2011年03月17日 木曜日

午前6時9分、カラスが鳴いていた。

このカラスの鳴き方もおもしろく、毎日同じ様な鳴き方をしている。

例えばある一定の音で鳴かせ、時間をおいてさっきよりも小さい音で鳴かせる。
これはカラスが遠くに飛び止まって鳴き、また遠くに飛び止まって鳴くと言う行動を表現したいのだろうがカラスも生き物だ、私にはボリュームを下げて流している音にしか聞こえない。

午前6時28分にガラガラ、キュルルルと物事を考え始めると戸が開き、しばらくしてキュルルル、ガラガラトンと戸がしまる。(考えない様にしようと思うがつい考えてしまう)

一番最初の戸の音はある一定の間隔を置いて開いて閉まる、この最初の音に関してはいつも同じで、この音から始まる。

最初の開閉音は実際に戸を開け閉めしてるかも分からない。

後の音は録音だと思っているセンサーに反応して音が出ているのではないだろうか。排水音にしても同じだ。

今はなくなったが以前は午前の2時や3時まで排水の音がしていた、こんな時間に水道の水をジャージャー流すだろうか。私だったらしないが、それも一定のリズムで一定の音が流れてくる。明らかに録音だ。

今日の午前6時43分にもジャバージャバーと台所から排水の音が聞こえているのに居間にあるガラス戸を開ける音がしていた。

他の用事があれば水道の水を止めてからするのではないかな。
いかにも録音ですと言っている様な物だ。

今回はこの団地に来る工事関係者について・・・

今日は冬に逆戻りして、雪が今もどんどん降っている。

出掛ける用意をしている時に、工事関係者の車が団地に入って来たのが分かった。

私も用意ができ駐車場にある車の所まで歩いていると、私の来たタイミングに合わせて車からゾロゾロと出できて準備を始めている。

工事関係者も全部そっち側の人間というのも最初から知っている。

私が歩いてくるのを見て、へらへらと笑っている。

ちょっとムッとしたので、車の後部座席に荷物を置く時に、てめえら憶えておけよと言いたかったが、てめいらだけに留めた。

すると一瞬シーンとなった、多分こっちの言っている事が聞こえているのだと思う。

こう言う連中はゲームでもしている様な感覚でいるのだろうか。

とんでもない話だ。これがどう言う事か分かっていないのだろうか。

こんな事をいつまでも続けているのであれば、まだまだ災害が他で起こってしまう様な気がしてならない。

それと昨日仕事場からの帰りに救急車のサイレンが鳴り、自宅に着いてからも救急車のサイレンが鳴っていた、毎回毎回このような事をしてどう言い訳をするのであろか、高齢者の増加で済ませるつもりだろうか。






スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. buta より:

    SECRET: 0
    PASS:
    これは最初、私もただの嫌がらせと思っていたのですが・・・
    違います。
    被害者の行動を団地の工作員と集団ストーカーで待機しているやつらに音で知らせているのです。
    あなたの場合は、仕事に行く合図が救急車のサイレンになってます。
    これは、音だけの場合が多いです。
    私の場合は、スーパーにいく時になります。
    それも在日系と普通のスーパーで灯油の給油車での合図と救急車のサイレンに分かれているですよ(笑)
    今、仕事してないので合図がいろいろ・・
    集団ストーカーの待機も大変みたいです。
    ジョギングする時が傑作なのです。
    その地区、その地区の工作員が救急車のサイレンで出動してくるのですから!!

  2. hanasakasama より:

    SECRET: 0
    PASS:
    >butaさん
    ありがとうございます。
    私もおかしいと思っていました。
    その場でサイレンが鳴るし、音が移動していないし、それに数回鳴っただけて終わる事もあります。
    おしゃる通り、サイレンが鳴ると周りが慌ただしくなります。
    実際に救急車が出動してサイレンの音が移動している場合もありますが、断然その場で鳴る音の方が多いです。
    的確なご回答を頂き有り難う御座います。
    また、宜しくお願い致します。

コメントを残す

*