2011年03月14日 月曜日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

宮城県三陸沖を震源とした「東北地方太平洋沖地震」により被災された方々に心よりお見舞い申し上げますとともに、 被災地の一日も早い復興をお祈り申し上げます。
犠牲になられた方々およびご遺族の皆様に深くお悔やみを申し上げます。

午前6時3分にガラガラ、キュルルルと微かな音がしていた。

外ではいつもの様にカラスが鳴いている。

午前6時23分にガラガラ、トンと戸を閉める音がしていたが、今日は音が小さい。

外では車が動き始めに自宅の前を通過していく。

以前の事務所でもこの行為は頻繁にされていた。

事務所は土手沿いの道路に面した所にあり、昼間は一方通行で交通量の多い道ではないが、私がこの事務所に来てから交通量が増えたようだ。

残念な事に左右が家の死角になり事務所の前当たりしか道路は見えなかった。

見えない所でどのようにしていたか分からないが、死角になっていた場所からスタートしていた車もあったようだ。

例えばトイレに行く時、椅子から立ち上がり机の横を通った時に車が走り去っていき、またトイレからの帰り机の横を通った時に車が走り去る。

この様な箇所が事務所の何箇所かに有り、毎日毎日、何年も何年も同じ事をされる。

たとえ1台目がずれたとしても、2台目3台目の車でこんどはこっちがタイミングを合わされたように、思い込んでしまう。

これも一つの心理作戦だと思うが、余り気にしない様にしている。

気にしてもしょうがない、タイミングを合わせてお見事!とでも思う様にしている。

この方達は単独では行動しない、単独に見えても周りにだれかいる。

車も同じで2台3台と続けて走り去る。

時には5~6台が一塊になり走り抜けて行く事もある。

以前にも言った事があるが、ムカデ走行、金魚のふん走行とはこの事だ。

今日はいつもより早めに出掛けた、急に時間を早めたので対応できなかったのだろうか車が少なかった。

こう言う時は何かでその分を取り戻そうと、何か用事が入る事も多い。

これも一つの特長だ。






スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*