日々の集団ストーカー行為 2014年10月07日(火曜日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

まだまだ続く、隣からの超音波の低周波振動。

隣は、防犯活動の監視ではなく、観察と言ったほうが、正解だと思います。
私の観察をし、情報を収集する情報屋のように思えます。

防犯活動にしているのは、観察が堂々と行なえるからではないでしょうか。
この監視行為を行なうために、私は危険人物にされ、異常者にされ人権もプライバシーもない状態にされています。

この行為は、人体実験でもあります。
すべては、人体実験が円滑に行なわれるための行為でもあり、人体実験の状況を作り出す行為でもあります。

こうすれば、どのようになるかなど・・・さまざまな場面を想定させられます。

結局のところ、意思の疎通です。
機器を使用しないでも出来る意思の疎通です。

イルカのような、意思の疎通が本来の目的でしょう。
私は、テレパシー送信のようなものだと思っていますが、

隣の連中は、人体実験の情報収集でもありますが、また、その人体実験を利用して、別の金儲けをしているような気がいたします。

情報を与えないでいると、情報をださせようと、色んな工作をしてきます。
部屋に虫が多いのも、そのせいだと思っています。
とどのつまりは、金儲けなのでしょう。

最近は、足裏に電磁波を照射される行為が増え、足裏、特に足の指あたりに、ズキィーンと痛みが走ります。
不思議なのは、足の指先の一点に電磁波を照射される時もあります。
そのせいか、足の指を曲げると痛みが走ります。

パソコンの内容もリアルタイムで盗撮をされ、監視・情報収集をされて筒抜け状態です。
何故そこまで、する必要があるのか、私には分かりません。
極端な話をすれば、一日に何回、呼吸をしているかなどが分かるほど、事細かく観察をされていると思います。

風呂・トイレの盗聴・盗撮なども、人権侵害の度を越しています。
食べ物も何をどう食べたか、全て観察されています。

かなりの頻度で食べる食品は、私用の食品に変わります。
私にとって、都合のいい商品は、この鳥取市から商品が消える事もあります。
通常では考えられない行為です。

どこの店も全て加担状態です。
当然、そうなると思います。
政府が行なっている人体実験ですので、当然、そうなります。
買い物に出掛けると、店に買い物客の加担者が、押し寄せます。
押し寄せて、私の周りを、うろつき始めます。
これは、危険人物扱いをする工作で、万引きをしないか、いかにも監視をしているように見せかけています。
買わせたい商品は安くし、買わせたくない商品は、高く設定されています。

このような人体実験ですので、私の考える内容は、全て読み取られています。
プライバシーの侵害とかの、レベルの問題ではありません。
ほんの僅かな感情の変化や、ほんの僅かな目線の動きなども、瞬時に読み取られているようです。

私の情報を読み取る前、読み取った後に、必ず隣でトンと音がしています。
思考の増幅の関係で、音を出しているのか、出てしまうのか、そのあたりは分かりません。

私の体は普通の方以上に、電気信号が発生していると思われます。
電磁波や超音波の低周波は、電気信号の充電にも使用されているのか?

この私から発生する電気信号を読み取り、タイミングを合わせた音出し行為や、タイミングを合わせた動き出し行為に利用されています。
その度に、私の思考が働くようになります。
反射的に働くようにされています。
それを、防犯活動の一環として利用しています。

防犯活動に、タイミングを合わせる行為が必要なのか、疑問に思えます。
この行為を一日中、毎日、毎日行なわれています。
その為、隣が張り付くように観察をし、情報収集をしています。
時には、音出しを行ない、私の思考が働くような工作をしています。
私のやること、なすことを観察し、いつもクスクス笑って楽しんでいます。
その声が、私の耳元によく聞こえます。
盗聴をしている時に、盗聴をしている側が声をだすと盗聴をされている側に聞こえると言われています。
私はこの声を聞きながら、いつも異常だなと思っています。
このような行為を毎日、何年も行なっているのに、悪びれたようすもありません。
こいつらの神経は、どうなっているのかと疑います。

コソコソ、影に隠れて盗聴・盗撮を行ない観察をし情報収集を行なう。
それだけならまだしも、電磁波や超音波を照射し痛みを与える。
卑怯きわまりのない行為です。
この集団ストーカー行為は、卑怯きわまりのない行為です。

地域ぐるみ、町ぐるみの工作です。
この行為は、人間として恥ずべき行為である事は確かですが、止める事は出来ません。
政府による人体実験ですから・・・

ちょっと、息抜きにどうぞ。

いゃー、またまた、いもを食べました。

ありゃ、こんな所に、おけ毛が、

いもに、おけ毛が、ちょろりん。

それ、いもの、いーもー(陰毛)?

失礼しました。
つまらない、ジョークです。

2014年08月06日 水曜日の一日の出来事ーーーーーーーー

6日、日付が変わってから、緩い超音波の低周波振動がきています。

午前零時10分頃~

ふと、作業の手が止まり、何かを考えたからなのか、それとも、強めの超音波の低周波振動を感じたから、作業の手が止まったのか分かりませんが、日付が変わって、しばらくすると、必ずのように強めの低周波を感じています。

午前02時25分頃~

パソコンの電源を切り、布団へ入りましたが、しばらく眠れない時間帯が続きます。

午前06時40分頃~

トイレで目がさめ、トイレから戻り布団に入ると、そこから強い超音波の低周波振動を腰の辺りに照射されます。

苦しいから寝返りを打って、腹を下にでもしたら、一気に腹に痛みを感じ始めます。

また、上向きになり、苦しさを我慢しながら横になっていると、知らぬ間に寝ていて、気が付くと、午前09時を回っています。

午前09時29分頃~

ゆっくりと、時間を掛けておきます。

強い超音波の低周波振動を寝ている時に照射された時は、体が思うように動きません。

頭で起きようと思っても、体がだるくて動きません。

このような時は時間をかけて、ゆっくりと起きます。

そして、軽い食事をとり、運動を始めます。

この運動を始めようとすると、必ずのように、救急車のサイレンが鳴り始めます。

運動を始める前、あるいは終わりにサイレンが鳴ることが多いです。

そして、運動の最中にもサイレンがなる事がありますが、それは運動の内容によってサイレンを鳴らしているようです。

してほしくない運動を始める前あたりに、サイレンが鳴っているようです。

だから、運動の時間帯は違えど、その運動を始める前に、サイレンが鳴る事が多いです。

今日程、運動に時間をさいた日はありません。

運動を始めようと、その場所に行くと、ゲッ!

と言うのも、こんな状態になっていました。

カーテンレールが外れていました。

いつも、こんな事ばかりです。

その前は、風呂場の棚に置いてあるものを、取ると棚がガターンと外れて、上に乗っている物が、全て落ちてしまいました。

何でと思いましたが・・・

このカーテンレールの取り付けで、時間をくい、運動をしている最中にも、またドサッと外れてしまい、また取り付けで時間が掛かりました。

ほんとに、いつもこんな事ばかりされています。

時間のかかる事ばかりされています。

これは、内容が違えど何処に行っても同じです。

何処に行っても待たされます。

それは、こいつら加担者がドッと、その場所に詰めかけ、時間の掛かる工作を始めます。

このような行為を長年、されていますので、何と言いますか馬鹿馬鹿しくて、相手にする気にもなりません。

最初から、そこに行けば、こうなるだろうなと言う事が、分かっていますから・・・

進路妨害やら、何から何まで、邪魔をしてきます。

社会のルールなど、そっちのけです。

そっちの毛って、どっちの毛と、冗談が出るほど馬鹿馬鹿しいです。

午後07時02分頃~

他の用事も済ませ、やっとこの時間にパソコンの電源を入れました。

メールの受信が終わると同時に、グラ~ンと揺れを感じます。

また、隣からの超音波の低周波振動の照射です。

(この内容を打ち込んでいる時も、ドドドッと隣から音が聞こえ、体がグラッと揺れる感じを受けました。こいつらは、私が打ち込んだ内容と、同じ内容を必ず行なってきます。)

午前08時05分頃~

一旦、ここでパソコンの電源を落とし、夕食にします。

夕食後、日付が変わるまで、作業を続けます。

よく、この行為は、かゆみを伴う事があります。

以前は、背中が痒くて、たまらない時が何日も続きました。

今日も、パソコンの電源を入れると、かゆみがきました。

背中ではなく、下半身です。

前、後ろ、さぁ、どっちでしょうって、クイズをやっている場合ではないですね。

期待はずれかもしれませんが、後ろでした。

おしりです。

おしりが、痒くなりました。

電磁波や超音波を、照射されている関係もあると思います。

かなり我慢できない痒さです。

それでは、失礼して、ボリボリ!

本日の救急車のサイレン

午前11時55分頃
運動中に鳴り始めました。

午後02時20分頃
腰の運動の前に鳴り出しました。
腰痛対策の運動なのですが、この方達は、この腰の運動に凄く反応するようです。
そもそも、フリーメイソンのシンボルが、おーちんちんですから、凄く反応します。
シンボルというよりも、チンボルと言ったほうがいいのでは、

午後02時37分頃
まだ、運動の最中に鳴っていました。

午後05時31分頃
耳掃除を始めると、消防車のサイレンが鳴り始めました。

午後06時50分頃
パソコンの電源を入れる前に、急に近くから、救急車のサイレンが鳴り始めました。

午後08時06分頃
パソコンの電源を落としてから、サイレンが鳴っていました。

午後09時58分頃
そろそろ、パソコンの電源を入れようかなと、思っている時にサイレンが鳴っていました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

午前01時13分頃に、トイレに行きました。

トイレに入る前にはなかったのですが、出る時にはありました。

ひぇ~!!!

それは、トイレのドアを開けて入る時はありませんでした。

しかし、トイレを出てドアを閉めてから、それはありました。

なんで・・・!?

それは、トイレに入る時は、引かからなかったが、用をすませ、トイレのドアを閉めて、1、2歩、あるいた所で額にクモの糸のようなものが引かかった。

どうして???

私が用を済ます間に、糸を張ったのか???

分からないが、確かに顔に糸がかかり、うっと思ってとり除きました。

それは確かです。

確かにクモの糸です。

でも、そんな短時間に・・・???

昨日のクモも不思議でした。

夕食後に少し休もうと思い、横になっていたら、

突然、ガサガサと左上から音が聞こえてきたため、

ふと見ると、案の定、アシダカグモがいました。

また、出やがったなと思い。

おもむろに起き上がり、殺虫剤を手にしました。

ガラス戸の所で、じっと止まったままでいます。

しばらく睨み合いです。

殺虫剤をかまえて、睨み合いです。

殺虫剤を吹き付けると、素早く逃げます。

逃げる方向をふさぐように、殺虫剤を吹きます。

すると、反対側に逃げます。

そして、そっち側に吹き付けます。

動きが止まり、ボトッと落ちて、丸くなりました。

ここからが、不思議で、どう考えてもガッテンがいきません。

そのクモから、1.2m程先にテーブルがあり、コーヒーの入ったカップが置いてあります。

殺虫剤が入ってはいけないと思い、紙でカップにふたをするために、カップの所にいきました。

カップに紙でふたをして戻ってみると、クモがいない。

その間、5~6秒。

クモが消えていない。

殺虫剤でボトッと落ちて、丸くなったクモがいない。

思わず、テレポーテーションと思いましたが、まさか???

それとも、殺虫剤がきいていなかった。

そんな馬鹿なと思いつつ、まわりを探すがいない。

たしかに、殺虫剤で弱っていました。

きつねに、つままれたような、現実ではなかったのかなと、おもいつつ目をこするが、

いや、確かにクモがいました。

殺虫剤をかけ、そこに丸まって落ちました。

でも、探してもいない。

探してもいないものはいないし、まっいいかと思いました。

これ、おいおい、そう言う事じゃないでしょ。

あまり気にしない方なので・・・

えぇー!!!

まぁ、殺虫剤を吹き付けた事だし、カップの先、70cmの所にある窓でもあけようかと思い、

その窓に近づいて、ふとカーテンの隅を見ると、ゲッゲッ!

カーテンの隅に、クモの足らしき物が、まさかと思いつつ、また殺虫剤を手にブッシューと吹き付けると、ガサガサとカーテンの裏に隠れました。

逃がすものかと、カーテンの裏に殺虫剤を入れ、ブッシューと吹き付けると、

ぼとっと下に落ちましたが、念のために再度、これで多分・・・

でも、どうして短時間に移動できたのか分かりません。

殺虫剤が、きいていなかったのか?

それにしても、そこに行くには、私の直ぐそばを通っていかなければ、その場所には行けません。

私から、30cm程しか離れていない場所を通って行かなければなりません。

私が、その場所に立ち、30cm程離れた場所には、ふすまがあります。

カーテンのところに行くには、私の真横を通って行かなければなりません。

目の前を通っていく事になります。

それとも、もうひとつ考えられる事は、真っすぐ柱をのぼり、ふすまの上のさんを伝って、窓まで行くルートです。

真っすぐ、登って、直角に曲がります。

ふすまのさんの高さが、大体1.8mあります。

クモが落ちた場所は、ふすまを閉めた時に当たる、柱のちょうど真下です。

私が、カップにふたをして、戻るまでに、殺虫剤で弱ったクモの足で柱を登りきれるか、どうかですが、私にも分かりません。

私の頭の上を通れば、もしかしたら、気が付かなかったのかも分かりません。

殺虫剤で、丸まって落ちたクモが、コーヒーカップに、ふたをする間に、登りきれでしょうか?

疑問は残ります。

私の、ほんの真後ろに居たクモですので、疑問は残ります。

どちらにしても、私の死角にドンピシャになっていたのかも分かりません。

マジックのようですが、私の死角とドンピシャになっていたのかも分かりません。

一瞬、弱ったクモが消え、別のクモがカーテンの隅に現れたような錯覚をおぼえましたが、クエスチョンです。

もうひとつの疑問が、何処からクモが現れたのかが分かりません。

突然、私のそばに、現れたようにも思えます。

大抵、クモや昆虫が現れるのは、部屋をあけた夕食後です。

この部屋を空けた時に、なにかがあると思っています。

ですので、部屋(四畳半です。狭いです。閉め切ってあります。)に戻ってきた時は、必ず何かがいないか、壁中を見渡します。

見渡して、確認をします。

そのときも、そうしましたが、何処にいたのか???

何処にいたのか、何処から現れたのか、不思議です。

少し前までは、害がないなら、まーいいかなと思っていましたが、そう思っていると、出るわ出るわクモだらけです。

クモだらけで、大きいのから、小さいのまで、出るわ出るわ、毎晩のように部屋に出没します。

このクモは、巣は作りませんが、糸は出します。

部屋に糸があれば、その近くにクモがいます。

なんでもかんでもと言うようなことは、したくはありません。

隣が何処かで、そのような工作をしているのではれば、しないでください。

クモや昆虫、そして地球上の生き物は、電磁波を感知していると思います。

このクモも、電磁波に凄く反応しているように思えます。

それは、地球そのものが磁場で覆われています。

その磁場の中で生きています。

鈍いのは、人間だけかな???

私も、この集団ストーカー行為で、隣から電磁波や超音波を体に照射されています。

要するに、これは人体実験です。

そのことに関して、人体実験を行なうと言う事は、まだ、その技術が手に入れていないという証です。
(この技術は、ある程度、完成されていたのかと思っていましたが・・・)

やっている側は、いいかも分かりませんが、されている側からすれば、迷惑千万です。

プライバシーも人権もありません。

本当に、迷惑千万です。

今後、私をどのようにするのでしょうか???

話がコロッとかわって、

いゃー、まくらカバーの、よだれアートが絶好調になりました。

余りにも、絶好調になりすぎて、洗濯をすることにしました。

キャンパスを白くするために、洗濯をしました。

そして、夜になり、干した枕カバーを触って、ああっと気が付きました。

洗濯をしたはいいが、まだ乾いていない。

まくらカバーの替えがなーい。

いゃーっ、困った。

カバーなしでは、枕そのものが汚れるし、寝にくい。

はて、んーっ!

タオル・・・タオルは小さい。

バスタオル・・・バスタオルはない。

んーっ!

しばらく考えて、

おおっ、この手がありました。

これに決めました。

ポロシャツです。

ポロシャツを枕に着せました。

着せてみると、おーっ!

なかなか。

これが、なかなかいい。

これで決まり!

枕カバーにポロシャツ。

たまには、どうぞ。

枕の雰囲気が変わりますよ。

デヘッ!

寝る時間が遅くなりましたが、起きるとグルグル、

あれっ、あれれ、んっ!

おっ、おっ、んっ、 きたーっ、急げー!

ギィー、バッタン。

ずりっ、よっこらしょっと、やれやれ ふぅー。

うっ、ブリッ、ブリブリ、ブリッ。

いゃー、久々のゲリピーです。

と言うのも、多分、2日連続で大きなパックの、ヨーグルトを食べたからだと思います。

余り食べなれていないヨーグルトを2日連続で、それも大きなパックのヨーグルト。

その中のひとつに、このようなヨーグルトがありました。

洋梨と巨乳のヨーグルト?

いや、失礼。
ちょっと、ふくらみすぎました。

巨峰のヨーグルトです。

洋梨と巨峰のヨーグルトです。

乳製品ですので、乳つながりと言う事で、お許しください。

私の言いたいのは、洋梨(要無し)の製品もいろいろ有るようですね。

この、洋梨をまだまだ、引っぱっているよな気がして・・・

一度、内容を取り上げて、こいつらが気に入ると、その内容をかなり引っぱります。

これも、この集団ストーカー行為の特徴です。

お金になれば、なる程、引っぱりますね。

ゴムのように、ビョ~~ンです。

私のような、ターゲットがヨウナシであれば、それを監視・観察している、お前らはなんなのか?

ヨウナシなのに、ヨウナシの情報収集をしている、お前らは何なのか?

じゃー、お前らは、能無し(ノウナシ)か?

この町には、私を理解してくれる人間は誰もいません。

それは、政府が行なっているからです。

政府が行ない、実行部隊は某宗教団体でもあり隣国の在日の方々でしょう。

その中、地域も協力せざるおえないでしょう。

しかし、その中、人体実験でもあり、実行部隊の金儲けだと知っている方は、どれだけいるのでしょうか?

アルバイトだとおもい、加担しているかたも居ると思います。

しかし、その方も実際の内容をしらないまま、加担していると思います。

私に、協力しようとすれば、必ず逆の方向へ向けられます。

それは、今までに、随分と見ています。

今の現状では、仕方がありません。

だから私は、孤立状態でもあり、一人です。

この現状を変えるには、宇宙の力にお願いをするしかないと思っています。

このお願いをするようになってから、随分と工作がきつくなりました。

工作がきつくなったからといって、止める訳にはいきません。

これからも続けます。

現状が変わるまで続けます。

必ず、悪は滅びます。

では、


スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*