午前6時7分に目がさめた。

目がさめると、バンと車のドアの閉まる音がして、パタパタと小走りで走る足音が聞こえまたドアが閉まり、車のエンジンが掛かった。

タイミングを見計らって出て行く。

そしてタイミングを合わせるかのように道路を車が何台も走り去っていく。

午前6時9分、ジョボジョボーと排水音が始まる。

午前6時17分、考えに対してトンと音がしている。

午前6時20分、考えに道路を車が走り去って行く。

道路が濡れているようで、水をはじく走行音が聞こえている。

午前6時24分、考えに対してスズメが鳴き出す。

午前6時27分、考えに対してガラガラーと戸が開き、キュルルルーと網戸が開き、こっちの様子を伺っているような感じだ。

スズメは未だに鳴き続けている。

午前6時38分、車が戻ってくる。

午前6時41分、考えにガラガラーと戸が開き、キュルルルーと網戸が開いたが、その後閉める音がしなかった。

午前6時47分、考えに対してコトコットンと音がして、ガラガラーと開きガラガラトンと戸がしまり、ジョボジョボーと排水音が始まった。

午前6時56分、トンと音がしていた。

午前7時2分に考えに対して、カラスが鳴き始め、ジョボジョボーと排水音が始まる。

この排水音もこっちの動きを監視し、考えを読み音を出している。

例えば、台所の流しに近づくと、ジョボジョボーと排水の音がして、流しから離れると止まる。

また近づくと、ジョボジョボーと排水音が始まると言うような行為をされる事が多い。

午前7時8分、別の小走りで走る足音が聞こえ、車のエンジンが掛かり車が出て行く。

午前7時10分、トンと音がしている。

これは私の動きと同時に音を出している。

鼻を手でグシュグシュとこすった時にトンと音がしていた。

午前7時12分、キュルルルーと音がしている。

上の方もこっちの様子をジィーッと伺っているようだ。

午前7時16分、私の見たもの、考えたもので嫌がらせをしている。

盗聴、盗撮で得た情報で嫌がらせをするのも防犯活動っと考えるとトンと上で音がしていた。

午前7時22分、近くで急にサイレンが鳴り出した。

何回かサイレンが鳴っただけですぐ止まった。

近くで鳴り、近くで止まった。

サイレンの意味がない。

本当に仄めかし、お知らせサイレンだ。

周りはそれを理解しているので、誰一人不思議には思わないだろう。

午前7時27分、ブツブツと小声でしゃべるとドーンドーンと2階で音が出ていた。

風呂場に行くと外から話し声が始まる。

午前8時9分、畳に座っていて、立ち上がろうと思ったが隣の保育園から微かに声がしているようだったので、立ち上がる前に立ち上がるイメージを頭で思い浮かべた。

念じるように思い浮かべた。

すると、一気に隣の保育園から喋り声が始まった。

隣の保育園も考えを読んでいる。

何故この団地のそばに建てられたのか理解できると思う。

私が出掛ける準備をすると、ガラガラーと戸が開く。

出掛ける前になると、救急車のお知らせサイレンが鳴り出した。

このようなタイミングに鳴らすのも、こっちの様子を伺っていないと出来ないと思う。

今日も出掛けるのが大分遅れた。

今日も出掛ける時にサイレンが鳴っていたと言う事もあり、サイレンの鳴っている方向から向かう事にした。

向かうと車が非常に多い。

通勤のピークはとっくに過ぎている。

私にはこの車が営業車には見えない。

どう見ても車両ストーカーの付きまとい車にしか見えない。

私がどこに居ても、どの道を通っても必ず監視され、私の方向に車が集まり出す。

私が思うに、私が近づくとお知らせブザーのように何かで分かるようになっているのだと思う。

そうでないと、みんながみんな私の顔を知っている訳ではない。

それは歩行者であったり、自転車であったり、車であったりと様々。

学生からお年寄りまで・・・

これが集団ストーカーの集団と名がつくゆえんだ。

そして救急車と遭遇することはなかった。

ここ2、3日前から、この仕事場の部屋でネズミが出没するようになった。

部屋が子ネズミだらけになってしまっているような感じだ。

ちょろちょろと昼間でも平気で部屋を歩き回っている。

子ネズミだから警戒心がないのか、私が近づいても逃げようともしない。

ワッと脅かすような捕まえるよな素振りを見せないと逃げない。

このネズミもこの集団ストーカー行為に関係しているような感じだ。

誰かが連れてきたのか、誘導されたのか?

ゴキブリでさえもコントロールできるような事を言われている。

ネズミなどなおさらだと思う。

この場所には食べるものは一切おいていない。

それに親ネズミのいる気配がない。

今日、パソコンにむかっていて何か足がムズムズするなと思っていたら、いきなりズキーンと痛みが走った。

痛!っと思って足を見たら、子ネズミがチョロチョロと逃げていった。

子ネズミに足の親指の付け根をかまれたようだ。

幸い傷も何もついていない、少しズキッとする程度。

後で足よく洗った。

相当、腹が減っていたとみえ、私の足の指がソーセージに見えたのでしょうか。

それとも別の操作かな・・・

今日、3匹捕まえたが、まだまだいそうな感じだ。

電磁波の低周波を感じた時間。
午後01時31分頃より感じ始める。

本日聞こえた救急車のサイレンの時間。
午前07時22分頃。
午前08時41分頃。
午後04時56分頃、ネット接続時。

ヘリコプターが上空を飛んでいた時間。
午前10時59分頃。
午後02時42分頃。
午後03時10分頃。
午後03時52分頃。

– – – – – 阿修羅ここより引用- – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

2006年11月に阿修羅に投稿された投稿文です。
ニューロフォン(神経通信 思考盗聴)確立済みなのか
http://www.asyura2.com/0601/cult3/msg/543.html

●●さんの集団ストーカー投稿がありましたが、ここにも結構多く載ってます

神経通信          ・1,620,000
ニューロフォン     ・   4200
思考盗聴          ・ 192,000

技術資料 ニューロフォン(神経通信)
http://www.geocities.jp/techhanzainetinfo/04siryouf8.html
(表示できません。)

ライフ誌は1960年代初め、十代のパトリック フラナガンを世界最高の科学者の一人として取り上げた。
彼の発明の多くは彼自身がニューロフォン(神経通信)と呼ぶ装置であった。
ニューロフォンとは、皮膚との接触を通して直接助言を供給することができる装置である。
彼がその装置の特許を申請しようとすると政府はそれが実際働くことを証明することを要求した。
彼がそれを証明したとき国家安全保障局はニューロフォンを押収した。

電磁波等による犯罪のトリック・情報・他
ニューロフォン(神経通信)ニューロコンピュータ(人工知能)等でほとんど説明が付く
http://cosmos22.cocolog-nifty.com/blog/2006/10/post_ecdb.html

http://cosmos22.cocolog-nifty.com/blog/2006/10/post_d469.html

【電磁波盗聴】TEMPEST【画面盗視】集団ストーカー
→ 記事切れ 題名で検索
下の方に技術的な話も載っています、それだけ関心が高いという事ですね
http://pc8.2ch.net/test/read.cgi/sec/1118773105/

コメント 2005/09/08
ニューヨークタイムズ」(1977.6.20)は、駐韓米国情報機関がすでにそのような方法で、75年に大統領府を盗聴した、と報道したことがある。「電子盗聴技術がどんなものであったのか、正確な内容は明るみにならなかったものの、消息筋は、電子盗聴工作は外交的冒険であるため、きわめて用心深く遂行されたと語った。電子装置技術者によれば、この盗聴方法は大統領府を保護している保安網に進入するという難しい問題を克服し、また韓国人を雇用し、大統領執務室に進入する危険と必要のない方法による、指向性電波探知方式だったようだ。

ある専門家によれば、この方法は盗聴対象の事務室の中にいかなる装置をもちこむ必要もなく、電波が盗聴対象の事務室の方向へ発射されれば、この電波は目標対象を探して移動するらしい。電波は目標と衝突し、この振動で返送波が発射され、事務室の騷音とともに目標対象の肉声を伝達する。この方法は電波が壁とガラスを通過するため、送信機と目標対象物がおたがい識別されようが、識別されなかろうが関係なく利用できる」。

現在、501はこのような指向性電波探知方法で、韓半島全域に対する盗聴を行なっている。そのために、これに対抗する盗聴防止装置を揃えないかぎり、大統領府はいまだに駐韓米国情報機関の盗聴から安全ではあり得ないであろう。

—– で、現在はどのような状況なのでしょうかね、防護が確立されてる?

– – – – – 阿修羅ここまで- – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –


スポンサーリンク