日々の出来事 集団ストーカー行為 2018年04月08日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

まだまだ、続いているこの組織的な集団ストーカー行為。
なぜ、ここまで必要以上に、続ける必要があるのか、不思議でしょうがありません。

 

この組織的な集団ストーカー行為は、救急車のサイレンが、よく鳴ります。
私の行動やタイミングで、よく鳴っています。

一番よくなる行動として、トイレに入ったとき、外出・裏庭にでたとき、部屋にもどったとき、パソコンを立ち上げる前などに、よく鳴っています。

このサイレン音にも、4種類の鳴らし方があるようです。
まず、実際に救急車の出動で、鳴っている場合。
車は車だけども、普通の車から救急車のサイレン音だけを、スピーカーを利用して鳴らしている場合。
動かないサイレン音として、町に設置してあるスピーカーから、救急車のサイレン音を流している場合。
そして、私の部屋あるいは、私だけに聞こえるサイレン音があると思います。

 

このサイレンは、近隣や周りを巡回している車などの合図に、なっていると思われます。
このサイレン音で、近隣が動き始め、電磁波などの照射も始まります。

私によく照射されている、この超音波の低周波振動も、この救急車のサイレン音で始まる事が、多くあります。

特に夕方、夕食前にパソコンの電源を立ち上げる前に、救急車のサイレンがなり、鳴ると隣からドンドンと音が聞こえ、超音波の低周波振動が始まります。
パソコンの電源オンに多く見られる現象です。
この救急車のサイレン音と、超音波の低周波振動の関係は、他にもあります。
それは、布団に入っている時です。

 

例えば、パソコンの電源を切り、布団に入る前に救急車のサイレン音がなったり、
そして、あさがた午前4時前後に、トイレに起きた際に、トイレに入るタイミングに救急車のサイレン音がなっています。

このサイレン音がなると、布団の中で超音波の低周波振動の照射が始まります。
この布団の中での、超音波の低周波振動も、毎日ですよ。
毎日照射されています。

この超音波の照射の現象がきついと、朝おきてもスッキリせず、声が出にくい状態のときも、多くあります。

スポンサーリンク



 

この超音波の低周波振動が、始まる時は、どこに引っ越しをしても、必ずと言っていい程、ゴトゴト、ゴトントンというような音が出てから始まっていました。
隣から出る音も、結局そのような音だと思います。

だから、この救急車のサイレン音は、近隣への合図でもあります。
そして、私が何かのアクションを起こしているという合図でもあります。
でも、そのアクション、行動は、なんでもない誰でも、普段行なっているような行動です。
しかし、私が行動すれば、何かをしでかすような、行動にされているようです。

 

私が、いつも思う事は、この救急車のサイレン音は、人命救助のサイレンです。
速やかに搬送するためのサイレンでもあります。

そのサイレンを、この集団ストーカー行為の合図に使用しているということは、
救助の観点から考えると、とんでもない事で、いいも悪いも、ごちゃまぜにされています。
していいことと、悪い事の判断を、つけるべきだと思います。

この集団ストーカー行為が本格的に始まるまでは、この救急車のサイレンを、一週間に一度でも、聞くと、どうしたのだろう、何があったのだろうと、よく思う事もありましたが、今は無反応に近い状態です。
ただ、何かの動きや工作が始まるのではないかと、思うだけの音になってしまいました。
残念ですけども・・・。

 

この私に対する集団ストーカー行為で、今まで正しく使用されていたものが、とんでもない方向に、いっているような気がします。

この救急車のサイレン音がなると、必ず自宅の前を車が一台、走り抜けていきます。実際に走っているかは、疑問の場合もあり、ただの走行音を流している、あるいは私だけに聞かせている場合もあるかと思います。
部屋にいる時は、走行音の場合が、多いかと思います。

溝などの石蓋を、よく利用しますね。
この集団ストーカー行為は、どこに行っても同じです。
ときには、マンホールの蓋も利用しています。

 

このような、石蓋から音を出す場合に限らず、その場所での何らかの工事・作業が必要になります。
それは、人為的に作り出された要因で、作業が始まる事が多いようです。

最初は、小さな音から段々と、大きな音へと変わっていきます。
もう、大きな音になってくると、実際に出ている音とは、かけ離れた、何かを利用した音出しに変わってきます。

私の自宅から少し離れた場所から、石蓋の音を出していますが、もうすでに石蓋の音とは、かけ離れた、景気付けの音のようになっています。
さっ、これから走るぞと、景気づけの音にも聞こえます。

 

サイレンの話に戻しますと、周りは救急車のサイレンは、防犯で動けの合図かもしれませんが、隣は超音波の低周波を照射しろとの合図に、なっているのかも分かりません。
そして、このような事を知らない人は、最近、救急車のサイレンがよく鳴るなーでしょう。
まぁ、私の周りや、鳥取市は知らない人は、いないと思います。

私が思う事は、近隣や町中が、このような行為に加担して、疑問に思わないのかな?と、いうのが、私の疑問です。
ただ、はっきりしている事は、いつまでもこのような行為を続けて、町や自然をいじり回していれば、いずれ、天罰を免れないと言う事だけは、確かだと思います。

 

この集団ストーカー行為で、私が、あんな人間だとか?
こんな人間だとか?
あーだこーだと、この連中が流布し、言っている事は、されている事は、この連中の加担者の本性・性格だと思います。

実際、そのような事ができる、あるいは、やってきているから、言える事だと思います。
だから、それを出来ない、知らない、分からない私に当てはめて、そのような人間に仕立て上げようとしています。
だから、私としてもチンプン、カンプンなのです。

だから、この連中がさせようとしている事と、私の行動と考えのギャップが、すれ違いになり、平行線のまま続いているのだと思います。
だから、これから、平行線が離れ、広がっていくかも知れませんね。
股がさけるように、いやいや、ごめんなさい。アイムソーリー(I’m sorry)股がさけたらダメですよ。

 

こんどのアイムソーリー(I’m sorry)総理はだれですか?
なに、アイマイミー(I my me)曖昧にしないでね。
ハッキリしてね。
誰ですか?
あなたは???

突然、話は飛んでしまいましたが、次期総理は誰になるんでしょうね?
飛んだ話に、アイムソーリー(I’m sorry)ごめんなさい。

ごめんなさい。
ですが、気になるところです。

 

話を元にもどして、
だから、私はこの連中から、ドンドンと離れていくかも知れません。

だから私に、流布している内容や行動は、元々、この連中が持っている本性、性格だと思っています。
だから、私がよく思う事は、この連中は防犯をする側の人間ではなく、どちらかと言うと、防犯をされる側の人間ではないのかなと思います。

 

この連中は、なにかの行動をしていないと、落ち着かない性格なのでしょうか?
その行動が、間違った行動にならなければ、いいのですがね。
間違った火種作りを、日本の中でしているような気がします。
行動するのは、個々の自由だし、個々が責任を持てばいいけれども、日本の税金を食い尽くすのだけは、止めてほしいもんです。

このように、日本の中の隠れ反日は、なにか問題になるような、火種を探し、作りながら、生活しているような感じがいたします。

 

 

4月4日に京都の舞鶴市で行なわれました、大相撲巡業の救命措置の問題も、私はそのような感じに受け取れました。

ここからは、集団ストーカー被害を受けている、あほな私の考えです。
あほな考えとして、軽く聞き流してください。

 

「女性は土俵から降りてください。」とアナウンスをした行司も正しいし、日本相撲協会の謝罪も正しいし、救命措置をされた女性も正しいです。

要は、何を重要視するかだと思います。
伝統を守るために行なった行司、命を守るのためにおこなった女性の救命措置、そして、伝統と行司を擁護した形になります日本相撲協会の謝罪。
どれをとっても、正しい判断だと思います。

 

これは、認識不足、準備不足が原因だと思います。
ミスで済まされないミスになったと思います。

私が、ちょっと疑問におもったことは、日本国民であれば、土俵に女性が上がってはいけないというのは、知っている事だと思います。

それで、ありながら、何故、男性はいなかったのか?
何故、男性救命医を準備されていなかったのかと、言う疑問です。
いやー、これはミスですまされない、ミスだと思います。

 

私は、長年この組織的な集団ストーカー行為を、受けて参りました。
その観点から見ますと、故意にトラブルを誘発させようという意図が、何かありそうな感じにも受け取れました。

この行為の特徴として、正当性を持たせながら、トラブルを起こすような、ところがあります。
無意識のうちに、正しい事をしているのだけども、間違った事もしているというような、ところがあります。

本人は正しい事をしているという、認識でおこなっていますが、トラブルを招く元になっていることが、往々にしてあります。

 

例えば、住む家に困っている人に、家を建ててあげたけれども、自然を破壊していたとか、
お金に困っている人がいたので、強盗を働いて、その人にお金を渡したとか、

その人に、いいことをして上げているのだけれども、間違った、してはいけない方法をとっていたとかね。

 

その関わっている加担者にもよりますが、ターゲット・被害者の近くに居る加担者になればなる程、正当な事をしているようだが、ターゲット・被害者にとったら、ちょっとと、首をかしげるような事ばかりになっています。

この時点で、トラブルを誘発させようとしている、意図が見え見えです。

見えない意図だったらって、それは釣り糸か?
アホ、失礼しました。

 

時代遅れと、ゆうことも言われているようですが、私は伝統に時代遅れはないと思っています。
神的な行事の伝統を変えれば、その力も弱くなると思います。

 

そもそも、世界中になぜ、女人禁制や男子禁制があるのかと言う疑問です?
それは、古代から伝わっている、神的な事や、霊的なことに由来していると思います。

ですので、そのもの自体に、女人禁制や男子禁制を解禁していいものと、悪い物があると思います。

なんでもかんでも、男女平等だからといって、解禁するべきでは、ない物があると思います。

 

今回の相撲の件も、女人禁制を解禁にすれば、日本の国技としての威厳がなくなるような気もしますし、相撲そのもののパワーといいいますか、力が弱くなるような気もします。

女性相撲は、女性相撲で別に存在していますし、それはそれでいいと思います。
スポーツにもプロがあったり、アマチュアがあったり、草野球のようなものがあったりします。

だから、それはそれでいいと思います。
でも、ここだけはとか、この場所だけは守らなければ、というものが存在します。

 

土俵上での女人禁制は、女性差別であるという意見のほうが多いと思います。
しかし、私が思うに、解禁になったからといって、この先ずっと、大相撲の土俵上に、あがる事はないと思います。

土俵に上がれなくても、困る事はありませんし、今まで困ったことはありません。
たとえ、女人解禁になったとしても、一般女性が土俵上にあがる事はないと思います。

これは、雲の上の話のようなもので、もっと手の届く、解禁をしても問題のない、解禁したほうがいいものを、議論したほうがいいと思います。

 

たぶん、大相撲で、これが問題になるのかも分かりません。
女性知事などの、挨拶をする場合だと思います。

私が思う事は、女性は男性より格が上だと思っています。
神様も、女神が多いです。

私は、相撲も日本の神事だと、思います。
日本には、沢山の祭り事や、神事があります。

女性限定のものとか、男性限定のものとかあります。
外国には、ない祭りが沢山あります。

これは、男女の関係と一緒で、男性が浮気をすると、浮気をされた女性が嫉妬をするのと同じような感じだと思います。
その嫉妬をされた女性の怒りが、どんな形で現れるかです。

いわゆる、神の怒りの災難につながると思います。

 

だから、女性は土俵に足を踏み入れない方法で、挨拶されるのが、いいと思います。土俵より高くなる位置で、挨拶をされるの本筋だと思います。

例えば、バラの花を施した、分厚いレッドカーペットとか???
土俵よりも綺麗な場所で、挨拶をされるのもひとつの案だと思います。

 

相撲は神事で、
土俵は神様です。
土俵は女神なんです。

真実のエロスとは命の源泉 愛の源
https://ameblo.jp/eluca-eros/entry-12318747444.html

 

女性優先ですが、女神の嫉妬のない方法でと、云うことになると思います。

 

私の捉え方は、女性は男性より位が上なのです。
男性が、外であーだこーだと、言って威張っていても、家庭に変えれば、奥さんに頭が上がらないものなんです。

なので、男性の低い位の土俵に、足を踏み入れてはいけないという意味もありますし、女神に嫉妬をさせないと云う意味もあると思います。

私は、このように理解し受けとめています。
こんなアホな私の考えなので、間違っているかも知れません。

 

だから、その男性の居る位置・土俵に、女性が居る事は、間違いなのだと思います。

だから、女性は土俵より、上の位置でなければならなと思います。
だから、その土俵に女性が足を踏み入れたら、女性の位が下がるというような、ことにならないでほしいと思います。
私の考えは、間違っているでしょうか?

 

女性を称えておきながら、ひんしゅくを買うような、例え話になりますが、
例えば、男性の聖地があります。
まぁ、男性の聖地ですから、程度が低いでしょうね。

その聖地でもありますキャバクラに、女性が客として行くようなものではないでしょうか?

 

男性の聖地が、キャバクラかーと、怒鳴られそうですね。
てめー、あほー、こらー、しばくぞー、と言われそうですが・・・

この例が、一番わかりやすいかと思って、例にあげてみました。

 

じゃー、そこで働いている女性は、どうなのと、言われそうですが、そこで働いている女性は、男性を支えてくれている女神です。

 

要するに、その女神のそこだけは、女性が入っては、いけないというような?
その逆も、男神のところへ男性がいくと、これもまた別の世界に、なってしまいませんか?
(別の世界が悪いと言っている訳ではありませんので、誤解のないよう、ご了承ください。)

 

よく、神社やお寺などに、男性のシンボルが祭ってあるところがありますね。
お祭りなどもありますが、それを熱心に男性が拝みますか???

まぁ、男性が元気を願う場合も、あるかも分かりませんが、たいては、女性の子宝祈願が中心になると思います。

 

男性は、女性を、
女性は、男性をが、
一般的だと思います。

それと同じ事が言えると思います。
土俵は、女神なのですから、そこに女性が入ると、
女神が嫉妬をします。

その嫉妬が、どんな形で現れるか、私にも分かりません。
だから、男性なのだと思います。

女神も、男性が好みだと思います。

 

だから、男女平等にして、いいものと、悪いものがあります。

土俵に、女性はあがってはいけなと、言うだけではなく、あがってはいけない内容・理由をもっと、納得のいく形で説明するべきだと思います。

今回の問題は、女性が土俵にあがった、あがらないを問題にするより、土俵が女人禁制でありながら、緊急事態を想定していなかった事と、その想定に男性の救命医を準備していなかったことに問題があるような気がします。

今後の教訓になればと思っています。

 

この問題にも、ちょっとしたトラブルの火種が、隠されていたのかも知れません。

私の受けている、集団ストーカー行為のトラブルを誘発させる方法から、見て見ますと、すべて仕組まれていたように思えます。

予め女性だけの救命医を配置しおき、挨拶のときに電磁波などで倒れるような工作をし、女性救命医が土俵にあがり救命処置をする。
それを見た、相撲協会側が、女性は土俵から降りるように告げる。
それを見た国民が反発する。

 

集団ストーカー行為の観点から見ますと、これは反日勢力のやり方だと思います。
日本の国力を弱くしたり、日本の国技の相撲を弱くしたり、あるいは相撲乗っ取りの手段でもあるように思います。

今回は、火種だけ落として、あとは日本国民の正義感を、利用するやり方だと思います。

 

企業の乗っ取りも、同じような手口があります。
その企業の販売している商品のトラブルを誘発させ、企業の信頼を落とし、売上を落とし、そこに、助け舟として手を差し伸べる方法などです。

上げて、落とすやりかたが一般的なのかな?

 

よくありますね。
裏で悪さをして、表で助ける。
一人二役です。

助けてもらった側は、いい人だと思い親しくなったりします。
結局、同一人物なんですけどね。

 

まぁ、これを組織的にする場合もあります。
同じ仲間同士でね。
いいもの役と悪者役に分かれて、工作を始めます。
組織に、引きづり込む方法なのかな?

 

こんな、言葉を見たか、聞いたことがあります。

会社の経営なんかは、まさにこの通りだと思います。

いいときは、悪くなる時のための準備期間だと思え、
わるいときは、良くなる時のための準備期間だと思え。

 

常に準備期間です。
どんなときでも、準備を怠るなと、云う事だと思います。

しかし、人間は、のどもと過ぎれば、ですからね。
今が、まさに、その時だと思います。
これからの世の中、どうなるか分かりません。

災害もくるでしょう。
そうしたい方は、しっかりと準備をされたほうが、
いいと思います。

 

この連中は、私が眠った時に見ている夢も、覗き見しているようです。
人の夢をみて、楽しんでいるようですね。

私は、魚とか釣りが好きなんで、夢も釣や魚のときも多くあります。
ちょっと前に見た夢で、今もその場面だけは憶えています。

その夢とは、
道路に点々と魚が散らばって、
落ちているんですね。

その魚を避けながら、
スラロームのように車で走っていると、

ひときわ、大きな魚が落ちていました。
車を止めて、おりてみると、

ななんと、
竜宮のつかいでした。

かなり腐敗が進んでいましたが、
確かに、竜宮のつかいでした。

まぁ、こんな感じの夢をみています。

 

最近では、
ある釣り場にいくと、

よく行く釣り場なのかな?
分かりませんが・・・

ブロック塀の先が、釣り場なんです。
そのブロック塀を、覗いて見ると、

これもまた、ななんと、
水深が、

えぇーと、
思うほど、
浅くなっていまいした。

なんで、と考えていると、
隣で釣りをしていた人の、

浮きがスポット、
水中に吸い込まれて、
いきました。

よっしゃー、
きたーと、

釣り竿を起てて、
引き抜くと、

これまた、なんと、
大きな魚を期待していましたが、

釣れたのは、小さな小アジでした。
こんな、場所で、こんな魚?

なんか、へんだね。
これなら、こんな大きな針は
いらないね。

と、まぁこんな感じの夢を見ていました。

 

なに、落ちがないって?

んー、海に落ちない話でした。

なんじゃ、そりゃー。

釣りも、安全第一です。

まぁ、まあね。
そうだね。

 

私の、釣りも思うような事もできず、中途半端で、やめてしまったので、
夢でみるのかも分かりませんね。
まぁ、これからは、なるべく殺生は、しないようにしています。
殺生をするような釣りは、もうしないと思います。

 

あっ、そうそう、自宅周辺も最近は、にぎやかになってきました。
鳥の鳴き声で、にぎやかです。

ピーチク、パーチク、ヒバリの子。
ヒバリはいませんけど・・・?

 

セミが鳴き始めると、セミ一辺倒になりますが、まだ、今は鳥です。

鳥の鳴き声も、こちらの様子を伺いながら、なかせています。
私が、その鳴き声を録音しようと、ICレコーダーのスイッチを入れると、鳴き声の鳴く間隔が、ひじょ〜に、間延びをしたような鳴き方に変わったりもします。
自然界では、考えられません。

 

この鳥の鳴き声、なんと聞こえますか?
私は、こう聞こえます。

チチゲ、ちちげ、乳毛・・・
それって、ビロロ〜ンと伸びた、私の乳毛のことかな?

うるさいパソコンを、起ち上げての録音になります。
聞きにくいかも分かりませんが、どうぞ。

 

ここで、フクローとウグイスの鳴き声も、ご紹介します。
人工的に録音されたものを、流していると思われます。

 

野生の鳥が、私の動きに対して、鳴いたりすることは考えられません。

それに、パソコンの電源を切るタイミングに、鳥の鳴き声を出していることが、多いですね。夜は特に、これで、フクロウの鳴き声を多用しています。

 

ここでご紹介している、ウグイスの鳴き声は、強弱をつけています。
最初、私の部屋のそばで鳴いていましたが、カラスがやってきたため、遠くに移動して鳴き始めたという設定になっているようです。
最後のほうにギギギと音が入っているのは、椅子のきしみ音です。
なんか、油をさしてーと、言っているようです。

 

このフクローの鳴き声は、パソコンの電源を切ってから、鳴き始めました。
そこに救急車のサイレン音も加わっています。
フクローの鳴き声も、おもちゃの笛のように聞こえます。

 

この連中は、自分らが、偉くて優れた民族だと思っているのでは、ないでしょうか?
だから、下の人間は、上の人間に尽くすのは、当然だと思っているのでは、ないでしょうか?

日本では、考えられないことです。

だから、このような集団ストーカー行為も、下に思っている人間に行なっても、かまわないと思っているのでしょうかね?

このような考えを持っている連中なら、動物や昆虫、他の生き物に対しても、おなじような考え方でしょうね。

動物は、人間のように道具を扱えないので、個々の能力が人間より優れています。
人間の能力は、動物に比べると、格段に劣ります。

その劣る部分を、道具でカバーしています。(お金も、道具ですがお金は別です。)
しかし、道具が大掛かりなものになっていますので、なるべく小さくしたいですね。
例えば、何処かに移動するにも、車のような大きな物に乗らないといけないですからね。

 

それに手をかざすと、行きた所に移動できたりとか?
たとえ話ですよ。
ベルトをさわれば、ちょっと浮いたりとか?
たとえ話ですよ。

 

早く、重力に逆らうような物が、欲しいですね。
この連中の集団ストーカー行為に、逆らっていても、私には何の意味もないような気がします。

 

この連中は、私のブログの内容を理解することもなく、それを、迷惑をかける工作に利用しています。

この連中が日本にいる意味・役割は、なんなのでしょうか?

 

私のこの組織的な集団ストーカー行為に対して、本当に防犯だと思って、防犯に協力して動いているのでしょうか?

それなら、行動の仕方や、動き方が違うんじゃないですか?
そもそも、あなた方が、出しゃばってすることではなと思います。

こんなことをしていれば、逆に犯罪が増える事になるような、気もします。
防犯をすれば、その逆の犯罪が必要になります。
それ、分かってやってますか?
(私も、ここまで、偉そうに言える立場の人間ではないのですが、ちょっと言ってみました。デヘ!)

 

犯罪がなければ、防犯も必要ありません。
犯罪者だー、犯罪者だーと、目先だけのことに捕われて、動いていても、根本的な犯罪の原因を変えなければ、なんにもならないでしょう。

世の中の仕組みとか。
環境とか。

それとも、私は人体実験ですか?
人体実験なら、なんの人体実験ですか?

 

しばらく、出ていなかったクシャミが、出るようになりましたね。
ブログを更新してから、クシャミが出て、鼻水が出るようになりました。

もう、鼻水がダラダラです。
ティッシュ!
ティッシュ!
狙い撃ち、しているかのようです。

 

体の変化も、予告するかのような行動をとってきます。
周りでクシャミをする人間が現れたり、クシャミの音を聞かせたり、次に起こる内容を喋りながら通ったりします。

ただ、私の更新したブログの内容を、次の工作に利用しているだけのような、連中です。
普通であれば、ブログの内容が、この連中に浸透するまで、2〜3日の日数を要していましたが、今回は、焦っているといいますか、監視体制を強化したといいますか、早かったですね。

 

日常生活、全てのものに対して操作が可能なように、されていると思います。
しかし、しかし、これもよく言っていることなのですが、証拠なのですね。

この連中が、操作したと言う証拠が出ては困るのですね。
証拠がでれば、犯罪になりますからね。
証拠探しの監視でもあります。

 

だから、ブログの更新は、効果と内容確認であり、次にする工作の参考にしているだけで、止めてと言っても,止める能力のある民族ではありません。

この連中は、体に入った病原菌と同じようなもんです。
だから、日本が体の免疫力を上げて、防御・排除しないといけないと思っています。

 

毎日の、嫌がらせのような行為に、うんざりしています。
この場を借りて、ハッキリ言わせてもらいます。
この連中は、頭で考える、民族ではないようです。
動物のような感じです。

その動物も、犬や猫のような動物ではなく、もっと違う動物の感じです。
なにか、ガツガツした印象を受けます。
日本が悪くなっているのは、この連中なんです。

 

こんな所に、家を建てるの??

私がよく使う道すがら、僅かなスペースを見つけては、
家を建てたり、補修工事を始めたりします。

なんとなく、おおらかな、ゆったり感がなかったり、
優雅さがなかったり、
こせこせとした、感じに見えます。

 

自然を取り入れた造りかたをしない。
庭をつくろうとは、しない。

庭の作れないような、狭いスペースでも、家を建てようとしますからね。
周りの環境や景観を考えながら、建てたらと言いたくなります。

この辺りにも、民族の関係なのか?
利害の関係なのか?
なんとなく、違いが現れているような、気もします。

 

 

クシャミをださせ、鼻水をださせ、
花粉症、フィーバー!
(古ッ!)

また、再現をさせようと、しています。
やなぎの下に、どんだけドジョウがおるの?
もう、ドジョウは居ないよ。

柳鍋で、ぜーんぶ食べちゃった。
えぇーッ、だれが?
知らない?

まぁ、結局、こんな連中なんです。
一度、うまくいくと、棚ぼたを再現したくなるような、
連中なんです。

 

この行為が、いいのか悪いのか?
人権侵害になるのか、ならないのか?

プライバシーを侵害しているとか、していないとかの問題を云々というより、もっともっと、低い次元の例えば、食うか食われるか、だけの考え方をしているような連中に、思えて仕方ありません。

このような連中に対しては、目には目を、歯には歯をでいかなければ、いけないのかな?
なんて、目くそを取りながら、妄想しています。
実際、出来ませんので、妄想でね。

 

それぞれの民族に合った方法を取り入れなければ、対処出来ないのかなとも・・・。

喰うか喰われるかの世の中では、考えが、一つにならなければ、いつかは紛争が起きるということなのでは、ないでしょうか?

なぜ、ここまで日本が悪くなったのでしょうか?
それは、戦後のGHQの日本弱体化政策に加え、隣国から如何にも悪者かのように責め立てられ、日本国内では、この連中によって、日本国民の税金を、喰い尽くされています。

 

それは、日本が世界を救う民族だからだと思います。
しかし、隣国の反日や日本国内の反日は、それを知らないと思います。
隣国や日本国内の反日は、ありもしなかった事を真実だと信じ、それに対する制裁だと考えているのではないでしょうか?

知っているのは、世界の支配層です。
世界の支配層は、それを知っています。
それを知っていて、隣国を利用しているのだと思います。

日本を貶める内容・理由は違っていても、両方が思っている結果は同じになります。
日本の弱体化、日本を懲らしめるです。

日本の中の売国奴が、隣国に働きかけるような形になり、隣国の反日政策が本格的に始まったのだと思います。
だから、戦後から日本の弱体化が始まり、少子化が始まっています。

 

私も歳を取っていますが、戦後生まれの人間です。
ですので、現在の政策や教育が、さも当たり前のように思っていました。
昭和の後半や平成生まれの人は、現在の教育に対して、なんの疑問も、持たないでしょうね。

それに関連した動画とサイトをご紹介します。
参考になさってください。

 

自分の使命を考えるということ 〜はせがわ相談役が語る〜 【CGS 長谷川裕一 神谷宗幣 第80回-1】
https://www.youtube.com/watch?v=FtGyXvolQAA

日本人の思想が世界を救う!? 【CGS 長谷川裕一 神谷宗幣 第80回-2】
https://www.youtube.com/watch?v=6wiMvkTuddk

国民が政治を疎かにすれば国は滅ぶ 〜弱体化した日本の現状より〜 【CGS 長谷川裕一 神谷宗幣 第80回-3】
https://www.youtube.com/watch?v=4gIYfFdQGpI

 

ロベルト・ヤノフスキー:世界を救うのは日本人?
http://s-renaissance.com/ja/story/%E3%83%AB%E3%83%8D%E3%82%B5%E3%83%B3%E3%82%B9%E7%B7%A8%E9%9B%86%E5%AE%A4/%E3%83%AD%E3%83%99%E3%83%AB%E3%83%88%E3%83%BB%E3%83%A4%E3%83%8E%E3%83%95%E3%82%B9%E3%82%AD%E3%83%BC-%E4%B8%96%E7%95%8C%E3%82%92%E6%95%91%E3%81%86%E3%81%AE%E3%81%AF%E6%97%A5%E6%9C%AC%E4%BA%BA%EF%BC%9F

 

宇宙人と交信する先住民ホピが世界滅亡の予言?救うのは日本人?
http://onmymovie.com/sekaimetsubounoyogen-2845

 

早く気が付け、日本人です。
何をするにしても、その人、本人がよく成らなければ、何も出来ません。
人を援助するにしても、その人、本人がしっかりしていなければ、何も出来ません。

日本が世界を救う民族であれば、まず日本の国を建て直さないと、それは無理だと思います。
まず、真実を正す事が、第一だと思います。

政治・医療・教育・歴史、すべてにおいて、捏造されています。
まず、真実を知らないと、何も始まらないと思います。

 

また、新しい歴史、
新しい未来の始まりです。

それが、いつになるかは、分かりません。
誰にも分かりません。

直ぐ、はじまるのか?
何年先になるのか?
それは、誰も分かりません。

神(創造主)のみぞ知る世界です。

 

では、

 


スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*