日々の出来事 集団ストーカー行為 2018年05月26日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

未だに、日々続いている、この組織的な集団ストーカー被害です。

 

隣は、私のパソコンの内容を、日々監視・盗撮し、情報を収集しています。
日常生活の、たわいのない出来事や情報が、ほしいようです。

この情報の中から、情報で終わらせる物と、利権がらみの情報に精査し、分けていると思われます。
まぁ、なんだかんだ言っても、お金儲けに、利用するためなのでしょうけどね。

私は、迷惑きわまり無い行為です。
この連中が、どれだけ金儲けをしたのかは、定かではありません。

 

止める気配が、ないところを見ると、まだ、まだ旨味があるのでしょうか?
ほんとに、迷惑です。

 

まぁ、迷惑では、済まされないですけどね。
度を越した迷惑以上の迷惑行為を、毎日続けています。

 

これを、止めさせたいのですけど、なかなか無理でしょうね。
もう、生活の一部に、なっていると思います。

やめてほしいのは山々なんですが、現在の社会構造と、私の今、置かれている立場と環境では、どうすることも出来ません。

 

好き勝手に、され放題です。

 

現在の支配構造と生活環境が変わらないと、なかなか無理なのかもしれません。
しかし、いつかは、無くなります。

無くなるというよりも、必要性がなくなります。
意味が無いと思います。

私は、この集団ストーカー被害は、一部の人間による、資本主義がもたらした、副産物のようなものでは、ないかと思っています。

 

そして、私がふと思ったことは、色々な事を、事細かに収集しているようです。
僅かな事でも、見逃さずに、収集しているようです。
ほんとに、丸裸にされています。

パンツぐらい、履かせてって、言うくらいです。
アハ、そう言う問題では、なかったですね。
失礼しました。

 

あっ、そうそう!
私の足のすね毛まで、なくなりましたからね。
これは、電磁波の関係なのでしょうか?

レッグウォーマーと言われるくらい、すね毛があったんですがね。
まばらに、なってしまいました。

蚊も、ここだけは、ストローが皮膚にとどかないだろうと、自負していたのですがね。
なんと、たそがれすね毛に、なってしまいました。

いやー、なんともです。

 

それとですね。

私が、ふと思った事は、パソコンの画面やテレビの画面全体が、カメラの役割をはたしているような気がしています。

間違いかも分かりませんが、そんな感じがします。
これは、私が使っている物だけだと思います。

 

例えば、画面にむかって、鼻毛を引っこ抜いたら、マジックミラーのように、向こう側から、見られているような気がします。

 

マジックミラーをデジタル化したような、感じなのでしょうか?
まぁ、テレビ電話のカメラの役割を、直接、画面が受け持っているような感じです。

私の使っているモニターは、カメラ機能は付いていません。
そして、iマックは、パソコンの上部にカメラが付いています。

しかし、そのカメラの穴といいますか、レンズの部分は、蓋をして見えないようにしています。
それでも、見えているような感じです。

 

そして、私が、パソコンの画面の何処の何を見ているか、何に注目しているかも、ハッキリ分かるようです。

 

例えば、水着のお姉さんの画像がありました。
男性なら、どこを見ますか?
それが、どこの部分を見ているか、ハッキリ分かるようです。

 

目線の移動も、はっきりと分かるようですね。
隣は、このような情報を逐一、収集しています。

 

これは、隣が個人的に、している事ではありませんし、できる事ではありませんからね。
それは、付け加えておきます。

 

 

 

朝起きて、ビックリ!
なに、これ?

ええー、です。

 

なにやら、小さな物が、ちょろちょろ。
黒くて、小さな物が、ちょろちょろ。

なに、なにです。

 

目の悪い、視力のない近眼の私が、目を凝らして見ると、

アリ・・・?

アリか?

ありんこ?

 

アリ、あり、ありゃまぁーです。

 

 

猫の餌入れに、アリがたくさん、たかっています。

昨日、猫の餌に、ゼリー状のおやつを加えて、やったのですが、余り食べてなくて、
そのまま、残していました。

そのゼリー状のおやつに、アリが沢山、たかっています。

 

アリの行列が、部屋の隅を、連なって動いています。
ありゃー!

一晩で、こんな事に???

 

今まで、猫の餌入れに、おやつを残したままにしていた事も、ありましたが、朝おきて、こんな状態は、初めてです。

 

よっぽど、ゼリー状のおやつが、甘かったのでしょうか?
甘い匂いが、プンプンだったのでしょうか?

 

いつも、猫に与えていた、おやつを余り食べなくなったので、おやつの種類を変えてみました。

 

変えたけれども、あまり食べず、餌入れに、食べ残しを置いたままにしていました。

 

一晩、置いただけで、こんな状態です。

アリって、ほんとにすごいですね。

アリの嗅覚に、完敗です。

 

そのアリの行列が、部屋の隅をぐるりとまわっています。
最終的に、何処から来ているのか、アリの行列を辿っていくと、

 

あれっ!

押し入れ?

 

なんか、押し入れから、
出入りしているような?

 

押し入れを、開けて見ると、
押し入れの隅を、アリの行列が・・・

 

また、そのアリの行列を、辿っていくと、
なんと、上にあがっています。

 

なに?

天井裏???

 

それ以上は、調べようがありません。

 

 

屋根の辺りから来たのか?

屋根の辺りから、部屋に侵入してきたのか?

 

外に出て、その辺りを見ましたが、アリの形跡は見られませんでした。
天井裏から、どのような経路を通ってきたのか、全く分かりません。

 

でも、なぜ、わざわざ上の方から、来たのでしょう?

大回りじゃないですか?

 

登ったり、下りたりしないといけないのにね。

 

床下から来れば、早いのにね。

と、思いましたが、アリにしてみれば、そんなの苦じゃないのかな?

 

しかし、アリを部屋から全て、追い出すのは大変です。

アリの好物をなくせば、いずれ部屋から居なくなるのでしょうけど、しばらくは、部屋をウロウロすることに、なると思います。

 

早く部屋から、追い出すには、どうしたらいいでしょうか?

殺虫剤は極力、使いたくありませんので、甘い物で、おびき寄せて、コースを変えて、最終的に外にだそうかなと、思いました。

 

おとりの餌ですね。

そして、今回の、このために残しておいた物では、ないのですが、残しておいた物があります。

 

暖かくなってから、アリにあげようかなと思って、残しておいた物があります。

賞味期限が切れた、黒糖の塊を残していました。

 

いい機会だから、それを使用する事にしました。
部屋の外に出す為に、部屋の入り口の外の隅に、黒糖の塊を一つ、置いてみました。

 

そして、一日。

そして、また一日と、日にちがたちました。

 

19日の朝、どれどれと見てみると、あれ?

 

あれれ!

です。

 

あれ、アリは黒糖が、お嫌いなのかな?

アリ一匹、来てませんでした。

 

そして、今日の朝、食べたバナナの皮を、部屋に置いていたら、あっという間に、アリがたかっていました。

 

バナナが甘いのは知ってますし、果物に糖分があるのは知っています。

しかし、黒糖は???

 

そこで、ちょっと、実験をしてみました。

 

猫のおやつと黒糖の塊を、並べておいてみました。
ティッシュの上に、並べておいてみました。

 

おいて、約二時間後、みてみると、

猫のおやつは、黒だかりです。

しかし、黒糖の塊は・・・あれれです。

何匹か、寄っては、

んんっ、なんか違う。

と、いう感じで、

逃げていきます。

 

ありゃりぁーです。

アリは、黒糖の塊が、嫌いなのかな?

 

黒糖は、お嫌いですか?

 

 

そこで、ちと原材料を、調べてみました。

その原材料が、原料糖・糖蜜・沖縄黒糖・水酸化カルシウムです。

 

この原材料を見て、アリが嫌いそうな物といったら、この水酸化カルシウムしかなさそうです。

 

それで、ちとネットで、調べてみました。

調べてみますと、やはりアリの嫌いな原因は、この水酸化カルシウムに、あるようです。

 

この水酸化カルシウムは、コンニャクを固めるのにも、使用されているそうです。

コンニャクに使用される程度の微量であれば、胃酸と中和されて、無害な塩化カルシウムに変わるそうです。

 

少量だと無害で、人体に害はないそうですが、高濃度の水酸化カルシウムを一度に摂取すると人体に、有害になるようです。

 

この水酸化カルシウムは、水に溶けにくいようですね。
こんな性質が、あったんですね。

それで、納得です。

 

普通、砂糖の塊を口に入れたら、唾液で溶けると思います。
だから、この黒糖の塊も、唾液で溶けると思っていました。

 

私も、そう思って口に入れると、んんっ、いつまでも溶ける気配がない。
いつまで、まっても溶ける気配がありません。

 

舌でコロコロ、ころがしても、あれれーです。
変だなと、おもいつつ、歯でガブッと噛んで、やっと塊が割れていました。

 

黒糖の塊って、こんなんだっけ?
と、ずーーーっと、思っていました。

 

この水酸化カルシウムが、この黒糖の塊に対して、どれだけ配合されているのかは、記載もされていないので、分かりません。

 

私は、このようなものばかり、別メニューで食べさせられているのかな?
と、いってもいいのかな?

 

私は、集団ストーカー被害を受けています。
この集団ストーカーというのは、いろいろな被害、いろいろな内容があります。

 

私の場合は、要するに、人体実験もあります。

私は、いってみれば被験者に、されているのでは、ないかなと思います。

 

私で、うまくいけば、それを食品や色々な物に添加して、病院や製薬会社の利権に、繋げようとしているのでは、ないでしょうか?

 

要するに、一般的な体を治すための被験者ではなく、その逆の被験者にされているのでは、ないかなと思います。

 

それを、こっそり分からないように、仕込めるようになれば、占めたもんでしょうね。

これなども、すべて私用に作られた食品であることは、間違いないでしょう。

これは、私用の工作食品でもあり、私に対して、嫌がらせや困らせる目的にもなります。

 

この集団ストーカー行為というのは、被害者を、どん底に追い込む行為をしながら、お金儲けや利権に繋がる行為も同時に行なわれています。

 

要するに、日本人の人口削減として、
日本人の頭を押さえ込みながら、お金儲けをしていると、言ってもいいでしょう。

この集団ストーカーの加担者は、日本人の顔をしているけれども、元々日本人ではない人が多く加担しています。

 

ですので、このようなことが、バレると大変なのでしょう。
だから、異常者や危険人物に仕立て上げられて、防犯の対象者にされています。
その防犯活動でも、また、金儲けの対象にされていることでしょう。

ほんとうに、クジラのように捨てる所がありません。
状態です。

 

あっ、そうそう。

水酸化カルシウムは、分かりやすく言えば、消石灰なのだそうです。

学校の校庭に、白い線を引いていた、アレです。
校庭に白線を引いていたものが、消石灰です。

 

これ、私知らなかったのですが、目に入ると視力低下になるそうです。
最悪の場合、失明の危険があるそうですね。

ひぇー、知らなかったですね。

 

よく風が吹いて、舞っていませんでしたか?

 

2007年、目に入る事故が後を絶たないため、文化省は危険度の少ない炭酸カルシウムに切り替えたそうです。

 

そして、なぜ、アリが黒糖の塊に、寄ってこなかったのか?
これは、水酸化カルシウムの性質にあるようです。

 

水酸化カリシウムは、強アルカリ性です。
アリは、アルカリ性を嫌うようです。

 

小動物から、昆虫などの小さな生き物は、おおにして柑橘系の酸っぱいものを嫌うようです。

黒板に書く、チョークも効果があるようです。

チョークもアルカリ性で、チョークの細かい紛状のものが、触角に付くのを嫌がるそうです。

 

輪ゴムの匂いも、嫌うそうです。

外で、ジュースの缶を飲みかけにして、置いておくと、アリが来ませんか?
ジュースの缶に、輪ゴムを2〜3本、かけておくと、そこから上には行かないようです。

 

レモンも柑橘系なので、嫌がるそうです。

 

私は、レモンは、アルカリ性だと思っていました。
レモンは酸っぱいけど、アルカリ性だと思っていました。

けれども、レモンは酸っぱいので、やっぱり酸性だそうです。

 

私の勘違いだったのか?
ネットで調べてみると、アルカリ性もあり、酸性もありました。

 

よくよく、調べてみると、レモンは酸っぱいから、酸性だそうです。
しかし、食べるとアルカリ性に変わるそうです。

 

いわゆる、レモンは酸性だけれども、アルカリ性食品ということになります。
ですので、酸性なんだけれども、酸性食品ではなく、アルカリ性食品ということのようです。

 

酸性食品かアルカリ性食品かを決める基準は、その食品の燃えた灰を水にとかして、pHを測定して、ミネラルの比率できまるそうです。

 

ミネラルには、体内に入ると、アルカリ性を示す、カルシウム・鉄・マグネシウム・ナトリウムなどで、酸性を示すものは、リン・イオウ・塩素などがあるそうです。
その比率によって、酸性食品・アルカリ性食品が決まるそうです。

 

人間のpHは、6.8から7.8までの範囲で調整されています。
それ以上のアルカリ性でも、それ以下の酸性でも、生命の維持ができないようです。

ですので、pHが、7から7.7までの間が、生命維持の範囲だそうです。
基準は、pHが7.4が正常値で、この7.4が、弱アルカリ性の状態です。

この7.4が、健康の状態なのだと思います。

 

人間の体は、酸性食品を食べたから、酸性にグイッと傾くとか、アルカリ性食品を食べたから、アルカリ性にグイッと傾くとかは、ないようです。
しかし、生命維持の許容範囲で、食べ物によって、ウロウロしていると思います。

でも、でも、そのへんは、体がうまい具合に調節してくれるそうです。
人間の体って、本当によくできていると思います。

 

船瀬俊介さんの動画の中で、人間の体には、100人の名医が居ると言われています。
しかし、それが、薬の投与によって減るのは残念です。

 

「クスリを飲んではいけない」船瀬俊介の船瀬塾
https://www.youtube.com/watch?v=rLZQ2_j9Fi8

5つのセルフ・ヒーリング(姫路講演会)
https://www.youtube.com/watch?v=9rti1DmH0Es

 

 

 

あっ、そうそう!
アリは、やっぱり働き者ですね。

 

午後8時に、撮った画像が、こちらです。

完食です。

全部、運び終えたようです。

 

 

アリの小さなパワーに、驚きです。

 

しかし、黒糖の塊は、そのまんまです。
(ここで、私の考えに対して、隣からドンドンと音が、そして、この打ち込みに対して、フゥューンというような声が聞こえてきました。私が文字打ちを始めると、毎日、こんな感じです。)

 

 

 

私は、毎日、バナナを食べているのですが、ときたま、こんなバナナにあたります。

 

日にちがたつと、こんな感じになります。

何かを、ドップリ、漬け込んだ感じですね。

 

購入するときは、黄色で分からないでしょうけど、日にちが経つと、こんな感じになります。

もっと、日にちがたてば、もっと真っ黒になります。

いやー、これは、何かをイメージさせるもんなのでしょうか?

 

ほんとに、真っ黒ケーです。

 

多分、これは、私が日にちが経って、黒い斑点の多くできた(ここで隣からドンドンと音)バナナは、体の免疫力をアップさせる(ここで隣からドン)バナナになりますと(ここで隣からゴトンゴトンと音、さらにこの打ち込みで、ゴトゴト頻繁に音出しが始まりました。)記載したことがあります。

それに対しての、工作なのでしょうか?

 

それに、私はバナナを、食べる時にバナナの皮の裏の繊維を、スプーンで削り取って、バナナの実につけて食べています。

 

バナナの皮の裏にも、栄養がタップリあるようです。

ほんとうは、バナナの皮自体を、調理して食べるのもいいようですが、問題は、バナナの皮の表の農薬です。
ですから、農薬の影響のない裏を、削り取って食べています。

もし、バナナの皮の裏にも、農薬の影響があれば、バナナの実にも影響が出ると思います。

 

 

オーガニックバナナが、いいのですが、なかなかスーパーでは、手に入らないですからね。

 

だから、こんな黒んぼバナナ?
真っ黒くろすけバナナ?

 

いままで、こんなバナナに、私は、お目にかかったことはありません。

 

バナナ全体に、農薬が、たっぷり?
バナナ全体に、熟成を、早める何かが?

 

 

毎日の日々の出来事ながら、隣は、大喜びをして、盗撮していることでしょう。

このような日常的な一般に浸透しやすいような、情報を収集しているようです。

その方が、大衆受けするのでしょうね。

 

では、

 


スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*