2011年06月19日 日曜日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

午前4時10分に目が覚めた。

午前4時31分にガラガラ、キュルルルと戸を開ける音がした。

午前4時34分にキュルルルトン、ガラガラトンと戸が閉まった。

午前4時42分にピーピーと鳥が鳴き始めた。

午前5時5分にガラガラ、キュルルルと戸を開ける音がした。

これも私の考えに対して音をだしているのだが、その考えも選り分けられている。
どうでもいい様な考えの時には音はでない、有益な考えの時に音が出ているようだ。

午前5時8分、キュルルルと網戸が開いた。

認識していない新しい有益な考えに反応したようだ。

集団ストーカーと頭の中で連呼しても反応はしない。

これは私自身の事ではなく相手側の事になるので反応していない。

私自身の事をフッと考えてしまうと音をだされる。

どのようにしているのだろうか。

脳波が違うのだろうか。

それとも考えが何かの画面に文字表示されて選別されているのだろうか。

午前5時15分にチチチチチと鳥が鳴き始め、24分にカラスが鳴き始めた。

午前5時26分にスズメも鳴き始め、カラスが私の動き始めに鳴き出した。

午前5時28分、色々な鳥が順番に鳴き始めた。

午前5時45分にガラガラ、キュルルルと戸と網戸が開いた。

午前5時58分ガラガラと戸の音がし、遠くでカラスが鳴き始めた。

午前6時14分にピョーッ、ピョーッと動き始めに鳥が鳴き始めた。

午前6時26分にキュルルルと網戸が閉まり、ゴトゴトと物音がしてガラガラと戸がしまった。

午前6時33分、ヒバリらしき鳥の鳴き声も始まった。

午前11時45分思いっきりタイプの打ち間違いをした。

するとすかさず救急車のサイレンがなり始めた。

この行為も前から良くされている行為でパソコンの前で、あれ!これはどうしたらいいのかな!とかタイプミス等の時に色々な音を出す傾向にある。

弱味につけ込んでと言った方がいいのだろうか。

動物には人間に聞こえない周波数があるり、その周波数の電磁波を出せば動物を集めたり、鳴かせたりする事が出来るようです。

以前にも鳥取市でサギが異常発生し、鳥のフン問題になった事があります。

集団ストーカー手法の一部を集団ストーカー.infoより引用させて頂きます。

集団ストーカー.info

[仄めかし]

ターゲット付近で24時間365日意図的な会話を連続実施し、ターゲットが疎外されていたり嫌われているような環境や場を仕立て上げる行為です。別名音声送信とも呼びます。監視されている事を刷り込んだり、神経を逆なでする要素を持っています。また長期に渡る数千人規模に及ぶ仄めかしの場や状況を作り上げることにより、ターゲットをマインドコントロールすることが可能です。
これを「仄めかしテクノロジー」と呼び、集団ストーカーの最も主たる攻撃方法です。ターゲットの職場で実施されるものは、「モビング」のページに掲載してあります。多数の仄めかしによってターゲットを操り人形のように操作しようともします。

宗教学会員の仄めかしは一般人の言葉は異なり、集会などで訓練された洗脳手法です。ターゲットの事を悪いように誘導したり、自らの組織力を強大化したり、付きまとい行為を合法化するような姿勢を取るのが特徴です。

ターゲットを「自己愛性人格障害」と一方的に診断し、「見過ごされた神経症」を治療する等という大義名分で、「社会的拒絶」「脳の錯覚」を引き起こすことが最適と頑なに信じている組織があるのです。 仄めかしはこの錯覚を引き起こすの必要というのが彼らの主張です。

[仄めかしの概要]

仄めかしは最も主たる攻撃手法であり、最も効果があるものです。工作員による会話、音声を利用してターゲットに対しあらゆる感情や思想を連続的に入力することで、ターゲットの気分を陥れたりコントロールしたりします。日常光景において、ターゲットは周りにいる人々を知らないはずなのに、周囲の人間がいかにもターゲットを知っているような状況で、かつターゲットを悪意のある人間のような捉え方をする風評被害的な状況の場を作り出します。もちろんターゲット知ってる理由は工作員だからです。ターゲット一人に対して百人、千人、一万人を動員して仄めかし、無理矢理意図的な場を作り上げることで、その人物の持っている思想を変化させたりマインドコントロールしたります。

ターゲットが仄めかし内容に反論するような思想を持つと、ターゲットを尾行しなければ知り得ない情報や、ターゲットが悪人であるような理由を仕立て上げ、ターゲットを精神的に追い詰める場を作り出します。こうして首謀者が尾行、待ち伏せ行為を実施し、プライバシーマークを取得している会社が集団ストーカーと名のつくパワーハラスメント行為に参加したとしても、社会通念上許容されるような場を作り出します。こうして首謀者、加害者の行為が不道徳極まりないという認識を消し去ることが可能です。

仄めかしには以下があり、それぞれ役割が異なります。

1.プロ市民による仄めかし
ターゲットを追いつめる目的で実施します。

2.従業員工作員による仄めかし
ターゲットを追いつめる目的で実施します。「モビング」のページに掲載してあります。

3.一般市民工作員による仄めかし
緩衝としての役割です。首謀者、加害者の行為が不道徳極まりないという認識を消すためです。

1.仄めかし手法の解説

<実例1> 屋内型仄めかし
ターゲットがいる室内にて、個人情報ならびにそれに順ずるような事を仄めかす行為を実施します。ごくスタンダードな手法です。

<実例2> 擦れ違いざま型仄めかし
・工作員1とターゲットの擦れ違い様に、工作員1が仄めかしを行います。
・10m位離れた工作員2とターゲットの擦れ違い様に、工作員2がターゲットの顔色を見ます。
・更に10m位離れた工作員3とターゲット擦れ違い様に、工作員3が仄めかしを行います。
・更に10m位離れた工作員4とターゲット擦れ違い様に、工作員4がターゲットの顔を見ます。
※工作員は連続しています。

<実例3> 乗客型仄めかし
一駅で降りてしまう列車乗客が仄めかしを行います。ターゲット付近の乗客は一切仄めかしをせず、ターゲットから目の届かない位置にいる工作員のみが仄めかしを実施する手法です。
※満員電車(誰が痴漢するのかわからない環境)での痴漢行為と類似しており、誰が仄めかしをするのか解らないような、陰湿性を伴う行動です。

<実例4> 店舗型仄めかし(店舗が関与しない場合)
ターゲット付近の店舗(飲食店等)に工作員が多数配置されていています。ターゲットが飲食店に入ると工作員が次々に同店舗に入店し、工作員によって仄めかし行為が実施されます。

<実例5> 店舗型仄めかし(店舗が関与する場合)
「今度、ある風貌の人(ターゲット)が来たら『ABと言って』」というパターンで、ターゲットが店に来たら、予め依頼した仄めかしを実施するよう店には事前に連絡しておきます。店内、店外にも工作員が配置されています。ターゲットが店舗に入った後、特定工作員が店に入ることでターゲットが来店したことを店に合図します。店員工作員によって仄めかし行為が実施されます。

2.仄めかし場の変遷

仄めかしは「聞かせ言葉」であり、過去に発言したその内容がいとも簡単に覆されます。内容がよく変遷しますが、以下のようなパターンで場を仕立て上げるのが特徴です。いい加減に仄めかしているわけではなく、指令部隊によって指示された内容を組織的に仄めかします。

<実例1> 持ち上げて、落とす
ターゲットに対して、皆で「お金がもらえたり、何か利益がある」ような場を仕立て上げます。
仄めかしは少数の工作員で連続実施します。その後、ターゲットに「こいつは図に乗る」「こいつは調子に乗る」等とターゲットを非難する場を仕立てあげます。

<実例2> 不法行為の覆い隠し
ターゲットが集団ストーカー行為に対して、法律上の問題を提起したり、子供を利用することを責めたり、この行為によって大量退職が発生したり、過去の事例を調べたりすると、「懐疑心を取るためにやっている」「ABしてはいけない」「もう時効」等と仄めかし、大勢でターゲットを責めます。

<実例3> 同情を買う
「ターゲットの為に費用をかけた」「ここまで声を届けた」等、大勢でターゲットの同情を引く仄めかしを実施します。これは町ぐるみで実施するパターンが多いです。

<実例4> 場に乗せる、挑発させる
それでも効果がない場合、「何故ここまでやった」「何故ここまで人を使った」等と声を荒げるニート工作員を派遣し、ストーカー行為をストーカーと思わせず、あたかもターゲットに悪意があるような仄めかし工作を実施します。効果がなければ、<事例1>へ戻ります。基本的にこの繰り返しで仄めかしを実施します。

<事例1>に戻る頃には、加害人員が増加します。偶然を装って増加していくように見えますが、裏では宗教工作員による加害インフラを利用しているだけです。集団ストーカーが辞められなくなったケースでは一般人を巻き込んだ言い訳ストーカーを実施します。
3.仄めかし場の作り方
多数のエキストラ(実態は工作員)をターゲット周辺に配置し、ターゲットがどこに行っても工作員が何らかの音声入力(仄めかし)を実行できるようにします。そしてあたかも何らかの場(世界)が仕立て上げられているような環境にします。吹聴するような抑揚の発音が多く、よく聞くと同一人物による仄めかしであったりします。

<実例1> 職場モビング等
予めターゲットの周りを工作員で取り囲みます。そしてターゲットを一人疎外するような仄めかしを実施します。例として、ターゲットから見えない位置で「ちぇっ」などという言葉を吐いたり、ターゲットの名前を省略して悪口を言ったりする手法です。

<実例2> 飲み屋街での仄めかし
予め「集団ストーカー」を実施し、ターゲットが人間不信に陥り孤立していることを周囲に見せしめます。ターゲットが行きそうな飲み屋周辺に工作員を大量配置し、わざと騒ぎ立てるような場を仕立てあげます。ターゲットが飲み屋街に出向くと、そこは工作員で一杯です。「やっぱり全体なんだよね」とか、「誰々に相談しないといけないよね」など、それとなく「一人でいるのはよくない的な」内容を入れておきます。これをミスリード手法と言います。集団ストーカーを合法化させるための手段です。いつも間にか、ターゲットが悪い方向に進むようなことを示唆する仄めかしも入ります。

<実例3> 行楽地での仄めかし
ターゲットが行楽地に出向くと、そこは工作員で一杯です。例えば夜桜を見に寂しい公園に行くと、偶然を装った工作員が徐々に集まってきます。「やっぱり全体なんだよね」とか、「誰々に相談しないといけないよね」など、会話にそれとなく怪しげな仄めかしを入れながら歩くグループが多数見られるようになります。彼らはターゲットがこの公園に出向いたことを知っていて、仄めかしの場を作り出す目的で来園しているのです。例えばターゲットが男性一人の場合、男性一人で来ている客全てに対して仄めかしを実行するので、公園全体が仄めかしという怪しげな場に包まれます。
本来の行楽地の基本は無音で、ここから「花が美しい」とか「来てよかった」などという会話が発展していくはずですが、この工作員によって異常な世界が作り出されていきます。この公園で茶店を営んでいる店主は、少し嫌そうな顔をしながらその怪しげな雰囲気に「何にしているの?」等とヒソヒソ話をしたりします。そしてターゲットの帰り際、男性工作員が「帰りもやるからな!」とドスの強い言葉で仄めかします。

<実例4> 列車内の仄めかし1
若い男女を利用し、それとなくターゲットを疎外させるような言葉を言います。これを複数の場所で実施することでターゲットがキレるのを確認します。

女性工作員「きゃはは、コイツだよ、コイツ」
男性工作員「馬っ鹿じゃねぇの。お前だけだよ知らないの」
女性工作員「でもさぁ、何で解らないだよねぇ」
男性工作員「さぁ、知らないんじゃないかな」

次の駅に到着すると、この工作員は列車を降りてしまいます。仄めかし目的での乗車だからです。
次の列車では、次のストーリーが待っていたりします。

<実例5> 列車内の仄めかし2
終電列車を利用し、超満員の列車内に工作員を大量に詰め込みます。そして大勢で宴会場のような雰囲気になります。隣の車両と比べてと異常なテンションです。そして次の駅に到着すると、この工作員集団は列車を降りてしまいます。仄めかし目的での乗車だからです。仄めかしは次の通り。
「気をつけないと、列車に乗り遅れるよー」

<実例6> 大量退職の覆い隠し手法
集団ストーカー手法を利用した会社は、大抵数割の退職者が発生することが、多くの被害者から報告されています。そして、ターゲットが行った店先で一般客を装った工作員が「入ったばかりの新人、ほとんど辞めちゃったよ」等という笑い話を含めた会話を実施します。それにより大量退職が一般的に起こりうる環境であるような事を示唆します。また、ターゲットが転職する際等、面接官により「うちもある程度の離職率はある」という仄めかしを依頼することがあります。

<実例7> ターゲット居住地
あたかも周囲全てで嫌がらせが発生しているような場が仕立て上げられますが、よく発音を聞くと、ターゲット居住地での仄めかしは同一人物による工作であることが確認できます。攻撃的仄めかしはプロ市民による十人程度のグループで構成され、吹聴するような聞かせ言葉になっています。
・同一人物による仄めかし(母、娘)
・声の通りは良いが、ボソボソした発音のサラリーマン

最近増えた事例ですが、オーケストラ演奏の最後に、「ブラボー!」と称賛する男性がいます。やけに声の通りが野太いのが感じられます。以前の日本では、「とても静かに終わるオーケストラ」として海外でも評判だったのですが、最近では、この「ブラボー」が多発することで知られています。これは、プロの「ブラボー」屋さんに依頼している(1回五千円程度)ことを意味しているのですが、この居住地仄めかしもブラボーと同じメカニズムです。

<実例8> スーパー、コンビニ店舗の手法
最近異常に報告が多い事例です。ターゲットが店に行った契機で、スーパーやコンビニのレジ店舗付近で、客と店員が何らかの仄めかし会話を実施します。しかしこれはレジスター等の騒音で、ほとんど内容を聞き取ることができないことが多いです。その後、ニヤニヤした若い工作員が店先を周回します。携帯電話を持って通話しているふりをすること多いです。

<実例9> スーパー、コンビニ店舗の手法2
何か異常行為を実施した後、次のような会話を実施する手法。よくある常習パターンです。
店員1「ね、もう言う?」
店員2「まだ、言わないでおく」
ターゲットから見ると何かが起きたことを店員が知っているような場を仕立て上げますが、独立した工作です。

<実例10> 通話型仄めかし手法
ターゲットが通話している契機にて、通話中の相手や通話者の横にいる者が仄めかしを実施するパターンです。ターゲットが一度コンタクトを取った業者等(尾行したり、盗聴したりしなければ解らない情報です)を相手に、大手企業等の信用や宗教学会員を使って近づき、業者からターゲットへ電話する際にこの工作を実施します。そしてその後、関連情報を仄めかす路上工作員が現れ、ターゲットが話している内容はすべて解ると仄めかす手法です。

<実例11> タクシーの客待ち手法
ターゲットが駅前を通行している契機にて、客待ちをしているタクシー運転手が組織的に何かを仄めかす行為。無線連絡を受けることもあります。
4.仄めかし時における工作員側対策
<実例1> 「手に何かを持ってる時はやるな!」(路上)
路上を歩くターゲットに対して仄めかしを実施する場合、まず横断歩道待ちの女性がターゲットの手に持っている物を確認します。そして、ターゲットが何も持っていないことを確認したら、仄めかしを実施します。何かで録画、録音されるのを嫌うからです。

<実例2> 急に被害者ぶる相談電話をかける工作員(電話)
ターゲットが仄めかしに対抗して同量の逆仄めかし工作を永遠と実施すると、加害者は急に被害者ぶった感じでどこかに電話をかけます。
(1)「ずぅっとしゃべっている人がいて、これはおかしい。強制的に家に入る方法を……」
(2)「こいつのせいで、(住居侵入の件で)刑事がついちゃうよ」


スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*