2011年07月07日 木曜日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

午前5時22分に目が覚めたが、激しい雨が降っている。

その中、遠くでカラスの鳴き声が聞こえた。

午前5時29分またカラスの鳴き声が聞こえた。

この激しい雨の中何処で鳴いているのだろうか。

午前5時33分、スズメも部屋のそばで鳴き始め、ジジシジィージジジジィーの鳴き声も聞こえ始めた。

雨はさらに激しさを増している。

しばらくすると激しさも収まってきたが、午前5時57分頃再び激しさを増してきた。

午前6時16分に排水音がジャバジャバと始まった。

感情と動きがリンクしているような反応の仕方だった。

午前6時18分にスズメが鳴き始めた。

午前6時24分位より耳に聞こえている雑音のようなジィー音が大きくなってきた。

雨も少しずつ小降りになり、午前7時27分、私が動くと上も一緒に動き始めた。

何処へ行くのかすぐ分かった。

トイレに行くと、やはり上も入っていて水洗の水をジャーと流された。

卑怯だ。

向こうはこっちの動きがすべて分かっている。

こっちの動きを読み取ってどのようにでも動ける。

午前7時33分、台所で排水音がしているのにベランダでコトコトと動きはじめている。

午前7時38分に上に向かって集団ストーカー、集団ストーカーと小声で言うと、ドンドンと音が返ってきて、外でスズメがその時だけ鳴いた。

午前7時40分登校する子供の声が今日はかなりうるさくしている。

多分大人に指示されたのだろうなと言うような声の出し方をしている。

午前7時47分、車のエンジンを掛ける時にブォーンブォーンとわざとエンジンをあおっていた。

何故かお怒りのようだ。

何故だろうか。

昨日も集団ストーカーの動画を見た。

昨日見た動画は創●学会の集団ストーカー行為の動画だ。

それとも逃げる車両ストーカーを追いかけた事だろうか。

午前7時53分にまたトイレに行こうと思いトイレに近づくとまたジャーと水を流された。

午前8時15分となりの保育園から赤ん坊の鳴き声が始まった。

私の見る物はすべて情報として伝わっていると思うので、それを逆にうまく利用できないかなとも思っている。

すべての事を監視されているので、私が集団ストーカーの動画を見れば相手も見る事になると思うのだが・・・

みなさんはこの病名をご存知でしょうか。

外国では以前からあったようですが、日本ではまだまだ一般的ではありません。

寝苦しい夜をさらに寝苦しくしているのがこのむずむず脚症候群。

私はただ単にむずむず病といっているが・・・

このむずむず脚症候群、別名レストレスレッグス症候群、下肢静止不能症候群ともいい、私の場合、特に気温の高い夜になると症状があらわれる。

夜に脚の動きを止めると足に熱をもったように熱く感じ非常にムズムズとして不快に感じ、布団に入ってもあっちにゴロゴロこっちにゴロゴロと寝付きにくくなる。

この病気は運動に関する情報を脳に伝えるドーパミンという物質の機能低下がおもな原因だと考えられていますが、まだまだはっきりした原因は分かっていません。

私はこの病気も電磁波と生活環境により複合的に作られたものだと思っています。

電磁波振動(低周波)が始まった時期とむずむず脚症候群が始まった時期がほぼ同じなのです。

以前にも記載したのですが、一時期サプリを飲んで症状がよくなったのですが、サプリでよくなった事が分かり、急遽サプリの成分を密かにかえ元の足の状態にもどされたのも偶然ではないと思っています。

この病気が簡単に直っては困ると言うことではないでしょうか。

色々と新しい病気が出ないと儲かる所も儲からないですから・・・

これからどのような研究がされるのか今後の動向が楽しみです。

むずむず脚症候群

午前8時22分と午前9時30分・午前11時58分・午後6時53分に救急車のサイレンがなっていました。

午前8時22分は出掛ける前、9時30分は仕事前運動が終わった時です。

午前11時58分はブログにアップする準備をしている時です。

集団ストーカー手法の一部を集団ストーカー.infoより引用させて頂きます。

集団ストーカー.info

[思考盗聴:電子メール盗聴の事例]
予めターゲット自宅周囲等を工作員で取り囲み、何らかの方法で盗聴をしています。ターゲットが何らかの電子メールを入力、送信する際等、うっかり一部の文章を声に出したり、「えっと何々ちゃんに送らなきゃ」等と言ったりすることがあります。工作員はこれを見逃さず、本部に事象を報告するのです。例えばいつも決まった時間に決まった相手に送信する場合、その習慣から送信相手を探ることができるのです。そして翌日以降、工作員を利用して何らかの仄めかし(メールの送信内容を推測した仄めかし)を実施します。その後のターゲットの態度や反応、言葉の抑揚により、メール内容の推測が可能なのです。ターゲットから見れば、あたかも盗聴されているような気持ちになります。

[思考盗聴:インターネット盗聴の事例]
予めターゲット自宅周囲等を工作員で取り囲み、何らかの方法で盗聴をしています。ターゲットが利用するインターネットコミュニティーサイトのIDを入手すると、「ネットワーク部隊」という組織によって何を記載するかを常に監視し、翌日以降に工作員を利用して何らかの仄めかし(記載内容の仄めかし)を実施します。ターゲットから見れば、あたかも盗聴されているような気持ちになります。無記名掲示板等は、ターゲットがPCを利用している時間をデータベース化して、その該当時間からターゲットの書き込みではないかと、ある程度推測できます。また、ターゲットが何らかの入力する際等、うっかり一部の文章を声に出したりします。工作員はこれを見逃しません。
一度嗜好プロファイルが作成できれば、参加コミュニティが推測できます。

[電磁波:PCテンペストの事例]
ターゲットの使用するPCから発する微弱な電磁波を受信し、電波を増幅して信号変換する機械を介すことで遠隔地からPC操作画面情報を入手できます。そしてターゲットの操作に合わせて工作員が仄めかすことによって、あたかもターゲットの考えている事がわかるという場を仕立て上げます。その後のターゲットの態度や反応、言葉の抑揚により、心理学上の判断も可能です。

(関連映像)
壁の向こうからパソコン画面を盗撮できる電磁波盗聴テンペスト
建物に侵入せずにパソコン画面を盗撮 電磁波盗聴 テンペスト

[電磁波:超音波の事例]
ターゲット付近から発する微弱な超音波を受信し、行動を把握するというものです。この資料では超音波を直接工作員に刷り込まれた市民に聴かせる(実際には直接聞いたのではなく、聞いたようなふりをする)という内容を含め、データに誤りがあるため取り下げられていますが、大方の考え方は合っているようです。

(関連資料)
超音波を悪用した都市環境を破壊する組織犯罪(PDF)

[電磁波:超音波の仕組み1 微弱音の再現]
※この項目は、あくまで筆者による独自研究中情報で、証拠は取れていない内容です。参考に留めておいて下さい。

40kHz の周波数帯を使用する超音波トランスデューサを利用して、超音波が空気中を進行する際に生じる歪みを利用して、可聴領域に音を再現する仕組みです。このような装置を利用して人には聞こえないような音を再現します。装置は下記HPにある写真のようなの物を巨大化、高性能化した物という情報があります。

人には聞こえない周波数の異なる2つの超音波源を利用します。 40kHzに対し、35kHzと45kHzの超音波を出すと、その差にあたる20dBがうねりとして聞こえます。 40kHzの超音波を搬送波として利用して、音を発生させる仕組みです。

(関連資料)
超指向性を楽しめる パラメトリック・スピーカー実験キット


スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*