2012年03月10日 土曜日の出来事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

午前6時17分に目がさめた。

目がさめると、カラスが鳴いていた。

午前6時27分、車のドアを閉める音がして、エンジンが掛かり車が出て行った。

この車も私のタイミングを見計らって、行動しているので時間がバラバラになっている。

午前6時28分、ガラガラーと戸が開き、キュルルルと網戸が開き、ガラガラトンと戸が閉まった。

午前6時29分、スズメも鳴き始めた。

午前6時30分、キュルルルートンと網戸が閉まり、ガラガラトンと戸も閉まった。

午前6時34分、チョロチョローと台所で排水の音がして、カラスが鳴き出した。

午前6時36分、考えに対して、カラスが鳴き出す。

朝から色々な鳴き声が聞こえている。

カラスの種類によっても鳴き声が違うし、警戒音のような鳴き方もしている。

午前6時41分、スズメも鳴き出し、車が道路を走り去って行く。

午前6時47分、コトコトと2階から歩いているような音がして、車のドアを閉める音がして、車のエンジンが掛かった。

午前6時48分、またまたカラスも鳴き出した。

午前7時26分、軽い食事が終わると、ガラガラーと戸が開きガラガラトンと戸が閉まった。

多分、毎朝、何を食べているのかチェックされていると思う。

午前7時38分、コトコトと歩いているような音が聞こえ、考え始めにコトコットンと音がして静かになり、私の考えを読んでいるようだった。

午前7時41分、こっちが動き出すと、ガラガラーと戸が開いてコトコトと動き出した。

午前7時58分、考えに対して車のクラクションを鳴らされた。

その考えは、「毎日毎日、監視をしやがって、絶対・・・。」と考えていた。

考えたタイミングにクラクションを鳴らすと言う事は、その場所でも私の考えが読めるという事になるが、果たしてこれが防犯活動になると言うのでしょうか?

洗脳されていない常識のある方なら、これが防犯活動とは思わないでしょう。

人権侵害、プライバシーの侵害、これはもう犯罪行為にあたるのではないでしょうか。

防犯活動の衣をつけた人体実験の何者でもないと思います。

最近は玄関のそばに行くと、待ち構えているのか物音がしたり、話し声がしている。

今日も腹が苦しくて横になっていました。

電磁波の影響だと思うのですが・・・

それで出掛けるのが遅くなった。

玄関を出て歩いていると、あれっと思った。

かなりきつめの北風が吹いている。

こんな3月の半ばになって北風とは・・・!

車に乗り道路に出ると、土曜日にしては車が多い。

昨日の帰りも、午後10時前だと言うのに車の往来が結構あったし、今日の朝も多い。

このことからブログの内容が大いに関係していると思われるが、全員が全員ブログを見てい訳ではなく上部の人間の指示で動いているのではないかと思います。

あっ! そうそう、風呂場に行った時ですが、サイレンはなりませんでした。

日曜日、天気予報は雪マークになっていました。

本日聞こえた救急車のサイレンの時間。
午後12時20分頃、昼食時、さあ食べようかと言う時。

本日上空を飛んでいたヘリコプターの時間。
午後01時29分頃。

– – – – – 阿修羅ここより- – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

2003年12月に阿修羅に投稿された投稿文です。
集団ストーカー行為と低周波騒音
http://www.asyura2.com/0311/nihon10/msg/1232.html

宗教教団、信者等による集団ストーカー行為でアンチの信仰の自由、思考の自由、生活の自由を奪っていることは事実であろう。幾ら唱題の力があるからといって人の生活、生き方の自由を奪っていいことはあるまい。ここまでS価・公明を大きくしてしまった日本の国民が悪いのであるが後悔して怯んではおれないのである。
あれはS価のタレント、選手、警察、教師、弁護士、外交官であると差別して見るのは良くないがしんどいことになって来ているのである。S価大を出た者が各界で活躍するのは自由であるが私の周りで起こっていることを見ると決して全体が良くなるとは思えないのである。
行き着く先が地獄になることは間違いない。折伏で切り崩す政治活動が真の目的、実態なら明らかに憲法違反である。ヒューヒューヒューヒューッッッッ、こんな低周波騒音で我らアンチを眠れないようにしている集団はどこの集団か。とにかく悪質なのだ。

– – – – – 阿修羅ここまで- – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –


スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*