日々の出来事 集団ストーカー行為 2011年12月20日 火曜日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

昨日、午後9時30分前に自宅の駐車場に帰るとまた部屋の灯りを私の停める駐車場だけに、灯りを当てられていた。

午前4時20分に何故だか目がさめた。

午前4時23分、考えに対して車が団地の前の道路を走り去っていく。

その後、洗濯場あたりからだと思うが、ガガッ、ガガッと洗濯機が回っているような音が聞こえ始めた。

おかしいと思い音のしている辺りに行くと音は止まった。

んーっ・・・?

まだ早いので、布団に入り寝る事に、

次に目がさめたのが、午前6時7分。

目がさめ、しばらくするとまたあの音が聞こえ始めた。

ガガッ、ガガッ、ガガッ、ガガッと聞こえている。

冷蔵庫からの音でもないし、やはり洗濯機の辺りから聞こえている。

この音、洗濯機を動かした時の音によく似ている。

これはこの洗濯機の音を録音した音なのだろうか?

こんな時間から洗濯機のスイッチを入れている訳もない。

布団に入ったまま、ICレコーダーを手に持ち、腕を伸ばして録音をした。

その録音した音をこちらにアップ致しました。

http://hnsksm6a88.seesaa.net/?1324368939

ブーーンと聞こえるのは冷蔵庫から出ている音で、1分15秒辺りに聞こえているジャーーッと言う音は団地の前を走る車の走行音です。

音が非常に小さいので、ボリュームを最大にしてお聞き下さい。

http://hnsksm6a88.seesaa.net/?1324368939

午前6時15分頃に音は止まった。

午前6時25分頃に2階からコトコトと動いているような音がしていた。

午前6時27分に車のドアが閉まる音がして、エンジンが掛かり車が出て行った。

午前6時28分にもコトコトと音がしていた。

午前6時29分、今日もゴミ出しの日。

外はまだ暗いし、シトシトと雨も降っているが出掛けた。

ゴミ置き場に着くと、その場所は薄暗かったが、ゴミ袋を置いているとフッと明るくなった。

ゴミ置き場のそばの棟の2階から、部屋の灯りをつけられていた。

その後、だれにも遭う事なく部屋にもどったが、監視はされている。

午前6時36分より台所で排水の音が始まった。

しばらくの間、排水の音が出たり、止まったりを繰り返していた。

午前7時11分、ガラガラと戸が開く音が聞こえていたが、これは私が出掛ける用意をしていたからだと思う。

今日はいつもより大分早いけど準備をして出掛けた。

早いと言う事も有り、車・歩行者ともまばらだった。

先程、午後2時前に出掛けて来た。

先ず、ちょっと動いただけで地域の方の監視がはいる。

いかにも近所の人と外で話をしているようだが、意識はこっちに向いている。

目的は私の監視である。

そのそばを通り過ぎると、さっさと話を切り上げて家に戻ってしまう。

このような事が必ず何処かで行なわれる。

その前に救急車のサイレンがなっていたので、その時点で車両ストーカーがわんさかと出ていると思われます。

少し走ると、私の走りそうな道路、過去走った事のある道路は全て車両ストーカーが往来をしている。

そして道路を走っていると脇道から偶然を装ったかのように、私の車の直前に車の鼻先を出して止める。

いかにも道路に出ようとしている行為に見せかけてはいるが、これも単なる嫌がらせ付きまといに他ならない。

人が車に変わっただけでやり方自体、何ら変りがない。

帰りに同じ行為をされたので、通り過ぎてから路肩に車を止めメモをしていると、その車が通り過ぎて行った。

直ぐメモをやめその車の後ろについた。

その車も一瞬、戸惑ったかも分からないが、しばらく後ろをついて走った。

するとその車、元居た方向に戻って行った。

この方達はそれぞれの場所をグルグルと回っているのだろうか?

ローリングストーンズならぬローリングストーカーかな???

何処にいっても車は多いし、工事も目立った。

帰りに救急車と遭遇し、そして近くに戻ってくると別の地域の方に偶然を装って帰りの確認をされる。

電磁波の低周波を感じた時間。
午後09時33分頃より。

本日聞こえた救急車のサイレンの時間。
午前07時47分頃。
午後01時45分頃。
午後02時33分頃。

– – – – – 阿修羅ここより- – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

2008年10月に阿修羅に投稿された投稿文です。
集団ストーカーを隠蔽してきた加害者の手口
http://www.asyura2.com/07/cult5/msg/592.html

長年に渡って集団ストーカーを隠蔽し続けた
創価学会とその関連する多くの組織。

彼らがこの組織的犯罪を隠蔽できたのは
彼らの加害手口が巧みだったからだけではありません。

時には法律を利用し
時には医療機関をそして時には警察をも巻き込んで
彼ら加害者の隠ぺい工作は続いてきました。

言ってみれば医療機関や、警察等の国家機関も
彼らに協力してきたのは間違いない事実。

今集団ストーカー被害が一般市民の前に
晒されてきているこの状態で
関係者はどんな言い訳をして
この被害の説明をしてくれるのか。。。

潔く自分達の関与を認め謝罪するのか
それとも創価学会だけに犯罪の全てを擦り付けるのか

被害が完全に消えるのであれば
俺はどっちでもかまいませんが。。。

でも過去に被害を受け自殺した多くの人間は
報われることはありません。

創価学会、統一教会、公安
そしてこの犯罪に関わってきた医療機関や警察には
被害者への謝罪を要求したいほどです。

死んでいった人間、そして今被害を受けている人間と
加害者の違いは一体何なのでしょうか?

加害者は被害者より徳の高い人間だとでも言うのでしょうか?
被害者は社会的能力が低かったと言うのでしょうか?

今社会から弾かれている人間や
死へ追いやられた人間の方が
実は能力の高く善良な人達が多いように思えるのは
気のせいなのでしょうか?

悪知恵ばかり優れている人間達に
善良な人間が食い物にされてきたこの現実
許されるものでは在りません。

これ以上悪あがきしないで
この被害を認め謝罪する事を要求します。

俺は生きている限り、加害者の事を糾弾し
自分の気がついた事を只管
皆に公開し続けていきます。

– – – – – 阿修羅ここまで- – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

では、



USBメモリウイルスの感染にご注意を!

USBメモリウイルスの感染にご注意を!


スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*