2011年10月21日 金曜日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

午前6時4分にカラスの鳴き声で目がさめた。

午前6時7分頃に耳にジィー音が聞こえ始めた。

今日はいつもより音が大きい。

この行為は何年も行なわれているので、慣れたといえば慣れているが時々きついキィーーンと金属音のような音を出す時もあるが、この時はさすがに場所を移動します。

ジィー音といっても中々分からないでしょうが、耳のそばでジィーとセミが鳴いていると思って頂ければ分かりやすいと思います。

午前6時8分に考えに対してカラスが鳴いている。

午前6時12分にカラスが遠くで鳴き始めた。

このカラスも何羽かいると思われるが、近くで鳴いたり遠くで鳴いたりと忙しそうにしている。

午前6時17分に私の考えに対して車が勢いよく走り去って行った。

午前6時20分にガラガラとかすかな音がしていたようだが、はっきりと聞き取れなかった。

午前6時22分、試しに舌打ちを周りに聞こえない位の小さな音でしてみると、カラスが反応したのか遠くの方で鳴き始めた。

午前6時23分に部屋のそばで鳥が鳴き始めた。

この鳥どう言う名前の鳥かまだ調べていないが最近よく鳴くようになった。

午前6時24分にガラガラと戸が開き、キュルルルーと網戸が開き、キュルルルトンと網戸が閉まり、ガラガラトンと戸が閉まった。

午前6時26分にガラガラと戸の音がして、27分にトンと音がした。

午前6時32分にジョボジョボーとだけ排水音が始まり、カラスが鳴き始め再び排水音が始まる。

午前6時36分に部屋のそばで鳥が鳴き始め、路上駐車していたと思われる車が勢いよく走り去って行った。

そしてジョボジョボーっとだけ排水の音が台所から聞こえてきた。

午前6時39分、また舌打ちをしてみると、今度は排水の音が始まった。

午前6時45分にコトコトと物音がし、ガラガラと戸が開いた。

午前6時53分に考えに対してカラガラとガラス戸が開き、キュルルルーと網戸も開いた。

午前6時55分に遠くでカラスが鳴き始め、台所で排水の音がゴボゴボジャーとして外でスズメが鳴き出した。

午前6時57分にガラガラ、キュルルルと静かーに戸を閉め、ジョボジョボーとだけ排水音が始まった。

午前7時2分と4分にこっちの考えに対してゴトゴトーンと音を出し、こっちの様子を伺いながら動いているようだ。

午前7時14分にジョボジョボーと排水音が始まる。

午前7時20分にカラスが鳴きはじめたが、7時を回ってから鳴くのも珍しい。

今日もゴミ捨ての日なのでゴミを捨てて、出掛けた。

出掛けてみると車は比較的少ないほうだ。

仕事場の近くにくると進行方向に向かって一台の車が走っていた。

その直ぐそばを歩行者が反対方向に歩いていた。

するとその歩行者、車にチラッと挨拶をしていた。

やはりつながりがあるようだ。

この方も知っている人で、以前からよくウロウロされている方だ。

このような方達も何とかパトロールのつもりなのだろうか。

本日聞こえた救急車のサイレンの時間。
午後02時04分、近くで急になる。

本日上空を飛んでいたヘリコプターの時間。
午前10時40分頃。
午後02時05分頃から午後02時30分頃まで。
午後02時52分。
午後03時14分。

2006年6月に阿修羅に投稿された投稿文です。
集団ストーカー教程2(集団ストーカーアジトの特徴とその解剖)
http://www.asyura2.com/0601/cult3/msg/140.html

– – – – – 阿修羅ここより- – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

1【はじめに】
集団ストーカー活動実行メンバーらの正体に関しては明確なところは未だに不明です。状況から推定するにS構成員・S系警察官・探偵・在日外国人・闇社会等が浮上してくるものと考えられますがいずれも未だはっきりしたことはわかりません。
これら実行メンバーの正体が何であるにせよ、はっきりしていることは、彼ら実行メンバーは、文書又は口伝によるなんらかの『集団ストーカー教程』のノウハウに基づいた組織活動を行っているということです。
今回はその組織活動のなかで、実行メンバーが確保・形成する集団ストーカーアジトに焦点を当て、その実態を解剖してみたいと思います。

2【集団ストーカーアジト】
集団ストーカー活動実行メンバーは必ず対象の居住地近辺にアジトを確保してきます。対象が集合住宅(公団・公社・都営・県営・市営・民間アパート・賃貸マンション・官舎・社宅)に居住する場合、実行メンバーが確保するアジトは、

■対象居室の上下両サイドの居室
になるということです。
つまり対象居室を包囲するかのようなアジト化とその形成であり、是非とも覚えておくべき彼らの基本的アジト化手口であると言えます。

3【集団ストーカーアジトの諸特徴】
以下に集団ストーカーアジトの諸特徴を一覧させておきます。

(1)集団ストーカーアジトの特徴
集団ストーカーアジとの特徴は概ね以下の3種類に分類できます。
●特徴1 夫婦者・所帯持ちでありながら生活感がまったくない
●特徴2 借主と居住者の不一致
●特徴3 下両サイドのいずれかから室内工事の騒音発生
以下にその細部を見てます

(2)集団ストーカーアジトの特徴とその細部
●特徴1 夫婦者・所帯持ちでありながら生活感がまったくない
①半月も電気メーターが停止している
②ゴールデンタイムに電気メーターが停止している
③布団・洗濯物を干すことがない
④子供の泣き声、はしゃぎ声ひとつしない
⑤回覧板をドアのノブに掛けたまま何日でも放置している

●特徴2 借主と居住者の不一致
①表札は変わらないが居住者が異なる
②表札は変わらないが最初の居住者とよく似ているが違う居住者
③表札は変わらないが最初とはまったく異なる居住者
④表札は変わらないが複数の居住者による居室の使い回し

●特徴3 下両サイドのいずれかからの室内工事の騒音発生
①他の修繕工事に会わせるかのように室内工事の騒音が発生する
②電気ドリルでコンクリートに穴を開けるような機械的騒音
③押入・天袋・クローゼットの天井部分からの機械的騒音
④押入・天袋・クローゼットの壁面裏側からの機械的騒音
⑤ベランダとリビング窓の天井部分からの機械的騒音
⑥キッチン・洗面台等の壁面裏側からの機械的騒音

4【集団ストーカーアジト化の兆候】
上記に示した集団ストーカーアジトは、いきなりアジト化が開始されるのではなく、その前段階として、居住地におけるなんらかの動き、あるいは変化が現れてきます。
以下に集団ストーカーアジト化の兆候を一覧させておきます。

●兆候1 一斉にカギの交換が実施される
●兆候2 異なる地域の自治会との不自然な合同活動が始まる
●兆候3 上階から故意にゴミ・汚物をばら撒く行為に対する警告文が出回る
●兆候4 上下両サイドのいずれかが引っ越した後、とうに借り手は決まったにも関わらず3ヶ月~半年以上も借り手が引っ越してこないまま空室状態が続く

5【集団ストーカーアジトと近隣住宅工作】
集団ストーカー実行メンバーは確保したアジトだけでは飽き足らず、近隣の戸建住宅においても工作活動を展開します。この工作活動は主として対象居室への監視と連絡になります。
以下に主な工作活動を一覧させておきます。

(1)集団ストーカー近隣住宅工作
●近隣住宅工作1 対象居室が電気を消すまで室内電気を点けている近隣住宅
●近隣住宅工作2 対象居室に向けて照らすような照明器具(サーチライト)の設置する近隣住宅
●近隣住宅工作3 対象が外出をすると布団を叩いたり、金属音たてたり、咳き込み・咳払い・エンジン空ふかし・クラクションを鳴らす近隣住宅
●近隣住宅工作4 対象が洗濯物を干すと狂ったように布団を叩きまくる近隣住宅

このように近隣住宅を監視と連絡役のように操るわけです。

以上、集団ストーカーアジトを一瞥することにより浮上してくることは、単に特定個人へのイヤガラセのために家主や近隣を協力加担させているのではないということです。
ノーマルな人が悪事やイヤガラセにそう簡単に加担するわけがない。ところが、一度これが防犯活動への協力という形式を採るならば、大抵のノーマルな人はなんの疑問も抱かず協力加担することでしょう。
従ってこういった事象を合理的に説明すると、マークした対象に対するもっともらしいネガティブ情報を捏造して流布させ、防犯活動の観点からの協力依頼という形式で近隣住民を感化洗脳し加担させていくという図式が最も濃厚で合理的と言えます。ここでも防犯関係の悪用という図式が浮上してくることに気がつきます。

ここで考えるべきは、いとも簡単に近隣住民を感化洗脳させる効果的なネガティブ虚偽情報の内容です。
以下にネガティブ虚偽情報の推定内容を一覧してみます。

(2)近隣住民を感化洗脳させる効果的なネガティブ虚偽情報
●虚偽情報1 極めて虞犯性の高い危険な反社会的人物(過激派・右翼・オウム・その他テロリスト)
●虚偽情報2 以前の居住場所での近隣トラブルと悪評
●虚偽情報3 軽度の精神障害者かノイローゼ
●虚偽情報4 性的犯罪者(覗き・痴漢・セクハラ・下着ドロボー)
●虚偽情報5 万引き常習者・自転車ドロボー
●虚偽情報6 借金だらけの生活困窮者
●虚偽情報7 酒乱・ギャンブル狂い
●虚偽情報8 某国のスパイ
– – – – – 阿修羅ここまで- – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

私からも、
ターゲットの行動を元に全国で同じような事件や事故が多発すると言う事もあげられます。
下記に2例だけ上げておきます。

例1 飲酒運転。
私はお酒は飲みませんが、何か飲酒に関係するような物を購入すると飲酒運転による事故が全国で多発する。

例2 老人福祉施設。
このような施設の前を通っただけで、老人福祉関係の事件や事故が全国でおきる。

そしてあちこちにこのような施設ができ、ターゲットの周りを施設の車等が頻繁に出没するようになります。
これは何かのトラブルを誘発させようとする目的もあり、監視の口実にもなります。
このように全国で裏工作的に事件や事故を作り上げられているともいえます。
どこそこでこのような事件が起きたので、あの人ももっと監視をした方がいいんじゃないの・・と、全国で起きた事件や事故を切っ掛けに付きまといや監視を益々きつく出来るという筋書きが出来上がります。


スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*