日々の集団ストーカー行為 2014年10月09日(木曜日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

まだまだ続く、隣からの超音波の低周波振動。

隣は、防犯活動の監視ではなく、観察と言ったほうが、正解だと思います。
人体実験の観察、金儲けの観察、隣は情報屋です。

防犯活動にしているのは、観察が堂々と行なえるからではないでしょうか。
この監視行為を行なうために、私は危険人物にされ、異常者にされ人権もプライバシーもない状態にされています。

この行為は、人体実験でもあります。
すべては、人体実験が支障なく行なわれるための行為であり、人体実験の証拠隠滅の行為でもあります。

こうすれば、どのようになるかなど・・・さまざまな場面を作り出し情報を収集しています。

結局のところ、テレパシー送信のようなものだと思っています。
しかし、まだまだ問題があるようですが、今更、こんな人体実験をしてどうなるのかと思います。
それより、これから起きると思われる、地球の心配をしたほうがいいと思いますが、

隣は、情報を与えないでいると、情報をださせようと、色んな工作をしてきます。
部屋に虫が多いのも、そのせいだと思っています。
とどのつまりは、金儲けなのでしょう。

最近は、足裏に電磁波を照射される行為が増え、足裏、特に足の指あたりに、ズキィーンと痛みが走ります。
これは台所です。台所の流しの前に立つと、必ずと言っていい程きます。
朝昼晩と流しの前に立ちます。
その度に痛み、治る時間がありません。
そのせいか、足の指を曲げると痛みが走り、感覚がないような状態です。

パソコンの内容もリアルタイムで盗撮をされ、監視・情報収集をされて筒抜け状態です。
何故そこまで、する必要があるのか、私には分かりません。
隣は、防犯活動で私を観察しているのではなく、私の行なっている内容を観察しています。
だから、隣が真剣に観察をしているのは、パソコンの内容と運動です。
金儲けに繋がるからです。
他の時間は、嫌がらせの工作です。
これが一日、24時間行なわれます。

風呂・トイレの盗聴・盗撮なども、人権侵害の度を越しています。
食べ物も何をどう食べたか、全て観察されています。

かなりの頻度で食べる食品は、私用の食品に変わります。
私にとって、都合のいい商品は、この鳥取市から商品が消える事もあります。
通常では考えられない行為です。

どこの店も全て加担状態です。
当然、そうなると思います。
政府が行なっている人体実験ですので、当然、そうなります。
買い物に出掛けると、店に買い物客の加担者が、押し寄せます。
押し寄せて、私の周りを、うろつき始めます。
これは、危険人物扱いをする工作で、いかにも監視をしているように見せかけています。
店に入ると,決まったように業務連絡が放送されます。
何かの合図だと思っていますが、この業務連絡が入ると店員のうろつきが始まります。
人体実験に必要な商品は安くし、人体実験に不利になる商品は、高く設定されています。

思考の人体実験ですので、私の考える内容は、全て隣に読み取られています。
私が間違った打ち込みをすると、んんっ!と隣の声が瞬時に、耳も元に聞こえてきます。
プライバシーの侵害とかの、レベルの問題ではありません。
ほんの僅かな感情の変化や、ほんの僅かな目線の動きなども、全て電機信号として読み取られているようです。

私の情報を読み取る前、読み取った後に、必ず隣でトンと音出しがあります。
思考の増幅の関係で、音を出しているのか、出てしまうのか、そのあたりは分かりません。

私の体は普通の方以上に、電気信号が発生していると思われます。
電磁波や超音波の低周波は、電気信号の充電にも使用されているのでしょうか?

この私から発生する電気信号を読み取り、タイミングを合わせた音出し行為や、タイミングを合わせた動き出し行為に利用されています。
その度に、私の思考が働くようになります。
反射的に働くようにされています。
それを、防犯活動の一環として利用しています。

防犯活動に、タイミングを合わせる行為が必要なのか、疑問に思えます。
この行為を一日中、毎日、毎日行なわれています。
その為、隣が張り付くように観察をし、情報収集をしています。
時には、音出しを行ない、私の思考が働くような工作をしています。
私のやること、なすことを観察し、いつもクスクス笑って楽しんでいます。
その声が、私の耳元によく聞こえます。

私はこの声を聞きながら、こいつらの神経は、どうなっているのかと疑います。
このような行為を毎日、何年も行なっているのに、悪びれたようすもありません。

コソコソ、影に隠れて盗聴・盗撮を行ない観察をし情報収集を行なう。
それだけならまだしも、電磁波や超音波を照射し痛みを与える。
卑怯きわまりのない行為です。
この集団ストーカー行為は、卑怯きわまりのない行為です。

地域ぐるみ、町ぐるみの工作です。
この行為は、人間として恥ずべき行為である事は確かですが、止める事は出来ません。
政府による人体実験ですから・・・

この人体実験ですが、

人体実験を行なう人間をどう決めているか、小さい頃の事を思い出し、ふと思った事があります。

間違っているかも分かりませんが、このような可能性もあるのではないかと思います。

(実際はどうであるか、本当に分かりません。私のひとつの考えとして捉えてください。その点をご了承ください。)

義務教育があります。

義務教育を受けます。

小学校に入れば、必ず身体検査が行なわれます。

この身体検査を小学校の間に、何度か繰り返すうちに、ある程度、目星を付けられるような気がしています。

その段階できまると、国の所有物のような、国の管理下に置かれるような状態になるのではないかと思います。

家庭では、普通に生活をしますが、周りも、あまり深入りができないような状態になるのだと思います。

何をするにしても、何処かで許可のようなものを貰わないと出来ないような。

例えば、こうしたいと言っているが、させてもいいかと言うような感じではないでしょうか。

それが、決まると、収集の監視・観察がはじまります。

何処で、何をするかも、調べられています。

一人で出来る事は、まずなくなります。

必ず、誰かが付いてくるような状況になります。

同級生の中にも、そう言う人物が増えてきます。

一人で遊ぶ時もありましたが、それは必ず、何処かの家、あるいは何処かで、誰かが監視・観察をしていたと思います。

山や神社で遊んでいる時は,一人の時も多かったですが、それは、もう何をするか分かっていた、からかも分かりませんし、場所も決まっています。

山や神社で遊んでいたのは、小・中です。

その時は、神社がどのような物か、何も詳しい事は知っていません。

山があり、遊び場にちょうどいい、神社が近くにあったから、遊んでいただけです。

私が一番、強く感じたのは、中学2年の時に、海で投げ釣りを始めたときです。

朝早く起き、自転車に竿とクーラーを縛り付け、海に向かいます。

海に着き、釣をはじめると、大人の人が私のそば近辺に居ることが多々ありました。

子供ながらに、ちょっと違うなと、感じていた憶えがあります。

何処で何をするにしても、誰かが付いて来るか、何処かで誰かが見ていたと思います。

今現在も同じですが・・・ハハッ。

それは、やはり学生の時からそうでした。

だから、これは人体実験に支障のないように、周りが動いていたのではないかと思います。

人体実験が円滑に行なえるように、邪魔なもを排除するような、

だから、人体実験に支障の出る行為は誰も出来なかった。

だから、学校以外で、誰からも何も教わった記憶はありません。

何をするにしても、独学で、本を頼りにしていました。

学校の勉強は、ほとんどしていません。

学校から帰ると、カバンを置いて山の中に消えることが、多かったと思いますよ。

学校のテストも分からなくて、白紙で出した事もありました。

テストを白紙で出して、職員室に呼び出されたこともありましたね。

いゃー、惨め!

アホなんです。

自慢ではないですけど、字も汚くて書けない、漢字も読めない、計算もろくに出来ない状態です。(今は電卓がありますから、)

この歳になって、始めて書く漢字、始めて読む漢字の多いこと、辞書を調べ調べです。

仕事や生活に必要な、最低限の読み書きソロバンは、学生の時に勉強しておいたほうがいいと、後悔の念ねんです。

この人体実験も、支障のないように、某宗教団体が動いていると思います。

そして、この人体実験、何となく50歳が、ひと区切りのような気がしています。

違うのでしょうか???

支障のないように動いていた、某宗教団体が、こんどは一転、人体実験の証拠隠滅に変わります。

違うでしょうか???

犯罪者、異常者、重病人、自殺などに仕立て上げ、追い込み社会からの隔離を始めます。

いわゆる、これが集団ストーカー行為となって現れます。

こうなると、本人の好きなことは出来なくなり、ストレスの掛かる嫌な迷惑な事ばかりされます。

例えば、こんな事までします。

鳥取県と兵庫県の県境の手前に東浜海岸があります。

その場所に、ちょっとした磯に渡る橋が掛けてあります。

その場所は、キスシーズンの走りの頃、そこそこの大きさのキスが釣れる場所です。

釣りも止め、何年か前にブラーとその場所に行って見ると、ウッワッ!

橋が落ちている。

石で出来た重たい橋が、外れて落ちていました。

驚きです。

少々の波でも、落ちるような橋ではありません。

何か手が加えられたなと、一目、見ただけで、分かるような状況でした。

本当に、驚きです。

ここまでするかと言う感じです。

まだまだ、他にも有りますが、もうひとつだけ、

鳥取市の県庁から東側に樗谷(おおちだに)公園があります。

この場所も変えられています。

山肌の地形が変えられています。

この場所は、秋口になると子供を連れて、しいの実拾いによく行った場所です。

このような、しいの実拾いのも結構、楽しいものです。

栗拾いや山菜採りも楽しいですが、しいの実拾いは別の楽しみ方が、あるような気がします。

それは、しいの実自体が小さいと言う事もあります。

立ったまま見つかるものも有れば、落ち葉の下や、地面のくぼみや、枯れ木の影にあったりと、どのような場所に落ちているか、その地形を考えながら、場所を特定しながら、拾う楽しみと探す楽しみがあります。

このような場所も、しばらく行かないでいると変えられています。

いつ頃だったか忘れてしまいましたが、公園に行く機会があり、そのとき、その斜面を見ただけで、一目瞭然で何か違うと分かりました。

変わっています。

変えられています。

その場所は、鯉の泳いでいる、池のある場所の東屋の上です。

最近は、いっていないので今現在は、どうなっているのか分かりませんが・・・

こいつらは、本当に、こんな事までするんです。

だから、私の過去はなく、想い出も場所も、ほとんどありません。

唯一、小学校だけは同じ場所にありますが、中の配置が建て替えで、ガラッと変わり、昔の面影はありません。

ちなみに、この小学校、校庭の直ぐそばに神社があります。

このように、集団ストーカー行為を受け、過去の想い出の場所はなくなり、ぐちゃぐちゃにされ、過去が分からない、思い出せないような状態にされていると思います。

もし、思い出しても、すでにそのような場所は、ない状態にされているのだと思いますが・・・

その中、工作に加担し上手くいけば、ご褒美がもらえ、また、工事の受注も増えている事は確かです。

こうして、お金を動かしつつ、私にストレスを掛け、犯罪者、異常者、重病人、自殺などの中の、どれかに当てはまるよな行為が始まります。

始まりますと言うよりも、始まっています。

ただ、私が持ちこたえていると言いましょうか。

長引いていると言いましょうか。

それなら、嫌がらせをしつつ、甘い汁を吸えるとこまで、吸っちゃえというのが、今の現状じゃないでしょうか?

だから、さらなる脳波・思考の人体実験が始まっているようです。

そうですね お隣さん。

そうですね 違いますか、お隣さん。

毎日ご苦労様 お隣さん。

いくら、儲かりましたか お隣さん。

私は、話の分からない人間ではないと思っています。

しかし、誰も話そうとはしません。

話せない理由が、そこには、有るようです。

近隣全てにおいて、固く口止めをされているような気がします。

正当な行為ではないです。

陰険な嫌がらせは、許しがたい行為です。

このようなことも踏まえて、こちらのサイトをご覧になってください。

参考になると思います。
今後のことも記載されています。

ホピの道(ホピの予言)
http://hyla.jp/hopi.htm

こちらもまだ、ご存知でない方は、ご覧になってください。

私がよく訪問しているブログです。
本当の真実が分かります。

宇宙への旅立ち
http://reptilianisreal.blogspot.jp/

では、


スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*