日々の出来事 集団ストーカー行為 2011年12月25日 日曜日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

昨日はこの仕事場にとまった。

朝起きてビックリ、かなり雪が積もっていました。

この雪で思い出すのが、あのタイミングのよさだ。

腰痛から脚を痛め思うように歩けない時期、雪かきの出来る状態じゃない時に大雪が降り、トボトボと歩いて行く事になった。

このような時はトボトボでも歩いた方が早い時もある。

トボトボと歩いている最中の話、大分歩き神社のそばの脇道を通って行く、神社の脇道を通ると近道が出来る。

そこには大きな木が立ち並んでいて、その場所を通っている時に携帯電話がなった。

立ち止まり、携帯電話を取り出そうとしている時にそれは起こった。

木に積もっていた雪が一気にどどーっと落ちて来た。

傘を差していたからよかったが、差していなかったら頭からバッサリ雪をかぶっていた。

私が外出すると、冬は雪それ以外は雨の降っている確率が高い。

この時も雪が降っていて傘をさしていた。

ふと思った事だが、案外、傘が丈夫だったのには驚いた。

ビニール傘だったら多分つぶれていたと思う。

しかし、実にタイミングがよかった。

固定電話や携帯電話がタイミングよく鳴るのは以前から頻繁に行なわれているので、慣れてはいるが、直接雪が落ちてくるのは始めてだ。

絶対ないという訳ではないが、朝方は冷えて雪もしまっているので、昼間に比べると雪も落ちにくい。

風もなかったし、これは何かの衝撃が加わらないと起こらないと思う。

例えば、衝撃波のように空気の振動を利用して枝を揺らす技術。

私がいつも不思議に思っている事があります。

春先になるとすぎ花粉の飛ぶ映像が流れる事がありますが、あの映像を見て不思議に思うのが枝がおもいっきり揺れて花粉が飛んでいる映像。

どのようにして撮影をされているのか、ちょっと気になりました。

木に登って揺らしているのでしょうか?

それともテグスを付けて揺らしているのでしょうか?

余りにも極端に枝が揺れている映像だったので、どのようにしているのか不思議に思いました。

電磁波の低周波を感じた時間。
午後04時52分頃より始まる。

本日聞こえた救急車のサイレンの時間。
午後09時22分頃。

– – – – – 阿修羅ここより- – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

2009年8月に阿修羅に投稿された投稿文です。
集団ストーカーによる周波数犯罪は、電波法違反で逮捕できるのでは?
http://www.asyura2.com/09/cult7/msg/283.html

以前紹介したブログ「ナイスガイ派」2009年1月6日付では、集団ストーカー被害のうち、周波数犯罪について取り上げられてます。

周波数犯罪であるのでしたら、加害者を電波法第30条(無線設備には、人体に危害を及ぼし、又は物件に損傷を与えることがないように、総務省令で定める施設をしなければならない)違反で逮捕するのも可能ではないでしょうか?

※電波法
http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S25/S25HO131.html

携帯電話、テレビ、ラジオなどの電波に乗せて、モスキート音などの技術を悪用してスペクトラム拡散通信などの技術で、被害者に対し周波数犯罪を行っているのでしょうか?
また、オーディオの音や、工場等で使用される大型機械の音、被害者周辺の人物に向けて周波数犯罪放送を行っているのであれば、加害者は、無線局関連の法律違反で逮捕できるのではないでしょうか?
もし周波数犯罪が、電波法第5条2の「実験用無線局」という建前により行われているとすれば、認可を承認する書類が総務省内に保管されていると思われます。
もし、建前の実験により、総務省が認可を与えているとすれば、一体、どういう建前で認可されているのか知りたいです。情報公開法などを利用して、公開させることはできないのでしょうか?

– – – – – 阿修羅ここまで- – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

では、



USBメモリウイルスの感染にご注意を!

USBメモリウイルスの感染にご注意を!


スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。