2カ月程、ブログの更新をやめていました。

仕事お事、電話回線の引っ越し等、色々な事があり更新をやめていました。

更新をやめて思った事を、一言でいうと嫌がらせ行為や付きまとい行為が更にきつくなったという事です。

多分この打ち込みも、オンラインで周り周辺に伝わっていると思います。

それを前提に記載していきたいと思います。

この集団ストーカー行為も被害者を孤立化させると言う事に重点を置いているようにおもわれます。

孤立させれば、かごの中の鳥、まな板の上の鯉です。

このような状態にもっていくには、ターゲットのでっち上げの悪評を流しすと言う事が一般的に行われています。

私はこの事に前々から思っている事があるのですが、そのターゲットと同じ人物を作り、いわゆる影武者のような存在が、本人の知らない所で悪さをし何もしていない本人が悪者にされてしまうと言う事も行われているのではないかと思っています。

悪さをした影武者はお役御免でさっさと消えてしまいます。

多分、この行為は私が一人海に出て魚釣りをしている時に実行されていたのではないかと思っています。

海にも必ず監視の目はありました。

そうしないと、私がいつ自宅に帰るかも分かりませんから・・・。

残ったのは悪者にされた本人のみ。

それに加え、本人をよく知っている人、例えば以前に努めていた上司だとか、私の事をよく知っている人は私の本当の性格を言えない状態にされていると思います。

以前、努めていた会社の上司、親しくして下さった方で殆どの方が亡くなっています。

これの一つは孤立させると言う目的があると思われますが・・・。

猛獣の狩りにしても群れから離れたものを狙います。

そして情報収集の為に誰か近く人間が監視をしています。

監視できないような場所ではれば誰かが頻繁に訪れることになるでしょう。

その本人の趣味・嗜好がわかれば、それに対し工作が始まります。

それと同時に動くのが地域の防犯活動、この方達も悪評を聞かされているので協力をするでしょう。

何も悪くない人を監視しろと言われたら、誰もしないでしょう。

しかし危険人物ときかされていたら、あなたはどうしますか?

多分、無条件で協力するでしょう。

この地域の防犯活動が動けば、それを隠れ蓑に真の集団ストーカー行為も平行して行われます。

この事により、地域の防犯活動・加担者と被害者の間に衝突が発生します。

それが全国で起きている無差別事件です。

最近では、肩がぶつかっただけで人を刺した事件、これなんかも集団ストーカーの被害者だと思います。

ここでみなさんに聞きたいですが、普段から護身用にナイフを持ち歩きますか?

この方も、毎日毎日集団ストーカー行為を受けていたのではないかと思います。

そうでなければ、この日本で護身用にナイフを持ち歩きません。

これも犯罪者に仕立て上げる為の集団ストーカー行為だと言えるでしょう。

京都の事件もそうです。

みんながよってたかって、何の抵抗もできない亀をいじめているようなものです。

弱い物いじめしかできないこの集団ストーカー行為。

絶対に許せるはずがありません。

ここでほかの被害者の方も私と同じようになっていたのには驚きました。

私も4月中に終わるかと思っていましたが、5月にずれ込んでしまいました。

長々と長くなりましたが、この集団ストーカー行為、許せるべき行為ではありません。

今まで書きためておいたものを少しずつアップしていこうと思っています。

毎日の更新は無理としても、出来るだけ更新は続けて行きたいと思います。

これからも、宜しくお願いいたします。

それとこの集団ストーカー行為が頻繁に行われている県は色々な催しものが増える傾向にあります。

この事から、この集団ストーカー行為が行政と深く関わっているということが言えます。

小さな県ですが、これからも鳥取県鳥取市に注目してください。

2012年04月07日 土曜日の出来事

午前零時41分、寝るため布団に入ると救急車のサイレンが近くでなり始めた。

午前5時38分頃、目がさめた。

目がさめると、ガラガラーと戸が開き、キュルルルーと網戸が開き、ガラガラトンと戸が閉まった。

午前2時頃から腹が痛くなり目がさめた。

鈍痛とむかつきで寝ていられる状態ではなかった。

強い低周波もきていたようで、その電磁波の低周波でさらに痛みが増していた。

むかつきがあったので、うずくまるように歩き台所の流しの所までいった。

しかし、むかつきはあるものの、もどすとこまではいかなかった。

しばらくしていると、便通を催してきた。

これはまた胃から出血したのかと思いがっかりすると同時に悔しくなり、そばにあるイスをくそっと蹴飛ばし、うずくまるようにしてトイレに向かった。

トイレに着くとまたむかつきがひどくなったため、便器の前にへたり込んだ。

先程と同様にでそうだが、出ない。

出ないので、便器に座りトイレをしようとするが鈍痛がひどく思うように出なかった。

便が硬めだったのですこしホッとした。

そのときトイレのそばに一台の車がきて止まったようだった。

いつも思うがこいつらの行動には腹立たしさを感じる。

まぁ、それが目的でもあるのでしょうが。

腹が立つので、苦しさを押しこらえて外に車を確認しに出たが、車は見当たらなかった。

部屋に戻り、痛みを我慢して布団に横になろうと布団に入ると、低周波が布団の辺りにきているようで、布団に寝るとよけいに鈍痛がひどくなり寝ていられる状態ではなかった。

起き上がり、テーブルにもたれかかるようにしゃがみ込み痛みが治まるのを待った。

少しずつ痛みが治まり、布団に横になった。

しかし、布団に横になると痛みが更に増して寝ていられない。

また起き上がり、テーブルにしゃがみ込む。

しゃがみ込んでいると便通をまた催してきたので、またトイレに向かう。

まだ、硬めだったので安心する。

しかし、痛みはおさまるようすすがない。

長時間、テーブルにもたれかかってしゃがんでいるのもつらい。

つらいが、布団に横になると痛みが増すので横にはなれない。

しかたがないので、毛布を背中に羽織り布団の上に四つん這いになりしばらくすごしたが、痛みが取れず、胃潰瘍の薬を探して飲んだ。

飲んでしばらくすると、多少痛みがおさまったので、布団の真ん中に寝ると低周波のきついのがくると思い、布団のはしに寝た。

一時間位は寝たと思うが、それから午前5時38分にガラガラーと戸が開き、キュルルルーと網戸が開き、ガラガラトンと戸が閉まる音で目がさめた。

起きると救急車のサイレンもなり始めた。

起きてしばらくすると、また便通を催してきた。

トイレにいくと、柔らかめの便がでたので、タール便が出たのかと思い確認をしたが、普通の色だったので出血はしていないと、ほっとした。

朝方になると、低周波もおさまり、腹の鈍痛も少しおさまりむかつきだけが残った。

どちらにしても、医者に行く事にしていたので、時間を見ながら出掛ける準備を始めた。

車の運転が出来るかなと心配をしたが、無事に着くことができた。

見て頂くと腹痛のかぜではないかとの診断で薬を処方してもらい帰宅した。

その日は一日横になって過ごした。

私は二十代後半から、十二指腸潰瘍で2,3年に一回のペースで出血をしている。

以前のかかりつけのお医者さんの時、先生にストレスの解消になる事をした方がいいと進められ、その当時は冬場はスキー、夏場はドライブや山などの散策を行なっていましたが、スキーはかなりお金がかかり毎週いくのはちょっとしんどかったため、そこでもっと安く上がるものをと探していたら以前の会社の方に魚釣りに誘われ、それから魚釣りを趣味として何十年も雪が降る冬でも毎週欠かさず海に出掛けていた。

小学生の時から近所の川でフナ釣り、中学の頃にはキス釣りをしていた事もあり、すぐのめり込んでしまった。

だが、今はもう出来ない状態にされている。

このような状態では楽しい釣りは出来ない。

釣りをしている時は風が吹いている時が多かった。

どこに移動しても必ず吹いて来ていた。

風が吹けば、思う様な釣りの操作ができない。

風を吹かせるのは、風を利用して音を出す事が出来るし、物を風に乗せて運ぶ事が出来る。

これなら誰にも疑う事がなく操作できる。

今や気候も人工的に操作できるようになっている。

この事に気が付き始めたのは、魚釣りをしている時、行けば行く所で風が吹き始める。
今やこの気候の操作で経済までうごかせるようになっている。

干ばつ、洪水、強風、大雨、大雪、このことにより農作物等色々な物に影響を与え、ひいては経済まで発展してしまう。

国どうして、そっちで異常気象がおきれば、仕返しとばかりにこっちでも異常気象や災害が起きる。

自然現象だからと誰も疑う事はない。

電磁波の低周波を感じた時間。
午前02時00分頃より自宅でつよいものを感じる。

本日聞こえた救急車のサイレンの時間。
午前00時41分頃、布団に入った時。
午前05時38分頃、目ざめた時。

2012年04月06日 金曜日の出来事

午前零時28分、寝る前にトイレに入ると近くで急に救急車のサイレンがなり始めた。

その場所に救急車の格納庫があるような感じのなり方だ。

いっそ、その場所に格納庫でも作れば???

午前6時26分に目がさめた。

午前6時40分、考えに対してジョボジョボーと排水音が始まる。

午前6時42分、戸を開ける音と、網戸を開ける音がしていたようだ。

午前6時44分、考えに対して、ガラガラーと戸が開き、キュルルルーと網戸が開き、しばらーくしてからガラガラトンと戸が閉まった。

午前6時47分、ジョボジョボーと排水音が始まる。

午前6時49分、コトコトと歩いているような足音が聞こえ始めた。

と、同時に車が戻ってきた。

これは私が起き上がろうとしたタイミングに戻ってきている。

午前7時26分、考えにジョボジョボーと排水音が始まった。

これをメモしていると上でコトコットンと音がして、外で声が聞こえ始める。

このような事からも、私の情報が外にも伝わっていると言う事になる。

午前8時ちょうどくらいに、鼻毛の手入れをしようと小ばさみでパチン、パチンと鼻毛を切り始めると、いきなり救急車のサイレンがなり始めた。

鼻毛きりの音に救急車のサイレンが反応し、隣の保育園から声が聞こえ始めた。
サイレンがなると周りが動き出す。

鼻毛きりの音に救急車のサイレンが反応したので、ちょっと変な絵を想像してみた。

天才バカボンのパパの鼻毛が救急車の前からニョキーと伸びていて、走る度に左右に鼻毛がたなびいている。

出かけると、今日はかなり付きまといや嫌がらせがきつかった。

多分この理由が考えられる、昨日一昨日から、右足の甲が痛く、その為、足にシップをはって寝た。

それが要因になっているような気がしている。

強気を助け、弱気をくじく。

加担者側のモットーのようだ。

もし被害者の方が「テクノロジー犯罪被害者ネットワーク」や「集団ストーカー団体」の会員になっていたらどうなるか、なっていなかったらどうなるかと考えてみると、多分される事はいっしょのような事をされていたと思います。

どっちにしてもされる事はされると言う事だと思います。

ただ、会員になれば被害者同士のつながりが出来ます。

加担者側はこれを嫌っているのは確かだと思います。

被害者を孤立させる事が出来ないので、会員になると嫌がらせの内容・度合いが変わるのではないかと思います。

会員になると大手を振って地域の防犯活動が活動できるきっかけになると言う事です。

これも一連の流れのような作戦のような感じに思えます。

防犯活動を有利に進める為にもこのような人物が必要になるのではないでしょうか?

午後3時57分、ある考えに広報車のスピーカーの音声が聞こえ始めた。

最近、車が一台分しか入れないよな狭い場所によく広報車が来るようになった。

この事からも、これがどのような事かお分かり頂けると思う。

その考えとは、今までこの行為、いわゆる付きまといや嫌がらせで亡くなった方の怨念がこれからおまえらに降り注ぐだろうと考えた。

日本は自殺大国、この行為で亡くなった方が沢山居られる。

おまえらが犯罪者や危険人物に仕立て上げた為の結末。

午後4時8分、隣からの咳払いがこの部屋に聞こえていていた。
(普通なら聞こえるはずがないのだが)

おかしいと思い、玄関に出て隣を確認したが車はなく隣に人の居るような雰囲気ではなかった。

一部始終監視され観察されている。

いずれにしろお前らもいつかは、このようにされるのではないだろうか。ざまあみろ!

今、午後4時21分、隣で微かに足音が聞こえてきた。

だれかいるのだろうか。こいつらのよくやる手だ。

別の工作員がこっそり、部屋の中に入り込んでいるときがある。

汝に出ずるものは汝に帰る(なんじにいずるものはなんじにかえる)

たとえどんな事でも、自分のした行為は善悪いずれにせよ、その報いが自分に帰ってくる物だと言う事。

最近、電磁波で頭をやられているのか、頭が重たい。

これがしばらく続いている。

ほんとうにこいつらは汚い連中だ!

今日も夕方より低周波の電磁波振動のきついのがきています。

本当にこれは拷問のよなものです。

これを何年にも渡って続けられています。

引っ越ししても同じ事です。

自分自身よく何年も我慢してきたなと思っておりますが・・・。

だから絶対に許せないと思うのも当然の成り行きです。

この電磁波振動の低周波、これを大きくすれば人工地震のような事もできるのではないでしょうか???

以前にこのような出来事がありました。

仕事をしていると、突然、戸がガタガタとかなり揺れ、地震だと思ったが、その後何の地震情報の報道がなかった事が何度かあります。

電磁波の低周波を感じた時間。
午後01時36分頃より感じ始める。

本日聞こえた救急車のサイレンの時間。
午前00時28分頃、寝る前にトイレに言った時。
午前08時00分頃、鼻毛を切っている時。
午前08時36分頃。
午前08時54分頃。
午後09時37分頃、自宅の駐車場に着いた時になる。

2012年04月05日 木曜日の出来事

午前4時52分に目がさめた。

目がさめトイレに行き、また布団に入るが午前5時10分頃から低周波を感じる。

この低周波も最近仕事場できつさを感じない時がある。

そのような時は自宅で低周波を感じる事が多い。

低周波も段々と仕事場から自宅に引っ越しをしているのだろうか?

今日は自宅では考えられない程の強さである。

これは、もう拷問といっしょではないかなと思っている。

午前5時54分、ガラガラーと戸が開き、キュルルルーと網戸が開き、考えに対してガラガラトンと音がして戸がしまった。

午前6時8分、考えに対してジョボジョボーと排水音が始まる。

午前6時9分、車のドアを閉める音がして、カッカッカッと小走りで走る足音が聞こえ、車のドアが閉まり車のエンジンが掛かり、こっちのタイミングを見計らったように車が出て行く。

午前6時15分、ガラガラーと戸が開き、その事をメモしていると午前6時17分、キュルルルーと網戸が閉まり、ガラガラトンと戸も閉まった。

午前6時28分、今やっとコトコトと動き始め、別の戸がガラガラーと開き、キュルルルーと網戸が開き、ガラガラトンと戸が閉まった。

午前6時32分、スズメが鳴き始めたようだ。

午前6時39分、考えに対して、コトコットンと音がしてゴトゴトーンと別の場所で音がしていた。

午前7時1分、考えに対して、上からゴトゴットンと音がしていた。

午前7時8分、こちらの行動を読みジョボジョボーと排水音がしていた。

電磁波の低周波を感じた時間。
午前05時10分頃より感じ始める。
午前10時12分頃より感じ始める。

2012年04月04日 水曜日の出来事

昨日、自宅の駐車場につくといつもの灯りを私の駐車場だけに当てられていた。

午前5時46分に目がさめた。

目を開けるとトラックが道路を走り去っていく走行音が聞こえる。

トイレに行き部屋に戻って、カーテンを開けるとジョボジョボーと排水音が始まり、スズメが鳴き始めた。

スズメが何処で鳴いているのか、キョロキョロと外を見るがスズメの姿は確認できなかった。

まだ少し時間が早いので、布団に入り横になった。

午前5時53分、カラスが鳴き始めた。

この頃から腹に違和感を感じ始める。

電磁波の低周波が来ているようだ。

どうしても、低周波を体に当てないといけないようだ。

一昨日、仕事場で夕方になるときつい低周波がきていたのだが、昨日はこなかった。

多分そのせいもあるのではないだろうか。

どうしても、体に当てる必要があると言う事は・・・充電???

午前6時3分、考えに対してカーンカンと外で音がしている。

午前6時4分、バンと車のドアの閉まる音がして、タッタッタッと走る足音がしてドアがしまり、エンジンが掛かり車が出て行った。

午前6時7分、団地中が加担しているの考えに、ガラガラーと戸が開き、午前6時11分にガラガラトンと戸が閉まり、車が道路を走り去って行く。

午前6時13分、腹がグルグルとなった。

その音に反応したのか車が走り去っていった。

この腹のグルグルーとなる事自体が低周波のきている証拠である。

この低周波がくると、腹がはったようになり腹の虫がグルグルとなったり、お腹がはりおならがでたりとこのような症状が出る。

午前6時18分、ガラガラーと戸が開き、ガラガラトンと戸が閉まる。

昨日、自宅に帰るとじゅうたんがだぼついていた。

また、何か仕掛けをされたのかなと少しの変化でも気になる。

午前6時27分、排水音もこっちの様子を伺いながら音を出している。

午前6時30分、ガラガラーと戸が開き、ガラガラトンと音がしている。

午前6時31分、考えに対してガラガラーと音がしている。

午前6時58分、考えに対して車が走り去り、排水音が始まる。

午前7時30分、2階からコトコトと動き出しているような音が聞こえている。

普通に歩いているような音にも聞こえる。

あの杖をついて歩いている姿からは想像もできない。

部屋を歩いている音もその場所に着くまでしている訳ではない。

4、5歩で音はしなくなる。

これも録音なのかと疑いたくなる。

今日はいつもの時間通りに出掛けた。

今日は人、自転車、車とも非常に多かった。

私の目には異常にしか見えない。

この場所でも風が吹くと物がこすれたような、キィーキィーと音がしている。

この音は今まで出ていなかった。

このような、細かな音を利用するのもこの集団ストーカー行為の特長とも言える。

自然に出る音を利用する。その自然に出る音も頻繁に出るように自然な状態で工作をされている。

例えば風が吹けば、何かがパタパタとなるように加担者が何かの作業の時に行なうか、何かをした事を理由に後で音の出る仕掛けを作るかだと思う。

この音を出す為には、風は欠かせないのでこの風はしばらくは吹き続けると思っている。

電磁波の低周波を感じた時間。
午前05時53分頃より感じ始める。

2012年04月03日 火曜日の出来事

午前5時25分に目がさめた。

キュルルルーと網戸を開ける音でめがさめた。

午前5時30分、カラスが鳴き始める。

午前5時36分、キュルルルートンと音がして網戸が閉まった。

午前5時38分、ガラガラと戸を開ける音がして、考えに対してキュルルルトンと網戸が閉まり、ガラガラトンと戸が閉まった。

コトコトと部屋の中を歩く音が遠のいていく。

午前5時40分、コトコトと足音が近づいてきて、午前5時42分にコトコットンと音がして、考えに対して車が走り去る。

午前5時44分、もう少し寝ようとすると、ガラガラーと戸が開き、キュルルルーと網戸が開く音がして、目をあける。

午前5時45分、カラスが部屋のそばで鳴き始める。

午前5時47分、あなたがたはもう無理の考えに、カン、トンと音がしてカラスが鳴き出した。

自分らの事は棚に上げて人の悪口ばかりを言っているのではないのか。

午前5時50分、考えに対してスズメが鳴き始める。

ちょっと弱味をみせると、すぐ付け上がりいつもよりきつい嫌がらせをしてくる。

このことを打ち込んでいる時に救急車のサイレンがなり出した。

時刻は午前10時27分。
(これは事実だし、このサイレンがなる事自体確実性が増す。)

卑怯で最低の連中だ。

秩序もなんにもない。

運転しながら、携帯電話なんか平気で行なっている。

今日は強風が吹き荒れている。

午前6時8分、コトコットンと考えに対して音が出ている。

午前6時10分、ガラガラーと戸が開き、ガラガラトンと戸が閉まった。

午前6時13分、考えに対してガラガラトンと音がしている。

午前6時41分、ガラガラーと戸が開き、ペタペタとベランダに出て歩いている。

トンと戸の閉まる音がして部屋の中に入った。

午前6時44分、ガラガラーと音がして、ベランダでコトコトと音を出し、キュルルルトンと網戸が閉まり部屋の中でパタパタと音がしている。

脚が悪いのは外を歩いている時だけのようだ。

午前6時48分、考えに対してガラガラーと戸が開き、ガラガラトンと閉まった。

午前6時51分、今、何時だろうと考えると、ジョボジョボーと排水音が始まる。

午前6時58分、ガラガラーと戸が開き、ガラガラトンと戸が閉まり、コトコットンと音がしている。

午前7時35分、トイレに入ると、上も入ってきたので一旦トイレを出た。

再び入り、便座に座るが上は静かにしている。
(この事をパソコンに打ち込んでいる時にまたサイレンがなった。時刻は午前10時59分、この打ち込みをするのを待っていたようだ、情けない。これが国を守る連中のやる事でしょうか? お前らは何を守っているのだ。)

便座で爆弾を落とし始めたら、ジャーーッと上から水洗の水が流れ、数秒おいてまたジャーーッと水洗の水が流れた。

この2回の流れる音を聞いてあれっと思った。

そんな事が出来るのかなと思った。

タンクに水がたまっていないのに、2回水は流れない。

これはおかしいと思い、私も終わったら試してみる事にした。

レバーを回してジャーーッと水を流す。

そして数秒おいてもう一度レバーを回すが、タンクに水がたまっていないので、水は流れないし、レバーを回してもすかすかして水の流れる状態ではない。

やはり2階のトイレも仕掛けがしてあるようだ。

だからトイレに入る足音もしていない。

人の気配がないのに、トイレの水洗の流れる音がしている事がよくある。

こんな事をやっているのが、本当のこいつらの姿だと思う。

救急車のサイレンも二日に一回のペースでよくなる日とならない日に分けられる。

昨日は殆どなっていなかったので、今日は頻繁になっている。

電磁波の低周波を感じた時間。
午前10時44分頃より感じ始める。

本日聞こえた救急車のサイレンの時間。
午後08時35分頃、近くにとまる。
午後08時46分頃、近くでなりはじめる。
午前10時27分頃、文字入力をしている内容でサイレンがなる。
午前10時40分頃。
午前10時59分頃、文字打ちを始めた時にサイレンがなる。
午前11時13分頃。
午後09時20分頃。

2012年04月02日 月曜日の出来事

午前6時24分に目がさめた。

午前6時28分、トイレから部屋に戻ると車がタイミングよく戻ってきていた。

午前6時31分、ガラガラーと戸が開き、トンと音がしている。

午前6時33分、ガラガラーと戸が開き、キュルルルーと網戸が開き、ガラガラトンと戸が閉まり、道路を私の考えにタイミングよく走り去って行く。

午前6時34分、私の考えにタイミングを合わせてゴットンと音を出している。

午前6時39分、考えに対して車が道路を走り去って行く。

これも不思議だが、私が右を向いている時に車がドンドン走り去って行く事が多い。

午前6時41分、ちょっと、命令調に動けと考えてみた。

すると近くで、救急車のサイレンがなり始る。

それもこのサイレン、2回程、ピィーポー、ピィーポーとなっただけで止まった。

午前6時44分、再びサイレンがなり始めた。

午前6時47分、考えに対してジョボジョボーと排水音がしている。

午前6時52分、動きのタイミングに合わせて、道路を車が走り去って行く。

午前6時53分、台所でゴゴーンと音が始まり、考えにゴットンと物を落としたような音がして、サイレンがなり始めた。

午前7時19分、羅列のよな考えから、一転他の考えに戻ると上からゴトーンと音がしている。

今日はほんの少し早めに出かける事にした。

電磁波の低周波を感じた時間。
午前11時43分頃より感じ始める。

2012年04月01日 日曜日の出来事

午前1時44分、寝入りばなに体にジィーンと重いものを感じ、右耳がツーーンと気圧がかかったようになり、金縛りのように体が動かなくなった。

夢なのか現実なのか分からない。

くそったれーっと叫ぼうとしても声が出ない。

腕を動かそうと思っても動かない、足を動かそうと思っても動かない。

何度もくそったれーっ、畜生と叫ぶが声がでない。

腕を動かそうと思い体を横に向けようと思うが動かない。

体が直立したままの状態で体が横になっていると思って頂きたい。

足も腕も動かない、ウゥーッ、ウゥーッと力を入れているうちに、ふーっと解けた。

午前1時49分、体が解けてしばらくすると、突然、近くでサイレンがなり始めた。

何か関係しているのだろうか。

今まで、私はこのような金縛りになる事は殆どなかった。

何となく体がジィーンとしびれていたようにも思えた。

救急車のサイレンは段々と遠ざかって行った。

朝は午前6時42分に目がさめた。

ガラガラーと戸の開く音とキュルルルーと網戸の開く音で目がさめた。

目がさめしばらくして、トンと戸の閉まる音がしている。

午前6時43分、ガラガラーと戸が開き、ガラガラトンと戸が閉まった。

今現在、起きてからここに記載した以上に戸の開閉音がしていたが、どれも私の考えと同時に戸の開閉が行なわれている。

その事をメモしていると、ジョボジョボーと排水音が始まった。

この排水音も私の考えが伝わっている。

今まで午後5時になっていた時間を知らせる放送が、午後6時になった。

4月と10月に時間が変わる。

でもお昼は12時で変わらない。

日が長くなれば、5時から6時に変わる。

日が長くなっても夕方の5時は5時だと思うが、日が長くなったので、6時まで外に出ていても大丈夫ですよと言う事かな。


スポンサーリンク