日々の出来事 集団ストーカー被害 2018年05月03日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

まだまだ、続いているこの組織的な集団ストーカー行為です。

 

最近は、夜寝ている時に、屋根あるいは、屋根裏からの音で、目がさまることが、多々あります。

 

その、コトコトコトーの足音にも、真っ先に猫が反応するはずです。

しかし、猫はというと、無反応で寝ていたようです。

私が、目を覚ましてしまいました。

 

このことからも、私だけかなと、思いましたが、

このような音の場合は、確実に音が出ています。

 

最近は、野良猫のような白い猫が、よく出没するようになりました。

これは、私が受けている集団ストーカー行為の特徴でもあります。

その行為を指摘すると、よけいと、ひどくなったり、回数が増えたりします。

ブログで白い猫を指摘したことで、出没する回数が増えました。

 

特に夜中は、屋根を歩いている事が、
多いです。

 

ゴトゴトと・・・

 

真夜中に限らず、朝・昼・晩と、

出没するようになりました。

これが、白い猫自身がとっている行動とは、思えません。

 

操作され、工作につかわれている
猫にしか思えません。

 

スポンサーリンク




 

 

一週間程前になりますか、こんな出来事がありました。
夕食の後、部屋に戻ろうとした時に、右足の小指と中指の付け根あたりに、なにかチクッとした、痛みのようなものを感じました。

 

それが、台所を出ようとした時だったか、居間を歩いている時だったか、ハッキリとしませんが、自宅の中での出来事です。

 

でも、それが原因で、こうなったとは思ってなく、よく猫が足にじゃれ付いてくるので、その猫の爪で傷が付き、その傷が、治りかけた状態で、痒くなっているのだと思いました。

 

かゆみが、ありましたが、それほど気にすることもなく、その箇所を見ることもありませんでした。
しかし、なんだか違うと、思い始めました。

それが、だんだんとかゆみが、増してくる感じだったので、これは傷とは違うなと、思い始め、気が付くと、もうボリボリと、かいていました。

かくと、みるみる赤く腫れてきましたが、かゆみに負けてボリボリです。

 

なぜ、このようになったか、原因はまだ分かりません。
かゆみが一段落して、その場所をよく見ることにしました。

 

足を触っていると、何箇所かに傷のような後が残っています。
その辺りをかくと、やはり、チクッと痛みが走ります。

 

そして、指と指の間を、見てみました。
すると、アレ、何かなと?

 

黒ごま???
目が悪くて、薄暗いときだったので、黒ごまのように見えました。

 

小指と薬指の間に、黒ごまのようなものが、なんだろうと、指でつまんでみました。
指でつまんで、取れたと思って、指を広げてみると、あれ、取れてない。
おかしいなと、思いもう一度、つまんで、指を広げてみるけど、また取れてない。

 

あれ、なんだろう。

アレ、うまくつまんでいないのかなと、思って、再度取ろうとしましたが、またまた取れません。

 

皮でも、めくれているのかなと思いました。
なんで、とれないんだろうと思いつつ、

 

今度は、んにゃろーとおもいっきり、つまんで、
ムゥンギュッ、
グイッと、とりました。

 

あー、とれたー、
やっと、とれたーと、

つまんでいた指を開いてみると、

 

なんじゃー?
まぁー、なんと、

 

なんと、なんと、

 

あれれー!
です。

 

黒ごまに、足がありました。

 

なんと足がついていました。

 

そう、です。

 

ダニのようです。
ダニでした。

 

こりゃー、いかんと思い、
爪でプチっと、つぶしました。

 

いやー、なんと、
吸っていた血が、
ピュッと、出てきました。

 

即、ティッシュに、くるんで、ポイです。

そりゃー、痒いはずだ。

 

ほんとに、いやダニー(嫌だね)です。

 

 

ダニが、部屋に出たといいますか?

 

ダニに、かまれた原因は、多分、ネズミだと思います。
(この打ち込みで、嬉しそうな声が聞こえてきました。多分、情報になるのでしょう。要するに、私は、情報の実験台みたいなもんかな?)

 

この連中が、部屋の周りに送り込んできた、ネズミだと思います。
あるとき、外の外壁あたりから、ガリガリとかいている音がしていましたから、
多分その時だと思います。

 

部屋周辺に、ネズミを送り込んできたのは?
窓を開けて、見ましたが、夜で暗く確認は出来ていません。

 

その時から、飼っている猫が、ソワソワしたり、ジィーとして、
音の出所を確認しているような感じでした。
何かを見つけようとしている感じでした。

 

それから数日後、猫が、2度程部屋に、ネズミをつれて帰ってきました。
一度は、生きたネズミ、もう一度は、死んでいたネズミです。

 

生きたネズミを捕まえて帰った時は、大変でした。
ネズミは部屋中を逃げるは、それを猫が追っかけるわで、部屋がグシャグシャになりました。

 

猫もネズミも疲れたのか、動きが止まった時に、ガムテープで上からペタッと押さえつけて、捕まえました。

 

やれ、やれです。

 

 

そして、次は、死んで動かないネズミです。
捕まえて、部屋にもどり、死んでいるネズミに、
猫パンチを出していました。

 

またかと思い、

 

猫に、これっ!

止めなさい。

 

と、言葉で叱り、
また、ガムテープの登場です。

 

私が、この部屋に出戻りのように戻ってきて、住み始めた当所も、
よくネズミが出ていました。

 

今回も、その時のネズミと、同じようなネズミです。
見ただけで、まったく同じに見えました。

 

人間に対して、警戒心がまったくありません。
ないといいますか、逆に人間なれしているような感じです。

 

ですので、何かの実験に使われているような、ネズミかなとも思いました。
私が来た当所のネズミの時は、押し入れに、コーヒーに入れる、ミルクのようなフレッシュが何個か、隅のほうに置いてありました。

 

ネズミ寄せのために、置かれていたのかなと、思っています。
なぜ、このような事を、されなければならないのか、
ほんとに、私には、分かりません。

 

そして、今回ネズミが出没するようになった、切っ掛けは、私が部屋に持ち込んだ食品にあるようです。

 

なぜ、部屋に持ち込んだかと言いますと、

 

台所に置いていた食品(特に乾麺)が、よく紛失するので、私の部屋に置くことに、したんです。

 

それからです。

 

 

ネズミが出るようになったのは、しかし、このネズミは、送り込まれたネズミだと思っています。

 

では、なぜ、ネズミが出るようになったのですか?

 

臭いですか?

 

食品の臭いですか?

 

それとも、ネズミが、見ていたのですか?
私が、部屋に食品を持ち込んでいるのを、ネズミが見ていたのですか?

 

食品は、乾麺や缶詰などの袋に入った、乾燥したものが主です。
臭いで、ネズミがよってくると言うのなら、3年程前から部屋で、猫に餌を与えています。

 

どっちの臭いが良くするでしょうか?

それに、猫も居ます。

 

 

ネズミの天敵のような、猫が居るのに何故?
と、疑問になります。

 

それから、数日してからです。
かゆみが出て、ダニと分かり、調べてみると、

 

鳥やネズミに寄生している、イエダニのようです。
寄生元が、なくなると人間にも、かむことがあるそうです。

 

でもでも、ちょっと疑問なのは、イエダニも皮膚に食らいついたら、
なかなか、取れないのかな?

 

調べても、そんな事は、ひと言も書かれていませんからね。

 

これ、もしかしたら、マダニ???

 

 

でも、ダニを見た感じでは、形が違う感じだしね。

 

それに、かゆみがあるし、

もしかしたら、イエダニが、かんだ箇所に、
後から、マダニが噛んだ???

 

そんな、馬鹿な・・・

 

 

私は、以前マダニにも、かまれています。
(私の打ち込む内容を収集しているのでしょう。隣から頻繁にドンドンと音が止む事がありませ。)

 

マダニにかまれて、2年近くになるかも、分かりません。
マダニは、イエダニと違って、かゆみがありません。

かゆみがないから、普段、体の見えない所とか、触らない所をかまれると、気が付くまでに時間がかかります。

 

体の内側とか、後ろは見えないし、触る事もありませんからね。

 

確か、あの時は、汗をかいたので、汗を流す為に裸になり、
裸になって、初めて気が付きました。

 

イボのような固まりが???

 

イボのようなものがあるのに、気が付きました。
気が付いたと言いますか、触ってはじめて、

 

 

なに、これ!
なに、これです。

 

ふとももの裏側の、おしりの下辺りです。

 

まぁ、こんな所だったので、
ほんとに、気が付きませんでした。

 

触って、んんっ、何かある?
何かが、引っ付いている?

 

取ろうと思うけど、これまた取れない。
このときも、マダニだとは、思ってませんのでね。

 

何かが、引っ付いているので、取らないと、と言う考えしか、ありませんでした。
それで、取るのに躍起になってました。

 

ほんとに、取れないですよ。
がっちりと、くい込んで固めていますから、
ほんとに、取れないです。

 

そこを、無理矢理、
グイっと、引き抜いて、

 

引き抜いたものを見て、
初めて、マダニと分かりました。

 

あっ、これ、マダニだ!

 

 

無理矢理、取らないほうが、よかったかな。

と、後悔しても、
後の祭りです。

 

取った後が、しこりのようになっていました。
管が、体内に残るそうです。

 

私も無理矢理、引き抜いたので、
多分、体内に残っているのかもしれません。

 

このマダニは、飼い猫が外から、連れてきたものです。

 

私の自宅のそばに、山があり、その山から連れてきたものだと思います。

 

よく遊びに出掛けていますので、そこから連れてきたものだと思います。

 

飼い猫にも、かなりのマダニが、ついていましたから。
猫に付いているマダニは、毛をかき分けて探し、かなりの数を取ってやりました。

が、取れないマダニは、そのままにして、おいたほうがいいようです。

 

取れないマダニは、そのままにして、駆除・忌避剤で退散してもらうか、ほって置くかです。

しかし、予防にもなるので、駆除・忌避剤の使用をおすすめします。

 

猫が、絶対、なめない場所に、一滴垂らしてやるだけでも、効果があります。
ちょうど、首の付け根の、肩のあたりがいいかなと思います。

 

頭にも付けたことがありますが、頭は、顔を洗う時に、手で頭をなでて、その手をまたなめますので、なんの影響のない場所が、いいと思います。

 

毛をかきわけて、皮膚に直接、一滴たらしてやるだけでも、随分と違います。
予防にもなります。

 

そして、人間が、マダニにかまれた場合の対処法は、線香などの熱いものを、近づけてやり、マダニのほうから、退散してもらうのがいいようです。

 

人間が、火傷しないような、熱いものを近づけて、マダニから退散してもらうほうがいいです。

 

クリームをべったり塗って、窒息させると云う方法もあるようですが、皮膚に食らいついたままの状態に、なってしまっても困ります。
マダニから退散してもらうほうが、いいと思います。

 

もし、知らずに、風呂に入り、体を石けんで洗ったり、湯船につかった場合、マダニが、どのようになるのかなと、思いましたが、変化はないようです。

 

 

で、私なりに対処を考えてみましたが、主に3点あると思います。

 

まず、
熱いものを近づけて、マダニのほうから退散してもらう。

 

そして、
一週間か二週間もすれば、コロッと取れるので、
それまで、待つ。

 

そして、最後は、
最初から何も考えずに、病院に直行する。

 

私が考えるマダニ対策は、この3点かなと思います。

 

 

ダニに関わらず、人間の皮膚に食らいつかれて、問題になるんは、感染症だと思います。

気になる方は、病院の受診をおすすめします。

 

体の防疫・免疫力が、しっかり、していれば、そこまで神経質になる必要はないと、私は思います。

まぁ、それでも気になる方や、体に異変が現れた方は、受診をおすすめします。

 

 

下記の動画は、船瀬俊介 氏の動画です。
いかに、現代医学が間違っているか、よく分かります。
参考に、なさってください。

時間の長い動画もあります。
参考までに、youtubeの画面の右下にある歯車をクリックして、速度を標準から1.25にすると
時間の節約になります。

 

マフィアたちの世界支配システム 病院は収奪屠殺工場 船瀬俊介
https://www.youtube.com/watch?v=a1HMUL2fqFk

【無料全編】船瀬俊介 氏「抗ガン剤で殺される!-抗ガン剤の闇を撃つ-」ワールドフォーラム2006年3月
https://www.youtube.com/watch?v=40f7sKHgMkg

【偽装社会】ガン患者さんへのメッセージ 大量殺戮 次はあなたが殺される
https://www.youtube.com/watch?v=SJm7LnFkpXc

「化粧品・シャンプー・洗剤・抗菌剤〜これを買ってはいけない」船瀬俊介の船瀬塾
https://www.youtube.com/watch?v=nrJqyxg-T-8&list=PLSKgmcUBqSee0kPvlj9wWYPhp61fvgLQL&index=4

犯罪ガン治療の正体 船瀬俊介 放射線 抗ガン剤 手術の嘘
https://www.youtube.com/watch?v=-in0-MkUz68

 

 

このような、ダニなのどの行為も、なにか仕組まれているように、感じます。
集団ストーカー被害を利用した、利権のように思えます。
集団ストーカー被害の中には、いろいろな内容が含まれています。
その中には、被害者を利用した、お金儲けも多くあります。

 

 

こちらは、同じ吸血の内容なのですが、

これで公園に増えたり、殺虫剤の利権に繋がったような、
気がします。

ジョークのつもりだったんですが・・・

 

日々の出来事 集団ストーカー被害 2014年07月03日
http://higai.hibi-dekigoto.com/2014/07/03/hibi-dekigoto/3218/

 

 

私は、この集団ストーカー被害とも云える、嫌がらせのような行為を受けています。
だから、次から次とトラブルや問題を、引き起こされています。

 

矢継ぎ早(やつぎばや)とは、意味合いが違いますが、次から次です。

 

これは、被害者に、色々な事をさせて、それを監視し情報源にしています。

だから、いろんなものが変わり、変えられています。

 

 

もう、ええ加減に、やめてほしいものです。
誰でも、のんびりとした生活のほうがいいですね。

 

ですから、私は、このような行為をしている連中を、早く排除・移動してもらうか?
私が、この連中が二度と来ない場所に、移動するか?
のどちらかだと思っています。

 

止めそうに、ありませんからね。

 

では、


スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*