2012年03月09日 金曜日の出来事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

午前6時4分に目がさめた。

目がさめると、カラスが鳴き出し、コトコトと歩いているような音が上から聞こえていた。

午前6時9分、カラスが鳴き続けている。

午前6時13分、部屋のそばでカラスが鳴き出し、鳴きながら飛び去っていった。

スズメのように小さな鳥は下の方をちょこまかと飛んでいる。

大きな鳥は餌を取る時以外は比較的、上の方を飛んでいるもんだと思っていたが、最近、部屋のそばを飛ぶ事が多い。

他の目的があるのかな?

午前6時17分、カラスの鳴き声が一旦鳴き止んだ。

しかし、私の考えと共にまたカラスが鳴き始めた。

午前6時21分、カラスが鳴き、ガラガラーと戸が開きトンと戸が閉まった。

午前6時24分、ガラガラーと戸が開き、キュルルルーと網戸が開き、ガラガラトンと戸が閉まり、スズメが鳴き出した。

午前6時26分、カラスがまたまた鳴き始めた。

午前6時33分、お前らのやっている行為は、絶対許さんと、つい考えてしまうと、真上からゴトーンとうるさいだまれと言わんばかりの音がしていた。

午前6時34分、チョロチョローと排水音が始まる。

午前6時36分、低周波の事を考えていると、コトコトーンとわざと物を落としたような音がしていた。

この低周波の考えに反応していると言う事は、すでに知っていると言う事でしょうか?

防犯活動には関係のない言葉だと思いますが・・・

今日はこの場所でも低周波が来ているようで、腹に違和感を感じている。

午前6時28分、その事をメモしていると、すかさずガラガラーと戸が開き、キュルルルと網戸が開き、ガラガラトンと戸が閉まった。

考えている事により戸を開け閉めしているのは確かで、その考えが重要であればある程、戸の音がしている。

午前6時40分、車のドアが閉まり、エンジンが掛かり車が出て行った。

午前6時42分、別の車が部屋のそばを通った時に、コン、コンと音が出ていた。

これは、マンホールのフタの上を車が通った時に出た音で、前輪が通った時にコン、後輪が通った時にコンと音が出ていた。

少し前の話になるが、マンホールのフタを開けて行なう工事が行なわれる前は音はしていなかった。

これは加担者側あるいはそのような関係者が何らかの工事の依頼をする。

ここは団地なのでそれなりの手順を踏んで行なわれていると思う。

そして業者の方が、マンホールのフタを開け工事を行ないフタを閉める。

この閉める時にちょっとだけ細工をする。

要は工事は二の次で、マンホールのフタの上を車が通った時にコンと音が出るようにする事が第一の目的だったのではないかと思う。

例えば、被害者のあの辺りから音を出すようにしたいと加担者側が思ったとしよう。

その場所は雑木林で木が沢山生えている。

この場所は雪が降る。

最近は雪の量も多いので、雪の重みで木が折れるようにしようと考える。

雪の重みで木が折れやすいように少し細工をするかも分からない。

そして大雪になり雪の重みで木が折れ、雪が解けてから業者が折れた木の撤去に入る。

そこで音の出る細工を施す。

それがこの仕事場の裏にあります。

季節事に様々な鳴き声が同じ場所でしています。

このような事は、全国で行なわれていると思います。

本当の工事もありますが、多々このような事も全国の被害者の方の周りで行なわれているのではないかと思います。

道路工事、建築工事、電線の通信工事等々。

これも規模の大小があり、住民の反対運動が起こるような物から家庭内のちょっとした物から、芸能界、スポーツ界など様々な分野で行なわれていると思います。

最近では出場して活躍してくれると期待していた、なでしこジャパンの沢穂希選手。

練習の時は元気な姿が映っていたが、試合は体調不良で欠場。

アメリカ戦、ドイツ戦と欠場。

どのような体調不良になったのかまだ正式に発表されていません。

考え過ぎかも分かりませんが、私が応援していただけに、何処か裏で出場できないようにされたのではないかと心配しています。

午前6時46分、ギャー、ギャーと鳴きながら鳥が飛び去っていきました。

もしかしてこの鳴き声は、サギ?

これもなにかの関連付けなのでしょうか?

もし関連付けだとすると、私は詐欺師???

まぁーっ! 貧乏な詐欺師!

午前6時49分、スズメが鳴き始めた。

午前6時50分、ジョボジョボっとだけ排水音が始まる。

カラスの鳴き声が遠くで聞こえるようになった。

午前6時58分、遠くでカラスが一生懸命にないているとメモしていると、ゴトンと上で音がして、ガラガラーと戸が開いた。

午前7時9分、考えにガラガラーと戸が開きトンと閉まった。

午前7時10分、車が戻ってくる。

午前7時12分、ガラガラーと戸が開き、ガラガラトンと戸が閉まった。

午前7時13分、ガラガラーと戸が開き、ベランダでコトコトと何か物音がしていた。

午前7時16分、スズメが鳴き出し、ジョボジョボーと排水音が始まり、上でコトコトと音がしている。

午前7時30分、こっちが動き始めると、ガラガラーと戸が開いて位置確認をしているようだった。

さて、今日はどうでるかな・・・!

トイレに入った。

トイレに入って、便座に座ると動かせる箇所も決まってくる。

腕と首周りくらいだと思う。

その首をグルグルと運動させるように回し、首の後ろをトントンと叩いた。

するとその瞬間、パタパターッと小走りで走る子供の足音が聞こえてきた。

親の指示による物だと思うが、まるで運動会のよーいどんで走っているようだった。

私が通学の集合時間帯くらいにトイレに入ると、声が始まり出す。

これも定番の行為のようだ。

私がトイレに居ない時は、そのまま静かーに通学しているようだ。

午前7時45分、風呂場に行くと、救急車のサイレンが鳴り出し、わざと大きな音を出して階段を駆け上がる音がし、外で話し声が始まった。

このような一連の行為も突然、行なわれなくなる事がある。

それはその行為の正当性がなくなった時。

例えば、このよにブログに記載したらどうなるだろうか?

最近、毎朝風呂場に行くと救急車のサイレンが鳴り出す事が多いので・・・

風呂場に行くと救急車のサイレンが鳴り出した。

まるで加藤茶さんのようなサイレンだ。

んーーっ! あんたも好きね!!

まぁ、わざと鳴らすかも分かりませんが・・・?

午前8時9分、ゴミ出し前に、トイレに小タイムで入った。

するとコトコトと2階の方がトイレ横の洗面台に駆け寄ってきた。

私も直ぐトイレを出て、ゴミ出しに出掛けた。

ゴミ出しに行くと、私を見て不自然に左下を確認する車。

もうこの時点でアウトである。

部屋に戻り、準備をしてすぐ出掛けた。

玄関を出ると、ちょうど2階の方もゴミ出しに出る所だったが、ふと杖に目がいった。

まだ杖をついて歩いているようだが、さっきの洗面台に駆け寄ってきたスピードを考えると疑問が残る。

分からないが、もう一人誰かいるのだろうか???

道路に出ると今日は道が空いているような感じをうける。

最初の交差点も止まる事なく通過できた。

他の場所も比較的、車は少なかった。

駐車場に着き、車を降りるとカラスのお出迎え、そこまで気をつかってもらわなくてもいい・・・

電磁波の低周波を感じた時間。
午前10時42分頃より感じ始める。
 午前11時28分頃よりかなりきつい低周波がきている。

本日聞こえた救急車のサイレンの時間。
午前07時45分頃。
午前08時48分頃。

– – – – – 阿修羅ここより- – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

2001年11月に阿修羅に投稿された投稿文です。
Re: 「東京タワー周辺から強い電波を観測」

サタン、ルシファーの計画

それにはある特定の周波数の電波が用いられたようです。
それを用いると工作員の脳に直接指令を送るいわば脳を遠隔操作が可能になったのです。
ウォルター・リード陸軍研究所
離れた部屋からメッセージを送るという方法で、
防音装置の施された別室の被験者に送るという実験を行った。
被験者には紙に書くことだけが指示された。
極超低周波にのせてメッセージ(声)を送った
置いてあるスピーカーからは何も聞こえない。
何度か読み上げるとーーー
メッセージが被験者に伝わったのである
彼は読まれた文章を正確に記述したのであった。

実験は何度も繰り返された
その度毎に、被験者は正確に言葉を記述した。
まるで、テレパシーのようであったが、そうではない。

「人間の耳に聞こえない特殊な周波数に乗せて送る事で、声が届くのです。
本人の耳ではなく脳に直接送ると言ったほうが良いでしょう。」
シャープ博士

聞くというよりは感じる。振動といったほうが分かりやすいだろう。

15000HZ以上  高周波マインドコントロール
耳で聞こえる可聴範囲       
50HZ以下 低周波マインドコントロール

マインド・コントロールするには、何度も何度も繰り返しメッセージを送る必要があるのです。

CIAでは一般人を部屋に閉じ込め空腹や疲労・睡眠不足などで無防備な精神状態になったところで、メッセージ(声)を送る
しかも、脳に直接送られる為、耳を塞いでも無駄。
彼の脳に容赦無く伝わるのである。

http://www2.ocn.ne.jp/~chikyuu/inuneko.htm

★犬・猫に使われるインプラントチップ それが人間の
 洗脳に使われるのです。犬だけならいいんだけどね。

– – – – – 阿修羅ここまで- – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –


スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*