2012年01月12日 木曜日の出来事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

午前零時21分、寝ようと布団に入るとジョボジョボーと垂れ流しの排水音が始まった。

あまりにしつこいので排水口にふたをして布団に入ったが、寝付けなくなり、午前1時7分頃に2階でキキィーッと音がしてトンと戸の閉まる音がしていた。

午前5時13分頃、車のエンジン音で一旦目がさめたが、知らぬ間に寝てしまい再びの目がさめたのが、午前5時59分。

目がさめると、キキィーッと音がしてトンと戸の閉まる音がしていた。

午前6時1分、目を閉じているとキキィーッと網戸を閉めるような音がしてトンと音がした。

午前6時20分、考え始めにタイミングよくキキィーッと音が出てガラガラトンと戸の閉まる音がしていた。

午前6時23分にもガラガラと戸が開き、キキィーッと網戸が開くような音がして、33分にガラガラトンと戸が閉まり、2階の部屋からドーンと音がしていた。

午前6時40分、考え始めにキュルルルと音がしてガラガラトンと戸がしまった。

午前6時42分、2階の部屋でコトコットンと音がしている。

午前6個44分、キキィーッと網戸を閉めるような音がしてトンと音がしていた。

午前6時46分にも考えにキキィーッと音がしてトンと音がしている。

午前6時51分頃、遠くでカラスが鳴き始めた。

午前6時53分にもキキィーッと音がして、トンと戸の閉まる音がしていた。

午前6時58分、2階でコトコトを歩いているような音がして、遠くでカラスが鳴き始めた。

午前7時、カラスが鳴き、トンと音がしている。

午前7時16分、こっちの動き始めに対して小走りに走り去って行く足音。

午前7時17分、カラスが鳴き、コトコトと上で音が出ている。

午前7時20分、キキィーッと音がしてトンとまた音が出ている。

午前7時23分、私の立ち上がろうとしたタイミングに車が戻って来た。

午前7時40分、こっちの動きのタイミングに車のクラクションがビーーっとなっていた。

これも何かの合図でしょうか?

今日も待ち伏せをされているかなーと思いつつトイレに入る。

が、今日は無事に終わった。

トイレを出て部屋に戻ると、タイミングよく車のエンジンが掛かり車が出ていく。

出掛ける用意を始め、ふと外を見ると雪がちらつき始めていた。

用意もでき玄関に向かう。

これ位の雪であれば、傘をささなくても駐車場までいける。

車に乗り、道路までいくとこの場所も随分と交通量が増えた。

道路に出て最初の交差点。

この交差点の信号で止まると、前方に長ーい車列が出来ている。

この交差点の信号、どの時間帯に出ても止まる事が多い。

次の交差点でも必ずと言っていい程止まっている。

この場所でも今日行なわれたが、よくされている行為の一つに、

目をこするあるいは目線を動かすと何かしらの音が出ることがある。

電磁波の低周波を感じた時間。
午前10時51分頃より始まる。

本日聞こえた救急車のサイレンの時間。
午前08時52分頃。
午後07時05分頃。
午後09時51分頃、帰ろうとしていた時。

– – – – – 阿修羅ここより- – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

2009年8月に阿修羅に投稿された投稿文です。
パソコン監視手口?&集団ストーカー被害者とマウスのクリック音
http://www.asyura2.com/09/cult7/msg/282.html

末端の集スト加害者達の間では、「パソコン所有者は、なるべくターゲットにしない」という取り決めがあるようにうかがえます。
パソコン所有者(インターネットユーザー)は情報弱者ではない、パソコンのスキルがある被害者は「役に立たない人物」にできない、などの理由と思われます。
しかし、ノートパソコン派の被害者が、マウスではなく、本体付属のクリックボタンを使用している場合、盗聴部隊の加害者は「マウスのクリック音が聞こえないので、被害者はパソコンを持っていない」という言い訳をしているようです。
いくら被害者がパソコンの所有を周囲にアピールしたり、ブログなどで被害を訴えても、盗聴部隊の加害者はお構いなしのようです。
ノートパソコン派の集スト被害者は、試しに、自室でマウスのクリック音を響かせてみてください。

また、インターネット盗聴に関しては、業務用の社内PC監視用プログラムを知らぬ間に被害者のパソコンにインストールされている可能性はないでしょうか?

 ※業務用社内PC監視ソフトの一例です。↓
 http://www.desktopscout.jp/features/index.html

他にも、アイトラッキング分析サービスや画像通信装置といった「視野モニター装置」のような装置を使って、被害者のパソコン利用を監視している可能性も考えられます。
 
 ※アイトラッキング分析サービス
 http://www.mitsue.co.jp/service/support/eye_tracking.html

 ※画像通信装置
 http://www.j-tokkyo.com/1996/H04N/JP08163416.shtml

ちなみに、下記のサイトに、インターネットのセキュリティーに関する法律が掲載されています。
 http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/joho_tsusin/security/kiso/k05.html
(ページが見つからないようです。)

– – – – – 阿修羅ここまで- – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –


USBメモリウイルスの感染にご注意を!

USBメモリウイルスの感染にご注意を!


スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*