2011年07月11日 月曜日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

午前2時20分に目が覚め、トイレに行きかえってくると道路を何台かの車が走り去って行った。

午前4時58分に一台の車が帰ってきてその車のエンジン音で目が覚めたが、眠りについていたようで、気が付くと午前5時52分キジバトの鳴き声で目が覚めた。

キジバトの鳴き声もかなり近くで聞こえている。

その事をメモに取り始めると、スズメが鳴き始め他の鳥も鳴き始めた。

午前6時2分に車に乗る時、ドアの音をバンバンと音をたてられる。

この車のドアに関しても私のしている事を必要以上にオーバーにしている。

私は車に乗る時2回ドアの音を出している。

まず後部座席に荷物を置きドアをしめ、運転席に乗ってドアを閉める。

これで毎回2回ドアの音をだしている。

ドアの音も回数を多く出す行為もあるが、こっちのタイミングをみて音を出す行為もされている。

一度チラッと見た事がある。

車から降り閉める用意をして何かを確認していたが、私に見られている事に気付きサッとドアを閉め足早に逃げて行った事があった。

午前6時16分頃、集団ストーカーと頭で考えると外から声がしたり、色々と音の反応が返ってくる。

鳥もチチチチーッと部屋のそばで鳴き始めた。

午前6時37分、クシャミをしている声がうまいタイミングで聞こえてきた。

クシャミなんかはそのタイミグに出そうと思っても中々出るものでもない。

午前6時43分JRの列車の走る音が聞こえてきたが、今回はやまびこのように列車の音が2回も返ってきた。

これは昨日の出来事に関係していると思う。

昨日、2階の方がベランダで作業をされている時の音が反響して聞こえてきた。

ガサガサ、クシャクシャっとビニール袋をまるめているような音がやまびこのように聞こえてきた。

これは隣に保育園の建物が出来たせいも有ると思うが、建物に音が反射して聞こえているようにも思えたがハッキリと断言はできない。

でもこのように聞こえたのは初めてで、高い音程反射しやすいのだろうか。

このようなことがあった為、列車の音が2回もやまびこのように聞こえてきた。

午前6時48分、車のエンジンがタイミグよく掛かり出て行った。

午前6時53分外から話し声が始まり、鳥がピーッ、ピーッと鳴き始めた。

午前7時12分ジョボジョボと排水音がはじまり、24分にベランダでコトコトと物音がはじまった。

この仕事場でもカラスが毎日鳴いている。

午前中はうるさいくらいに鳴いているが、不思議な事にお昼を過ぎるとピタリと鳴かなくなる。

また鳴き始めるのは夕方からで、しばしご休憩をされているようだ。

昼間はこの時期暑いし、それに色(カラスの色)も色だし・・・

このようなことわざをご存知でしょうか。

・空に向けて石を投げる

・天を仰いで唾をする

天や空に向かって石やつばをはいてもいずれは自分に返ってくるということわざです。

最近、天に向かってつばをはく人が増えたように思える。

本日の救急車のサイレンは、

午前9時8分、午後7時15分です。

集団ストーカー手法の一部を集団ストーカー.infoより引用させて頂きます。

集団ストーカー.info

[言い訳ストーカーの場面]

以下のような場面で、言い訳ストーカーを仕立てあげます。

<事例1> 一般店舗(待ち伏せ行為)
予めターゲットが行きそうな店舗に工作員を配置します。この場合、一対のカップルが工作員であることが多いです。店員も工作へ巻き込みます。そして工作を「全員でやった」等と仄めかし、自ら実施した、尾行、待ち伏せ、盗聴行為を無効化させます。

いづれも多数の仄めかしや仕立て上げた場によって、ターゲットの精神を操り人形のように操作しようとする仕組みです。集団ストーカー行為がうまくいかなかった際、ターゲットや協力加害者(一般人工作員)に言い訳するため、実行します。

(1)「忘れさせる」という場
突然ターゲット周囲の見知らぬ者が高笑い工作を実施し、仲良くなったような場を作り出します。

(2)「笑わせる」という場
ターゲットを笑わせるという理由を仕立て上げ、店員が特徴的な独特の冗談を言う等の場を仕立て上げます。

(3)「やるからには徹底的にやる」という場
可能な限りの店舗で実施します。店舗数が多ければ、「我々ここまでやっている」という理由でもって協力加害者(一般人工作員)を納得させることができます。

(4)「もうやだと思わせる」という場
ターゲットを嫌にさせるというを理由をつくります。主に何かを叩き付けたり等、不快なノイズキャノペーンで構成されます。迷惑防止条例違反です。

(5)「(首謀者の元へ)来させる」という場
ターゲットを嫌にさせるというを理由をつくります。主に何かを叩き付けたり等、不快なノイズキャノペーンで構成されます。こうして嫌になったターゲットが首謀者の元へ来るという仕組みです。面会強要行為にあたり、迷惑防止条例違反です。

(6)「ちゃちを入れる」という場
ターゲットが集団ストーカーであると指摘すると、ターゲットの見えない位置(これが重要)にいる工作員が、茶化したように「キャハハ」と笑い、「こんなにやってるのに」等と仄めかし、集団ストーカーを覆い隠すためにターゲットの精神を操り人形のように操作しようとする仕組みです。

(7)「こうなっちゃう」という場
ネズミ講のように加害者が増えていく仕組みを取る集団ストーカーを意図的に実施し、あたかもターゲットの行動が悪いという場をでっちあげ、「こういう事をすると、こうなっちゃう」等と仄めかす行為。これにより、犯罪有名人のように仕立て上げることができます。

(8)「繋がってるの」という場
そのような場を作り出しますが、逆効果になります。「本人(ターゲット)には絶対言ってはいけない」等と周知させ、集団ストーカー首謀者(加害者)はターゲットを可能な限り孤立させ、あたかもその人物1件のみの事象として処理しようと、あの手この手を使って工作します。この結果、条例違反したり、プライバシーマークをだまし取ったり、隠し通したりする事項が存在します。このような隠し犯罪者と関わらないというのが、ターゲット被害者の考えになります。

(9)「視点が悪い」という場
何が悪いのかわかりませんが、工作員が行っているのは「言い訳ストーカー」であって、「集団ストーカー」として捉えるのがいかにも悪い事であると示唆するような内容です。特にターゲットがマイナスの視点で物を見る(条例違反行為)等とでっち上げ、自ら実施した、尾行、待ち伏せ、盗聴行為を無効させます。

(10)「追っかける」という場
貴方が必要だ、という理由を仕立て上げて店舗工作を実施します。こうして、自ら実施した、尾行、待ち伏せ、盗聴行為を無効させます。

(11)迷惑行為の「証拠を取らせる」という場
迷惑防止条例に違反する行為を集中的に実施し、ターゲットに証拠を取らせるという目的で工作を実施します。面会強要行為になります。ターゲットが首謀者に対して人間不信を抱いてから始まる工作で、初期段階では発生しません。

(12)「こんなにみんなでやったのに」という場
迷惑防止条例に違反する行為を意図的に実施した上で、「ターゲットの為に費用をかけた」「ここまで声を届けた」等、大勢でターゲットの同情を引く仄めかしを実施します。これは町ぐるみで実施するパターンが多いです。

(13)「これでも集団ストーカー?」という場
迷惑防止条例に違反する行為を意図的に実施した上で、「ターゲットの為に費用をかけた」「ここまで声を届けた」等、大勢でターゲットの同情を引く仄めかしを実施します。これは県ぐるみで実施するパターンが多いです。

いずれもターゲット近辺の店舗に申し出て、時給なしで宗教学会員を働かせてもらうという手法とも言われていますが、詳細は不明です。

<事例2> 路上(待ち伏せ行為)
通行人を装った工作員がターゲットの周囲を取り囲み、あたかも町人であるような振る舞いをします。平日昼間等人がいない状況であるにも関わらず、多く人がいる状態であるのが特徴です。そして工作を「全員でやった」等と仄めかし、自ら実施した、尾行、待ち伏せ、盗聴行為を無効させます。

いづれも多数の仄めかしや仕立て上げた場によって、ターゲットの精神を操り人形のように操作しようとする仕組みです。

(1)「忘れさせる」という場
ターゲットが歩く契機にて、通行人を装った集団で歩く大学生等が高笑い工作を実施し、仲良くなったような場を作り出します。注意深く観察すると、そんな場所にそんな人物が歩かないことがわかります。

(2)「我々(請負側)の努力が」という場
ターゲットが歩く契機にて、通行人を装った工作員がこのように仄めかします。ここで、このような工作(店舗型ストーカー)を実施するのは費用がかかる等の意味合いを含めます。そして、「私達はここまで“してあげた”」という主張し、あたかもそのターゲット1件のみの工作事象として処理しようします。このようにして、ターゲットや協力加害者(一般人工作員)を巻き込んだ、ストーカー場面を作り上げます。

(3)「ハハハ、ここまで尾いてくる」という場
ターゲットが遠隔地に移動する契機にて、通行人を装った工作員がこのように仄めかします。ここで、このような工作を実施するのは集団ストーカーではない笑い話等と、言い訳を実施し、自ら行った違法集団ストーカーの悪質性を隠ぺいするための工作です。そして、「私達はここまで“してあげた”」という主張し、あたかもその工作を漫才のように仕立てあげ、ターゲットや協力加害者(一般人工作員)を巻き込んだ、ストーカー場面を作り上げます。


スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*