2013年07月06日(土曜日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

まだまだ続いている床からの超音波による低周波振動。
まだまだ続いている盗聴、盗撮、動き始めのタイミングを見計らった音出し行為。
まだまだ続いている思考盗聴、思考盗撮による音出し行為。
この思考による行為は考える内容、思い浮かべる映像、私が見た映像がすべて鮮明に伝わっています。

2日にアップしたブログがきにいらなかったのだろうか。

3日の朝から工事らしき音が始まりました。

カキーン、ガーン、ガシャーンと足組に使う鉄パイプの資材のようなものを持ち運びしている音が、私の動きのタイミングに一日中、鳴り響いていました。

本当に工事のためなのかな???

多分、音出しも目的になっていると思いますが、

それが、5日までガチャガチャやっていました。

以前の事務所でもこのようなことがありました。

大家さんから、階段のペンキの塗り替えをすると聞いていました。

私は、一階から二階に上がるだけの階段ですから、そんなに時間も掛からないだろうと思っていました。

その数日後、外でガチャンガチャンと物音が始まりました。

なんだろうと、窓から覗いて見ると、なんと足組を組んでいました。

えぇーっ、階段のペンキ塗りをするのに足場がいるのだろうか???

それとも、ついでだから壁の塗り替えもするのだろうかと思っていました。

その日の帰り、玄関を出てまたまた、えぇーっ!

そのとき、ちょうど腰を痛めていたときで、シャキッと歩けませんでした。

玄関を出て思ったことが、リンボーダンスも無理、ハードル越えも無理でした。

階段の何箇所かに鉄パイプがニョキッと出ていました。

鉄パイプをまたいだり、腰を痛めているので膝を曲げてしゃがんだりしないと通れないようになっていました。

不便でしたが、ペンキ塗りなのですぐ終わるだろうと思っていました。

しかし、待てども待てども作業が始まりません。

結局、その状態のまま2週間位過ぎたでしょうか。

やっと業者の方がきて、作業が始まるのかなと思いましたが、また外でガチャンガチャンと音が始まり出しました。

また、何だろうと窓を覗いて見ると、なななんと足場を撤去していました。

ヒェーッ!足組は何の為???

そして、夕方頃に建物の屋根辺りからゴーンゴーンと何かが当たっているような音がなり始め、仕事をしていたのですが、何だろうと玄関を出てみると、長ーい鉄パイプが風にあおられて、ゴーン、ゴーンと建物に当たっていました。

エェーッ!と驚いていると、何処かに隠れて見ていたのでしょう。

業者の方がすぐ現れ、その鉄パイプを撤去していました。

集団ストーカー行為って、こんなことまでしないといけないのかと、あきれてしまいました。

それから、また数日が経ち、やっとペンキの缶を車に積んだ業者の方がやって来ました。

しかし、何だかようすが変でした。

駐車場に車を停め、降りて階段を見ただけで、車に乗って出て行きました。

また、しばらくして戻って車を駐車場に停めては、また出ていきを繰り返していたようですが、私も全部を全部見ていた訳ではないのですが、停まるエンジン音と出て行く車のエンジン音が聞こえていました。

やっと昼すぎから、階段で何かをされていたようですが何をしていたのか分かりません。

結局、その日はペンキ塗りはせず、ペンキを塗ったのは休みの日曜日でした。

効率の悪い作業を行なうことこそ、集団ストーカーの神髄なのでしょうか?

それより、もっと驚いたことがあります。

冬になり、雪が積もる頃になると、うわーっ!なにこれーっでした。

うっすらと雪が積もると、スケート場のように滑る滑る、つるっつるです。

ワックスがよくきいていたのでしょうか?

確かに、普段でもその場所の階段を歩くと、靴がキュッキュッとなっていました。

油断すると、ひっくり返りそうです。

やってくれたなーと思いました。

大家さんに言って、直してもらおうかとも思いましたが、これが集団ストーカー行為と分かっていたので、ひかえることにしました。

言ったことで誰かが被害を受けるかも分かりません。

雪が降った時に、用心して気を付ければいいことです。

これ位でしたら、我慢できる範囲です。

以前、居た2階の創価学会や、ここのお隣のように度が過ぎると分かりませんが・・・

嫌がらせや、音出しをすればOKと言うことなのでしょうか?

こんなことを、被害者の周りでせっせと行なっているのが集団ストーカー行為です。

5日は午後4時26分頃より低周波振動を感じはじめました。

この超音波の低周波振動、今までこれがこなかった日はありません。

無い日があってもいいと思うのですが、必ずあります。

だから、この超音波による低周波振動は私にとって絶対必要な物だと言うことのようです。

例えば、嫌がらせの為だけなら方法を替えても何ら問題ありません。

では、思考盗聴等を行なう為に体に埋め込まれていると思われるチップの充電、これは体温でまかなえます。

思考盗聴をより強く正確に行なう為。

体に障害を起こす為。

苦痛を与える為。

脱力感を与える為。

体の膨張つまりメタボさせる為。

いずれにせよ、利益に繋がるから行なっていると思います。
損をしてまでこのような大掛かりなことはしないでしょう。


スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*