まだまだ続く、組織・集団ストーカー行為。

盗聴・盗撮・思考盗聴、毎日監視をされる日々を送っています。

人体実験とも言えるような、監視、情報収集、身体の情報も含め、毎日監視の日々を送っています。

何をするにしても、全て監視をされています。

探し物をするにしても、全てです。

探し物は、何ですかと、いつも見ています。

机の引き出しを開けようものなら、それは凄いです。

隣から、ドンドンドンドンと音出しが始まります。

そもそも、盗撮器はいらないのです。

パソコンの画面であったり、テレビであったり、そのような画面全体が盗撮器の役割を、果たしているように思われます。

そして、私の目も盗撮器の役割をはたしています。

だから、盗撮器をさがしても、見つかりっこありません。

ですので、電磁波を照射する必要があります。

電気を帯びさせる必要があります。

電波をより強く飛ばす為に、

なぜ、このような行為を受けなければならないのか、

私には、分からないまま、長年過ごしています。

町中が一致団結して、警戒・監視をしているようなイメージを受けます。

私に対する、見る目が違います。

犯罪者を見るような、そうゆう目で見ています。

孤立状態で居るような、生活をしています。

人間そのものが、信用できなくなりますね。

出掛けても、あいつも、こいつも加担者だとか、私自身が、そう言う目で見てしまいます。

まぁ、加担者もタイミングを合わせた、出方をしますから、

そう言う目で見るのも、当然と言えば当然でしょうけど、

その中、救急車のサイレンもよくなっています。

そもそも、救急車のサイレンを、ここでは、警戒を知らせるサイレンに変えています。

人命を救助する、緊急のサイレンをですよ。

けじめをつけてほしいと、いつも思っています。

サイレン以外にも、さまざまな音を利用しています。

本当に、なんでもかんでもです。

最近のサイレンのならし方は、私が台所に行く前、台所から部屋に戻った時、パソコンの電源ON・OFF、布団に入った時間帯、そしてトイレ、特に夜中にトイレに起きると効果てきめんです。

夜中にサイレンがなると、隣の操作で電磁波を照射されますし、近隣の動き、あるいは車が自宅前を通過していきます。

台所に出たときは、最初と最後、台所に言った時と台所を出る時に必ず、何らかの車が自宅前を通過していきます。

朝・昼・晩、無い日はありません。

毎日です。

皆勤賞をあげたいくらいの、集団ストーカー行為です。

これが、日課になっています。

これは、自宅の中では私が親に、何か危険な行為をすという設定に、なっているようです。

その中には、無断で親のお金を取ったりとかも、含まれているのかな?

なぜ、そのようなことを私がしなければならないのか、意味が分かりません。

この工作の内容は、日本人がしそうな内容ではなく、在日がしている内容、しそうな内容がふんだんに盛り込まれていると思います。

お金を盗ませるように仕向けたり、イライラさせて切れさせよと仕向けたり、毎回毎回、おなじような内容の繰り返しで、ええ加減、飽き飽きしています。

だから、逆にどういう事で、私がそうしなければ、ならないのか近隣の加担者に、お聞きしたいくらいです。

そして、親も近隣から指示を受けていると思われます。

こうしたら、あーしてとか、色々・・・

親から嫌がらせを受けるのは、辛いもんがありますね。

今は、しょうがないです。

しかし、親は、そんな悪い事をしているという、認識はないはずです。

そう、聞かされていると思います。

これが、犯罪を引き起こす、集団ストーカー行為の、ちょっとしたカラクリです。

飲酒運転の疑いから始まり、危険人物、異常者、犯罪者、テロ犯など、さまざまな人間にされていると、私は思っています。

すべては、でっち上げ、捏造、大嘘です。

これは、人体実験の為、日々の生活をしながら、隔離をされているような、感じにも受け取れます。

いつまで、続くのでしょうね?

これにより、周りの環境や人も、全て何もかも変えられてしまいました。

この町には、もう未練はないと言える程、変えられてしまいました。

こんな連中のいない、こない町は、ないですかね?

12月08日は、ヒトフタマルハチの日でした。

ニイタカヤマノボレ トラトラトラ。

これにより、大東亜戦争(太平洋戦争)が始まりました。

戦争屋に、まんまと嵌められてしまった日本ですが、

これ、集団ストーカー行為と全く同じです。

相手は、手を出しません。

ターゲットに手を出すように仕向けます。

これにより、先に手を出してしまった日本は敗戦します。

アメリカ・GHQにより戦後の日本の弱体化・占領政策が始まります。

この政策により、ある程度、日本の弱体化に成功しのではと思っています。

日本の弱体化が、達成されたのではないでしょう。

フニャふにゃー!

しかし、シン(心・真)は、しっかりしていると思います。

人間の持って生まれた心といいましょうか、

正義感と思いやりだけは、崩せなかったと思っています。

だから、この正義感を逆に利用され、誰もが、ありもしない防犯に協力した結果が町全体を動かしてしまう、大騒ぎになっているのではないでしょうか?

戦後70年、いつまで、このGHQの取り決めの政策が続くのでしょうか?

いつまで、守らなければならないのでしょうか?

この内容、日本人の方は知ってますでしょうか?

30項目あります。

マインドコントロールとも言える報道規制、現在では、意味のなさない内容もあるようですが、以下に記載します。

隠された真実
https://sites.google.com/site/uranenpyou/home/ghq

01. SCAPー連合国最高司令官総司令部に対する批判

02. 極東軍事裁判批判

03. SCAPが憲法を起草したことに対する批判

04. 検閲制度への言及

05. 合衆国に対する批判

06. ロシアに対する批判

07. 英国に対する批判

08. 朝鮮人に対する批判

09. 中国に対する批判

10. 他の連合国に対する批判

11. 連合国一般に対する批判

12. 満州における日本人取り扱いについての批判

13. 連合国の戦前の政策に対する批判

14. 第三次世界大戦への言及

15. ソ連対西側諸国の「冷戦」に関する言及

16. 戦争擁護の宣伝

17. 神国日本の宣伝

18. 軍国主義の宣伝

19. ナショナリズムの宣伝

20. 大東亜共栄圏の宣伝

21. その他の宣伝

22. 戦争犯罪人の正当か及び擁護

23. 占領軍兵士と日本女性との交渉

24. 闇市の状況

25. 占領軍軍隊に対する批判

26 飢餓の誇張

27. 暴力と不穏の行動の煽動

28. 虚偽の報道

29. SCAPまたは地方軍政部に対する不適切な言及

30. 解禁されていない報道の公表

1945年、ポツダム宣言の降伏要求を、日本政府が8月14日に受諾し、8月15日に国民に発表され大東亜戦争が終わっています。

1951年、のサンフランシスコ条約で平和条約が締結され、翌年1952年4月28日に「昭和27年条約第5号」として公布されています。

これにより、日本国の主権が承認され、多くの連合国との戦争状態が終結したとなっています。

何となく、スッキリしない東側諸国の参加のない、サンフランシスコ条約だったそうですが、取り敢えずは、終結した事になっています。

しかし、未だに日本の自由はないように思えます。

特に報道の自由は無く、隣国に気を使っているようです。

戦ってもいない、隣国がアメリカによって戦勝国扱いされ、日本の自由を奪い去ったように思えます。

敗戦国の弱味なのでしょうか?

それが、戦後70年たっても続いているとしか言いようがないです。

戦ってもいない戦勝国は、それがあまりにも美味しすぎたのでしょうね。

ありもしない捏造の歴史を盾に、それを継続させているのでしょう。

美味しすぎて、やめられなーい、とまらなーい。

かっぱえびせん状態か?

脅して騙して金を奪う、詐欺となんら変わりないと、私は思います。

日本が朝鮮半島を奴隷化していたのも嘘。

日本が侵略国家・残虐な国も嘘。

日本への強制連行も嘘。

慰安婦問題も嘘。

南京大虐殺も真っ赤な嘘。

だから、在日特権も意味がないし、する必要もない。

なぜ、日本人より、外国人を優遇しなければならないのか、私には分かりません。

差別、差別と言い続け、差別に押されて、整備された制度が在日特権です。

歴史の崩壊・歴史の嘘が明るみに出始めている中、差別の意味をなさないと思います。

それに、密入国で日本に来た、在日の方も居ると思います。

そんな方に差別と言われても・・・

それに、この在日特権、逆に日本人にたいしての差別です。

逆に差別しているのは在日、在日特権です

知らない日本人の方が、在日特権の内容を知ったら、本当に激怒しますよ。

国民が知らない反日の実態「在日特権の正体」
http://www35.atwiki.jp/kolia/pages/107.html

在日特権の真実
http://ameblo.jp/hourousya0907/

在日も隣国も日本を脅せば、金を出すとでも思っているのでしょうか?

日本は金づるか?

在日特権を廃止し、隣国は、近くて遠い国にするべきだと私は思います。

なぜ、日本がこのような状況になっているのか?

GHQの占領政策もありますが、戦勝国扱いをされている民族の民族性が、さらに拍車をかけているように思われます。

なんといいましょうか、ここまではしてもいいが、これはしてはいけないとか、暗黙の了解のような、ルールが存在していないような感じを受けます。

何もかも、猫もしゃくしも、ごっちゃごちゃです。

ちょっと、極端な言い方をすれば、自分の芝生が青ければ、他の芝生は枯れてもいい、その為には手段を選ばないと言うような感じに思えます。

嘘、ひとつ取り上げても、日本の民族性と真逆です。

この集団ストーカー行為も、在日が多く加担していると思われます。

長年、この集団ストーカー行為を受け、思った事は、相手にしないことと、強く出るときは強く出る。
(拳をあげると言う意味ではなく、正当性を主張するときは・・・)

私は、この集団ストーカー行為で、万引きからテロリストまで、さまざまな犯罪者にされていると思います。

公安も動いていると思われますので、やはり、テロリストにもされているでしょう。

そうでなければ、町中をあげて大騒ぎをしません。

スーパーの万引きで、ここまで大騒ぎをしますか?

私をテロリストにしている、根拠は何なんでしょうね。

やはり、人体実験なのでしょうか?

真実を、知りたいところです。

ただ、大物にして国から税金を、多く貰おうと言う感もありますが、どちらにしても、私には、チンプンカンプン、何なんでしょう。

私の顔にテロとでも、書いてあるのでしょうか?

あなたの顔には、チョンと書いてありますが・・・

あっ、失礼しました。

その後に、マゲの文字も書いてありました。

いやー、続けて読むと、チョンマゲ!

チョンマゲって、あのウルトラマンのような、

あの、モッコリした頭でしょうか?

ピーコン、ピーコン、

あら、ランプが、

それでは、シュワッチ!

ブ~~ン、ブ~~ン!

アレッ!

シュワッチって、ハエ?

ハエかい?

ハエが飛んだの?

ブ~~ン。

あれー、ゲの濁点が消えてる。

ゲがケに・・・、

あれ、もしかしたら、ゲの濁点は、ハエ?

濁点のチョンチョンは、ハエだったのか。

食べ物や・・・に、たかるハエだったのか。

いゃー、まいった参った。

となると、ゲがケになって、

続けて読むと、チョンマケ。

いゃー、歴史の捏造、歴史の嘘がバレて、

チョンマケ(チョン負け)

アメリカに戦勝国扱いをしてもらい、

こんどは、

アメリカに敗戦国扱いを受けるチョン負け。

チャンチャン お粗末な寸劇でした。

これから、日本は変わります。

変わらないと、いけない。

日本は、本当にダメになってしまいます。

日本は、やっぱり日本です。

では、


スポンサーリンク