日々の集団ストーカー行為 2015年07月19日(日曜日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

私は、集団ストーカー・組織ストーカーの被害者にされています。

これを、逆の立場から見ると、私は危険人物・異常者と言う事にされているようです。

そして、私が、パソコンで動画を見れば、どんな動画でも何か悪い物でも見ているように思われています。

それに、文字の打ち込みも同じです。

そして、ネットで商品を注文しても、なにか悪い物でも注文したのではないかと、周りが警戒をします。

ですので、普通の方がやって何でもない事を、私が行なえば、危険な行為に受け取られ警戒・監視をされます。

今でも、そうですが、毎日大変な日々を過ごしています。

まだまだ続く、この馬鹿連中の盗聴・盗撮。

隣からの電磁波・超音波の低周波振動は毎日。

最近は、昼食時・夕食時にもブルブルと低周波を照射されています。

まだまだ続く、
音声送信・思考盗聴・思考盗撮・人体電気信号。

私の思考は完全に、読み取られ工作の情報に利用されています。

そして、人体の電気信号のタイミングによる音出し、車などの動き出しを頻繁に受けています。

毎日、途切れる事なく受けています。

何をするにしても、最初と最後に大騒ぎをしています。

例えば、夕食を取る為に、台所に向かう時に、自宅前を何台かの車が走ったり、救急車のサイレンがなったり、近隣から音出しがあったり、そして夕食の終わる頃にも、車が自宅前を何台か走り、サイレンがなることが多いです。

これ、毎日です。

食事の時間がずれても、毎日です。

こいつらは、本当に防犯活動を隠れ蓑にしている、犯罪集団としか思えません。

私には、プライバシー・人権は、全くありません。

風呂・トイレなども言わずと知れた盗撮・監視対象です。

こいつらには、感情がないように思えます。

よくも、まぁ、ここまで出来るもんだと、関心してしまいます。

余りにも、度の過ぎる行為に、呆れてしまいます。

ここまで、しなければならない別の目的でも、あるのでしょうか?

ぜひ、お聞きしたいものです。

しかし、これは、人権蹂躙です。

17日の台風は凄かったですねと言いたい所ですが、拍子抜けした人も多いのではないでしょうか?

特に、ここ鳥取市では、あれっ、いつ来たのと言う感じです。

テレビでは、台風が鳥取沖の日本海に抜けたとか、ネットでは中国地方を縦断したとか、言われていましたが、台風は何処、ドローンと消えたのかと思えるほどでした。

山の木々を見ても、あまりの無風状態に枝ひとつ揺れていませんでした。

雨はシトシト降っていましたが、風のない非常に、穏やかな天気でした。

いつ鳥取に来たの・・・忍びの台風だったりしてね。

その前の前の日、15日ですが、ボーッと空を見ていて、今日は雲ひとうない青空だなと、思って見ていたら南西の方向から、かなり大きな白い雲が流れてきて、私の見ている場所で流れが止まったのか動きが止まりました。

そこから、この雲がみるみる消え始め、影も形もなくなり、青空になりました。

いゃー、目の前で、雲がみるみる消える経験は始めてです。

凄い物を見せて頂きました。

これからも、空を見上げていると、何かいい事があるかも?

あら!

未来からやってきた、ターミネーターのシュワちゃんじゃないですか?

何故、そのような所に?

それも、黒い戦闘服に身を包んで、

今、居る場所は、それ雑巾の上なんですが、

どうして、雑巾の上に、

それも、バケツの中、

バケツの中の雑巾の上ですよ。

どうして、そのような場所に?

あれれ、よく見ると、

あれっ、違った?

あっ、ごめんね。

シュワちゃんかと思ったら、クワちゃんではないですか。

クワガタのクワちゃんじゃないですか、

それくらい、見分けがつかないのかと、お叱り受けそうですが、

はい、そうです、ジョークです。
(実際、バケツの中の雑巾の上にクワガタがいました。)

まっ、そんなこともあり、

おけ毛を、ジョリーン、ジョリーンしながら、外を見ていたら、

タヌキの御一行さんが、

あらっ、今日は親ダヌキのお尻に子ダヌキが2匹くっついていました。

ジョリーン、ジョリーンと鼻毛カッターで、鼻毛の手入れをしながら見ていると、裏庭を通って山の中へ入って行きました。

裏庭を、タンタンタヌキさんの通り道にされているようです。

この前は、ハクビシンらしき御一行さんが、裏庭で遊んでいました。

5~6匹いたでしょうか。

親子のようでしたが、あっち行ったり、こっちに来たり、忙しく動きながら遊んでいました。

動物を見ていると、飽きないですね。

突然ですが、

便器に、はまった事がありませんか?

女性の方はないと思いますが、男性の方は何度かあるのではないでしょうか?

あっ、私だけかな!

小の時は、中の便座を上げて、用をたすんですが、大のときは、当然便座を下ろして、そこに座るのですが、たまーに、便座が上がっているのに、自分では下ろしたつもりで、そのまま座り、ズボッと便器の中にはまった事がありませんか?

このときは、本当にビックリしますよ。

出る物も引っ込んでしまいますから、いゃー、お尻が濡れなくて良かったと、胸を撫で下ろしている場合じゃないですね。

はい、仕切り直して、ハイ、ポッチャン。

ありゃー、

なに、跳ねっ返りで、お尻が濡れたって。

ガクッ!

この、こじつけのようなバケツとお尻とターミネーター。

このバケツを漢字に直すと、馬尻あるいは馬穴と書きます。

当て字のようですが、この漢字を見て、イメージするのは、どうしても馬の落とし物を受ける桶のようなイメージをうけます。

その落とし物を受ける物を、バケツと名付けられたように思えます。

私も、その方が好きですが、実際は英語の「bucket」から来ているようです。

この「bucket」を使った言葉に、このような言葉があるそうです。

「kick the bucket」直訳すれば、「バケツを蹴る」ですが、実は別の意味があるそうです。

それは、死ぬとか、くたばるの意味に使われるそうです。

あまり、ていねいでない、いい加減な表現に使い、ぞんざいな表現として使われているようです。

正式な表現として使う場合は、ちょっと気を付けたほうがいいらしいです。

何故、死ぬとか、くたばるの意味になった由来は、首を吊る時に、バケツを逆さに置いて、その上に乗り、首にロープをかけバケツを蹴った事に由来するようです。

いい言葉でない事は確かです。

そして、ターミネーター。

映画で、よくご存知だとおもいます。

このターミネーターに、ターミネーター遺伝子があります。

種子メーカーのモンサント社の開発した技術ですが、別名「自殺する種子」とも言われています。

収穫した翌年に蒔いても、実をつけない。

自ら枯れてしまいます。

その為、毎年種子を購入しなければならなという結果に。

そして、この種子の恐ろしい所は、作物自身が殺虫成分を持っていると言う事です。

これって、洗っても成分が落ちないというこですか???

人間が、これを食べても大丈夫なのでしょうか???

大丈夫な訳ないですようね。

その作物を食べた、虫が死ぬんですから、

大丈夫な訳ないです。

みなさんは、このような種子が、広まりつつある事を、ご存知でしょうか?

下記のサイトを見てください。
(勝手にリンクを張らさせて頂きました。)

まず、画像のマウスを見てください。

頭をガーンと叩かれたような衝撃を受けます。

えぇーです。

日本支配は一粒のタネからはじまる!モンサント社のターミネーター種子で日本人の胃袋を管理せよ!
http://blog.goo.ne.jp/yamato528/e/9638fd320aef65361945cadda71e6b9a

種子も自殺する世の中って、変な世の中ですね。

最新のテクノロジーを悪用し、それを知らず受け入れると、世も終わりになります。

ターミネーターの意味そのものです。

「終わらせる」「続かない」「続かせない」「絶つ」「断ち切る」「終わる」「終末」「終焉」「断絶」です。

この種子に変えてはいけないと、誰でも思える内容です。

要するに表向きは、良くなるような、いい表現を使われていますが、結局は逆の方向に向かってしまいます。

これなども政府は、いい事をしているように見えますが、実際はどうでしょうか?

私には、ピンときませんが、

平成25年4月から障害者優先調達推進法がスタートしています。

これなどは、国が障害者に対して仕事が出来る環境を作り、仕事を探してあげて、いいことをしているのだなーと思えます。

しかし、私から見れば、障害者にまで仕事をさせるんですか?

と言いたくなります。

障害者に、どんどん働けと、言っているように聞こえます。

五体満足の方が生活保護で、のうのうと生活しているなか、障害者に仕事をさせるんですかと私は思いますが・・・

仕事より、お金や生活面の支援をするべきではないかと思います。

私の姉も、聾唖者です。

いつも、お金がない、お金がないと言っています。

障害者の方が仕事をしても、普通の方以上の事はできないし、給料もそれなりの給料です。

やはり、表向きは、いいように言っても、現実は違います。

私に行なわれている、この集団ストーカー・組織ストーカーも同じような事が言えると思います。

表向きは、良くなるように見せかけていますが、悪い方向に向くように工作をされている気がします。

それは身内のトラブル、近隣のトラブル、事件や事故・病気などの誘発を操作されているようです。

それは、防犯活動で丸め込まれ、真実が隠されています。

私は、危険人物・異常者扱いをされ、防犯活動の監視対象にされています。

これは、正常なターゲットを、防犯活動の監視対象にし、防犯活動を行なっている最中に、トラブルや病気を誘発させるというのが、この集団ストーカー・組織ストーカーの本当の目的のようです。

そして、私が何かの事件を起こせば、やっぱりそうだったでしょと、言うようなシナリオになる手はずだと思います。

だから、防犯もイライラさせる防犯活動、何かしてください。

という付きまといの仕方、何か周りが早く、事件を起こしてください。

と、やきもきしているように見受けられます。

私が取る行動は、何をしても悪く取られるように、されています。

誰でも、普通に行なっている行為を、私が行なえば危険な行為にとられます。

何をしてもです。

私が、部屋からトイレに行くだけでも、部屋を出ると周りに警戒を呼びかけるような、救急車のサイレンがなり、母親もびくびくしているように思えます。

これは、私が母親に何か危険な行為をするかのように、近隣から言われているのだと思います。

ですから、母親もサイレンが鳴る度に、びくびくしています。

しかし、母親にはサイレンの音は聞こえていません。

耳が遠くて、サイレンの音は聞こえていません。

近隣からの音声送信で、動かされているのだと思います。

こんな事がありました。

私の何らかの行動で、サイレンが鳴り、母親に音声送信の指示が入ったのでしょう。

母親が急いで、玄関に逃げる途中、転んで腰を打ち、腰を更に悪化させたという経緯があり、その為、入院をしてしまいました。

これは、防犯活動を利用した、病院のお客さんを増やす行為になります。

周りも、防犯活動に見せかけていますが、薬を多く飲ませるような工作をされています。

血圧もいい例です。

病院で計る血圧の数値は、異常に高い数値になっています。

これなども、数値が上がるような工作をされていると思います。

それにより、飲まなくてもいい薬を、たんまりと貰っています。

まぁ、いいお客さんに、されています。

私が言っても、余り聞く耳をもたないようです。

近隣から私は、危険人物にされているので、私より近隣の言う事を聞いているようです。

だから、私に対しても、嫌がらせのような行為を受ける事になってるんですけどね。

結局、この集団ストーカー・組織ストーカーの防犯活動は、私を中心に周りも被害者にされていると言う事です。

それも、分からないように、騙され被害を受けています。

その被害の認識をなくしているのが、この防犯活動です。

本当にしかけている人間と、騙されている人間が地域に混在しています。

この、仕掛けている側は、大きな被害を受ける事はありません。

ですので、よく見ていれば大体、分かります。

それに、被害を受けるのは、純粋な日本人が多いと思います。

でも、まぁ、実際のところ、何故、私がターゲットにされているのか、ハッキリとした原因が分かりません。

加担者に聞くのが一番なのでしょうけど、これは、ターゲットには、言ってはいけない事になっていると思います。

言えば、この嘘がバレますからね。

ですので、本当の私を知っている人間は、私の周りにはいません。

そう言う人は、私から離れる工作をされるか、亡くなった方も多くいらっしゃいます。

ですので、周りもそっち側につくしかないと思っています。

それは、私も重々承知しているつもりです。

ですから、そこまで踏み込んだこともできないし、していません。

しかし、父親も亡くなり、今までのように、なにもかも隠すこともなくなりました。

今までは、親に何かを、されるのではないかという不安で、隠していた部分もありましたが、もう、そこまで気を使う必要もなくなりました。

母親がいますが、母親はどちらかと言うと、そちら側に動かされています。

早く変わってほしいと、思っています。

何があろうと、何をされようと、親は親ですから、

そこが、ちょっと辛いかな。

まぁ、色々整理をしていると、いろんな物が出てきます。

こんな写真がありました。
(写真をデジカメでとり、いらない部分を切り取って一切修正なしです。)

現在の私は、盗撮や隠し撮りをされて、もうみなさん知っていると思いますので、止めておきます。

これが、58年前の私の写真です。

まだ、歩いている様子ではないので、何ヶ月かだとおもいますが、私にも、よく分かりません。

私は、1957年2月生まれです。

服装からして、暑い時期ではないようです?

この撮影の場所が、何処か分からず、ずっと考えていましたが、やっと分かりました。

この場所は、道です。

この場所は、鳥取市立川4丁目の山の手です。

後ろに、石垣があります。

私の自宅は、石垣の上にあります。

石垣の上の垣根の向こうに自宅があります。

多分、この場所は自宅のちょうど、真ん中辺りだと思います。

この当時はまだ、未舗装で地道だったんですね。

影をみると、写真に向かって左に影があります。

この場所は写真に向かって、右斜め後ろが東になります。

ですので、午前10時前後かなとも思います?

先に言っておきます。

マイクらしき物を持っている左手の指は、4本に見えますが、マイクらしきものの影に隠れています。

ちゃんと、5本ありますよ。

マイクらしきものが、何故、立っているのかは分かりません。

軽くて、バランスがよかったのでしょう。

余り、深く考えないでください。

椅子の後ろで、私を支えているのが、祖母です。

今は、石垣もなく、コンクリートの壁になっています。

私が、高校を卒業し、県外に出てから全てが変わってしまいました。

今、法務局の方が、近くに事務所を構えて、敷地の境界線を確認されています。

今は、ごちゃごちゃとした感じですが、昔はゆったりとした、のどかな所でした。

自宅の近くにも、神社があります。

「宇宙への旅立ち」のサイトは、神社仏閣はと言う内容もあります。

この場所もご多分に漏れず、そのような場所だったようです。
(当然、現在は何も行なわれておりません。)

早い話が、「宇宙への旅立ち」の言い方をお借りすれば、首ちょんぱなんですけどね。

ですので、神社あり、お地蔵さんあり、お墓あり、五輪塔ありの場所です。

私の部屋の戸を開けると、五輪塔が見えます。

その五輪塔の一番上は、顔の形に見え、私の部屋の方向を向いています。

そして、その五輪塔から少し山の中に入っていくと、雷の落ちた後があります。

雷で、幹がえぐられた、木があります。

その場所も、私の遊び場になっていました。

今は、山に入る事もなくなりましたが、今もしっかり成長していると思います。

そんな中で、神社や山を駆け回って遊んでいました。

その当時、その神社には、キイロスズメバチの巣が、2つあったはずです。

そのハチがブンブン飛ぶなか、遊んでいましたが、刺される事はありませんでした。

ハチに刺されたのは、小学校の時、他の場所で刺されました。

つくしとりをしていて、首の後ろにチクッとされました。

つくしとりに夢中になって、ハチの存在に気が付かず、チクッとアシナガバチに刺されました。

このころは、おしっこをかけたほうがいいと言われていたので、すぐ土手の川に向かって、おしっこをして、おしっこを指にとり首の後ろにつけました。

効果があったのかどうかは分かりません?

その後は、憶えていません。

その場所は、小学校の見える土手沿いです。

今は、家が建っています。

話は、写真に戻りますが、

この写真で、私が今何故このような事をされているのか分かりませんよね。
分かる人、いませんよね。

この防犯活動は、ただ単に、見せかけの防犯活動です。

世の中には、危険な方が、他に沢山いらっしゃるのではないでしょうか?

なぜ私にして、そのような方には、しないのですか?

そのような方の、防犯活動はしないのですか?

付きまといの嫌がらせのような、防犯活動はしないのですか?

この連中に、お聞きしたいです。

すると、このような答えが返ってきそうです。

『怖いから・・・』

では、


スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*