2012年02月21日 火曜日の出来事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

昨日、帰るとまた駐車場に灯りを当たられていた。

午前零時46分に救急車のサイレンがなり始めた。

このサイレン私が寝ようと布団を敷き始めた頃になっている。

そして午前2時22分に目がさめた。

目がさめると、上でコトコトと音がしていた。

こんな時間まで起きているのかなと思ったが、取り敢えずトイレに行った。

トイレに入ると、あっと思った。

上も入っていてゴトゴトと音がして、ジャーーと水洗の水を流された。

すべてを操作されているようで、非常に気分が悪い。

その事をメモしていると、ストーブのタンク辺りからタイミングよくボッコンと音がしている。

また、布団に潜り込み午前5時23分にキィッ、キキィッと網戸を開けるような音がして、トントトンと戸を閉めるような音で目がさめた。

目がさめると直ぐ起き上がり、トイレに行った。

トイレに行くとトイレの前を車が走り、スリガラスにライトの光が当たる。

これも多分、筋書き通りだと思う。

戸の音で起こす。

起きるとトイレに行くことは分かっていると思う。

待機していた車がタイミングよくトイレの前を通り過ぎていく。

そしてこの車も団地の方の車なので、いい訳も充分出来る。

今日は随分と早いが、ゴミ出しに出掛けた。

出掛けると今日もよく冷えていて歩く度に、バリバリと氷の砕ける音がしている。

ゴミ置き場に着くと、まだ早いので他のゴミ袋はないと思っていたがゴミ袋がすでに置いてあった。

何時頃にゴミ出しをしたのだろうかと思いつつ、ゴミ袋を置きバリバリと音をたてながら部屋に戻った。

午前5時42分、氷を砕く足音が聞こえ、車のドア音がしてエンジンが掛かった。

エンジンが掛かり、出て行くタイミングを探しているような感じだった。

その時、上でもコトンと音がしていた。

午前5時50分、ジョボジョボーと排水音が始まる。

午前6時、考えに対してガラガラと戸が開いた。

午前6時2分、考えに対して、キキィッと音がしてトンと戸を閉める音がしていた。

午前6時7分、風呂場に行くと、まだ暗いのにカラスが鳴き始めた。

それもいつも鳴く場所とは違い、団地内で鳴き声が聞こえている。

少し前にゴミ出しに出た時に聞こえていた場所から聞こえているようだ。

これでカラスの鳴き声も本物あり、録音ありのようた。

午前6時42分、カラスが鳴き始めた。

今はいつも聞こえている少し離れた場所から聞こえている。

午前6時44分、座ったまま、窓の外を見るとスズメが急に鳴き始めた。

今日はだいぶん早いが起こされついでに出掛けた。

このよな時間でも車は随分と多い。

この殆どが車両ストーカーで占められていると思う。

今日、昼前に急に用事が出来、出掛けた。

その帰り、消防車に遭遇し、パトカーに遭遇した。

用事で出掛ける時は、よくパトカーに遭遇している。

被害者の方だと分かると思うが、このような車に頻繁に遭遇する。

周りの車もそのような車で占められている。

出掛けた時に気付いたのだが、かなり県外車が多い事に気が付く。

この場所でも道路のそばに行くと、タイミングよく車を走らせている。

この方達はいつまでこのような事を続けるのだろうか?

たとえ私が終わったとしても、この方達は次のターゲットを見つけるでしょう。

文句の言わない、おとなしそうな人物をそうすることによって、和が保たれ、目標ができ、防犯活動(嫌がらせ)が継続できる。

それにより色々な利益が発生しているかな???

電磁波の低周波を感じた時間。
午前08時45分頃より感じ始める。

本日聞こえた救急車のサイレンの時間。
午前00時46分頃。
午前07時40分頃。
午前08時22分頃。
午後08時17分頃、そろそろ帰ろうかなと考えていた時。

削除されているアドレスもあります。
ご了承ください。

– – – – – 阿修羅ここより- – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

2009年12月に阿修羅に投稿された投稿文です。
マスコミ盗聴についての解説をします(その2)
http://www.asyura2.com/09/cult7/msg/455.html

コメント 2011年9月03日
ネット上のフジテレビ批判をマスメディアがまったく報道できない理由
BLOGOS 2011年 8月 3日
http://news.livedoor.com/article/detail/5757765/

阿修羅内の同記事(図がない)
http://www.asyura2.com/11/hihyo12/msg/189.html

コメント 2011年9月03日
電車内で NHK職員が盗撮、逮捕 教育番組のプロデューサー

NHKは8日、東京都世田谷区を走行中の小田急線車内で盗撮行為をしたとして、都迷惑防止条例違反の疑いで、青少年・教育番組部のチーフプロデューサー、菊江賢治容疑者(49)が警視庁に逮捕されたと発表した。NHKは「誠に遺憾。事実関係を調べた上で、厳正に対処する」としている。

産経新聞 2011.8.8 14:42
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110808/crm11080814440014-n1.htm

○NHKのネットラジオ 「らじる★らじる」 が 2011年 9月1日開始
NHKが放送しているラジオ第1、ラジオ第2、NHK-FMの東京エリアにおける放送内容を、インターネットにストリーミング配信
http://www.asyura2.com/11/lunchbreak50/msg/294.html

コメント 2011年10月17日
★元電通部長を 1.5億円詐取容疑で逮捕 東京地検

イベント制作費の名目で取引先から約 1億5700万円をだまし取ったとして、東京地検特捜部は12日、東京都世田谷区、元電通部長、大森章道容疑者(46)を詐欺の疑いで逮捕した。

逮捕容疑は2008年10月、電通などが出資して設立した共同事業組合がイベントを企画しているように装い、自身が事実上管理するデザイン会社名義の口座に、知人が社長を務める会社から制作費として約1億5700万円を送金させ、だまし取った疑い。

特捜部によると、元部長は05年3月まで共同事業組合の事務局次長を務めており、資金を詐取したとされる当時も 事実上、同組合の事業運営に関与していたという。

元部長を巡っては、電通が10年3月、資材を架空発注し、同社から2千数百万円をだまし取ったとして、詐欺容疑で警視庁愛宕署に告訴。同署は今年1月、元部長を同容疑で書類送検していた。

▽ソース:時事通信 2011/10/12 11:38
http://www.nikkei.com/tech/news/article/g=96958A9C93819695E3E0E2E3938DE3E0E3E2E0E2E3E3E2E2E2E2E2E2;da=96958A88889DE2E0E2E5EAE5E5E2E3E7E3E0E0E2E2EBE2E2E2E2E2E2

コメント 2011年10月17日
12日夜、電車の中で乗客の顔を殴ってケガをさせたとして、「朝日新聞社」社長室の社員の男が傷害の現行犯で逮捕された。

逮捕されたのは、朝日新聞社社長室主査の男(46)。警視庁の調べによると、この男は12日午後11時頃、東急大井町線の車内で乗り合わせた男性客(33)の顔などを殴り、2週間のケガをさせた疑いが持たれている。当時、男は酒に酔っていて、車内で男性客の体に何度か触れてトラブルになっていた。

警視庁の調べに対し、男は容疑を認めている。
朝日新聞社広報部は「本社社員が逮捕されたことを重く受け止め、厳正に対処します」とコメントしている。

*+*+ 日テレNEWS24 +*+*  http://www.news24.jp/articles/2011/10/13/07192506.html

コメント 2011/10/13(木)
★乗客殴った疑い、朝日新聞社員を逮捕 東急線の車内

電車内で乗客を殴ったとして、警視庁は12日夜、東京都杉並区浜田山4丁目、朝日新聞社長室主査の冨田悦央 容疑者(46)を傷害の疑いで現行犯逮捕した。

玉川署によると、逮捕容疑は12日午後11時ごろ、東急大井町線の車内で、隣に立っていた世田谷区在住の会社員男性(33)の顔を数回殴り、2週間の けがを負わせたというもの。

冨田容疑者は当時 酒に酔っており、男性に体が たびたび触れていた。
男性が顔を向けると、殴りかかってきたという。

〈朝日新聞社広報部の話〉 本社社員が逮捕されたことを重く受け止め、厳正に対処します。

http://www.asahi.com/national/update/1013/TKY201110130203.html

コメント 2011年10月25日
【紅白歌合戦】 紅組にも白組にもオファーできぬ “黒組”歌手多く、NHK関係者困る

1年の掉尾を飾る“国民的番組”、NHKの紅白歌合戦が風前の灯火だ。毎年、11月下旬までに出場者を発表してきたが、人選作業が遅々として進まず、「発表は12月にズレこむ可能性が高い」(NHK関係者)という。

理由は、10月1日の暴力団排除条例の完全施行と、本誌スクープ「丸の内署芸能特捜班」の存在だ。
9月中旬、警視庁の暴力団対策を担う組織犯罪対策3課の課長らが、NHKをはじめテレビ各局に直接足を運び、暴力団排除への協力要請をしたのは既報の通りである。暴力団との繋がりを疑われる芸能人はテレビ画面から消える運命にあるが、紅白歌合戦が この影響を もろに受けたのだ。

前出のNHK関係者が明かす。「出演者と暴力団の関係について、“知らなかった”では済まされない。
NHKでは独自に歌手やグループの“身体検査”を進めている。番組制作局から報道局に“危ない歌手を洗ってくれ”という要請がいき、それを受けて社会部記者が情報を集める。

情報は警視庁、大阪府警といった担当の部署ごとに まとめられて社会部長に報告、最後はNHK会長直轄の『総合リスク管理室』がチェックをするという流れだ。ただし、調べれば調べるだけ芸能界と暴力団の交際情報が出てくる。
紅組にも白組にもオファーできない“黒組”の歌手が想像以上に多くて頭を抱えている」
http://www.news-postseven.com/archives/20111019_65615.html

FRIDAY 「NHK紅白歌合戦出場者マル秘リスト独占入手!暴交遊を身体検査された歌手たち」
http://watch2ch.2chblog.jp/archives/3979270.html

「FRIDAY」2011年10月28日号
http://blog-imgs-48-origin.fc2.com/t/a/r/tarekomin/20111014161455567.jpg

芦田愛菜・・・音源調整                嵐・・・(メモには特になし)
安室奈美恵・・・(メモには特になし)         ベテラン歌手I・・・暴力団
アンジェラ・アキ・・・「津軽海峡冬景色」      EXILE・・・脱税
いきものがかり・・・(メモには特になし)       小田和正・・・前回拒否
大物歌手I・・・暴力団                 大友康平・・・宮城県出身
AKB48・・・(メモには特になし)            加山雄三・・・訴訟問題
SKB48・・・(メモには特になし)            KAN・・・元気
ベテラン歌手K・・・暴力団              関ジャニ∞・・・(メモには特になし)
加藤ミリア・・・(メモには特になし)          北島三郎・・・暴力団
黒木メイサ・・・堀北真希の応援           KinKi Kids・・・台風被害の奈良出身
クミコ・・・復興支援                  桑田佳祐・・・復興支援
倉木真衣・・・国歌斉唱が好評           郷ひろみ・・・(メモには特になし)
伍代夏子・・・暴力団                 コブクロ・・・活動休止
美人歌手S・・・暴力団                コンプレックス・・・復興支援
柴崎コウ・・・シンガーで受けるか          さとう宗幸・・・「青葉城恋唄」
JUJU・・・前回拒否                  SMAP・・・(メモには特になし)
Superfly・・・(メモには特になし)           千昌夫・・・東北の象徴、暴力団
手嶌葵・・・(メモには特になし)            高橋ジョージ・・・宮城県出身
天童よしみ・・・暴力団                 東方神起・・・(メモには特になし)
ドリカム・・・(メモには特になし)            TOKIO・・・山口の無免許問題
中島美嘉・・・健康問題                鳥羽一郎・・・暴力団
夏川りみ・・・(メモには特になし)           ナオト・インティライミ・・・(メモには特になし)
浜崎あゆみ・・・健康問題               中村雅俊・・・息子の大麻問題
Perfume・・・(メモには特になし)            新沼謙治・・・岩手県出身
平原綾香・・・復興のシンボル             西田敏行・・・福島県出身
ふくい舞・・・押し(所属事務所の強い押しがある)  イケメン歌手H・・・暴力団
Fairies・・・押し(所属事務所の強い押しがある)   福山雅治・・・(メモには特になし)
松田聖子・・・来年の大河               ファンキー・モンキー・ベイビーズ・・・(メモには特になし)
水樹奈々・・・(メモには特になし)           細川たかし・・・暴力団
YUI・・・(メモには特になし)               モンキーマジック・・・仙台が拠点
和田アキ子・・・暴力団                 山本譲二・・・暴力団

コメント 2011年10月26日
島田紳助の騒動は、多くの人に芸能界と暴力団の“切っても切れない関係”を再確認させた。
なぜ両者は深く付き合うのか。芸能人にとってどんなメリットがあるのか。
ノンフィクションライターの窪田順生氏が解説する。

たとえば、日本レコード大賞をとったこともある大物男性シンガーは、稲川会の新年会で熱唱し、会長の葬儀にまで参列している。個人的な付き合いだと説明はするが、宴の場で、会長の妻を「お母さん」と呼ぶその姿は、盃を もらっていると言われても まったく違和感がない。
このような「親密すぎる交際」は、彼らに どのようなメリットを もたらすのだろうか。

「芸能人は有名になればなるほど因縁をつけられたり、トラブルに巻き込まれたりすることが本当に多い。
プライベートだったりすると、事務所としても守れない。そこで、組の名前が出せるというのは心強いので関係を持ってしまう」(芸能事務所社員)

ビートたけしが、右翼団体からの抗議を受け、誰に頼ることなく暴力団の会長のもとを訪れて土下座したことを週刊誌で明かしたが、芸能人の多くは、このような窮地で、つい“力をもつ者”に頼ってしまうのだ。一方で、暴力団側は どんなメリットがあるのか。

関東の某広域組織幹部が明かす。
「ヤクザは人脈でメシを食っているところがあるので有名芸能人のトラブルを解決したというのは、組織内でも自分の力を誇示することができる。商売の話をしていても、有名芸能人と付き合いがあると言えば信用も増す。要するに知名度を利用している」 それゆえ、

自分の仲間に因縁をつけさせて、そ知らぬ顔で仲介役にのりだす「自作自演」で、
芸能人とパイプを持とうと目論む輩もいる。

このような話を聞くと、一つの疑問が浮かぶ。ヤクザといえば「縄張り争い」のイメージが強いが、異なる代紋を「ケツ持ち」としている芸能人同士でトラブルがあった場合、どのような解決方法が取られるのか。暴力団に詳しいジャーナリストはこう言う。

「芸能界のケツ持ちには“シマ争い”のような概念はない。もし組同士で利害が衝突するような場合は、互いの組織に顔がきく“相談役”と呼ばれる人物が仲介に立って丸く おさめるのが一般的だ」ちなみに、(紳助騒動で“Aさん”として名前の挙がった)元プロボクサーの 渡辺二郎氏の肩書も、
「山口組極心連合会 相談役」だ。

http://www.news-postseven.com/archives/20111019_33296.html

コメント 2011年11月12日
NHK名古屋放送局は、一九六二年から続くドラマ「中学生日記」の来年度の出演者を募集しないことを決めた。討論番組への移行など大幅な内容変更または打ち切りを検討中で、竹下景子さんら数多くのタレント、俳優を輩出してきた名物番組は大きな岐路に立っている。

「中学生日記」(放送開始時は「中学生次郎」)は同局が制作する三十分番組。名古屋市内の架空の中学校を舞台に、いじめや受験など、中学生が抱えるさまざまな問題を描いてきた。生徒役を演じた五千人の中には、竹下さんや森本レオさん、加藤晴彦さんら芸能界で活躍する人たちが名を連ねる。

二〇〇三年に総合テレビからEテレに移動。教諭役に人気俳優の風間俊介さんを起用するなど若い視聴者の掘り起こしを図ったが、本年度の名古屋地区の視聴率(ビデオリサーチ調べ)は1%前後と低迷していた。
同局広報課は「(打ち切りも含めた)リニューアル内容を来年二月ごろ発表する」としている。
http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2011111102000174.html

コメント  2011年11月12日
インターネット検索大手「グーグル」(東京都港区)が、街並みの画像を閲覧できるサービス「ストリートビュー」作成のため 全国を車で撮影して回る傍ら、他人の通信を傍受していたとして、総務省は11日、電気通信事業法に基づき、同社に傍受したデータの廃棄と原因を究明するよう指導した。

同社は「誤って情報を集めた」と説明している。
同省によると、同社は2007年末から昨年5月まで、全国を車で回り、ストリートビュー用の映像を撮影。
この際、車に無線LAN受信アンテナを搭載し、通信を傍受していた。

駅構内やカフェなどに設置された無線LANでパソコンやスマートフォンを使っている人のメール送受信やウェブサイト閲覧記録が含まれるとみられるが、同社は収集したデータ量や内容を明らかにしていない。
ソース:読売新聞http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20111112-OYT1T00019.htm

コメント 2011年11月12日
http://www.chunichi.co.jp/s/article/2011111190223740.html

司法書士の特権を悪用して警官らの戸籍謄本などを不正取得したとして、愛知県警捜査4課などは11日、偽造有印私文書行使、戸籍法違反(不正請求)などの疑いで、東京都千代田区にあるプライム総合法務事務所の代表 奈須賢二(51)=東京都中野区、司法書士 佐藤隆(50)=東京都練馬区=の両容疑者ら 5人を逮捕した。

5人は、全国で3年前から少なくとも約 1万件の個人情報を違法入手していたとみられ、暴力団捜査を担当する県警幹部も含まれていた。資金のやりとりに暴力団周辺企業も浮上、暴力団の資金源や犯罪の温床になっていた可能性がある。県警は総務、法務両省に被害調査を要請する。

ほかに逮捕されたのは、探偵会社「ガルエージェンシー東名横浜」代表 粟野貞和(62)=横浜市青葉区、元弁護士 長谷川豊司(48)=東京都世田谷区、
グラフィックデザイナー 杉山雅典(54)=京都府八幡市=の3容疑者。

容疑では、5人は昨年3~7月、司法書士の職権で認められている「職務上請求書」を偽造し、虚偽の申請内容で、名古屋市内の女性=当時(47)=ら7人の戸籍謄本などを取得したとされる。

司法書士は請求書を自治体に郵送すれば、本人が知らないまま戸籍謄本や住民票を取得できる。
粟野容疑者が個人情報を求める依頼者を集めて奈須容疑者に持ち込み、司法書士の佐藤容疑者名で申請していたとみられる。佐藤容疑者は一部を否認、4人は認めている。

県警によると 女性が被害を受けた 脅迫事件の捜査過程で、プライムが 女性や親族らの戸籍謄本などを取り、この情報が 別の探偵会社を通じて加害者の男=当時(61)=に伝わっていたことが分かり、不正取得が発覚した。

捜査関係者によると、被害者の7人中、2人は愛知県警の警官で、このうち1人は指定暴力団山口組弘道会などを捜査する捜査幹部。弘道会幹部と親しい 風俗グループ代表 佐藤義徳被告(54)=詐欺罪などで公判中=の周辺を内偵中、家族に危害を加えるような内容の電話が自宅にあり、個人情報が漏れた疑いが持たれていた。

佐藤被告は今年4月、弘道会ナンバー2の竹内照明被告(51)=詐欺罪で公判中=とともに逮捕された。(中日新聞)

コメント 2011年11月16日
ヤマト運輸の栃木県内の2支店が 今年8月までの約 5年間、法人顧客から依頼されたチラシや ダイレクトメールなどのメール便計約 960通を配達せず、うち約 700通を焼却、裁断処分していたことがわかった。

同社によると、宇都宮市の宇都宮さくら支店と、那須烏山市の益子・烏山支店で、当時、支店長だった男性計3人が、指定期日までに発送できなかったチラシなどを支店や自宅で処分していた。3人は「人手不足で配達しきれず、たまったメール便の処分に困ってやった」などと事実を認めているという。

8月末に内部告発があり、発覚した。焼却、裁断処分したメール便の顧客や配達先は特定できていない。
処分されずに残っていた未配達分については、顧客に経緯を説明し、料金の返還などを行ったという。

http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20111112-OYT1T00928.htm

コメント 2011/11/15(火)
○1年間、家庭の蛇口から工業用水

さいたま市は14日、同市中央区の1世帯4人に、水道管の接続を誤り、約1年にわたって工業用水が給水されていたと発表した。市によると、工業用水には飲料用のような塩素が入っていないが、検査したところ、大腸菌など人体に有害なものは検出されなかった、としている。
市は今後、住民の健康診断や水道料金の払い戻しを行う。

同市給水工事課によると、2010年8月に市の指定業者が配管工事を行った際、配水管と工業用水で同じ種類の管を使っていたため、間違えたという。また、市水道局の職員が、工業用水の混入を防ぐために残留塩素をチェックしていたが、見抜けなかったという。

県企業局が今月12日に施設点検のために工業用水を停止したため、住民から「水が出ない」と通報を受けて判明した。同課は「他に誤接続がないか確認すると共に、再発防止に努めたい」としている。

(2011年11月15日10時10分 読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20111115-OYT1T00200.htm

コメント 2011年11月16日
NHK、受信契約を結ばない一般世帯を初提訴

テレビを設置しているのに受信契約を結んでいないとして、NHKは16日、東京都内の5世帯に対し、それぞれ受信契約の締結と、衛星放送分を含む2カ月分の受信料4580円の支払いを求める訴訟を、東京簡裁に起こした。受信契約をめぐる訴訟は 過去に事業所を対象に2件あったが、一般世帯対象は、昭和25年の放送法施行以来初めて。

NHKによると、5世帯に対しては、最長で平成16年3月から訪問・説得を続けたが、「テレビはあるが見ていない」「受信料制度に問題がある」などとして契約を拒否されたという。
今年10月13日にはこの5世帯を含む都内の8世帯に提訴を予告していた。
NHKによると、平成22年度末の受信契約率は約78%。NHKは「今後も受信料の公平負担の徹底のため、あらゆる努力をしてまいります」とコメントしている。

*+*+ 産経ニュース +*+*
http://sankei.jp.msn.com/entertainments/news/111116/ent11111618020015-n1.htm

コメント 2011/11/14(月)
★人気テレビ番組「SASUKE」の制作会社が自己破産 負債 35億6600万円

帝国データバンクによると、テレビ番組の制作・イベント企画会社「モンスタ-・ナイン」(樋口潮社長、東京都港区麻布台)が11日に東京地裁に自己破産を申請し、破産手続きの開始決定を受けた。負債総額は関連会社分をあわせて 35億6600万円。

モンスター社は 2005年設立で、資本金 3億5000万円。TBSの人気番組「SASUKE(サスケ)」やテレビ東京系「ソロモン流」などを担当。また「マッスルパーク」というテーマパークを北海道千歳市などで運営し、2008年3月期には売上高が 31億5000万円あった。

しかし、手がけたイベントの中止や番組の縮小などで事業が縮小し、継続を断念した。
関係会社の「デジタルナイン」も同時に東京地裁に自己破産を申請し、手続き開始決定を受けた。
負債はモンスター社が 18億600万円、デジタルナインが 17億6000万円。

■ソース(産経新聞)
http://sankei.jp.msn.com/economy/news/111114/biz11111415550007-n1.htm

コメント 2011年11月21日
関連
http://logsoku.com/search.php?query=%E6%88%90%E7%94%B0%E8%B1%8A&category=&order=desc&sort=create

★成田豊・元電通社長が死去

電通の元社長で、日本広告業協会会長などを務めた成田豊(なりた・ゆたか)氏が20日午前0時57分、肺炎のため東京都文京区の病院で死去した。82歳だった。

日本統治下にあった現在の韓国・天安市で生まれ、1953年電通入社。新聞担当の営業が長く、新聞やテレビ各社だけでなく、各国の要人・首脳と幅広い人脈を築いた。93年に社長就任、2001年11月に東証1部に株式上場を果たし、仏広告大手との提携を決めた。

02年の会長就任後は海外事業を主に担当、中国や韓国などとの交流を深めた。04年最高顧問、10年名誉相談役。日本広告業協会の会長なども歴任した。
08年8月、日本経済新聞に「私の履歴書」を執筆した。

▽ソース 日本経済新聞 2011/11/21 2:16
http://www.nikkei.com/news/headline/article/g=96958A9C93819695E0E2E2E3848DE0E2E3E3E0E2E3E39F9FEAE2E2E2

コメント 2011年12月04日
★録画を生中継のように演出 日テレ「だます気なかった」

日本テレビが11月30日夜に生放送した歌番組「日テレ系音楽の祭典 ベストアーティスト2011」で、一部出演者の歌唱シーンは2週間前に収録した映像を生放送のように演出したものだったことが、関係者の話でわかった。日テレ側は1日、事実関係について認め、番組関係者への聴取も始めた。

番組は「嵐」の櫻井翔さんらが司会を務め、二十数組の歌手らが出演、午後7時から約3時間にわたって幕張メッセ(千葉市)から生中継された。関係者によると、歌手の平井堅さんと3人組「いきものがかり」の出演部分は11月17日に東京都内の日本テレビのスタジオで収録された。

その際、スタッフが観覧客に「生放送の司会者から呼びかけられた設定で反応してほしい」と依頼。
「口外しないように」との念押しもあったという。
30日の放送では幕張メッセの櫻井さんが「平井堅さんは日本テレビGスタジオです。森さーん」と17日の収録現場にいた同局の森麻季アナウンサーに呼びかけ、森アナが「はい、Gスタジオです」と応答。

平井さんも「よろしくお願いします」と話し、画面左上にはパラボラアンテナのマークと「日本テレビGスタジオ」というテロップが表示され、平井さんらが別会場からの生中継で出演しているように放送された。

同局総合広報部は、こうした演出は現場のプロデューサーらの判断で行われたと説明。
「全体としては生放送で、視聴者をだますつもりはなく、楽しんでもらうために一部を事前収録したが、注意が足りなかった」としている。平井さんは30日夜は、大阪でコンサートを開いていた。

http://www.asahi.com/culture/update/1201/TKY201112010196.html

コメント 2011年12月08日
ウィキリークス、市民を監視する「スパイ文書」を公開

内部告発サイト「ウィキリークス(WikiLeaks)」創設者のジュリアン・アサンジ(Julian Assange)容疑者が1日、市民を監視する技術を各国政府に売り込む「国際的な産業」に関する文書の公開を始めたと発表した。

これらの文書に記されているのは、携帯電話や電子メール、インターネットの閲覧記録といった個人情報を監視する技術を開発している 25か国約 160企業の活動。

英ロンドン(London)で記者会見したアサンジ氏は、「今日、国際的な大衆監視産業の実態を示した
287文書を公開する。この産業は、独裁者にも民主主義国にも、国民のプライバシーに割り込む機器を
売り込んでいる」と発言。

10年前には米国家安全保障局(National Security Agency、NSA)や 英政府通信本部(Government Communications Headquarters、GCHQ)など一部政府の情報局だけを相手にして表に出ることのなかった業界が、いまや国境をまたぐ巨大ビジネスに成長していると警告した。

ウェブサイト「http://wikileaks.org/the-spyfiles.html」に公開された文書の中には、エジプトやリビアなどアラブ諸国の抑圧政権に売り込まれた監視機器のマニュアルも含まれている。
文書公開に協力した技術者らは、現在この産業は野放し状態となっており、各国政府は監視技術などの国外輸出を規制する法の整備を急ぐべきだと訴えている。

ソース:AFP
http://www.afpbb.com/article/politics/2843589/8151173

コメント 2011年12月20日
日常的に暴力団側へ捜査情報を流していたマル暴の刑事

【衝撃事件の核心】
暴力団関係者から現金やスーツを受け取り、妻子がありながら不倫関係の女性と しばしば外泊。
“飛ばし(他人名義)”の携帯電話を持ち歩き、日常的に暴力団側へ捜査情報を流していた-。
“マル暴の刑事”としての誇りを持っていたはずの警察官は、一体どこで道を踏み外したのか。

地方公務員法(守秘義務)違反などの疑いで逮捕され、後に収賄容疑でも追送検された、大阪府警の元巡査部長(40)=懲戒免職。全国で暴力団排除の取り組みが進む中で明らかになったのは、およそ警察官のあるべき姿と かけ離れた実態だった。

■同僚の名簿を暴力団側に“売る”
「頼まれてた捜査員の住所録や。書き写したら現物はシュレッダーして」元巡査部長が差し出した資料は、暴力団対策にあたる捜査4課員の住所や氏名などが記された名簿。
受け取った暴力団関係者の元社長(42)は、「警察で厳しい取り調べを受けた時、捜査員の自宅に郵便物を送ったら、びびるやろ…」と、ほくそ笑んだという。

元巡査部長は、平成19年ごろから、元社長側の求めに応じて さまざまな警察の内部情報を提供していた。
捜査員の名簿のほか、警察車両などのナンバーを照会した結果、特定の人物の犯歴情報…。
依頼を受けると、勤務先の警察署内に設置された 部内用のパソコンで情報を検索し、結果を伝えていた。

その一方で、元社長側から約 20回にわたって総額で数百万円の現金を受け取り、スーツ2着(計約 9万円相当)を贈られていた。さらに、元社長が金融機関から受けた融資の連帯保証人になったり、交際していた女性の就職を元社長に依頼するなど、密接な交際があったとされる。

元巡査部長は、大阪府寝屋川市の出身。府内の高校を卒業後、大阪府警の警察官になった。当初から暴力団捜査の刑事を志望していたといい、西署に勤務していた20代のころ念願がかなって刑事課に配属。
このあたりから、口ひげを生やすなど“マル暴”を意識した風貌になったという。

平成12年、大阪府警本部の暴力団対策課(現在は捜査4課暴力団対策室)に異動。暴力団情報の管理や分析にあたる資料係に在籍した。その後に勤務した 吹田署、西淀川署でも 暴力団対策を担当した。

暴力団関係者の元社長は 指定暴力団 山口組系組織に所属していたが、約5年前に脱退。
過去には暴力団組長の共犯として逮捕された前歴もある。
違法風俗店を経営しており、店の周辺に警察車両がいないかを気にしていたという。

■事件関係の女性と交際し…
暴力団対策にあたる警察官と、違法行為を生業とするアウトロー。本来は相いれるはずもない2人が知り合った きっかけは、約6年前の傷害事件だった。元社長らは当時、飲食店の売上金を持ち逃げした店長を監禁、暴行した などとする疑いが持たれており、捜査を担当したのが吹田署で 暴力犯係の主任を務めていた元巡査部長。

当初は傷害容疑などで立件が検討されたが、結果的に 18年 5月、暴力団対策法に基づく中止命令が出された。元巡査部長は当時、同僚に対して「事件にしなければならない内容だったが、(より軽い処分の)中止命令にとどめた」などと話していたといい、「このことで元社長は自分に感謝している」などと誇示。

意図的に立件を見送った可能性があるという。この直後から元社長との交際が始まったが、元巡査部長にとっては暴力団の情報を得ようとして接触を持った面もあったとみられる。

暴力団の捜査では、的確に情報を集められる刑事が高く評価される傾向がある。そうしたプレッシャーにつけ込まれたのか、飲食の接待を受けるなど次第に相手側に取り込まれた元巡査部長は、いつしか現金を受け取るようになっていた。この頃から、捜査で事情を聴いた事件関係者の女性と交際するなど、私生活も乱れていったという。

元巡査部長は、通話履歴などから元社長側との関係が発覚しないようにインターネットを通じて入手した他人名義の “飛ばしケータイ”を使用。このほかにも元社長側に対して「送ったメールは消去して」「名簿などは書き写してシュレッダーに」などと求めるなど、不正行為が露見することを恐れていた。

大阪府警では、捜査員が暴力団側と接触する際には事前の許可が必要だが、元巡査部長は一度も上司に報告していなかった。ある現役の捜査員は、「本当のプロならば、捜査対象である暴力団側に情報を漏らすことなどは ありえない」と指摘。「相手に取り込まれないことは基本中の基本だ」と強調した。

■捜査は事実上終結
一連の疑惑が発覚したのは、捜査4課が昨年4月、暴力団組長の詐欺事件に関連して 元社長の自宅などを家宅捜索した際、捜査員の名簿が見つかったことが発端。その後、元巡査部長の関与が浮上したことから、警察官の不祥事を調査する監察室が動き出す。元巡査部長が暴力団側から金品を受け取っていた疑いが濃厚となった今年4月からは、汚職事件を取り扱う捜査2課が投入された。

全国の警察が組織を挙げて暴力団排除の取り組みを進める中、こともあろうに警察官と暴力団関係者が癒着していたという、あってはならないスキャンダル。大阪府警は贈収賄容疑での立件を視野に威信をかけて全容解明に乗り出したが、捜査は難航した。あいまいな供述、とぼしい物証、時効の壁…。
いったんは ほぼ全面的に疑惑を認めた元巡査部長は後に否認へ転じ、肝心の元社長が行方をくらませてしまう。

それでも、警察が身内の不祥事を うやむやにすることは許されない。大阪府警は 10月、元巡査部長の懲戒免職を決定。さらに11月、公判維持の見通しが立たないまま、地方公務員法(守秘義務)違反の疑いで元巡査部長の逮捕に踏み切り、同月中に収賄容疑でも追送検した。

ただ、いずれも大阪地検により処分保留となっており、元巡査部長は起訴されていない。
指名手配されている元社長は現在も逃走中で、元巡査部長の公訴時効は来年2月に迫っているが、捜査は事実上終結。大阪府警の幹部は「(元巡査部長に)きちんと刑事責任を負わせたかったが…」と忸怩(じくじ)たる表情を浮かべた。

「こんなことが許されないのは分かっていた…」。志を失って暴力団関係者と癒着した元巡査部長は、犯罪者となって すべてを失った。そして、大阪府警が失った市民からの信頼は、さらに大きい。

ソース 産経新聞 12月11日(日)21時6分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111211-00000529-san-soci

コメント 2011年12月27日
【福岡】郵便局、ストーカー被害女性の転居先漏らす

福岡市早良区の郵便事業会社早良支店が、交際していた男から暴力被害を受けて転居した市内の50代女性の 新住所を、本人の同意を得ずに男に教えていたことがわかった。
女性は転居先に男が現れたため、早良署に暴行容疑で被害届を出した。同社は女性に謝罪した上で「担当者や責任者を処分する」としている。

同社や県警早良署によると、女性は 男と交際中の8月、衣服を破られるなどの暴力を受け、早良署に相談した。当時は被害届を出さず、その後、男と別れて市内の知人宅に転居した。
だが、転居先に男が来たり、手紙を送りつけたりするようになり、今月、暴行容疑で被害届を提出した。
同署は男の自宅を家宅捜索して、任意で事情聴取した。男は暴行容疑について認めているという。

同社によると、早良支店のアルバイト社員が、女性の転居先の新住所を男から尋ねられ、勝手に教えてしまったという。同社の広報担当者は「このような事案を発生させて申し訳ない。今後は社員指導を徹底する」と話している。

ソース asahi.com
http://www.asahi.com/national/update/1224/SEB201112240005.html

コメント 2011年12月30日
大手芸能プロダクション吉本興行のグループ会社に勤める契約社員の男が、会社員の男性を殴り携帯電話を奪ったなどとして警視庁に逮捕されました。

強盗の疑いで逮捕されたのは、吉本興業のグループ会社 吉本クリエイティブエージェンシーの契約社員・田井地直己容疑者(35)で、先月10日、東京・港区の都営三田線白金台駅近くの路上で、男性会社員(40)を突然、後ろから殴ったうえ、携帯電話などを奪った疑いが持たれています。
男性会社員は、頭部打撲の軽傷です。

警視庁によりますと、田井地容疑者と 被害者の男性は、事件前、電車内で「体がぶつかった」などとトラブルになっていたということです。取り調べに対し、田井地容疑者は「殴ったことに間違いないが、酔っていたので覚えていない」などと一部容疑を否認しています。

*+*+ TBS News i +*+*
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4912949.html

コメント 2012年1月08日
ヤマト運輸の西大阪主管支店(兵庫県尼崎市中浜町)が先月末、顧客から預かった冷蔵扱いの荷物を、一般の荷物と一緒に配送していたことが5日、同社への取材で分かった。

寒波による交通渋滞で、冷蔵設備があるトラックなどが手配できなかったという。大半が食料品で、健康被害の訴えはないというが、同社は「おわびしたい。二度と起きないよう対策を講じたい」と話した。
これとは別に、冷凍扱いで請け負った お節料理なども一般扱いで運んだという関係者の証言もある。

同社によると、先月29、30の両日、同支店から尼崎市内などの各営業所に荷物を運ぶ際、冷蔵扱いの一部を一般荷物として運んだ。冷蔵扱いは空調設備があるトラックや、温度調節ができる専用の箱に入れて運ぶが、手配が間に合わなかったという。
冷蔵・冷凍扱いの荷物は通常料金に210~610円を加算している。

また、関係者によると先月28~31日、同支店から関西の各主管支店に荷物を運ぶ際、冷凍扱いのお節料理やズワイガニも一般荷物と一緒に運んだという。この関係者は毎日新聞の取材に「指示されてやった」と話した。同社は「今後調査する」としている。

ソースは
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120106-00000039-mai-soci
■ヤマト運輸 http://www.kuronekoyamato.co.jp/
ニュースリリース一覧
http://www.kuronekoyamato.co.jp/company/news_h23.html

コメント 2012年1月14日
愛知県警の警察官らの戸籍謄本などが不正取得された事件で、県警捜査4課などは13日、個人の借金などの信用情報も不正に得ていたとして、貸金業法違反(目的外使用)容疑で、司法書士事務所経営 奈須賢二容疑者(51)と探偵会社「ガルエージェンシー東名横浜」代表 粟野貞和容疑者(62)=いずれも戸籍法違反罪などで起訴=を再逮捕し、新たに
貸金会社社長 西脇誠容疑者(40)=東京都大田区南雪谷=ら3人を逮捕した。

県警によると、信用情報の目的外使用での検挙は全国初。
奈須容疑者ら4人は容疑を認め、残る1人は否認しているという。同課などは5人が 2008年11月から昨年6月にかけ、約2200人分の信用情報を不正に得たとみている。

逮捕容疑では、5人は昨年6月13日ごろ、返済能力調査以外の目的で、西脇容疑者の会社を通じ、指定信用情報機関「日本信用情報機構」(東京)から 名古屋市の男性会社員(36)の信用情報を不正に取得した疑い。

http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2012011300870

コメント 2012年1月18日
電通は11日、米国の独立系広告代理店「MLロジャース」(ニューヨーク州)を買収すると発表した。
非日系企業の開拓が狙い。電通アメリカ(同)が吸収合併する。買収額は非開示。

時事通信 1月10日(火)20時1分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120110-00000032-jijc-biz

– – – – – 阿修羅ここまで- – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –


USBメモリウイルスの感染にご注意を!

USBメモリウイルスの感染にご注意を!


スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*