まだまだ続く、集団ストーカー行為、組織ストーカー行為。

早く更新をしたいと思っていても、思うように出来ない状況です。

何かの度に、車が自宅の前を走り去り、何かの度に、音出しをされ、思考を24時間読み取られ、うっとうしい日々を送っています。

私が、何かをするにしても、必ず監視をされ、考えを読まれています。

その考え、意識が頭の中で渦巻いています。

このような連中の相手をしたくないと言うのが、私の本当の気持ちなのですが、この連中は、おかまい無しです。

毎日、私生活の盗聴・盗撮、パソコンの監視・制御、思考盗聴、音声送信、電磁波照射、生体電気信号の読み取り、私の周りでの音出し、昆虫から鳥などの生き物の人工的な鳴きごえ、付きまといの嫌がらせなど、毎日がこのような大変な状況です。

部屋に居ても、毎日嫌がらせ行為は途絶えることがありません。

というのも、音声送信のみならず、音の送信・音出しが引っ切りなしに行なわれています。

これは、今まで何処に引っ越しても、同じ行為をされていました。

遠くの音を、部屋のすぐそばから、出ているような工作をされます。

これは、中継局のよなものが、必要となります。

それが、隣や近隣などの加担者宅です。

ですので、外の音は色々な方向から聞こえても、部屋からは一定の方向から、常に聞こえます。

音が聞こえるからといって、外を見渡しても、音の出所を見つける事は出来ません。

部屋の周りで聞こえている音も、音が渦巻いているように聞こえています。

ある場所に行けば、この方向から聞こえるが、違う場所に行けば、違う方向から聞こえたりします。

音が渦巻いていると言うか、音が回り込んでいるような感じです。

風でも、よくありました。

風が、こっち側から吹いているので、風を避け、風裏にまわっても、風が回り込んで吹いて来るような、そんな感じに思えます。

そして、外出すれば、付きまといが始まります。

付きまとう側にしてみれば、付きまといとは思っていないでしょうが、私にしてみれば、付きまとい・嫌がらせ行為になります。

なぜ、私がこのような行為を受けなければならないのか、未だにハッキリとした原因が分かりません。

ただ、危険人物や異常者にされている事は確かでしょう。

危険人物や異常者にされているというだけで、実際にそのような人間だとは言い切れませんけどね。

それは、自分自身の私がよく知っています。

加担者側も、そう聞かされているだけで、実際のところは分からないと思います。

ただ、この首謀者側の汚い所は、私をよく知っている人間を私から遠ざける工作をしています。

居たとしても、加担者側に変えられてしまいます。

ですので、小学校・中学校の同級生はほとんど居ません。

家すら、ありません。

町を、変えられてしまっています。

ひとつ、例を上げますと、校区内に地元の銀行があります。

そこは、中学校の同級生の家があった場所です。

それに加え、会社勤めをしていたときに、良くしてもらった年配の方や上司は、居ません。

病気や、なんらかの原因で亡くなっています。

こいつらには、感情と言う物がありません。

こいつら、首謀者は人の命など、なんとも思っていない連中です。

隣は、私のパソコンに打ち込む、一文字、一文字を情報収集しています。

公安●査庁のなでしょうかね?

こんな私に、ここまでするとは、どういう事なのでしょうかね?

公安●査庁って、こんな程度の所なのでしょうか。

それとも、暇つぶしなのでしょうか?

隣の、こいつらが私の情報を収集する度に、低周波の振動がブルブル、ビリビリ伝わってきます。

床から、ブルブル、ビリビリです。

だから、私を、よく知っている人間が居たら困るのでしょう。

私を、よく知っている人がいたら、危険人物や異常者に、仕立て上げられないですからね。

加担者側も本当の内容は、聞かされていないと思います。

私が、何処そこに行けば、こんな人間、あっちに行けば、こんな人間。

その場所、その場所で、聞かされている内容が違うと思います。

てんで、バラバラ状態。

その中、人体実験が見え隠れしているような、気も致します。

何十年にも渡る、追跡調査のような人体実験なのか?

行なっている首謀者は、アメリカ側の闇の政府なのでしょうか?

これは戦争に負けた日本が再び、頭を出さない、頭を出させない為の日本の監視、日本の弱体化を進めるためでしょう?

そのため、小学校あたりから団体行動から浮くような人間、何かの能力のあるような人間などなど、リストアップし、能力を弱め団体行動に押し込むためなのでしょうか?

その為、その人物がどのような考えをし、どのような行動をとるのか等を調べる目的及び思考の伝達、思考での操作なども目的のように思えます。

結局、学校のいじめなどもこれに関係していると、私は思います。

そう言う人間がいれば、加担者側の同級生が友人関係を築き、本人に分からないように、その能力を潰し団体に馴染むようにしむける。

馴染まない場合は、いじめに発展するかとも思います。

しかし、その管理を隣国の関係者に任せた。

日本が戦争に負け、手のひらを返したように、アメリカ側に付いた隣国の関係者に任せた。

まかされた、隣国の関係者は、それをいいことに、自分らのエゴにまで発展させてしまったのか?

そう考えても、おかしくないと思います。

日本人のお金を巻き上げる、工作にまで発展してしまったのでしょうか?

これをするには、正当性を持たせないと出来ません。

正当性を持たせるには、どうしたらいいのでしょうか?

地域住民を納得させるには、警察主導型の防犯活動でしょうか?

これには、先ず首謀者側が実際に犯罪をおかす、或は犯罪が起きたように見せかけます。

それを、被害者が関係しているように思わせる、或は言いふらす。

これにより、被害者(ターゲット)を同等の人物に仕立て上げることが出来ます。

それが、世の中に起きている偽の事件や、作られた事件、そして猿芝居などが蔓延する要因になっています。

あそこで、このような事件が起きたから、ここも危険だから、防犯活動を強めてというような感じに出来ると思います。

ですので、私に似たような性格とか、年齢とか生活状況に合わせた、偽の事件になっているようです。

これにより、集団ストーカー・組織ストーカーの付きまといの、対象者に仕立て上げることができます。

私の行動はすべて、把握されています。

自宅に居ても、全てです。

身体から出る音、例えば、骨がなる音や声なども、そして見たもの、考えなど全て把握されています。

なぜ、ここまでされないと、いけないのでしょうか?

私の自由は、まったくありません。

現在、母親の介護をしながら、自由にしているようですが、自由ではありません。

常に、監視・盗撮をされ、考えを読み取られ、情報を抜き取られています。

情報を抜き取られ、色々なメディア関係に利用されているような気も致します。

加担者の監視のみならず、このような事もよくあります。

低気圧が近づいて来ると、朝、起きたタイミングなどに、雨が降り始める事が日常的にあります。

風も同じように、何かのタイミングに吹き始めたりします。

これが、どういう事なのか、どうして可能なのか、よく分かりません。

そして、今回の長雨。

その前に、このようなことがありました。

購入していた、サツマイモをしばらく置いていたら、芽が伸び始め、このまま捨てるのも、もったいない気がして、その場所だけ切り、別の容器に入れ、何処まで伸びるか観察していました。

すると、伸びるは、伸びるは、60cm以上にまで伸び、どうしましょうです。

これひとつでは、なかったので、これは、土の中に入れてあげるほうがいいかなと思い、プランターに移し替えて、外に置きました。

そして、部屋に戻り、

あっ!

忘れたです。

水をあげるのを、忘れていました。

まぁ、雨が降るから、雨に任せようかと、

そしたら、2日程後に、このような長雨です。

充分すぎるほどです。

しかし、今回の大雨・長雨による被害も出ています。

まず、始めに断っておきますが、

私には、そのような能力はありませんし、

それは分かって頂けると思います。

あたりめーだと、言わないでくださいね。

私は最近、この本を購入しました。

お金は、ないけど、どうしても読みたいと思わせる本です。

今は、亡くなっていらっしゃいますが、福岡正信さんの自然農法です。

あまりにも、私と同じような考え方で、ビックリしています。

その中に、このようなタイトルがあります。

『人は自然を知りえない 自然に手を出すな』

まさにその通りです。

もし、現在も福岡正信さんが、ご健在であれば、勝手に無理矢理でも、

弟子入りしていたでしょう。

だらだらと、長くなりましたので、ここらで一先ず終わります。

父親が亡くなり、私は未だに、このような監視・付きまといをされているような状況です。

四面楚歌とでもいいましょうか、八方ふさがりの中で、生活をしております。

あっ、そうそう、

自宅の風呂場から、このような木が見えます。

みなさんは、どのように見えるか分かりませんが、

私には翼を広げ、大空に飛び出そうとしているように見えます。

では、


スポンサーリンク