日々の集団ストーカー行為 2015年07月03日(金曜日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

忌中の、まっただ中です。
父親を亡くし、四十九日の忌明けまで、静かにしていようかなと、思っていましたが、この連中は、おかまいなしです。

本当に残念です。

父親を守れなかった事が、非常に残念です。

私は、集団ストーカー・組織ストーカーの被害者にされています。

これを、逆の立場から見ると、危険人物・異常者と言う事にされています。

ですので、両親・家族、近隣から町中が、危険人物・異常者にされ、いつ何をするか分からないような人物にされていると思います。

ですので、両親もそう思わされていたと思います。

その為、近隣あるいは、自宅の前の走り抜ける車、歩行者などから指示を受け、動かされていたと思います。

指示というのは、多分、音声送信で伝えられていたと思います。

そして、食事も私が作っている状況を盗撮・監視をし、父親に、あれは食べるな、これは食べてもいいとか、指示をしていたような感じを受けました。

そして、食べる食事の量も、だんだんと減り、やせ細っていきました。

夜中も起きていたようで、私が夜中にトイレに行く度に、何かをするのではないかと警戒をしていたような感じです。

多分、これも近隣からの指示だとおもいますが・・・

そして、私が、パソコンで動画を見れば、どんな動画でも何か悪い事をしているように思わされていたようです。

それに、文字打ちも同じです。

だから、通販サイトの文字打ちをしても、これは同じです。

そして、最大は、この「宇宙への旅立ち」のサイトを見ると、それ以上の警戒をしていたようですし、この「宇宙への旅立ち」のサイトを見ると、町中が大騒ぎになります。

ですので、普通の方がやって何でもない事を、私が行なえば、危険な行為に受け取られ警戒・監視をされます。

今でも、そうですが、毎日大変な日々を過ごしています。

父親も、電磁波を受けていたのも事実です。

この行為は、被害者を中心に、周りも被害を受けます。

当然、被害者がターゲットですので、被害を受けますが、それ以上に周りも被害を受けます。

病気やケガ、事故や不幸など、周りで頻繁に起きます。

それで、お金の流れを作っています。

要するに、こいつらの、やっている事が犯罪行為であるため、町中を取り込まないと出来ない行為だと言う事もあります。

父親も、被害の巻き添えを、くらったと思っています。

周りは、防犯と称して、いいようにしているようですが、実は逆の効果になります。

私も父親を何とかしたかったが、私を信用していないような感じだったし、周りからの指示もあるし、私の電気信号や思考も父親に強く伝わっていたようで、それ自体、父親もイヤだったようです。

そして、この音声送信ですが、私の声も録音され、父親に音声送信として、送信されていたようです。

こんな事を繰り返しながら、電磁波による左足の痛みも加わり、段々食事も取れなくなり、本当に一気にやせ細り、最後は、食事や水分を拒むようになり、自ら死を選んだようにも感じられましたが、その夜、みなが寝ている間に、一人亡くなりました。
残念でもあるし、悔しくてたまりません。

こいつら、今、それを母親にしています。

まだまだ続く、この馬鹿連中。
隣からの電磁波・超音波の低周波振動は毎日。

まだまだ続く、
音声送信・思考盗聴・思考盗撮。

こいつらは、本当に犯罪集団としか思えません。

私には、プライバシー・人権は、全くありません。

こいつらには、感情がないようです。

これは、人権蹂躙です。
(こいつら、地獄に堕ちればいいと思う、今日このごろです。)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ほたるのひかり、まどのゆき、

ふみよむつきひ、かさねつゝ、

いつしかとしも、すぎのとを、

あけてぞけさは、わかれゆく。

合掌、

合掌、

合掌。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

以下は、父親が亡くなる前に、考えていたものを、少し手直しをして載せています。

あへあへ、

アァ~、ウゥ~、

イイ、イイ、イク~~!!!!

な、なんだって、

鳥取砂丘で体を折り曲げて、ヨガってるって、

だめだよ。

鳥取砂丘でヨガっては、ビラビラのお口に砂が入ってしまいますよ。

じゃり砂利、ジャリンコちえちゃん

ならぬ
じゃり砂利、ジャリンコでエッチなんて、

えっ!

な、なんだって、

ナチュラル?

ナチュラルなヨガだって、

いゃー、失礼しました。

体を折り曲げる健康・美容のヨガだったんですね。

体を折り曲げるヨガって、いいですね。

ボキ、ボキ(骨のなる音です。)
説明しなくても分かってもらえると思ったのですが、念のために。

夕日を見ながら妄想?

エッチな妄想?

あれ、何かへんですね。

あッ、失礼しました。

瞑想です。

瞑想ですね。

水平線に沈む、綺麗な夕日を見ながら・・・

ーーご注意ーー
ビラビラのお口に砂が入っても、海で洗わないでくださいね。
ここは、遊泳禁止です。
海流が複雑なので遊泳禁止です。
離岸流に、ちょっと、その沖までお運びしましょうか?
お金は入りませんのでと、言われて乗ってしまうと、あっと言う間に沖に運ばれてしまいます。
波打ち際で遊ぶ程度はいいですが、ドボーンと海に入らないでくださいね。

なに、なんだって、

また、ヨガってるって。

こんどは、池の上でヨガってるって。

なに、蓮の葉でヨガってる。

ハッスル、ハッスル(これ、死語かな??)

だめだよ、池の上でヨガっちゃー、

池に落ちてぬれちゃうよ。

なに、もう濡れているって。

ありゃー、

ヨガパワーかい?

この池は、多鯰ヶ池(たねがいけ)という池です。

鳥取砂丘のそばにある池なのですが、お種(たね)伝説のある池です。

伝説の内容は、ウィキペディアより引用させて頂きます。
https://ja.wikipedia.org/wiki/多鯰ヶ池
https://ja.wikipedia.org/wiki/多鯰ヶ池のおたね

ーーーーー引用ここよりーーーーー
昔、因幡国法美郡宮ノ下に長者があり、大勢の使用人が働いていた。ある時長者は、福部の細川というところからお種という名の美しい少女を雇い入れた。この長者の家では、一日の仕事が終わると使用人たちが集まってあれこれと話し合いをするのが常だった。その日も使用人たちが集まって話をしているうち、「腹が減った」「なんぞ食うもんはないかいや」と言い出した。すると、お種がどこからかとても甘い柿をもいできて、使用人に振る舞った。それからも時々、お種は客人や使用人に柿を振る舞うことがあった。お種がどこから柿をもいでくるのか不思議に思った使用人たちは、ある夜お種をつけてみた。お種は屋敷から4里ほど離れた大きな池の畔に着くと、着物を脱ぎ捨て、見る間に白蛇に姿を変えた。白蛇に姿を変えたお種は池をすると泳いで行くと、池の中程にある島へと渡っていった。その島にはたわわに実った柿の大樹があった。お種は蛇に変身して、その島にある柿をもいできていたのである。驚いた使用人たちは屋敷に戻って一部始終を話した。しかし、それ以後、正体を見られたお種が長者の屋敷に現れることはなく、それとともに長者の権勢も次第に衰えていったということである。

・お種に変身していた白蛇は、池の北岸の大島にある弁財天に祀られている。
・お種が働いていた長者の屋敷は、摩尼寺のふもとにあったとの伝承もある。
・正体を見られたお種が長者の屋敷まで使用人たちを追いかけてきて、固く閉ざされた屋敷の門に鱗を貼って去っていったという結末も伝えられている。
ーーーーー引用ここまでーーーーー

ハッキリは、憶えていないのですが、30代の頃、池のそばまで行ったことがあります。

何をしにいったのか、今は思い出せないが、多分釣りに関係しているような気がします。

池で釣りといえば、ブラックバスかな???

伝説の中で、福部の細川という地名が出てきます。

福部の細川といっても、かなり広いですが、私が車で事故をした場所も、福部の細川です。

あのときは、本当に驚きました。

かなり前方から、雨も降っていないのに、道路が黒く見える場所がありました。

なぜ、そこだけ黒いのか、不思議に思いながら、近づくと、ワッと驚き、急ハンドルを切ってしまいました。

道路に、犬が寝ていたんです。

いゃー、本当に驚きました。

その場所は、道路の右側に川が流れていて、右側に急ハンドルを切ったために、目の前に川が、また、ワァーとなり、左に急いで切り直すと、こんどは家のそばに置いてあった、大きな石が目の前に、またまた、ワァーとなり、右にハンドルを切り直すが、間に合わず、後ろの横を、その大きな石にボッカーンとぶつけ、しばらく、キーコキーコと走り止まりました。

後ろのバンパーはもげ、横がボッコリ、ヘッ込んでしまいました。

バンパーを拾い、タイヤに引っ付いている部分を、なんとか手で離し自宅に帰りました。

まぁ、自宅に帰り、言うまでもなく、こっぴどく叱られました。

その後、車は廃車です。

今思えば、ホログラムの映像を、見せられていたような気がします。

犬も何となく、薄っぺらい感じもしたし、その箇所だけ黒くなっていたのも気になります。

それに、犬も馬鹿ではありません。

そんな危険が場所に、ずっと寝ているとは思えませんし、朝方の釣りに行くときの車も少ない時間帯とはいえ、一台も通っていなかったとは思えません。

これも、組織ストーカー・集団ストーカーの工作のような気がしてなりません。

それにも増して、このときもスローモーションで、見えていたような気がします。

だから、ハンドル操作が間に合ったような、何か不思議な感覚でした。

このような場所は、証拠隠滅のような工事が始まります。

お種さんの話に、戻します。

多鯰ヶ池(たねがいけ)のほとりには、弁天さんが祭られているそうです。

「多鯰ヶ池弁天宮」で、伝説のお種さんが祭られている「お種の社」だそうです。

私は、まだ行ったことがありません。

金の種がなくなった、私が言うのも変ですが、この社は、古くから金銀財宝をもたらすと言われている所だそうです。

どんな金って、ここはお種さんの甘い柿の伝説の場所だから、間違いなく、柿でしょう。

柿でも、お種さんだから、柿の種、柿の種でも金の柿の種。

私もここに行けば、金の種が手に入るのかな???

失われた、金の種が手に入るのか???

今の所、行く予定は、ありませんが・・・

この金の柿の種。

男性が食べると、夜、下半身がキン金になるのかな?

よがるヨガにびったし、なんて???

ところで、柿の種は誰が作っているのかな?

えぇ、なに、亀田さん?

亀?

亀さん?

亀さんの頭?

おぉ、それでキンキンになるんだね。

それ、すっごい、夢物語で~す。

鳥取砂丘のそばの多鯰ヶ池に、金の柿の種。

スナバでコーヒーを頼めば、もれなく、おつまみに金の柿の種がついてくると、嬉しいね。

まだ、そのようなサービスは、ないみたい、残念!

今の社会は、嘘だらけです。

歴史も何もかも、嘘だらけです。

裏社会、地球を支配する闇の政府の都合のいいように、塗り替えられています。

好きな色に、塗り替えられています。

この地球は、大きな柵の中で人間が飼育されています。

お金と言う餌を与えられて、生活しています。

飼育している輩の都合のいいように、塗り替えられています。

だから、早くその嘘に気が付いていただきたいです。

私達は、お金に縛られ、お金の為に働いています。

朝から晩まで、お金の為に働いています。

これも人間を縛るため、人間の自由を奪う為です。

これが、闇の政府の作ったお金のシステムの目的です。

お金の為に、しっぽを振り、お金の為にしたくない事まで、しなければなりません。

しかし、よくよく考えれば、このお金・お札は、ただの紙切れなのです。

この紙に印刷したお札の為に、朝から晩まで働いています。

今の世の中は、お金がなければ、何もできません。

何をするにも、

お金がない。

お金がない。

これが、口癖のようになっています。

これでは、真の平和にはならないし、

これを変えなければ、真の平和には、なりません。

お金に縛られ、お金の為に働く、

この悪魔のシステムを、変える時期にきていると思います。

極端な話、お金がなくても生活は出来ます。

地球がひとつにまとまり、その方向に舵をとえれば、いくらでも可能です。

このシステムを、変えなければ、

本当の平和は、訪れないと思っています。

地球の悪の膿み出しをしなければ、本当の平和は訪れないでしょう。

しかし、この膿み出しをするには、痛みを伴います。

痛みを伴いますが、膿み出しをしないと平和にはなりません。

この、お金の為に人生が変わってしまいます。

たかが、紙切れのお札のために、人生が変わってしまいます。

それは、その人の本来の人生ではありません。

これでは、本当の平和は訪れません。

よく、愛と平和と言われますが、今の社会は、絵に描いた餅です。

この世の中、お金が全てを狂わせています。

私は、集団ストーカー・組織ストーカーの被害者になり、つくづくそう思えるようになりました。

被害者になった事は、名誉なのか不名誉なのか、私にも分かりませんが、ただ、言える事は、今の世の中、悪が正義になり、正義が悪になっている事実です。

それを、そう思わせない、巧みな工作がされています。

それに、早く気が付いてほしいと、つくづく思います。

個々の、一人一人の考えが大切になります。

今の世の中は、権力とお金、そのものだと思います

権力とお金、そのものが悪の存在です。

では、


スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*