2011年10月11日 火曜日

昨日、午後8時22分ちょうど帰ろうとしていた時、打ち上げ花火の音が続け様にしていた。

帰ると言う合図だと思うが、冷静に考えて見るとこれがおかしな音だと直ぐ分かる。

午後8時40分頃、自宅の駐車場に着くといつものように駐車場に灯りを当てられているし、救急車のサイレンもなりはじめたが、音がよわよわしく聞こえた。

今日は午前2時56分に目がさめた、目がさめると2階の人も起きたのかペタペタと足音がトイレの方に消えていった。

午前5時32分に目がさめるとキュルルルトン、ガラガラトンと音がした。

今日も低周波がきているようで、腹が重苦しい。

午前5時58分に考えに対してジョボジョボと排水音が始まったが、直ぐ止まりまた始まった。

午前6時6分にカラスが部屋のそばでなきはじめ、直ぐ飛び去っていきスズメも鳴き始めた。

カラスが遠くで鳴き始めたが、さっきのカラスがその場所に飛んで行ったとは限らない。

別の音を出している可能性もある。

午前6時12分に考えに対してトンとだけ音がしたが、これは戸を閉めた音かなと考えていたら車のエンジンが掛かり車が出て行った。

このトンの音も私の考えがセンサーに反応し自動で音が出るようになっているのではないだろうか?
でもこうしないと私の考えに対して瞬時に音を出す事は出来ない。

手動でも音出しは行なわれているが、手動の場合はワンテンポずれている。

午前6時16分、手を抜くなーっ動けーっの考えに対してガラガラトンと音がした。

こいつらを一生ハムスターのように回し車の中でカラカラ、カラカラと回し続けさせてやりたい。

午前6時19分、今日は救急車は出動するのかなと考えていると、台所でジャバジャバーと排水の音がして、ガラガラと戸を開ける音がしてカラスが鳴き始めた。

ここまで救急車に反応しなくてもいいと思うが・・・

午前6時25分に考えに対してスズメが鳴き始めた。

午前6時28分にこんどは考えに対してカラスが鳴き始めた。

午前6時43分に考えに対してガラガラ、ガラガラトンと戸を開けて閉める音がしてベランダでコトコトと物音が始まり、スズメが鳴き始めた。

ゴーンとベランダの鉄柵を叩いたような音がして、ゴトゴトーンと何かを倒したような音を出し、コトコトと歩くような音がした。

キュルルルトンと網戸を閉め、戸を閉めて部屋に入り、こっちの様子を伺っているようだ。

午前6時54分に冗談でいっしょにトイレに行かないかの考えに対して、キュルルルと開き、キュルルルトンと閉まり、ガラガラトンと戸が閉まった。

最初から分かっているような場合は絶対にこない。

午前7時22分にシャワーから上がってくるとキュルルルトンと網戸がしまり、ガラガラトンと戸が閉まった。

午前7時25分にこんな事をするようになったら創●学会もおしまいだなーと考えていると、怒ったようにドーーンと音を出した。

これで思考盗聴の内容もはっきりと判断できると分かった。

午前7時26分、ごまかすかのようにガラガラ、キュルルルと戸と網戸が開き、ベランダでコトコトと音を出し始めた。

今日はゴミ捨ての日なので、ゴミを捨てに行き早いが仕事場に出掛けた。

夕方より非常に強い低周波を感じている。
これを受けると腹がキリキリなり、胸からのどの辺りがジーンと押さえつけられる
ような感じになり、頭もジーンとしている。
これで顔とか頭皮が痩せてくるのだと思う。
毎日大なり小なりの低周波を何年も何年も受けている。
以前の事務所の時はこれを受けながら、急ぐ仕事をして大変だった。
急ぐ仕事をしていたので、逃げる事ができなかった。
この電磁波、空からでなければお隣から飛んでいると思っている。

本日聞こえた救急車のサイレンの時間。
午後06時12分。

自転車のブレーキ音。
午後12時40分、トイレに入った時。
午後06時16分。

阿修羅からの投稿文です。
2006年7月と古いですが、内容は今も変わらないと思います。

タイトル 『集団ストーカー対策』

– – – – – 阿修羅ここより- – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

抜本的な対策は残念ながら今のところないようです。

唯一有効なことと思えるのは、集団ストーカー活動の実態を具体的に暴露していくことにあると思います。
そして集団ストーカー活動という組織的な人権侵害活動が社会の裏面で進行している実情を、できるかぎり多くの人々に知っていただくことにあると思います。
手口を暴露されれば、その手口は使用できなくなります。それでも使用するなら集団ストーカー実行メンバーら自らが、自分達の数々の所業を一般社会に知らしめていくことになります。
また、もし、万が一、集団ストーカー活動の対象にされてしまった場合、その人は一連の集団ストーカー情報を事実であると確信することになります。

もうひとつは、集団ストーカー活動のなかに、実は対策へのヒントが隠されているとも言える一面があります。
それは、

■集団ストーカー活動は、対象にだけわからせる手口を行使する

つまり主観的な範疇に閉じ込めようとする。
すると集団ストーカー活動は客観性を極度に恐れていることが判る。

■集団ストーカー活動は、可能な限り対象を孤立化させようとする

つまり誰からも信用されないよう相手にされないように仕向けていく。
すると集団ストーカー活動は対象が人間関係を拡大することを極度に恐れていることが判る。

■集団ストーカー活動は、個人には通用しても組織に対しては通用しない手口

つまり組織相手では客観性がでてしまうため。

■集団ストーカー活動に伴う心理学的犯罪手口の殆どは、その手口を知り無視することによって効力を著しく減少あるいは無力化させることができる。

こういった集団ストーカー活動から見出される諸要素から、集団ストーカーが恐れる以下の点を導き出すことができます。

【集団ストーカー側が警戒し恐れること】

●客観性
●対象の人間関係拡大
●具体的な手口が悉く暴露され一般社会に知れ渡ること
●心理的詐術を無視されること

以上の点が導き出され、これは対策へと至るヒントになるはずです。

– – – – – 阿修羅ここまで- – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –


スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. 被害者 より:

    SECRET: 0
    PASS:
    私は、思考盗聴被害者です。
    この文章は、加害者に無理矢理書かされています。
    書かないと嫌がらせが酷くなるからです
    加害者に、あなたの加害者に向けてメッセージを書けと命令されています。
    兵庫県尼崎市大西町3丁目17-32に住む樋口えりかは思考盗聴犯罪者です。 ですが、樋口えりかは、カルマの法則に従って、樋口えりか自身を思考盗聴してほしいそうです。
    今年の年末から、
    樋口えりかは
    あなたを思考盗聴している加害者から
    思考盗聴してほしいと思っているようです。
    樋口えりかは、父親が樋口敦で
    樋口運送で尼崎市の医療生協病院と繋がっています。
    樋口えりかは妨害電波で自分の身を守ってるようですが
    それを壊せる人がいいそうです。

  2. 被害者 より:

    SECRET: 0
    PASS:
    >被害者さん

  3. hanasakasama より:

    SECRET: 0
    PASS:
    >被害者さん
    コメント頂き有り難うございます。
    勉強不足でカルマの法則を知りませんでした。
    さっそくネットで検索して調べ勉強になりました。
    この内容ですと、私が加害者側に伝えてと言う事でしょうか?
    それは無理です。
    私の場合の思考盗聴は考えを一方的に読まれる行為で、音声送信のような事はありません。
    私も一被害者であり、加害者側の立場ではありませんので、
    これに関してはご回答をいたしかねます。

コメントを残す

*