2011年04月06日 水曜日

昨日午前1時10分、布団に入った時に救急車のサイレンが鳴り始めました。

この時消した電灯からカーンと音がした、最近よく音がする。

仕事場の電灯からも同じ音がしている。

午前1時18分、再び救急車のサイレンが鳴り出した。

朝は午前5時40分にジャバジャバジャバと排水音から始まった。

午前5時42分カラスが鳴き、午前6時3分に電灯からカーンと音が出た。

午前6時25分ガラガラトンと音がし、26分にキィキキィー、トントンと戸を閉める音がした。
これは何に反応したかと言うと銀行の事を考えていた。

創●学会の○○さんとか嫌がらせとか付きまとい等を頭の中で連呼するようにしているが、間があき他の事を考えてしまうとガラガラトンとこの様な結果になってしまう。

午前6時30分にバーンと物音がし、41分にトンと2階で音がした。

午前6時43分にトンと音がしてJRの列車の音が聞こえたが不思議だ。

毎朝条件は一緒だと思うが、聞こえる時と聞こえない時が有るこの音も久しぶりに聞いた。

午前6時54分、キキィー、キィキキィーとかん高い音を出された。

この反応は昨日の確認の為に通った自転車の事を考えていた。これに反応したようだ。

午前6時56分、鳥が鳴き始め、こっちの動き出しに車のエンジンを掛けてきた。

体を動かす時の脳波はどのよな脳波が出るのだろうか。

出掛ける時間になると戸の開閉音や物音、排水音が頻繁に始まる。

昼前に用事が有り出掛けたが、至る所に配置されていて見ただけですぐ分かるこの異様な雰囲気。

用事が終わり帰りしなに消防車のサイレンが数回鳴っていました。

もはや鳥取市は集団ストーカーの町,工作員の町と化しているようだ。

鳥に直接伝わっているのかそれとも間接的に伝わっているのか、どっちにしても私の思考の電波で鳥が鳴ないている。

だれかが脳波をキャッチして鳥を鳴かせているのかも分からないが・・・。

動いた時とか何かをパッと考えた時などに鳴いているようだ。

鳴き声だけなのかは確認できていないが。

ひとつのやり方として本物の鳥は居るカラスも同じだが、正当化させる為だと思っている、この鳥もコントロールされているといっても間違いないと思う。

そして私の考えが周りの人に伝わっているのではないだろうか。

トランシーバーのように直接なのか携帯電話のように基地局を介してなのか分からないが伝わっているはずだ。

いずれこの技術も介護の大きな助けになることは間違いないが・・・

そしてこれも問題だ。

目から映像が伝わっている事だ。

これはどのように応用されるのだろうか。

第三の目で見える様になるのだろうか。

例えば小型カメラで捉えた物が脳の視床を通して見える様になればこれはすばらしい事だ。

使い方を間違えなければ、今はこの事によって嫌がらせを受けている。

人体実験と嫌がらせ、なぜ相反する事をおこなっているのだろうか。

人体実験の事実を隠すため・・・






スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. buta より:

    SECRET: 0
    PASS:
    私の場合は、集団ストーカーを分かる様にされてから考えて嫌がらせと実験を違う人種や宗教団体がやっていると判りました。3世代に渡る恨みもあるようです。
    部落と朝鮮人について図書館で勉強して判りました。この人達の日本人から受けた差別を私達、被害者に同じ様にしているのです。例えば、「臭い」とわざとみんなで言うのも自分達の体臭が日本人と違い臭かったから!
    私の睫毛減らしも、こいつらは睫毛が少ないから悔しいからです。
    リストラストーカーは、有能でテキパキと仕事が自分達ができないから日本人排除して仲間を入れ、グズが目立たなくする為などがわかってきたところです!
    でも、いつかこいつらが逮捕されるように知恵を絞ってます!

  2. hanasakasama より:

    SECRET: 0
    PASS:
    >butaさん
    いつも有り難うございます。
    すべてに返事が出来なく申し訳ありません。
    私のまつ毛もよく逆まつげになり目にチクチクしております。
    今現在、神も仏もない、金と権力だけが支配しているような世の中になっていると思います。
    悪事を働けばいつかは罰(バチ)があたります。
    それが世の中の流れだと思います。悪事を働けば繁栄もありいいときも有るとおもいますが、いつまでも続くものでもないと思っております。
    いつかは必ずバチがあたるとおもいます。
    その繁栄が続くようであれば、もはや地球そのものが終わりの時期だと思っております。
    中々返事が書けないかも分かりませんが、宜しくお願いします。

コメントを残す

*