2011年08月13日 土曜日(2)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

午後8時30分頃、仕事場からの帰り近所の方が道路脇でバーベキューをされていて子供が道路で遊んでいた。

私の車が近づいているのに中々退こうとしなかった。

退けるのに時間を掛けていたようだ。

また少し走ると川沿いの道にでるのだが、その場所の道路のど真ん中に車を止めて何人かで空を見上げていた。

流れ星でも見ていたのだろうか。

私の車が近づくと、『あーっ すいません。』と車をどかしてくれたのだが、非常に態とらしい。

以前の事務所でこのような出来事があった。

たしか昼前だったと思うが、用事ができ出掛けて帰って見ると、おばちゃんが私の契約している2台分の駐車場にまたがるように斜めに車を停め、弁当をガッツいて食べていた。

私が車の中でここは私が契約している駐車場だから退けてと、手振りをすると あ~~っ、すいません。と言わんばかりに弁当をしまいサーッと出て行った。

これもいかにもと言う感じで態とらしいし、謝ればそれでOKと言うような感じだ。

こいつらのやり方の一つに裏では嫌がらせをして困らせ、表ではその困った人を助けると言う行為をする。

例えば、ターゲットが自転車で通りそうな場所を少し滑りやすいように工作をしておいて、運悪くその場所で自転車ごと転けてしまい。

そしてその場所を偶然通りがかったような振りをして大丈夫ですかと声をかける。

表しか見ていない人にはいい印象を与える。

話しを元に戻して、川沿いの道をしばらく走ると信号機のついている小さな交差点に出る。

そこでも赤信号にも関わらず平気で自転車で横断している。

私には理解できない。

この方達、集団ストーカーは私たちがルールだと言わんばかりだ。

自宅の駐車場につくと久しぶりに駐車場に灯りを当てられていた。

私はスポットライトと呼んでいるが、その場所を見ながら歩いていると、すぐそばで急に車のエンジンが掛かった。

いつ車に乗ったのか分からなかったしドアを閉める音もしなかった。

私が帰る前に乗って待っていたのだろうか???


スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*