2011年03月13日 日曜日

目が覚めると遠くでカラスが鳴いていた。

午前6時7分にトンと音がし、鳥が鳴き始める。

カラスと鳥が同時に鳴いているのを聞いた事が多分ないと思う。

カラスが鳴き終わり、しばらくしてから鳥が鳴き、終わるとカラスが鳴くそして鳥と言うように重なる事がない。

午前6時32分、私の考えによって鳥が鳴き出した。

考える事によって脳波がでている。

この脳波がどのような経路をたどって鳥を鳴かせているのか分からないが・・・

今、脳波で車椅子を動かすシステムが実用化しようとしている。

嫌がらせや付きまとい、社会からの孤立、抹殺を図られながらきっちりとデータだけは取られ研究されている。

生かさず殺さず、半殺しの状態だ。

嫌な人間だったらさっさと終わりにすればいいのだが、絶対手は出してこない。

またストレスを掛けられ追い込んだ状態の脳波のデータも取られていると思う。

この集団ストーカーも人体実験のようなものを世間から隠す為の一つの手段ではないかとも思っている。

真実を知っている人間がこの中にどれだけ居るのだろうか、ほどんどが本当の事は知らずに付きまといや嫌がらせをしているのではないだろうか。

そして午前7時36分にウトウトと眠りに入ろうとすると、キキィー、キキィーとかん高い音を出して起こされる。

寝るなと言わんばかりだ。

いつも同じだ眠りに入ろうとすると、キキィーとかん高い音を出して起こされる。

考えている時の脳波と眠りに入ろうとする時の脳波の区別がつくのだろうか

影でこそこそ嫌がらせをしながら、自滅するのを待っているようだ。

脳波で車椅子を動かす で検索して見てください。色々と出てきます。






スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*