2011年02月14日 月曜日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

昨日午後11時13分に布団に入り、テレビを消したら救急車のサイレンが何回か鳴っていました。

午後11時50分のガラガラ、キキィーキキィーッ、ガラガラトンのガラス戸を開けて閉める音を最後に音がしなくなった。

朝は6時頃にベランダに出るガラス戸の開閉音が始まった。

これを切っ掛けにガラガラ、キキィーットンとガラス戸の開閉音が2分から5分おきに始まる。

今も足が痛く思う様に動けない。

起きようと思うがスーッと起き上がれない。

体制を整えて、ゆっくりゆっくりと体を起こし何かにつかまって立ち上がる。

立ち上がって動くまで、周りもそうだが2階もシーンと静まりかえっている。

今このような状態なので次にどう動くか先が読めないのであろうか。

動くまで静かな状態が続いた。

今回は事務所の駐車場その3・・・

以前の事務所の前に停まる車は普通の車が多かったが、その中に高級車や外車も停まっていた事もよくあった。

道路を走っていても付きまといの車の中にポツンポツンとに高級車や外車が目立だった。

このご時世によく高級車に乗れるなーっと思うが。

ある時、仕事の合間に外を見ていたら一台の高級車が事務所の前に来て停まり、一息おいてから、そのままバックで戻っていた。

恐怖心をあおりたいのであろうか。

それを見て思わず、こうつぶやいてしまった。

こう言う事をしていると、そう言う車に乗れるんかなーって!

それが真実かどうかは分からないが、ついその様に思ってしまった。

何かのメリットがないと出来ないといつも思っている。




スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*