2012年02月09日 木曜日の出来事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

昨日の帰り、午後9時過ぎ雪道を歩いて帰っていると、新しいと思われる足跡があちこちについていた。

何度となく雪道を歩いて帰っているが、このような事は余りなかった。

ブログの影響なのか昨日の帰りは、救急車のサイレンはならなかった。

その分、人海戦術にでたのかなと思っている。

自宅の近くで加担者の男性とすれ違った。

このような時間帯にこの場所ですれ違うのは始めてだ。

その時は雪が降っていて、傘を差しながら雪かきのされていない、人が歩いて踏み固められただけの雪道を気にしながら歩いていると突然現れた。

前方で来ているのが分かれば,ある程度距離をとるのだが、傘を差し下を気にしながら歩いていたので突然、目の前で気が付いた。

すぐ、踏み固められていな雪の中に脚を入れよけたが、何となくやられたーっと思い気落ちした。

その後だった。

んっ!何か変な匂いがしていた。

これはもしかしたらと思ったが、多分そうだと思う。

以前の事務所の時も同じような匂いを嗅いでいる。

普段そのような匂いがする人ではないのにその時だけ、ガスの匂いのような表現の難しい匂いで鼻にまとわりつくような匂い。

いつまでも匂いが鼻から消えない。

やはり特殊な匂いのようで、これを嗅ぐと匂いに過敏になったり、軽い鼻炎のような症状になるのではないかと思っている。

私は50を過ぎてから、鼻水がよく出るようになった。

鼻をティッシュでかみ始めたのは50をすぎてから、いままであまりティッシュで鼻をかんだ記憶がない。

50過ぎてからの鼻かみデビューでまだ素人のぺいぺいです。

鼻かみに素人とベテランがあるかどうかは疑問ですが・・・

今日は午前5時4分に目がさめた。

目がさめると、除雪車が除雪をしている音が聞こえていた。

午前5時9分、考えにガラガラと戸が開き、トンと音がしていた。

午前5時13分、団地を車が出て行った。

午前5時24分、外でバーンと車のドアを閉める音がしていた。

午前5時37分、考えに対してガラガラと戸が開き、キュルルルと網戸が開き、午前5時38分にキュルルルトンと網戸がしまり、ガラガラトンと戸が閉まった。

午前6時23分にもガラガラーと戸が開き、トンと音がしている。

午前6時47分、外でバーンと車のドアを閉める音がして、キキィーッと網戸の音がしてドンドーンと上で音がしていた。

午前7時6分、私をどのような人間にしているのか?と問うように考えると、ジョボジョボーと排水音が台所から始まった。

午前7時12分頃、今日は何もないと思い、何も考えずにトイレに入った。

するとトイレに入ると、トイレそばで雪かきがはじまった。

しばらくしてアゴを手で触るとジャーーと上から水洗の水が流れて来た。

上に向かってボソーッと小声で文句を言うと、階段辺りでチャリーンと鍵を落としたような音がした。

その音に対してこのやり過ぎ防犯とまた小声でボソーッと喋ると玄関辺りで音がしていたので、急いでトイレを出て玄関を開けて見ると、一人の女性の方が傘を差して外に出ようとしているところでした。

昨晩も積雪があり、鳥取市で積雪が50センチを越えた。

2メートルも3メートルも積もっている所に比べるとヒヨッコのようですが、それでも50センチも積もると大変です。

50センチ積もっただけでもハーハー言っているのに、2メートルも3メートルも積もっている所は想像もつかないくらい大変だと思います。

私は団地の1階にいるのですが、スッポリと雪で埋まりそうです。

今日も歩きで出掛けます。

救急車のサイレンもなっていないので、いつものコースで向かおうと思います。

多分みなさんが雪かきをしながら待っているのではないかなと思いつつ出掛けます。

あちらこちらで、みなさん私が通り過ぎるまでの雪かきをされていました。

この雪かきの指示も何処からどのようにきているのでしょうか?

みなさんは、通り過ぎるまでの雪かきを自発的にされているのでしょうか?

– – – – – 阿修羅ここより- – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

2010年6月に阿修羅に投稿された投稿文です。
創価学会の現状
http://www.asyura2.com/09/cult7/msg/588.html

創価学会の現状はどうなって来ているのか。50年もかけて総体革命とやらをやって来て今は総仕上げの時か。聖教新聞、パンプキン、第三文明などを勧めて新しい信者を勧誘して最初はラブシャワーだろう。また子供のことでPTAなどを通じて勧誘しているのだろう。古い信者はおばさん連中を中心にまだ唱題をしているようだが、男の方はあまりやっていないようだ。それよりも男の方は幹部の命令で工作員の仕事をさせられているようだ。恐怖の命令になっているのではないか。悪質な狂いになっていると気が付いていても従っているのは悲劇であり、地獄だろう。勇気を持って集団脱会するのが一番いいのだがまだやっていないようだ。

民主党は公明党に相変わらず文化会館などを選挙で使うのを認めるのか。参議院の法務委員会の委員長席を相変わらず公明党に任せるのか。民主党の本質が問われている。

集スト問題の背景と被害者へのお知らせ。
[2010/06/16(水)]

当集スト新聞は、集スト被害者ではない方々にもご購読頂いていると言う事ですので、以下に、簡単ではありますが集団ストーカー問題の背景についての「考察のひとつ」を紹介させて頂きます。
※あくまで考察の一つです。

1.集スト加害システムについて
先の政権連立与党主導のもと(某明党主導との説も)、10年近くの年月をかけて構築されて来た防犯パトロールであるが、200万人を超えるメンバーの活動内
容が、集スト被害者の訴える加害行為者の行動(尾行、監視、待ち伏せ、睨みつけ、風評)と極めて似ていると言う指摘がある。逆切れによる反撃や犯罪の恐れの
ない人物を監視対象者として設定する事でこのシステムを安定的に稼働させ続ける事が出来であろうとの推察から、集スト被害者は特定勢力による防犯利権の為のスケープゴートにされているのではないかとの憶測が一部の掲示板などで囁かれている。

2.ターゲット認定について
思想的に危険と見なされ、公安の監視リストに掲載されている人物や、地域職場学校などでのイジメの対象者、特定の宗教団体の末端信者にとって都合の悪い人物、何らかのハイテク実験や装置のオペレーション訓練の為に、サンプリング的に抽出された対象者などが被害者像として想定されるが、この事は個々の被害者によって加害者像がまちまちである事の理由に繋がる。

3.加害組織について
監視行為を請け負う複数の加害組織が類似したシステムを使って個別に対象者を設定し加害を行っているケースや、同一の対象者に対して複数の組織が重複して加害を行っているケースなどが、数々の被害者の報告などから伺い知れる。その一方で、被害者に関する情報が加害実行者の間で共有されてる気配などから、異なる組織間であっても横のつながりが存在するであろう事が推察される。

4.加害組織のベースについて
特定の国と結託した国内の組織が、日本の行政の要所要所において組織内組織を形成し、既存の治安組織と治安維持システムを恣意的に運用して警察力の掌握を謀っているのではないかと言う説がある。

5.何が問題なのか
多方面の社会的、国際的な動きから判断して、国民監視体制、治安維持システムが静的に稼働している疑いがあるが、以下に列挙したいくつかの重要な問題点を含んでいるように感じられる。

①ターゲット選定部分に問題がある
イジメや逆恨み等を理由に恣意的に決められているようである。

②明らかに違法な加害行為が見られる
家宅侵入や器物破損、テロ対策の名目で導入されたものと推察されるハイテク機器の使用による身体と精神への加害など。

③経済的な追い込み行為
ターゲットとされた被害者の多くは、様々な干渉により経済的に困窮した状態に追い込まれる。

④人を自殺へ追い込む行為
加害の手口に、心理的攻撃の側面を持つ加害がかなり多く、対象者を自殺へと追い込もうとする意図を感じる被害者も多い。
集団で次々と対象者を自殺へ追い込む行為は、人道的に見ても許されず、昨今の自殺者増加は自殺者個人の問題ではなく、社会的、国家的、あるいは国際的な問題である事は間違いないと思われる。
更にこれらの組織的犯罪行為の根底に、外患誘致の意図が存在するのだとしたら極めて由々しき問題となる。

6.違和感を感じた点
中国共産党のトップが数年前に来日した際、今後の両国間のパートナーとして関係を重要視したのが、共産党ではなく、永きに渡って「反共の砦」としての活動実績があったはずの某宗教団体であったと言う点。

7.奇妙な一致
集団ストーカー問題と極めて類似する手口は何十年も前から行われていたと言う報告が多いものの、被害者が急速に増え出したのは、被害者団体の報告を参考にすれば、先の政権が連立政権を組んだ後であり、特に911テロが起きた直後である点。
一方、昨年の政権交代以後、多くの被害者において明らかに被害の軽減が見られるようになったと言う点。
(具体的には「目に見える形」での嫌がらせや付きまとい行為を行う者が、減った点など)

以上で集スト問題の背景についての考察を終わります。

なお集スト新聞は、防犯活動については賛成ですし、防犯組織への天下りうんぬんについても意を唱えるつもりはありません。警察OB不在の自警組織は逆に危険だからです。
ただ危惧しているのは、特定勢力による乗っ取りや、特定勢力による恣意的運用、そして上記の5で取り上げたいくつかの点においてである事をご理解ください。

——-
以下は本題とは関係のない余談になります。

保守系団体の関係者の方が、ハイテク犯罪を否定されたと言う事で、一部の被害者において、一方的な誹謗中傷が行われているとの情報が寄せられましたが、実被害に遭っていない方々がハイテク被害の存在を認めるのが困難であるのは、常識的に考えて十分理解し得る範疇であり、取り立てて問題視する必要はないと思います。むしろハイテク被害に関する広報力の弱さや、多くの人を納得させる事のできる説得力のある証拠の提出に至っていないなど、気づかされた点が多いと思います。

被害者の方々は、些細な見解の相違や様々な扇動に振り回されてその都度一喜一憂するのではなく、説得力のある被害証拠の取り方を模索するなど、粛々と地道な被害広報活動に努めて行きましょう。
また同時に、被害者間の交流において、偽被害者情報であると称して、他の複数の被害者に関する悪評や個人情報を定期的に流し続ける行為を繰り返す人物にも警戒しましょう。被害撲滅と言う本来の目的を見失いかねないからです。

管首相がかつて関わった「さきがけ」と言う政党は、日本版「緑の党」を目指していたそうです。
「緑の党」とは、ドイツ発祥のリベラルな政党で、発展途上国から欧米の先進国にまで存在する共通した理念を持った政党と考えます。
先日の記事でお知らせしましたが、この「緑の党」は電磁波兵器等のハイテク機器による人体への加害についてかつて理解を示し、問題視していたようです。

ハイテク系加害への警笛は他の団体なども行っているようですから、被害がより一層社会に認知されるよう、効果的な被害広報の仕方を引き続き模索して行く事にしましょう。

◆読者からの情報をお待ちしています。
◆集団ストーカー 対策メールマガジン
◆ご意見、ご感想はこちら
00574879k@merumo.ne.jp

バックナンバー
http://bn.merumo.ne.jp/list/00574879

コメント 2010年6月19日

なりすまし工作員、撹乱サイトの特徴
・信じさせる為に、真実を盛り込む。
・犯人なので詳しい。
・だます為には自らの批判も辞さない。
・リンク先が素人で著名サイトがない。
また、そこには撹乱ネタが強調されている。

以下、阿修羅内抽出

http://www.google.com/search?hl=ja&ie=Shift_JIS&q=site%3Awww.asyura2.com&q=%22%93%8A%8De%8E%D2+%90%5E%97%9D%82%F0%88%A4%82%B7%82%E9%8E%D2%22+%22%93d%8E%A5%94g%22&btnG=google%88%A2%8FC%97%85

http://www.google.com/search?hl=ja&inlang=ja&q=site%3Awww.asyura2.com+%22%E6%8A%95%E7%A8%BF%E8%80%85+%E3%83%AF%E3%83%A4%E3%82%AF%E3%83%81%E3%83%A3%22+%22%E9%9B%BB%E7%A3%81%E6%B3%A2%22&btnG=%E6%A4%9C%E7%B4%A2&lr=

コメント 2010年6月20日
告知失礼致します。
【憚りながら 後藤忠政著 第4章 創価学会との攻防】が有志の御協力で読めます!!(後藤様の証言情報から過去の事案も確認できると存じます)。
http://cultbokumetsukonzetsu.web.fc2.com/04shoseki01.html
・アマゾンレビューから抜粋

後藤先生(元山口組後藤組組長)が創価学会との関係を認めているところです。勇気のある行動で、それはほめなくてはならないのです。やっぱり、長年創価学会の汚れ役と闇の用心棒が後藤組でした。ヤクザを利用する宗教団体の倫理は如何なものでしょうか。

暴力団とと創価学会はつながっていた!

アマゾンで買おう!!

コメント 2010年6月21日
ナンミョーカルトが相当な影響力を持ってきてることは子供でも分かるのではないか。厚かましくもテレビで聖教新聞のCMを流すのはパチンコと一緒である。マスコミ、社会が健全でなくなっていることを証明している。その陰で集スト被害が激烈を極めているのである。一言でいえば時間をかけた殺人と言っても言い過ぎではないのである。機器を使った嫌がらせ、ガスライテイング行為、スーパー等の品ぞろえの不可解さ、何を飲まされ、何を食わされているか分からない。どんな危険な壁、床下、天井裏になっているか分からない。笑いごとではなくこれが日常化しているのである。学会信者はさまざまな暴露記事を懸命に消すことで、自分ではありえないとだと、言い聞かせて凌いでいるのだろう。それでも漏れてくれ記事、そんな宗教組織につながっているメリットはあるのだろうか。外国の巧みな日本侵略と日本解体・支配の工作員の手伝いをさせられているカルトに過ぎないと思ったことはないのだろうか。日本のためを思うなら集団脱会すべきである。つまらん御利益には比べられまい。

コメント 2010年6月21日
【フィリップ・トルシエ】2006年3月 イタリアの22日付けのガゼッタ紙でイスラム教への改宗が取り上げられた記事の中で「中村俊輔」を23人のリストに入れなかった為に(創価学会から)脅迫を受けた」と報じられたhttp://bit.ly/cijZGj日本サッカー協会は電通と8年240億円の契約、アディダスとは8年160億円のスポンサー契約。そして【岡田の娘は電通で勤務】娘に支払われている給料という名目の実質ワイロ。代表メンバー選考にも創価系スポンサーの影響http://bit.ly/9YGac2日本サッカー界のウラ 創価学会や電通 中村俊輔 内田篤人 このシラケる感情は芸能界に似てる? http://bit.ly/b33pZF

コメント 2010年6月22日
以前、ベンジャミン・フルフォードにたかって共同講演した、なぞの国家風水師こと白峰由鵬は、 元「崇教真光」の幹部で、自称している経歴は自己申告で「なんちゃって」のカルトさんです。
アセンションブームに乗っかって、ある人にくっついて自分の教団を作ろうとしていたが、その人とトラブルになってからは、九州に潜伏して蠢いています。

そっちの方面(精神世界)に少しでも興味がおありの皆さん、騙されない様に。
言ってることも、半分はったりです。

あと2,3回繰り返しときます。

以前、ベンジャミン・フルフォードにたかって共同講演した、なぞの国家風水師こと白峰由鵬は、 元「崇教真光」の幹部で、自称している経歴は自己申告で「なんちゃって」のカルトさんです。

以前、ベンジャミン・フルフォードにたかって共同講演した、なぞの国家風水師こと白峰由鵬は、 元「崇教真光」の幹部で、自称している経歴は自己申告で「なんちゃって」のカルトさんです。

以前、ベンジャミン・フルフォードにたかって共同講演した、なぞの国家風水師こと白峰由鵬は、 元「崇教真光」の幹部で、自称している経歴は自己申告で「なんちゃって」のカルトさんです。

コメント 2010年6月22日
[社会板の「#40855;」という投稿者は何がしたいのでしょうか?]

http://www.asyura2.com/09/kanri18/msg/579.html

阿修羅サイト内 抽出

http://www.google.com/search?hl=ja&inlang=ja&q=site%3Awww.asyura2.com+%22%E6%8A%95%E7%A8%BF%E8%80%85+%2340855%3B%22&btnG=%E6%A4%9C%E7%B4%A2&lr=

コメント 2010年7月04日
[マイクロチップを脳に埋め込んで人をコントロールする技術]

2008年11月07日
http://blog.goo.ne.jp/arai647/e/4d0d3d0cb088628a41687d2d3d01d695

「このRMSによって健康な人は(人工的な)幻覚を見せられ、頭の中で音声を聞かされる。」

「マインド・コントロールのテクニックは政治的な目的のために使用することが
できる。
今日のマインド・コントローラーの目的はターゲティングされた人々または集団の
持つ自らの信念と最善の関心事に反した行動を誘発することである。
ゾンビ化された人は殺人を ・・・」

コメント 2010年7月14日
今回の参院選で、層化が異様に静かなのは、先々月、逝田駄作が外国の地で死んだから。
資産を狙われ、暗殺されたといわれる。

この悪魔の死とともに、彼の莫大な資産は海外へと盗まれた。

馬鹿な、本当に馬鹿な男だ。
馬鹿な悪魔だ。

コメント 2010年12月21日
2010年6月22日 さんの投稿は
明らかなマチガイですよ!
白峰さんは九州に住んでいません・・・
九州に住んでいるのは 鹿児島UFOです

鹿児島UFOサイトを見て単純に 白峰さんが 九州にいるなんて思ったの?
その程度の考えと情報で 知ったような投稿は 問題ですね

自分の教団を作ろうとして 失敗??(それ何ですか???)

「白峰会」という(崇拝とか無い) 瞑想の会がありますが・・・
九州とか どこにも 逃げる必要はありませんし

時々 立派な国会議員の方も 相談に来られています
私は 3年 おつきあいさせて頂き・・・
相当な能力者・見識者だということが分かっています

根拠の無い 無責任な発言は 辞めましょう

ついでに べンシャミンさん 誤解を解いた 謝罪コメント
http://www.asyura2.com/07/gm14/msg/296.html

コメント 2010年12月21日
白峰先生から伝言です

残念ながら崇教真光の元幹部では有りません(笑)
教団など創る必要無し(笑)

自称のほら吹きだと???(笑)
「オタク」だというのは認めますよ(笑)

実は、匿名投稿 貴方の正体警察で調査済み!わかります(笑)

生活安全課 昨年より ネット犯罪と人権侵害の法律が組織犯罪対策と共に出来まして、今後は民事の名誉毀損でなく内容風説の流布に 対し内容により 刑事訴訟出来ます!

どんなに偽名でも、今は全て身元割れます
今後は気をつけて付けて下さい! イエローカード

真光様に迷惑かかります。立派な犯罪行為です!
阿修羅さんの素晴らしいサイトが下品になります!
憲法13条を忘れズニ!

追伸 仕事が無いなら紹介しますよ(笑)

コメント 2010年12月23日
白峰先生から クリスマスプレゼント新作映画 ラッセル苦労ならぬクロウの
「ロビン・フット」

阿修羅サイトの皆様に 是非見て頂きたい!

何故ならば・・・
私もロビンと 同じく数奇な運命歩み

いまは、山で暮らす風来坊だからこそ!

コメント 2011年2月15日
創価学会は社会悪ですけどこの投稿は的を得ていないと思う。これでは読む気もしない。

コメント 2011年5月27日
掲示された集スト新聞の内容1~7まで、集スト被害者としてほとんどすべての記述に大きくうなづきながら読んでしまいました。集スト被害について公的な機関数箇所に相談に行ったこともありましたが、『すみません!! こちらでは何もできません。』という返事ばかり。こちらの被害状況説明、経緯などの説明については全く否定はされませんでしたが、何の見解も提案ももらえなかったです。そこで知人から紹介された相談場所をたずね、何度かそこで話をしましたが、どうも様子がおかしいと感じて行くのをやめました。が後日その場所も同じ組織系統と判明。廻されていたというわけ。集ストの行為は海賊のようなもので、ターゲットに成りすましていい物(事・キャラでさえ)横取り、横取りだけではすまず、それと引き換えにメンバーの欠点・ミスなどの責任転嫁(着せ替えみたいなもの、冤罪にもなりうる)で大儲け。
どんどん盗み取って行きながら、ターゲットについての何重ものデマ情報(風評被害)を拡散させたり小細工を諮りターゲットが誰からも信用されなくなるよう、誰も話を聞かなくなるなるようにしたり。PC情報、閲覧、投稿ページなども監視されていると思いますよ。ターゲットの近親者を取り込むときは、ターゲットについてのちょっとした話を大げさに何倍にも増長した影のように、恐ろしいイメージを作って話し、『本人には黙ってて』とか『本人には聞かないでね』、ということを繰り返し行って行くらしいです。友人、肉親でさえはじめの頃はショックでしょうが、次第に嘲笑にかわりターゲットと話をしなくなります。もしここで信じてくれる、またはその話を疑って確認して聞いてくれる友人や肉親がいたら大変すばらしいことですね。でもほとんどないからこういう被害報告が増えているのでしょう。(肉親の情は薄い?)
ちなみに集ストにターゲットとされた場合(彼らはこれをゲームとも言うらしいです)、必ず近親者、身内がメンバーとして取り込まれている、というのもほぼ確実。共産党支配が行われた国では家族間にも等級があてがわれていましたね。
警察のマスコミもまともに取り合わないということは、国民を一定方向に向かせるための国策と考えても考えすぎではないかも、と思いますがどうでしょう。邪魔者、ゴミ、という評判でターゲットは暮らして行くことになります。欧米ではとっくに集ストに関することは社会問題として取り上げられてきているし、現代はサイバーストーカーについて大手メディアが堂々と記事を出しているというのに。
私も何年も何箇所も公的・私的機関に資料を作って相談に行きましたがまったくダメ。もうこの国の閉鎖的制度にはお手上げです。日本は今、何体制で現代を過ごしているのでしょうか。できることはやりましたがもう相談場所はないし、誰も問題視していない状態のようですし、彼らの行為もマスコミの態度も公的相談員の視点、考え方も人間としてバカバカしく感じます。彼らはせっかくのいい頭をこんな風に使いながら定年・老後をリッチにむかえていくのですね。まじめに考えてた私はホントにバカでした。どこにも所属していないと日本人として日本に生まれても旨みはないよ、ということかな?日本てこんな国だった?疲れたし相談いくのやめちゃいました。

– – – – – 阿修羅ここまで- – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –


USBメモリウイルスの感染にご注意を!

USBメモリウイルスの感染にご注意を!


スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*