2011年08月24日 水曜日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

午前3時40分に目がさめた。

足がまた熱く感じ目がさめた。

扇風機の風が足に当たるよにセットしまた寝た。

鳥の鳴き声で目が覚めたが、時計を見てビックリ午前6時57分、7時前だった。

目を開けると救急車のサイレンが聞こえてきたが、かなり離れた所でなっている。

サイレンがなったので、起き上がろうとした瞬間に車のエンジンが掛かった。

ここでこの加担者達の大きな特長がある。

みなが同じ行動をとると言う事。

被害者の動き始めにエンジンを掛ける行為が始まるとみなが同じ行動をとる。

これが集団で行なう集団ストーカー行為と言えるゆえんであろうか。

被害者の動き始め、アクションを起こすと同時にエンジンを掛ける行為も、その行為をする為にわざわざ出掛ける事はしない。

休日のように時間に余裕のある時は別だが・・・。

例えば出勤時に少し早めに出て、車のドアを閉めるタイミング、エンジンを掛けるタイミングをターゲットの様子を伺いながら行なえばいい。

合わなければそのまま出勤すればいいし、合えばその行為を行なって出勤すれば毎日行なう事ができる。

出勤時間だと言う大きないい訳がある。

そして出勤時間とターゲットの生活時間が合わなければ、一旦退職するなり勤務時間を変えるなどしてターゲットの時間に合わせてくる。

例えば、一旦何かの理由で退職する事になり再就職した所の出勤時間がターゲットの起きる時間だったり、帰る時間が一緒だったりとか言い訳の出来るような行為になっている。

たとえターゲットが起きる時間をずらしたり、出勤時間をずらしたりしても、加担者側は幅を持たせた出勤体制を取ってくる事もある。

これは会社あるいは企業の加担も必要になってくる。

私が起きると上の方も動き始める。

今日は私の起きるのが遅かったので上の方はジィーっと待っておられたような感じで、いきなり動き始めた。

ペランダでコトコトと活動が始まったようだ。

午前7時8分に排水音が始まり、時折スズメが泣き始めた。

午前7時20分にまた救急車のサイレンがなり始め、近づいて来るかなと思っていたがそのまま段々とサイレンが小さくなって行った。

午前7時25分、ベランダでコトコトとまだ何かをされている様子だ。

午前7時58分に隣の保育園から赤ん坊の泣き声がかなりの時間続いた。

これは昨日のブログに対しての反発だと思う。

午前8時9分に車のクラクションをビーーッとならされた。

これはこれから出るぞーっと言う合図だと思う。

今日出掛けたら車はそこそこで自転車と歩行者が多かった。

午前9時52分、午前11時59分に救急車のサイレンが仕事場の近くでなり、午前10時26分に犬が吠え始めた。

救急車のサイレンも今までの状況から判断して、一日おきにサイレンをならしている。

今日はそこそこなっているが、昨日は全然なっていない。

この仕事場でもカラスが頻繁にないている。

朝から夕方まで鳴いている時もあるが、不思議と12時から午後1時頃までは鳴く事がなかったので、あーっカラスも昼休憩をするのだなと思っていたが、最近では休憩時間も鳴くようになった。

誰が操作しているのか分からないが、あせっているようだ・・・?

集団ストーカー手法の一部を集団ストーカー.infoより引用させて頂きます。

集団ストーカー.info

[集団ストーカーの対策]

中期段階

加害がハッキリしてきた中期段階(仄めかし、ノイズキャンペーン等の実施)での対策を以下に記します。集団ストーカーに強い探偵等に調査を依頼することをお勧めします。電話でのやり取りは相手に気付かれるため、依頼は電子メールやFAXにしましょう。また、依頼は身内にも内緒で実施しましょう。

1.集団ストーカー事前啓蒙

いよいよ加害が本格的になりそうな雰囲気が出てきた場合、事前に本HPのような現象が存在することをさりげなく話題にし、予防線を張りましょう。

2.撮影、録音(ビデオ、写真、音声)

加害行為の記録を撮ります。以下の妨害はあるかもしれませんが、加害者側のパターンなので気にしないようにしましょう。

列車内で撮影した場合:
隣の乗客等、「何してるんだ!」と叫ぶ人が出てくる。

道路で撮影した場合:
後に「盗撮情報は消さなければいけない」と仄めかす集団が百人ほど湧いて出てくる。

3.攻撃のカウントを取る。

社内モビング等、集計を取りやすい場所では、アンカリング、ノイズキャンペーン、仄めかし種別にカウントを取り、1日の攻撃数を集計しましょう。

4.加害者の隣で「専門用語」をつぶやく

・尾行者に対しては、「1日7千円貰って人を尾行する人間の屑」と言う。
・待伏者に対しては、「宗教学会は、女性に対して集団ストーカーする変態」と言う。
・アンカリング、ストリートシアター行為に対しては、「ストリートシアターだ!」と言う。いくら集団ストーカー請負組織を攻撃しても、組織が巨大すぎて一被害者には到底立ちうちできません。末端の工作員を攻撃するのが最適です。彼らの隣で「彼らの行為が如何に人間として恥ずかしい行為であるかを指摘する」ような独り言を言いましょう。尾行、待伏者は大抵一人では何もできない臆病者です。

5.外出時は常時ヘッドフォンをして音楽を聴く

仄めかしが実施される場合、ヘッドフォンをして音楽を聴くのが最適です。可能であれば、少々高価なノイズキャンセリングヘッドフォンを利用し、周囲の雑音を遮断するのが良いでしょう。工作員の仄めかしは、以前仄めかしていた内容が「簡単に変遷」するほど意味のないものです。ターゲットに興味を持たせるか、気を引かせたかを確認する仄めかしも含まれます。それで注意を引けたかどうかを確認し、思考盗聴なる技術を用いて次なる仄めかしが実施されるのです。

6.耳にパチンコ玉を入れる

パチンコ玉を強く耳につめると耳の穴がふさがれるため、比較的dB(騒音値)の大きい隣の人の話し声や生活に必要な音は拾え、dBの小さな工作員のいやらしい仄めかしやかすかな音は聞こえなくなります。(耳栓と同じ効果があります。金属はスポンジより音を通さない物質なので有効です)

これは私なりの意見ですが、パチンコ玉を強く耳につめると取れなくなる恐れがあるので何か工夫をされた方がいいと思います。

7.仄めかしには反応しない、もしくは仄めかしの逆を取る。

仄めかしをそのまま聞いていると、マインドコントロールされてしまいます。仄めかしが実施された場合、その逆の思想を取る位の気持ちで行動し、仄めかし内容は一切排除して生活しましょう。集団ストーカーを実施すれば、首謀者、請負側の意図とは逆の行動が取られてしまう仕組みを構築することが被害者の防衛策です。そしてその集大成こそが、集団ストーカーシステム崩壊への道なのです。

8.引っ越し

よく言われるのですが、引っ越しをして集団ストーカー被害が軽減されることはありません。
具体的な対策にはならないのですが、もし引っ越しする場合は近隣に挨拶する際、事前に集団ストーカーのような被害が存在し、そのような加害依頼が来た場合はすぐに連絡くれるように要請することが被害軽減につながる可能性はあります。

9.警察に相談

警察に相談する場合、「集団ストーカーを受けている」とは決して言ってはいけません。あくまで「日常生活において支障をきたすような付きまといがあり、毎日不安で仕方がない」という趣旨で相談することにしましょう。

10.自分だけの被害と思わない

この手法は、日本全国津々浦々で起きている犯罪です。犯罪である根拠は、「集団ストーカーの関係法律」を参照ください。手法は確立されているのです。次にくる攻撃を予想することも対策の一つとなります。


スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*