も、時間があれば、フリーエネルギーの動画を見ています。
原理・法則は、だいたい何種類かで決まっているのでしょうけど、その方法がいろいろとあるようですね。

古代からフリーエネルギーは、存在していたはずです。
現在このような形になっているのは、やっぱりお金なんでしょうね。

 

作物も自給自足なれば、無農薬になってくると思います。
商品として、販売する訳ではないですので、健康を考えて無農薬になると思います。
無農薬で自然農法が、理想だと思います。

 

自然農法の著書、故福岡正信氏も提唱・実践されていました。
私は、この故福岡正信氏の言われている事で、好きな言葉があります。
それは、『自然に手を出すな』です。

 

大地が育て、自然が育てるから、人間が不必要に手を出すなと、言われているのだと思います。

現在では、不可能に近い言葉なのですが、私の好きな言葉です。

 

無農薬になると、病害虫のような小さな虫は別対策として、鳥・動物などの作物の被害も考えられます。

 

素人考えで、大変申し訳ないです。

素人もど素人で、絶対無理だと、言われるかも知れないですが、

あらかじめ、別の場所に、鳥や動物用の餌場をつくってやるのも、いいかなと思いました。

作物や果物などの廃棄する物や家庭からでたものなどを、動物ように与えてもいいかなと思いました。

 

人間が、動物の餌場をなくし、住処をなくしているのですからね。
(私の場合だったら、ペットの餌が大量に余るときもあります。)

いたちごっこになるかも、分かりませんけど、・・・?

 

被害は、減ると思います。
その反面、餌を目当てに、動物が増えるかも、分かりません?

 

それだけ、生き物が、生息していればの話ですが、
また、それ目当てに、ハンターも増えるかな?

 

餌場は、畑や田んぼのそばにつくるとか、そういうことではないですよ。
離れた場所ですよ。

近くにすると、野生を飼いならす形になりますので、そうならないような形でです。

 

あるラインから、それ以上、近づけないように、くい止める方法はないかなと、考えてしまいます。

 

本当に、素人考えで、そんなの出来るかーっ、と言われそうですが、ご勘弁ください。

 

 

話は、ガラッと変わりますが、悪は、必ず滅びます。
長い年月の間には、また悪い考えが芽生えてくるかも、分かりませんが、悪は必ず滅びます。

 

今まで、何が正義で、何が悪なのか分からない状態でしたが、それも段々と分かりつつあり、終わりが近づいていると思います。

 

正義の中に、存在するから悪が栄えるのだと思います。
悪だけの世の中になったら、どうなるのでしょうか?

 

世界の人口が70億を、超えています。

このままで、いけば、まだまだ、人口が増えつづけると思われます。
しかし、地球の環境が、その人口に耐えられるのでしょうか?

 

なぜか、ネズミ算のように増えているような気がします。
日本は、逆に人口削減で、減っていますが、世界で人口が増えています。

なぜ、人口が増えるのでしょうか?

 

ここにも、正義と悪の関係がるのでしょうか?
負と正?

ここはいいけど、ここはいけないとか?

 

これは、支配者構造の考えによると思います。
ここは規制されているけど、ここは野放しというような感じが、見受けられるのではないでしょうか?

 

それは、世界がまるで、バラバラだからでは、ないでしょうか?
だいたい、大まかな国の人口の数は知っていても、細かな国の人口数までは、知らないと思います。
(私なんかは、大まかな国の人口数まで、知りませんから・・・)

 

それに、日々、変わっていると思います。
それと、これも大きな要因に、なっているのでは、ないでしょうか?

 

それは、人間の寿命の長さと、第二次世界大戦以後、人口が急激に増えているのではないでしょうか?

 

争いがあって、人口が減っているにも関わらず、以後人口が増えています。

 

これは、人間の本能?

 

それとも、欲なのか?

 

魚を、水槽の中で飼えば、多分こうなると思います。
その水槽に、見合った数になると思います。

 

魚は、その水槽に見合った数だけの魚しか、増えないと思います。
水槽が小さければ、小さなりの数になりますし、水槽が大きければ、水槽の大きさに合った数になると思います。

 

人間は、なぜ、こうなったのでしょうかね?

自然と共存していないから、こうなったのでしょうか?

 

では、


スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*