日々の集団ストーカー行為 2016年09月28日(水曜日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日が大変です。

この毎日の集団ストーカー行為。
この行為で毎日が大変なのです。

何かをしていても、頭の片隅でピリピリとした、アンテナを張っていないと、いけないような状態で、日々を過ごしています。

いくら言っても、止めようともしないですから、まぁ、しつこいですよ。

言えば言うほど、酷くなっているように思えますね。

本当にしつこいですよ。

これが、この連中の持ち味なのでしょうけどね。

しつこいですから、納豆のようなネバーとした持ち味なんでしょうかね。

ネバーとした行為で、早く、私にギブアップしろと言っているようにも思えます。

ネバーでギブアップしろと・・・

おい、おい、

でも、でも、

それは、意味が逆になるのじゃないかな。

励ましのお言葉なんですかね?

励まされると、下のアンテナも、ビンビンに張って警戒するんですけどね。と、

まぁ、下ねたを考える余裕も、ままならない状況で、少しお疲れ気味です。

自分でこんなことを言うのも、何なんですが、本当につかれます。

自分で、思うような事が出来ないし、何もかも潰されてしまいます。

自分で、うまく出来たなと思うと、次からは、それがうまく出来なくなるような工作が始まります。

こいつらにとって、それは許される事では、ないのでしょうね。

面白くないのでしょうね。

よくある行為として、例えば、何処かの店に行くとしましょう。

最初は、普通の対応をしてくれますし、私も普通です。

しかし、次に行くと、ガラッと雰囲気が変わります。

店の人も必ず、入れ替わります。

行けば行くほど、人も替わり、内装なども替わります。

店の周辺の状況も、変わってきます。

これが、なかった店は、ほとんどないと思います。

この町全体が、何もかも、この組織的な集団ストーカー行為に、染まっているような感じになっています。

集団ストーカー行為って、何色に染まっているのと、聞かれても困るんですが、

まぁ、錆び付いた錆色とでも言っておきましょうか。

下記のサイトに、自宅で録音した内容を載せています。

救急車のサイレンの音なんですが、んん、聞いてください。

なぶれば兎も食いつく
■部屋に戻ると、救急車のサイレン。
http://hnsksm6a88.seesaa.net/
ダウンロードはこちら より、

9月17日に録音したものです。

時間は、大体26分ほどあり、最初と最後に救急車のサイレンの音が入っています。

なぜ、救急車のサイレンの音を録音してるかと言いますと、このサイレンの音も、私の生活リズムや思考に反応し、なっています。

どういうシステムでならしているのか、詳しい事は分かりません。

私の生活リズムは、全て把握されています。

ですので、加担者がその時間帯に合わせて、呼ぶというのもあるでしょうし、隣がサイレン音を操作している可能性もあります。

どちらにしても、このサイレン音、私が例えば、

部屋を出て台所に行く。

食事を食べ終わるタイミングになる。

トイレに入るとサイレンが鳴り始める。

部屋に戻るとサイレンが鳴り始める。

パソコンの電源を入れようかなと思っているとサイレンが鳴り始める。

寝ていて、朝方トイレに行くとサイレンがなったり、トイレから戻り布団に入るとサイレンがなったりします。

このサイレン音も、私生活のタイミングに鳴るようになってから、かれこれ、十年前後になると思います。

私が自営をしていて、その建物から、この自宅に戻ったのが2010年、今、2016年ですから、それだけでも6年間あります。

そのまえから、ずっとですから、それくらいになると思います。

このサイレン音も、一番、多い時で一日に30回程なったこともあります。

だいたい、平均は、一日に10回前後で、最近は、ぐっと減ってきていましたが、これがまた、ブログを更新しようとすると、一気に回数が増えます。

周りの嫌がらせも、比例して増えますけどね。

ブログの更新も、貧乏ひま無し状態で、ほとんど出来なくなりましたが、たまには更新しようかと思うと、サイレン音の回数が増えたり、何かしら邪魔をされます。

この集団ストーカー行為も、細菌と同じような物で、ほって置くとドンドン増殖しているように感じます。

どこかで、くい止め撲滅しないと、いけなと思っているのですが、これが中々、私には・・・

町がドンドン浸食されているようで、何処かに、くさびでも打ち込まないといけないかなと思っています。

思っていますが、私はペイペイのいち被害者です。

ですので、だれかに・・・

最近のサイレンのなる傾向は、部屋に戻ると、救急車のサイレンがなるようになっています。

この録音も、午前10時過ぎ、部屋に戻りサイレンが鳴り始めたので録音したものです。

この救急車のサイレンも、二通りあり、実際に救急車が走るサイレン音と、動かないサイレン音があります。

動かないサイレン音の場合は、2〜3回ほど鳴ると、止まります。

どちらにしても、サイレンがなるイコール、周りに何かを知らせる、お知らせのサイレンです。

このサイレンで、自宅の前を車が走ったり、近隣の工作が始まったりします。

これは、私を、危険人物や異常者に、仕立て上げているから出来る工作なのですが、しかし、私が実際、そのような人物であるかどうかは、まったく違う別の話で、何処で、そんな話になっているか、私には全く分かりません。

まったく、分からないので、加担者側に説明をしてほしい程です。

これは、首謀者が嘘や捏造の垂れ流し、それを真に受けた連中が、集団ストーカー行為になるとは知らず、行なっているような気がいたします。

実際、この集団ストーカー行為は犯罪にあたります。

しかし、それを防犯に置き換え正当化し、正当な行為をしているのだという、洗脳と錯覚を植え付けられているような気がします。

日本には、在日から朝鮮関係者の方まで、沢山いらっしゃいます。

全ての人が、そうだとは言いません。

しかし、少なからず、なんらかの関係があるように思われます。

(私が、ここで危惧するのは、日本人を仲間あるいは加担者に、引きずり込んでいる事です。)

でなければ、ここまで必要以上に集団ストーカー行為を、行なう事は出来ないでしょう。

日本人が日本人に、ここまでの集団ストーカー行為を、行なうというのは、考えにくいです。

もし、私が逆の加担者側の立場だったら、多分しないでしょう。

しかし、ここにアメとムチが存在し、加担しなけれが、生活の困苦や困窮が待ち構えています。

これが、この連中の、卑怯なところです。

これは、日本人に嫉妬やねたみを持ち、さげすんでいるようにも感じられます。

また、それ以外にも、色々な内容が、てんこもりで盛り込まれているのでしょうね。

人体実験であったり、利権であったり、金儲けであったり、自らの優位性であったり、必要性であったり、さまざまでしょう。

この集団ストーカー行為は、被害者が加担者側に取り込まれる事もあり、また、被害者が加担者になったり、加担者が被害者になったりを繰り返す事もあります。

要するに、仲間に引きずり込む、破滅に追い込む行為でもあります。

仲間に引きずり込まれた被害者が、次の被害者に加担行為をするという事もあるようです。

だから、そのような場所に移転あるいは、閉じ込められた被害者は、表向きの付き合いはあっても、孤立させられてしまいます。

近隣から身内までもが、変わってしまうと孤立を感じてしまうと思います。

日本中にも、沢山の被害者の方がいらっしゃいます。

たぶん、同じような思いをされているのだと思います。

ですので、この集団ストーカー行為は、嘘を流し町中を動かし、被害者を孤立させ、被害者にとって、嫌がらせだと思う行為を繰り返し、最終的には嘘を本当にしてしまう行為でもあります。

だらだらと、変な方向に揺れてしまいましたが、録音の内容に戻します。

夏は、セミの鳴き声、秋口になると、虫の鳴き声が一日中続いています。

これにプラス、鳥の鳴き声も加わります。

雨が降ろうと、おかまい無しです。

録音の所々に、虫の羽音のブーンという音が入っていますが、これは私が窓際に行くと、この羽音が始まります。

実際、虫は飛んでいるのかと辺りを見渡して、見つからない時もあれば、見つかる時もありますが、しかし、遠くにいる事もあり、その虫でこの音と疑いたくなります。

なにかで、音を増幅させているのでしょう。

まぁ、私の部屋自体がそうですから・・・遠くの音でも、直ぐそばで音が出ているような工作をされています。
なので、部屋の直ぐそばで、音が出ているような錯覚になります。

ですから、時々うるさいなーと思って、玄関に出てみると、誰もいない、なんて時もあります。

このような私の行動も、変な人間と思われるでしょうね。
玄関に出て、外をキョロキョロ、見ていると・・・

これも周りに、変な人間に思わせる工作でしょうか?

録音ですが、17分頃にカラスのアッホーとも聞き取れるような、鳴き声が入っています。

実際は、カッコーと鳴いているようですが、聞きようによっては、アッホーでも聞き取れます。

少し前までは、連続で鳴いていた時もありましたが、指摘をしてから、ほとんど聞かれなくなりました。

そして、18分20秒辺りから、私の咳払いが入っています。

偉くて、咳払いをしているのではありませんので、ご了承ください。

時々、たんが詰まったり、声が出にくくなったり、のどが枯れるようになったりしています。

これも、こいつらの工作で、多分、喉頭癌とか、のどのトラブルの目的もあったのだと思います。

このときも、急にたんが詰まり、思わず咳払いが出てしまいました。

私のような声などを、録音に入れたくはなかったのですが、・・・

サラッと、聞き流してください。

とにかく、この行為は、何かの病気にさせたり、異常者扱いにしたり、危険人物扱いにしたりと、周りが必死になっているようです。

要するに、元々、正常な人間をいかにして、このような人物にして、社会から抹殺するかです。

そして、その前に、お金を放出させてから、と言うことになるのでしょうね。

世の中、お金、お金ですから、利用する物がなくなれば、はいさようなら、でしょうね。

ほんとうに、都合のいい話です。

あっ、そうそう。

この集団ストーカー行為の分かりやすい動画がありました。

組織ストーカー電磁波犯罪被害の会にも載せてありましたが、今までの動画の中で一番、集団ストーカー行為の分かりやすい動画です。

ぜひ、ご覧ください。
集団ストーカー周知動画 (1)
https://www.youtube.com/watch?v=xCnMjKx55fY#t=14

集団ストーカー周知動画 (2)
https://www.youtube.com/watch?v=O1LccJ6AKJw

集団ストーカー周知動画 (3)
https://www.youtube.com/watch?v=Qj3c-4aWv_o

上の内容は、どちらかと言うと、個人をターゲットにしていますが、下記のサイトの内容は、国レベルなのですが、これが、また集団ストーカーの内容によく似ています。

レベルは違えど、貶める行為の内容は同じようなものだと言えます。

誰かが、悪さをし、それを何もしていないターゲットのせいにする。

イヤなもの、邪魔なものを潰すには、個人レベルでも国レベルでも、変わらないのでしょうね。

韓国は、よく日本に対して、正しい歴史認識と、よく言われますが、

その言葉を、そっくり、そのままお返しして、韓国こそ自問自答するべきではないかと思います。

下記のサイトの内容は、日韓併合の弊害とも言うべき内容です。

日本軍の中に、朝鮮籍の軍がいました。

今となっては、もう遅いですけどね。

日韓併合は間違いだった。

私も、そう思います。

民族の考え方、風習の違いは、歴然です。

水と油と言っても、いいくらいです。

それを、混ぜ合わせるのは、絶対無理です。

ぜひ、サイトご覧ください。

ねぇ知ってたぁ?
日本軍は南京大虐殺をやっていないが、残念ながら、日本人のなりすまし朝鮮軍はいたるところで変態行為と残虐な殺害をしていたようだ。
http://xianxian8181.blog73.fc2.com/blog-category-36.html

私は、このような弊害を受けてまで、ここと関わる必要はないと思います。

この私の受けている、集団ストーカー行為と全く同じです。

加害者が加害行為をしても、それを被害者になすり付ける。

加害者が被害者に成り済まし、被害者を加害者扱いする。

このような卑劣な行為は、嘘を平気でつける民族でなければ、出来ないと思いますが、

違いますか?

日本国内で起きている事件や事故、そして日本が悪くなったり、世界から悪く見られているのも、日本の綺麗な水の流れに、重油のような色の油が浮いているのが原因ではないでしょうか?

この中には、日本たたきの白人至上主義が、ちらほらと見え隠れしているのでは、ないでしょうか?

排水管の錆をほって置けば、錆が溜まり流れが悪くなります。

排水管を綺麗にしようと思えば、その錆を落とす必要があります。

錆を落とせば、一時的に、水に錆が混じり、水が汚れます。

しかし、それをしないと、排水管は綺麗になりません。

では、

—–


スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*