まだまだ続いている隣からの超音波による低周波振動。
隣、近隣の張り付くような監視行為。
まだまだ続いている盗聴、盗撮、動き始めのタイミングを見計らった音出し行為。
まだまだ続いている思考盗聴、思考盗撮による音出し行為および監視。
この思考による行為は考える内容、思い浮かべる映像、目で見た映像がすべて鮮明に頭と頭で伝わっています。(テレパシー送信)

お隣は夫婦で交代をしながら張り付くように監視をし、嫌がらせの音出しを行なっています。

食事をしたり、お風呂などの交代をしながら、常に監視をし音出しを行なっています。

毎日、奥さんはドドドドドーンと床を走るような音出し、旦那は咳払いの音出しを行なっています。

多分、録音だと思いますが・・・

そして超音波による低周波振動も床から来ている、どのような方法で行なっているのかは、まだ、はっきりとはしていませんが、はっきりしていることは、この場所に確実に超音波の低周波振動が来ていると言うことです。

これだけは確実です。

最近は足裏に電気のような感じを受ける事が多くなりました。

椅子に座っているときなど、足裏にジーンチクチク、痛っと思わず足を浮かすこともしばしばあります。

夕食時にも、右足のふくらはぎの横辺りにチクッと刺さるような痛さ、ちょうど注射針を最初に皮膚に押し込むときの痛さによく似ています。

違う点は、その場所の痛みが長時間、ズキズキとしているところでしょうか。

その行為に対して、「電磁波返しをしてやれ」と考えると今度は膝裏にチクッと痛みが・・・

こいつらは本当にどうゆうつもりなのでしょうか?

隣は借家にも関わらず、音が拡散しないように私の部屋のそばに物置きの小屋を建てています。

そこから音を出せばメガホンと同じような効果があるでしょうし、何かを隠すためなのかも分かりません。

玄関横は草が伸び放題に伸びているのに抜こうともしない、こんな方がわざわざ小屋をつくるでしょうか?

それにしても、毎日毎日あまりにも度が過ぎます。

アメリカであまりの韓国の横暴さに日本人女性達が立ち上がりました。
『なでしこアクション』です。

韓国の捏造、捏造で日本人が虐げられています。

子供にまで影響が出ているのは許しがたいです。

アメリカにまで嘘を持ち込んで、波風を立てる必要があるのでしょうか?
(アメリカも中国・韓国と目的が一緒だからかな?)

これも、この集団ストーカー行為の手法によく似ています。

中国や韓国は国民の暴動に政府が過敏になっているのでしょうか?

どこの国も暴動を警戒するのは同じだと思いますが、特に気性の激しい国民性の国程警戒をするでしょうか?

これは、気性の激しい国民性がそのようにしているのでしょうか?

今まで起きた、暴動や抗議を見ても、おいおいそこまでやるかと言うような物ばかりでしたから・・・

暴動で、弁慶の泣き所を叩かれたような状態になるのかな?

それくらいじゃー、済まされないか。

その為に、嘘をついてまで国民の矛先を他に向けさせています。

それがちょうど、おとなしい日本と言う事なのでしょうけど、日本はたまったもんじゃーないです。

日本に「嘘つきは泥棒の始まり」という言葉がありますが、韓国は??

始まりどころか、とっくに始まっていますが、えっ!竹島・・・

要は、その国で暴動が起きれば、政府は対処しきれないと言うことか?

国が弱いということなのか?

政府が国民をコントロールできないということか?

しかし、嘘は嘘、いつまで嘘を押し通せるのでしょうか?

嘘がバレたときの国民の暴動のほうが大変だと思うのは、私だけなのでしょうか。

歴史を折り曲げても、どこかで辻褄が合わなくなります。

例えば、山頂をめざして登山をしていて、途中の山頂の登り口の方向を右から左に変えてしまったようなもので、いつまでたっても山頂にたどり着けません。

道は段々と険しくなり、とうとう獣道、あら!いのちゃんにご対面なんてことになりかねません。

いのちゃんだったらまだいいけど、くまちゃんだったら大変、非常用に持っていたチョコレートでも投げ与えますか?

そんなものでは納得しないでしょう。

どうすることもできなくなり、引き返して正規の道を登り、やっとのおもいで山頂に到着。

身体も心もボロボロです。

山頂に到着してバンザーイと手をあげたまま、バッターンキューとダウンてなことに・・・!

ハッキリ言わせて貰いますが、この集団ストーカー行為も同じような道を辿るのではないでしょうか!

増加する侵入犯罪にはセンサー「アラーム/ライト」がオススメです。防犯百貨でいっぱい売っています。


スポンサーリンク