2011年08月02日 火曜日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

昨日の夜も蒸し暑かった。

午前2時29分と午前4時2分に目が覚め、それぞれ扇風機のタイマーを回して寝た。

窓を開けて寝ていても風が入ってこなくなった。

よくよく考えて見ると団地の直ぐそばに保育園が建てられたのも一つの原因であるようだ。

2階から上は問題ないと思うが、涼しさに関して言えば1階は不利だ。

だが利点も生まれているのでそれはそれでよしとしておきます。

午前5時30分に目が覚めた。

午前5時44分にガラガラと2階の戸が開き、スズメが部屋のそばで鳴き始め、トンビが遠くで鳴き始めた。

午前5時47分にまたガラガラとガラス戸の開ける音がした。

午前5時49分にキュルルルと網戸を開ける音がして、また50分にも同じ音がした。

午前5時51分にテレビの音が聞こえ始めたが、昨日に比べると音が控えめだ。

午前5時54分に私の考えに対してカラスが鳴き始めた。

午前6時3分にゴミ捨てにいったがかなりのゴミが捨ててあった。

先週の金曜日は同じ時間帯でも1つだけしかなかったので、何なのか考えてしまう。

午前6時10分スズメが部屋のそばで鳴き飛び去っていった。

午前6時12分に私の考えに対して団地内で音をだされるようになった。

ガチャン、ガタンだとか、ゴトンだとかドーンと言ったような音だ。

午前6時15分に手を動かしたら鍋を叩く音を出され、午前6時28分に私の考えに対してガタンと団地で音を出された。

午前6時35分考えに対してスズメが部屋のそばで鳴き始め、2階でゴトゴトと音がしてキュルルルと網戸が開いた。

午前6時43分に久しぶりにJRの列車の音が聞こえてきた。

毎日同じ時間に走っていると思うのだが・・・

都会の方から見ればビックリされると思うが、ここ鳥取市は電車が走っていない。

線路は単線でディーゼルエンジンで走る列車が走っている。

のどかと言えばのどかだが、そののどかな鳥取市が集団ストーカーの町と化してしまった。

午前6時46分にヒバリが鳴き始め、台所でガタン、ゴトゴトーンと音がしベランダを歩く音がした。

時々怒ったような音を出す時があるが、これは私の考えを読んでの事だと思うがお門違いだ。

毎日毎日、嫌がらせや付きまとい、監視をされて怒っているのはこっちだ。

勘違いするな!

午前7時11分より台所で排水音がジョボジョボと始まった。

私の考える度に2階の方は動かれている。

私の考えを何かで知る事が出来るが内容は分からないのだろうか。

ほとんどの方が私の考えを頭で直接分かっているような気がするが、創●学●の方は別かな。

それとも考えを送受信すると言う役割をまかされているからかな・・・

随分とパラボラアンテナが目立つ。

8月1日の午前5時44分から1時間26分32秒間録音したものを、Seesaaブログにアップしてあります。

データ量が多かったためsuzume01とsuzume02に分割してあります。

普段に比べると鳥の鳴き声もまだまだおとなしいほうですが、ICレコーダーを窓際に置いて録音したものです。

テレビの音声、その他の音も他から出ている音で、私はこの間布団に横になりメモを取っていました。

1時間以上と長い時間ですので聞いて頂ける方は時間に余裕を持ってお聞き下さい。
(聞き取りにくいかも分かりませんのでボリュームは大きめにしてください)

http://hnsksm6a88.seesaa.net/?1312261422

集団ストーカー手法の一部を集団ストーカー.infoより引用させて頂きます。

集団ストーカー.info

「あぁ、カルト!」その情報のみで価値観※が構築されます。一度価値観が決まれば、その視点を変えることは困難です。「あぁ、条例違反!」「あぁ、三国人!」「尾行、待ち伏せ、仄めかし!」こうなると、条件反射感情が集団ストーカー拒絶を支配し、首謀者、請負側、加害者、被害者全ての関係が破たんします。(被害者を破たんさせるのが目的のため、問題ないでしょうが)

このような被害者が日本に千人(一説によると二万人)程報告されており、現在の『集団ストーカー』を取り巻く環境になっています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

※この『価値観』が非常に重要になります。集団ストーカーを企画する専門家は、ターゲットがこの手法に対してどのように反応するか、集団ストーカー実行の初期の段階から判断します。例えば、ターゲットが早々に「胡散臭い」と感じた時点で、この集団ストーカー手法は意味を持たないことがわかります。この時点で首謀者は『言い訳ストーカー』を実施し、ターゲットをごまかし、ある意味、加害者に対してもごまかします。そして自ら企画した、『尾行、待ち伏せ、盗聴等』を覆い隠すため、ターゲットが悪人であるという理由であればどんなものでも利用し、ありとあらゆる手段を講じます。そして、『自らの失敗を認めることができない』集団ストーカー依存症に陥ります。このような企業は、自身の業務の一部で不正が発覚して監督団体から是正措置を講じるように命じられたケースで、一度組織内部で是正案を作成して提出したが認められず、外部のコンサルタント等から是正されないと自らを変革できない旨を指摘された経験を持つ傾向があります。

※ターゲットは、“もしかしたら”病気なのかもしれません。しかし大抵の場合、それは社会的に何の害もなく、その指摘は余計なお世話であることが多いのです。そしてその“病気”は“偶然”にも『会社買収』や『不正発覚』等を契機として発病(『本人が気づかない見過ごされた神経症』の潜伏期間が長かったらしい)します。何故でしょうか?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

集団ストーカーとは、尾行、待ち伏せ、仄めかし、騒音、風評被害等を用いたカルト手法の総称です。「ウソも百辺言えば真実になる」⇒「集団での仄めかし」、「証拠さえ取られなければ何をしてもよい」⇒「証拠を取りにくい不特定多数による手法」で構成されています。ネズミ講のように加害者が増えていき、気付けばターゲットが悪い人間になるという、すり替えが行われる仕組みになっています。

屋外型工作員達は、何故か自分達が英雄であると思い込んでいます。「マインドコントロールされている特殊な思想を持っている」からです。しかし一般人を装って列車に乗車したり、通行人を装って町中を出歩いたり、客を装って店に入店したり
する人達であることが分かります。陰でコソコソするような人達です。美人と見られる女性で集団ストーカーに参加する人は皆無に近いです。そんな行為をしなくとも幸せに生きていけるからです。女性から見る「素敵な人」も同様です。

この行為を依頼する首謀者も同様です。首謀者が企業の場合、常に王道を取る会社はこんな行為は依頼しません。そんな行為をしなくとも常に利益を得られるからです。一般社会から見る「素敵な会社」も同様です。所詮陰でコソコソするような組織です。退職者が続々出るようなことは一切なく、会社を売りに出したりする必要はまったくないのです。そして効果がなければ、言い訳ストーカーに切り替わります。

結論を言うと、ターゲットから見る首謀者や請負側は『犯罪者』なのです。頭が「集団ストーカー依存症」になっているのです。常識は通用しません。キリスト教とイスラム教が対立している状態で、何を言っても理解できないのです。

・モビングというパワーハラスメント(セクシャルハラスメント)行為
・裏で機微情報を収集したのにも関わらず、それを知りながら隠してプライバシーマークを申請、取得する取得詐欺行為(取得企業のみ)
・未成年の工作員に対して、迷惑防止条例を違反させる行為
・常習として嫌がらせを繰り返す行為






スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*