2012年01月10日 火曜日の出来事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

昨日の夜、寄りたい店があり、その店の帰り一台の車がずーっと後をつけて来た。

途中、車を路肩に止め先に行かせて、ナンバーを調べようかと思ったが、そのままほっておいた。

自宅の近くに来るとすーっと消えていった。

今日は午前5時33分に目がさめた。

目がさめると車のエンジンが掛かっているようだった。

午前5時50分にキキィーッと網戸の音がしていた。

午前5時57分、鼻でフンと息をはくと、キャシャーという音が出ていた。

あまりにもタイミングがよすぎた。

午前6時2分、動き出しにジョボジョボーと排水音が始まる

午前6時4分にも考えに対してジョボジョボーと排水音がしていた。

午前6時8分、考え始めに車が道路を走り去って行く走行音が聞こえる。

これも実にタイミングがいい。

午前6時23分、また考えにタイミングよく車が走り去って行く。

その事をメモすると、また車が走り去って行く車の走行音が聞こえる。

午前6時28分、キキィーっと網戸を閉めるような音が聞こえ、トンと戸の閉まるような音がして、車が走り去って行く。

午前6時32分、考えに対してトンと戸を閉めるような音がしていた。

午前6時37分に考えに対してコットントンと音が出ている。

午前6時41分、台所でゴージョーと音が始まり、動き始めに反応してコトコットンと音がして、台所でゴンゴゴーンと音がしていた。

午前6時46分、ゴミ出しに出掛けようかと準備を始めると、車が戻ってきた。

グッドタイミングで戻ってきた。

いかにも見ていたかのようだった。

ゴミ出しに行くと、姿は見えないがカラスが鳴き出し、不自然な車が何台か通り過ぎて行く。

ゴミ袋を置き帰りに他の棟を見ると、カーテンを開けたまま灯りをつけている部屋が随分と増えている。

たまに、手が離せなくてカーテンを閉め忘れると、すぐその行為を真似される。

以前、このような事が、

私が通勤で出掛けるたびに、帽子を深々とかぶる女性と遭遇する事が度々あった。

深々とかぶっているので、顔がハッキリ分からない。

同じ団地に住んでいることだけは分かっているが、

それをかなり長い期間行ない気になってしょうがないような所まできたら、今度は帽子をぬぎ顔が分かるような姿を見せる。

こっちとしては、ああーっ! こう言う方かと、少しもやもやが解消されると、次は私が外出から帰ってくるようなタイミングに外で男性と口喧嘩をしている姿を見せつける。

それまでは男性の気配を隠し、いきなり男性との口喧嘩の姿を見せつける。

この時も何故かこっちを意識しているように見え、私には男性がいる事をアピールしているようにも思えた。

後で、この行為も集団ストーカー行為の一連の流れだと分かったが・・・

実はこの二人夫婦でもあったし、今の私の駐車場に灯りを当てているのもこの住人の部屋からだ。

そしてこの口喧嘩もこの行為に利用される事があるので注意して頂きたい。

巻き込まれないように注意して頂きたい。

顔を隠すように帽子を深々とかぶる姿は、被害に遭われている方であれば、何らかの形で一度は目にされていると思う。

午前7時11分、キキィーッと網戸の音が出て、トンと戸の閉まる音がしていた。

午前6時55分に遠くでカラスが鳴いている。

午前7時5分にも考えと、動き始めにカラスが鳴き始めた。

午前7時10分頃、上が静かになっていたので、どうして居るのかなと考えると、キキィーッと網戸の音がしていた。

午前7時11分にもキキィーッと網戸の音が出てトンと戸の閉まる音がしている。

午前7時13分にも、またまたキキィーッと音が出てトンと戸の閉まる音が出て、コトコトと歩いているような音がしていた。

午前7時31分、動き始めに車が走り出した。

そして、トイレに行くと今日は外で話し声がしている。

今年からカラスの鳴く時間も変わったのだろうか、午前8時を過ぎてからも、考えに対してカラスが鳴いていた。

出掛ける準備をして出掛けると、車は普段に比べると少ないが、それでも車列が私の進路方向に向かって走っている。

脇道から私の車の直前に出ようとする車。

この行為の無い日は無い。

毎日ある。

今、どうしてと思う事件が台湾出身の女子留学生2人が殺害された事件。

指名手配されていた留学生の男が、9日に名古屋市内で捜査員に身柄を確保された。・・まではいいとしても、その後はどう言う事といいたくなる。

身柄を確保した時に上着やズボンのポケットの中の所持品を確認しているようだが、その後ズボンに隠し持っていた果物ナイフで首を刺して自殺をしたと言う事だが、

所持品を確認した時に、あの果物ナイフが見つからなかったのだろうか。

記事によると、男のズボンの内側からナイフのさやが見つかったと書かれている。
さやがあるという事は、折りたたみではない。

折りたたみではないので、ある程度の長さがあると思うが、それが見つからなかった。

いったいズボンの何処に隠していたのでしょか?

それに、ナイフを取り出し首を刺す時間があったという事は、容疑者から目を離していた事にもなる。

記事の最後には、問題がなかったか調べることにしています。とあるが大有りではないでしょうか。

これからは携帯の金属探知器機でもいるのかな・・・?

電磁波の低周波を感じた時間。
午後03時35分頃より始まる。

本日聞こえた救急車のサイレンの時間。
午前08時32分頃。
午前08時51分頃。
午前09時14分頃。
午前09時38分頃、トイレ時。
午後12時20分頃。
午後01時42分頃。
午後09時30分頃、帰ろうとしている時。

– – – – – 阿修羅ここより- – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

2009年10月に阿修羅に投稿された投稿文です。
戦え!集団ストーカー
http://www.asyura2.com/09/cult7/msg/389.html

最初は国家安全保証「テロとの戦い」の為に造られた、
システムを悪用し自分達の私利私欲の為に使い。
多くの人々を自殺に犯罪者、精神異常者に追い込む
マインドコントロールの実行者が、自分達を優れている者とか、まるで神であるかのように考えるのは間違っている。たとえ彼らがそう信じていたとしても。こそこそと秘密に人々を非人間的に扱う者が、人間であることは不可能である。日常生活に戻れば、突如として人間的に早変わりすることができるだろうか。最愛の者に優しくしようとしても、俄かにその最愛の者達が疎ましくなる。心の中に住む誰かが、その時ブレーキをかけるのである。彼らは生きた人間と正常な関係を持つことができない。機械としか付き合うことができない。彼らは人間ではない。彼らは何者なのか。一体どんな種類の生き物なのか。
そもそもデバイスによって他人の心を覗き込もうとすること自体が間違っている。「あいつはどうしてあんなことを言ったのだろう」とか「彼女はどう感じているのだろう」とかというように、周囲の状況や自分の経験を考慮しながら他人の心を推し量り想像することによって、人間は精神を発達させることができる。それが面倒だからといって、その手続を放棄してしまえば、人間精神の発達は阻害され、むしろ退化することになる。
マインドコントロールの実行者達の精神は機能していない。人に隠れて悪事をなすものの精神が正常であるはずがない。彼らの精神の病はどんな精神病よりも重篤で恐ろしい。しかも、彼らは精神に関する科学などのエキスパートであろう。精神の崩壊したそのような者が人々の精神を操作するとはなんという矛盾であろうか。あまりにも恐ろしく破局的である。まさに気違いに刃物である。人類にとっての悲劇である。国や日本社会は荒廃し滅亡するだろう。
ターゲットが国外に移動しても被害に遭う理由はテロリストの烙印を押されている証だろう。
テロとの戦いと言うシステムのアイドリング状態の中に放り込まれた被害者なのだ。

(集団ストーカーインドイツ)
http://gangstalkinginde.blog59.fc2.com/

– – – – – 阿修羅ここまで- – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –


USBメモリウイルスの感染にご注意を!

USBメモリウイルスの感染にご注意を!


スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*